デッサン 人形。 デッサン人形の男性タイプをオススメ! シームレス編

難しいポーズを描く時は3Dデッサン人形が便利

デッサン 人形

こんにちは!チーターです。 今回は 3Dデッサン人形について、作業の手間を少し簡単にするための準備のお話です! クリスタには初期素材として3Dデッサン人形が用意されていることはご存じでしょうか? 男性のデッサン人形と女性のデッサン人形、キャラクターモデルなどが、 デジタル上のデッサン人形としてポーズの確認やアタリの代わりとして活用できるようになっています。 キャンバスにドロップするだけで画面上でデッサン人形を動かしてポーズ配置できる優れものなのですが、初期状態だとかなり頭身が高めのリアルな人形で、そういう作風でない場合まずは 自分の絵柄に合わせて調整するところから始めなくてはいけません… これを毎回やるのはめんどくさい!! ということで、今回は 自分用の3Dデッサン人形を登録する手順をご紹介します! ステップは今回も3つくらい!• STEP1 元にする立ち絵を用意する• STEP2 絵を元に3Dモデルを調整する• STEP3 素材登録をする はじめに、3Dデッサン人形について そもそも3Dデッサン人形って何なの?どこにあるの?というかたもいらっしゃると思いますので、まずは素材の場所と使い方について軽くお話をしていきますね。 するとカテゴリー一覧も表示されているはずなので [3D]フォルダの中の[体型]を選択してください。 その中にある [3Dデッサン人形-Ver. 2 男性 ][3Dデッサン人形-Ver. 2 女性 ][3Dデッサン人形 女性 ][3Dデッサン人形 男性 ]の4つが初期素材の3Dデッサン人形です。 STEP1. STEP2. 絵を元に3Dモデルを調整する キャラクターを分析したら、初期状態の3Dデッサン人形をドロップします。 デッサン人形の立たせ方は下記手順が簡単だと思います。 デッサン人形を調整するには、ツールパレットから [操作]の[オブジェクト]ツールを選択して、 [ツールプロパティ]の[サブツール詳細]を開きます。 [体型]のカテゴリーを開き、まずは[頭身]の設定を行います。 ソル君は5頭身なので5. 0に設定します。 キャラクターの足元とデッサン人形の影の位置を常に合わせるようにしてください。 頭身が指定出来たら、全身の体型、手足の長さや太さの調整をします。 体型の設定 体型の設定には元絵に合わせた肉付き感に合わせていきます。 手や足などは一対となります。 2で左右の操作のみ。 無印のデッサン人形では[肩]と[腰]の個別設定はできない。 無印とVer. 2で体型設定がかなり違うので、お好みの人形を選びましょう。 気になる人は調整してね STEP3. 素材登録をする 下部メニューから[素材パレットに3Dデッサン人形を登録する]を選択します。 キャンバス上に素材のレイヤーが挿入されます。 しかしこのままだと・・・なんか浮いてる? 3Dデッサン人形を調整する時にも気にしていた、人形が浮き沈み現象が読み込み初期状態で起きます。 デフォルトの頭身のアイレベルが基準になっているからでしょうか… デッサン人形素材を読み込んだ後は モデルを床面に設置の操作をしておくようにしておくことを頭の隅に置いておくとよいかも! あとはデッサン人形のアングルやポーズを自由に操作するだけ! 自分の絵柄に合わせたデッサン人形なのですぐに直接アタリにも使えて便利!やったね!デジタルの力ってスゲー! ポーズ素材を適用しよう いちから自分でポーズを操作するのは難しい!というときは、 ポーズ素材を適用するのもオススメ! ポーズ素材の使い方はとってもカンタン! デッサン人形をキャンバスに読み込んだら・・・ 初期素材に用意されているポーズ一覧から使いたいポーズをデッサン人形の上にドロップすると体型はそのままに素材と同じポーズに変更されます。 ポーズを適用したデッサン人形を使用して絵を描こう! それでは今回はこのあたりで!快適なクリスタライフを! また別の記事でお会いしましょう! オススメの記事.

次の

【画力アップに】人気のデッサン人形おすすめランキング10選

デッサン 人形

デッサン人形の特徴と役割 デッサン人形の役割はポーズを確認したり、キャラクターをどう動かしていいのか悩んだとき、 立体的に人物をとらえるときに使います。 デッサン人形といえばお絵かきをしてる人なら、何となくわかると思います。 学校の美術室に置いてあったり、最近では100円ショップでも置いてありました。 手ごろな価格のドールなどをデッサン人形の代わりに使っている人も多いです。 初心者より中級者~上級者向けな理由 デッサン人形は便利なものではありますが、デッサンのときの必需品って訳じゃないです。 持ってる人ならわかると思いますが、実際の人間とは「 動かせる関節部分」が違います。 人にはできない関節の動きもデッサン人形にはできてしまいます。 なので私は、 ある程度体の構造を知ってる人が使うものだと思います。 初心者よりも中級者~上級者に向いています。 ただ、いざというときに使えるのがデッサン人形だと思うので、一つ所持しておくのもいいかもしれません。 価格は数百円~数千円ほどが相場だと思います。 デッサン人形の選び方としては、関節を自由に動かせるものがいいので、「 ドールタイプ」をおすすめします。 ドールでポーズ練習をしよう 私が最初に買ったのは数百円のものだったんですが、関節可動部分が少なかったのであまり役立ちませんでした。 その後ドールをデッサン人形代わりに使い始めましたが、動かし方の自由度が高く、立体的なので参考になりました。 ドールといっても安い価格で販売されているものです。 イラストを描くときの最初のポーズ アタリ をとるのに役立っています。 わかりづらいと思うので写真をお見せします。 メーカーはオビツかボークスで迷ったのですが、オビツボディの の女性ボディにしました。 ボークスの方は、背中にネジがあったので、ネジのない方を選択しました。 絵を描くときのアタリやラフで使用してます。 このタイプは人形を立たせたいときの マグネットがついてます。 直立させられるのは手に持たなくていいので便利です!ポーズをとらせてから写真に撮ってみるのもおすすめです。 上半身の部分は ソフトビニールで、できてるので柔らかいです。 手の関節部分は結構曲がるので気をつけて動かした方がいいですね!ありえない方向にも曲がるのでその辺が少し難点です。 このように座らせることもできます。 ただ、正座やあぐらのような複雑なポーズはできません。 私は椅子に座ったポーズなどを参考にしてます。 遠近感のついたイラストにも使えるのがいいですね! デッサン人形の種類と比較 木製のデッサン人形 よく見かけるデッサン人形の代表といえば木製です。 価格が安いのも木製のものだと思います。 メリットとしては、価格が安いので手が出しやすいことですが、関節はドールと比べると可動部分が少ない場合がほとんどです。 絵が描き慣れていないうちははあまりおすすめしません。 ある程度、人物の構造がわかっていないまま、このデッサン人形を使ってしまうと、関節可動部分を間違えたまま覚えてしまうこととなります。 他の参考資料を手にとり補助的に使うことをおすすめします。 ボークスドール 私が使っているのはオビツですが、似たようなものを販売しているのがボークスです。 ボークスでは、標準的なものからマッチョ体系のドールもあります。 イラストによっては筋肉質な体系を描きたいときもあるので重宝します。 価格差はオビツもボークスもさほど変わらないので、好みで選んでも問題ないです。 ですが、ボークスドールも人体の構造としてはありえない方向に曲がるので、デッサンするときには十分気をつけましょう。 デッサンを目的としたドール 上記のドールは服を着るのが前提で作られているため、どうしても体のラインの造形が甘くつくられていることが多いです。 体のラインを意識したいのであればデッサン用のドールをおすすめします。 通常のドールと同じように関節部分がある程度自由に動きます。 実際の人間のように、関節可動部分に制限があるので、デッサンが大きく狂ってしまうのを防いでくれます。 ただし、こちらも無理に曲げたりすると壊れやすいので注意が必要です。 今回のまとめ・可動部分が多くあるドールタイプがいい デッサン人形といえば、シンプルな動きがないものを想像してしまいますよね。 一般的なものよりドールタイプだと関節部分を動かせるのでポーズ練習に役立つと思いました。 絵を描くときの構図を考えるヒントにもなるので、ポーズを考えるのが苦手な人にも向いています。 私も座っているポーズが苦手だった頃には何度も助けられました。 絵を描きなれてないうちは、人物を平面で捉えがちなので、ドールは 立体でとらえにくいときにも役立ちます。 もし、デッサン人形を考えているなら一般的なタイプよりも、このようなドールタイプの方が参考になると思います。

次の

3Dデッサン人形アプリまとめ|無料・有料の両方まとめました!

デッサン 人形

スポンサードリンク 3Dデッサン人形を、絵柄・キャラに合った頭身・体型に変えていこう! 設定を作り変えるには、あなたの キャラクターの全身絵があると便利です。 キャンバスに絵を開いたら、Ver. 2のデッサン人形から男女のどちらかを選んでキャンバス上にドラッグして配置します。 人形の設定を変えるときは、ツールプロパティの右下のスパナをクリックして [サブツール詳細]を開いておきましょう。 キャンバス上でのサイズを変えたいときは、サブツール詳細の[配置]のなかにある 「オブジェクトスケール」で変えられます。 また、デッサン人形の上に並んでいる 「移動マニュピレーター」をクリックしてドラッグすると動かすことができます。 何頭身かを正確に入力するというよりも、 絵に合わせることを優先して調整を進めるのがコツです! 体型の細かい変更方法 「頭身」が大体あってきたら、次は 「体型」の細かい部分を決めていきます。 まずは全身の範囲をクリックで指定して、全体の体型のバランスを整えていきましょう。 上・・・大人の体型に近づける• 下・・・子供の体型に近づける• 左・・・やせる• 右・・・太る その後は、腕や足・首と個別に合わせていきましょう。 全身がすんだら個別の部分を選択して、コチラも動かしながら調整・設定していきます。 上・・・伸ばす• 下・・・縮める• 左・・・細くする• 右・・・太くする ちなみに 個別で設定ができる部位は【頭】【首】【肩】【胴体】【腰】【腕】【脚】【手】【足】となっています。 手や足などは一対となるので、右足や左手など一方を動かすともう一方もついて動いてくれます。 素材が完成したらちゃんと登録しておこう! 体型や頭身をあなたの絵に合わせ終わったら、作った人形を素材として登録します。 下部メニュー「オブジェクトランチャー」から [素材パレットに3Dデッサン人形を登録する]を選び、素材名をつけて保存先のフォルダを選択して登録します。 サムネは自由な画像を使えます、保管場所は元のデッサン人形があった場所にいれておけば大丈夫でしょう。 登録できたら、素材パレットのサムネからキャンバスにドラッグして問題なく開けるか確認しておきましょう。 あとは手足を動かしたりカメラを回して、あなたの描きたい状態にしたうえで参考や下絵として使っていきます。 デッサン人形の工程はもちろんiPadでも問題なくできる! 今回の内容は、もちろんipad版のクリスタでも同様に行うことができます。

次の