アクリル ガッシュ と は。 アクリル絵の具と、アクリルガッシュの違いについて教えてください

アクリルカラーとアクリルガッシュの違いは何?

アクリル ガッシュ と は

アクリル絵具とアクリルガッシュの違いは? アクリルガッシュは光を乱反射させるために粒子が入れてあります。 従って完全につや消しの不透明な仕上がりとなります。 アクリル絵具にも不透明色がありますが、基本的に仕上がりは半艶となります。 一般的にアクリル絵具の方が鮮明な発色をします。 リキテックスのレギュラータイプとガッシュ・アクリリックの違いですが、レギュラーには色によって透明色、半透明色、不透明色があり、仕上がりは半艶状態になります。 ガッシュ・アクリリックは全色が不透明色で、仕上がりが完全な艶消しとなります。 ガッシュ・アクリリックは平塗りをむらなく塗る為に開発された絵具で、どちらかと言えばデザインやイラストレーションに向いています。 レギュラーとガッシュ・アクリリックの併用は艶の違いが出てしまうので、その問題をどう扱うかによります。 レギュラーとガッシュ・アクリリックの混色はお互いの長所を消してしまうので意味がありません。 また、ガッシュ・アクリリックの耐光性はレギュラーなど普通のアクリル絵具よりも劣ります。

次の

アクリルガッシュとは?アクリル絵の具との違いについて

アクリル ガッシュ と は

アクリル絵の具とアクリルガッシュを混ぜても大丈夫? パレットの上での混色の場合、基本的に両方混ぜることはしない方がいいと思います。 上記のような役割があって種類が分けられているので、それを混ぜると綺麗な色が出ないはずです。 ですが、何でも自分で試してみないとわからないです。 もしかしたら組み合わせ次第で自分のイメージしている色が出来上がるかもしれません。 絵を描く上では固定観念にとらわれない精神が必要です。 アクリル絵の具とアクリルガッシュの併用について 一枚の絵に両方使うのは全然OKだと思います。 つや消ししたい部分だけアクリルガッシュで塗ってもいいですし、アクリルガッシュの層を作った後にアクリル絵の具を塗ってもいいかもしれません。 まとめ とりあえず気になったら使ってみましょう。 どちらもツヤがあるかないか、不透明であるか透明であるかの違いで、乾きが早いことや乾くと耐水性になることなどの性質は変わりません。 最初はアクリル絵の具を使う予定でも、ガッシュを使ってみたら案外自分と相性がよかった。 というようなこともあるかもしれないですね。

次の

アクリル絵具

アクリル ガッシュ と は

アクリル絵具とアクリルガッシュの違い アクリル絵具とアクリルガッシュの一番の違いは、 「絵具に透明性があるか無いか」と言えます。 そして、 「アクリルガッシュ」は基本的に 不透明の絵具で 下の色を覆い隠す力に優れてるのが大きな特徴です。 また、アクリルガッシュ以外のアクリル絵具は、 不透明と 透明が混ざった形で販売されているのが大きな特徴と言えます。 そして、その内容を見分けるには、日本の絵具メーカーは表や裏に 「透明・不透明・半透明・半不透明」と日本語で書かれたモノが多いのでそこで判断できます。 そういう意味では、アクリルガッシュよりもアクリル絵具の方が 「より複雑な効果を楽しめる絵具」と言えます。 アクリル絵具とアクリルガッシュの共通の効果 アクリル絵具とアクリルガッシュの共通の効果としては、どちらも 速乾性があり乾くと 「耐水性」となるのが特徴です。 なので、通常の 「水彩絵具」は乾いても濡らすと色が落ちますが、アクリル絵具とアクリルガッシュは 一度乾くと水に濡れても色落ちはありません。 その為、どんどん色を重ねて 水彩絵具では作れないような深みのある色彩を作る事が可能となります。 また、「油絵具」も上からどんどん色を重ねて塗る事が出来ますが、乾くのに時間がかかるのがネックと言えます。 ただ、今は速乾性の溶き油やメディウムもあるので通常よりも早く乾かせますが、 完全に乾くとなるとそれなりの時間を要すのが現状です。 しかし、アクリル絵具とアクリルガッシュは30分もすれば完全に乾きますし、ドライヤーを使えばもっと短時間に完全に乾かすことが可能となります。 その為、 なるべく早く作品を作りたい場合は、「アクリル絵具」か「アクリルガッシュ」を使用する方が効率的と言えます。 アクリル絵具の主なメーカー 現在、画材屋で多く見かけるアクリル絵具の主なメーカーは以下の通りです。 ホルベイン• リキテックス• ターナー• ターレンス ホルベインのアクリル絵具 ホルベインは1900年に創業された国内の老舗絵具メーカーで、昔からあるからか特に 「油絵具」が有名です。 しかし、アクリル絵具の開発にも積極的で、現在あるアクリル絵具は 「 アクリリックカラーヘビーボディ」言う名前で売られていて、カラーは 全113色あります。 そして、ホルベインのアクリル絵具の特徴はとにかく発色がきれいで、混色してもにごらないピュアな色彩がキープできる所です。 また、メディウム類も豊富にそろっているので、色を重ねるグレージングや絵具をチューブから出したままの厚塗りなど、どんな表現にも対応できるのも魅力と言えます。 さらに、価格も他のメーカーよりも 安い価格帯で売られているので、初めて使用するならホルベインのアクリル絵具はおすすめです。 価格は「アクリル絵具」よりも 若干高くなります。 そして、アクリルガッシュの特徴は全ての絵具が 「不透明」なので、 下の色を透けさせたくない絵を描く場合はこちらの方が向いています。 また、乾くとつや消しの 「マット」な表面となるので、 表面につやを出したくない作品なども、アクリルガッシュの方が向いていると言えます。 また、日本では1968年から発売が始まり、 「速乾性の絵具」として注目されプロの絵描きから趣味で絵を描く人まで幅広く普及して行きました。 そして、現在売られているリキテックスは 「 レギュラータイプ」が 全114色、 「ソフトタイプ」が 108色となっています。 ちなみに、レギュラータイプとソフトタイプの違いは絵具の硬さの違いで、ソフトタイプはレギュラータイプよりも 柔らかい練りとなってるのが特徴です。 なので、水をあまり使用しなくとも伸びるので、水が使えない野外のスケッチなどに向いてると言えます。 また、リキテックスを実際に使用した感じとしては、仕上がりが他のアクリル絵具よりも 「光沢がある表面になる」と言う感じがしました。 そして、リキテックスの価格は他のアクリル絵具よりも 少し高めとなっています。 こちらも、通常の「アクリル絵具」よりも顔料濃度が高いため下の色を覆い隠す力が強いのが特徴です。 また、リキテックスも古くからあるメーカーなので好んで愛用している絵描きも多く、安心して使える絵具の一つと言えます。 そして、ターナーの「アクリル絵具」は 「ゴールデンアクリリックス」と言う名前で、普通色 全85色のうち60色が 純粋な単一の顔料で作られているのが特徴です。 また、残りの25色はグレーや鮮やかな黄緑、パステル色など、混ぜないと作れない色となっていて、さらに深みを出す為にあえて違う顔料を混ぜて作られたモノとなっています。 ただ、他の絵具メーカーは 100色を超えてるだけに「 ゴールデンアクリリック」は 85色と若干色数が少なめですが、発色の良い色が揃ってるので制作に問題はありません。 そして、使用した感じとしては練りは柔らかめで、こちらも水をあまり使用しなくてもスーッと伸び、発色も良いのが特徴と言えます。 しかし、価格は他のメーカーよりも 若干高めの傾向ですので、特にこだわりが無いならアクリル絵具に関しては安いメーカーのものでも良いと思います。 ただ、ターナーは「アクリルガッシュ」にすごい力を入れてるメーカーなので、アクリルガッシュは断然「ターナー」と言えます。 そして、 「アクリルガッシュ(普通色)」 は全74色で、それ以外にも以下のような種類があります。 グレイッシュシリーズ(全6色)• パステルシリーズ(全15色)• ジャパネスクカラー(全69色)• パールシリーズ(全6色)• ミキシングシリーズ(全3色)• メタリックシリーズ(全6色)• ラメカラーシリーズ(全13色)• ルミナスシリーズ(全6色) これらは全て 「アクリルガッシュ」で全ての色を足すと 192色もあり、 「アクリルガッシュ」を使うのではあれば、 ターナーがベストと言えるのではないでしょうか。 特に 「ジャパネスクカラー」は普通色並みの 69色もあるので、希望の色は普通色とジャパネスクカラーだけでも見つかると言えます。 また、ターレンスのアクリル絵具は 「 アムステルダム・アクリリックカラー」と言う名前で発売されていて、 基本色73色+特別色17色の 計90色があります。 そして、「アムステルダム」の大きな特徴としては 120mlの大容量で、安い所では600円前後で買える所です。 なので、大きなキャンバスなどに絵を描く場合は大量の絵具が必要になる為、大容量で格安のアムステルダムはかなり重宝します。 もちろん、大容量で格安だからと言って絵具の質が悪いと言う事もなく、使用した感じは「リキテックス」に似た感じの仕上がりとなり、高い耐光性のある表面となります。 なので、アクリル絵具で100号などの 「大作」を描く場合は、アムステルダムのアクリル絵具がおすすめと言えます。 また、種類としては普通色全58色+特別職全9色+ホワイティシリーズ全13色の計80色があり、「ガッシュ」も相当な色が揃っているのが特徴です。 そして、アクリリック・ガッシュの方は容量が70mlとアクリル絵具よりも少なくなりますが、価格も安い所では350円くらいなので、非常にリーズナブルと言えます。 なので、容量が多くなるべく安いアクリルガッシュを求めてるなら、ターレンスのアクリルガッシュをおすすめします。 ただ、それらも決して悪いものでは無いのですが、中にはいつも使ってるアクリル絵具と同じ名前でも 全然違う色になる場合があるので注意が必要です。 恐らく、安い絵具は 顔料の濃度が低いので全体的に色が薄い感じがして、発色もかなり悪いと感じます。 なので、安いからと大量に色んな色を一度に購入すると後悔するハメにもなるため、妖しい安い絵具はとりあえず1本だけ購入して試した方が無難です。 なので、作品の傾向としては 色を重ねて深みを出すような作品が向いていて、有名な絵では現代美術家の「奈良美智」さんの作品などが良い例ではないでしょうか。 — 2019年 8月月6日午前8時15分PDT 奈良美智さんのペインティング作品は、何層も色を重ねて作られていて、下の色が透けて見えるキラキラした深みのある色彩が魅力です。 また、透明性のあるアクリル絵具は厚塗りしても下の色が見えたりするので、比較的どんな作風でも色を重ねる事で深みのある色彩が無限に作れるのが特徴と言えます。 「アクリルガッシュ」に向いてる作品の傾向 アクリルガッシュは、絵具の 「不透明さ」が最大の特徴です。 なので、色を重ねて深みを出すようなものでは無く、 単色をハッキリさせた絵に向いてると言えます。 こちらも例を出すなら、同じく現代美術家の村上隆さんの作品が良い例ではないでしょうか。 — 2019年10月月31日午前7時51分PDT こちらの作品のような、単一にムラなく面を塗って作る場合は、透明性のあるアクリル絵具よりも 「不透明」なアクリルガッシュの方が向いてると言えます。 なので、複雑な色彩では無く なるべく単一の色彩をきれいに塗るような作品を作る場合は、アクリルガッシュが断然塗りやすいのでおすすめです。 そして、作品の傾向としてはタッチを生かしたような荒々しい作品では無く、「デザイン的」なオシャレな作品に向いてると言えます。 そして、これを知ってるのと知らないのとでは作品造りに大きな違いが出て来るので、出来れば作品の傾向にあった特性の絵具を選ぶ事が大事です。 また、「どちらか」と言う事では無く、特性を知った上で1つの作品で両方をうまく使い分ける事も出来る為、自分で色々試してやっていくのが一番と言えます。

次の