梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物 は。 梅雨の「天気痛」って知ってる?原因や対処方は?

気象病の原因と症状。気象病におすすめ対策と漢方薬とは?

梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物 は

こんにちは! ULU(ウルウ)お客様サポートセンターの山崎です。 6月に入り、憂鬱な梅雨シーズンがやってまいりました。 この時期は「体がだるい」「頭痛がする」「気分が落ち込む」など、心身ともに不安定になり、体調を崩す人が一気に増えてきます。 私も例にもれず、梅雨の時期はだるさや頭痛に悩まされています…。 毎年「梅雨だからしょうがない」と諦めているのですが、そもそも梅雨の時期に不調を感じるのはなぜなのでしょうか? 体がうまく対応できない、梅雨特有の気候 梅雨の時期は、雨が降り続いたり、急に晴れて蒸し暑くなったり、気温や湿度、気圧の変化が激しくなります。 不調を感じる主な原因は、それらの 気候変化に体がついていかず、 ストレスを感じ、自律神経が乱れるためだと言われています。 特に、気圧の変化の影響がとても大きいと言われており、 変化が急なほど自律神経が乱れ、症状が強くなります。 多くの人は、気圧が低下するときに不調を感じますが、なかには気圧が上昇するときに不調に感じる人もいるそうです。 (不調を感じた日の天気や気温を記録してみると、天候と自分の体調の関係について把握できるのでお試しください!) 梅雨時期の自律神経の乱れとは? 自律神経には、心身の状態を活発にする『交感神経』と心身を休ませる『副交感神経』の二つがあります。 (自律神経についてはもご参照ください!) 次々と低気圧が日本を通過する梅雨の時期は、自律神経が乱れて、『副交感神経』が優位になりやすくなります。 これにより、本来活発に活動しなければならない時間帯にも『副交感神経』が優位のリラックスモードになってしまい、 そのまま無理に活動しようとすることで、ストレスがかかり、心身の不調を引き起こしてしまいます。 つまり、 2つの自律神経をうまく切り替え、整えることで、不調を解消することができるのです! 不調解消にはバランスの良い切り替えが大事! 起床後から日中まで、仕事や家事などで活動的になる時間帯は『交感神経』を、 夕方から就寝までは『副交感神経』が優位になるよう行動してみましょう。 『交感神経』を活発にするため、 起床したらまず、雨でも曇りでもカーテンを開けて、日光を浴びてください。 その後、朝食をきちんと食べることを心がけましょう。 電車やオフィスでの エアコンによる温度差にも気をつけましょう。 羽織るものを1枚持っておくと安心です。 シャワーだけで済ませるのではなく、 ぬるめのお湯にゆっくり時間をかけて浸かりましょう。 寝る前に、蒸しタオルやホットアイマスクなどで目元を温めるとリラックスできます。 照明を消した後に、スマホを見るのは『交感神経』が活発になってしまうので禁止です! 睡眠をしっかりとり、一日の疲労を回復してください。 夏を迎える前に、生活習慣の見直しを 梅雨が明けると、急に暑くなり夏がやってきます。 今のうちに自律神経を意識した生活習慣を身につけて、元気な状態で梅雨を乗り切り、夏に備えましょう! CATEGORY•

次の

「低気圧」で体調不良を起こしやすい人の特徴

梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物 は

6月6日、しました。 この時期、頭痛や食欲不良が起きたり、古傷が傷んだり、疲れが取れにくくなったりすることはありませんか? もしかすると、それは天候の影響によって発症する「気象病」が原因かもしれません。 気象病とは? 気象病とは、天気の変化で起こる不調の総称です。 めまい、肩こり、イライラが起こるものと、片頭痛や関節痛など持病が悪化するものの2パターンがあります。 後者は特に「天気痛」と呼ばれています()。 気象病の原因は? 気象病の原因は、気圧・気温・湿度の変化にあります。 特に気圧の影響が大きく、梅雨の時期に気象病に罹りやすいようです。 気圧の変化が気象病を引き起こすのは、内耳に気圧の変化を感じ取るセンサーがあるからと考えられています。 内耳は耳の鼓膜の奥にあり、体の平衡感覚をつかさどっていますが、内耳が気圧の変化に敏感になってしまうと、過剰に脳に情報を与えてしまい、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。 交感神経が活発になると頭痛になり、副交感神経が活発になると眠くなったりだるくなったりします()。 梅雨の時期、体調不良を感じる人は85% によれば、「梅雨の時期、体調不良を感じたことがありますか?」という問いに対して、85%の人が「はい」と答えています。 「はい」と回答した人に対して「体調不良に関して、具体的にどのような症状を感じますか?」との問いでは、「だるさ」が1位、「頭痛」が2位、「冷え」が3位という結果になっています。 ほとんどの女性の方が何らかの不調を訴えているということがわかりますね。 ちなみに「梅雨の時期、肌の調子が悪いと感じますか?」という問いに対しては、82%の人が「はい」と答えています。 そのうち、「肌の不調に対して、具体的にどのような症状を感じますか?」という問いには、「ベタつき(1位)」「毛穴の開き(2位)」「吹出物(3位)」という結果が出ていました。 気象病とうつ NHK『視点・論点』の には、気象病とうつの悪循環に関する記述がありました。 これによれば、慢性痛の人が痛みを繰り返し感じると、脳に強いストレスがかかり、扁桃体と呼ばれるところが過敏になったり、前頭前野(前頭前皮質)や海馬が委縮したりするなど脳が変化して、不安やうつなどの精神障害が現れ、痛みがさらに強くなってしまうとのことです。 この負の連鎖を断ち切るには、適切な対処法を知ること。 心療内科など医師に相談してみましょう。 エアコンを使いすぎると、自律神経の働きを弱めることになり、自律神経のバランスが崩れやすくなってしまいます。 あまりエアコンに頼り過ぎないようにしたほうが良いかもしれません。 なかなか理解されない気象病 職場や学校においては、気圧の変化による体調不良は「気のせい」と言われてしまうこともしばしば。 私も気圧の変化で調子が出ない日もありましたが、なかなか上司に理解してもらえず苦労しました。 一人で悩まず、まずはお医者さんに相談するのが良いと思います。 この記事では、気象病の概要をおおまかにご紹介しました。 詳しくは以下の参考記事もチェックしてみてください。 参考記事 (安齋慎平) Data Empowermentは、「働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」とわれわれは考えています。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか? Data Empowermentは、働くひとのパフォーマンスを最大化するもの」とわれわれは考えています。 データを活用することやデータに基づいた迅速な意思決定・アクションが、 時間を節約し効率化する、クリエイティビティの求められる業務にフォーカスするための力になるからです。 あなたも「Data Empowerment」を実現してみませんか?.

次の

梅雨になると頭痛やめまい耳鳴りは気圧の変化が原因?対処法は?

梅雨 の 時期 の 気圧 変化 に 敏感 な 生き物 は

雨が降る前になると頭痛がする、台風が近づくとめまいがする、天気が悪くなると古傷が痛む…など天気の変化で体調が悪くなることはありませんか?もしかしたら、その症状は最近注目されている『気象病』かもしれません。 気象病によって体調を崩す人は6割以上とも言われています。 今回は気象病の症状と原因、そしておすすめの漢方薬と養生法をご紹介します。 出典: 気象病ってなに?? 『気象病』という名前を初めて耳にされる方も多いかもしれません。 気象病は近年注目が集まっている病気のひとつで、潜在患者数は1000万人にのぼるとも言われています。 気象病は、気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称で、頭痛やめまい、疲労感、関節痛、気持ちの落ち込み(うつ)、吐き気、喘息などさまざまな症状が出るのが特徴です。 気候変化の激しい、季節の変わり目や梅雨の時期、また台風が多い時期などに特に起こりやすいと言われています。 梅雨の時期は梅雨前線上を低気圧が横断するため日本列島の気圧は低下しやすくなります。 また台風は大型の低気圧であるため、台風の接近に伴い圧は低下します。 気象病の症状がこれらの時期に集中するのはそのためだと考えられています。 気象病には耳が深く関係している!? 気圧の変化によって気象病の症状が出やすいのには、「内耳」が深く関係していると考えられています。 内耳は主に、耳で受けた情報を脳や神経に伝える役割をしています。 近年の研究により、 内耳の前庭器官には気圧の変化を感知する場所と能力があることが明らかになりました。 (2019年中部大学 佐藤教授)これにより、大きな気圧の変化が起こると内耳のセンサーがそれを感知し、その情報が脳に伝わることが判明しました。 また、このセンサーは人によって感じ方が異なり、気象病を訴える人の多くは、何らかの原因でこのセンサーが敏感なため、脳に過剰に情報が伝わり、その結果、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ、症状が出やすいのではないかと考えられています。 漢方では、風邪と湿邪が合わさると、全身の水の巡りが悪くなるとされ、そのような状態を 「水滞(すいたい)」と呼んでいます。 水滞になると、 頭を締め付けられるような頭痛や頭重感、グルグル回るようなめまい、重だるい倦怠感、むくみ、気分の落ち込み、吐き気、関節痛などの症状が出やすくなると考えるのが漢方の理論です。 特に、内耳の水滞では頭痛やめまい、難聴などが起こりやすいと考えられています。 そして、これらの症状は、まさに現代で言われている気象病の症状とも合致するでしょう。 気候の影響で一時的に水滞になっている場合は水の巡りも比較的速やかに良くなり、症状もすぐ良くなりますが、もともと水の巡りが悪い水滞体質の場合にはそう簡単にはいきません。 体質に気候が追い打ちをかけ、水の巡りがかなり悪くなっているため、症状が強く出るだけでなく、水の巡りの改善にも時間がかかるため、なかなか治りにくく、すぐ症状が反復しやすいのが特徴です。 そこでおすすめなのが漢方薬です。 カラダの中からしっかりと水の巡りを整えることで、根本原因を改善し、気象病になりにくいカラダにリセットしましょう。 漢方では水の巡りが悪くなり、特に体の上のほう(頭部など)に余分な水がたまると、「気」の巡りをさまたげ、めまいが起こると考えています。 苓桂朮甘湯は水の巡りを良くし、たまった余分な水を取り除くとともに、気を補ってその上昇を助けることで、めまいや立ちくらみ、頭痛、耳鳴り、動悸・息切れ、神経症、神経過敏などの症状を改善してくれます。 まさに気象病でお悩みの方にピッタリの漢方薬です。 <PR> めまい、立ちくらみの改善方法とおすすめの漢方薬 水の巡りを良くするための生活アドバイス 水の巡りを良くするためには、日頃の心掛けが大切です。 特に湿気の多い時期は水の巡りが悪くなりがち。 水の巡りが悪くなると、カラダに入った水分がうまく排泄されず、余分な水分が溜まりやすくなってしまいますので、毎年症状が出やすい方は意識的なケアを心掛けることで症状の予防に繋げてください。 カラダに余分な水分が溜まっているかは舌の苔でチェックすることができます。 常に舌をチェックしてカラダに必要な水分量を確認、調整するようにしましょう。 今回は簡単に取り組める養生法をいくつかご紹介します。 のどが渇いても、水などの飲料は一気にガブガブ飲むのではなく、少しずつ飲むようにしましょう。 揚げ物、バターやショートニング、マーガリンなどを多く使った食品、またナッツなど種子類にも油が多く含まれています。 できるだけ食べ過ぎないように心掛けましょう。 漢方では、小豆、黒豆などの豆類や、キュウリ、ゴーヤ、冬瓜などの瓜類、わかめ、昆布などの海藻類、それに穀物のハトムギには水の巡りをサポートする働きがあると言われています。 いかがでしたか?毎年悩まされる気象病。 今年こそは漢方薬&養生法で打破したいですね。 <PR> 漢方医学で考える頭痛の原因について解説.

次の