トラベル ジェニオ。 国内旅行なら、格安ツアーのトラベルジオ

【ジェニオ2との違い】ドルチェグストのジェニオアイは必要?便利?|節約コーヒーらいふ

トラベル ジェニオ

連載「」は、リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信するビーチライターの古関千恵子さんが訪れた、世界各地の美しいビーチや、海のある街や島を紹介いたします。 今回訪れたのはの街。 通りすぎるだけのはずだったこの街で、すごい日本人に出会ったそうです。 シチリア島パレルモとは?  イタリアのシチリア島は地中海最大の島、イタリアにおける最大の州です。 当初、移動のために通過するだけのつもりが、「こんなところに、すごい日本人!」と驚いた偶然の出会いがあり、思い入れのある場所になりました。 出会いは、旅のだいご味です。 夕闇迫るパレルモのヨットハーバーで見かけた親子連れ。 シチリア島が舞台の映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の少年とどこか重なります パレルモっ子の憩いの場、モンデッロ 「近くの、日本人シェフがいるミシュランガイドの星付きレストランに行ってみよう」との同行の友人の提案に、パレルモにある海辺のリゾートのへ行ってみることにしました。 モンデッロはパレルモ中心部から北に11キロほど。 ペレグリーノ山とカポ・ガッロ岬に両サイドを守られた小さな海辺の町です。 もともとは湿地帯でしたが、20世紀初頭にベルギーの富裕層が沼地の水を抜き、大規模な干拓プロジェクトをスタート。 アールヌーボー様式の邸宅が並ぶ美しい別荘地を作り上げました。 カポ・ガッロ岬。 訪れた4月はすみ分けがなく、平等に開かれたビーチでした 訪れた4月には見られなかったのですが、夏になるとビーチにはユニークなすみ分けが三つできるようです。 ひとつは、「カビーナ」と呼ばれる貸し切りボックスがずらりと並び、その所有者のみが入ることのできるゾーン。 もうひとつは、「リド」と呼ばれる海の家による有料のパラソルとビーチベッドが並ぶゾーン。 そして、浜にバスタオルを敷いて寝転ぶ無料ゾーン。 人気ビーチでのんびり優雅に過ごすには、財力も必要のようです。 ビーチを前にして右にそびえているのが、ペレグリーノ山。 この景観を前にして、文豪ゲーテは「世界で最も美しい岬」と称賛しました(ゲーテの「世界一」がパレルモには二つも!)。 天井を見上げると……フレスコ画。 イタリアの文化財に指定されているのだとか そしてユキさんを紹介してくださった現地コーディネーター&ライター岩田デノーラ砂和子さんは、なんと、貴族と結婚。 旧市街メインストリートに建つ貴族の館にうかがうと、天井には壮大なフレスコ画が一面に。 「パレルモの凱旋」をテーマに守護聖人のサンタ・ロザリアと古代守護人ジェニオ・ディ・パレルモが描かれていました。 岩田さんはそんな歴史の街にいながら、かつて東京の出版社でバリバリ働いていたそのままといった感じで、とても気さくな方なのです。 パレルモの街は通り過ぎるだけではもったいない。 また、「バイバイ・ブルース」で30ユーロのランチがいただきたいし、再訪を誓う旅でした。 バックナンバー•

次の

株式会社ジェニオ|サテライトオフィス企業|三好市サテライトオフィス

トラベル ジェニオ

仕事内容 WEBシステム、スマートフォンアプリを中心とした設計、開発に携わって頂きます。 当社は、案件の8~9割が直請けで、小規模案件であれば、エンジニア1名が顧客打ち合わせ、要件定義から開発、テスト、導入まで担当しています。 業務を細分化せず、一人ひとりの守備範囲が広いため、エンジニアの能力が自ずと高まり、実力を更に伸ばせる環境です。 ご自身が開発を手掛けたものがダイレクトに、世の中に出るワクワクを感じていただけます。 【事業内容】 1. コンピュータソフトウェアの企画、設計、開発、保守及び販売業務 2. インターネットのホームページに関する 企画、立案、制作及び管理 3. インターネット等の情報通信システムによる情報提供業務 4. 情報処理システムの企画、設計、開発、保守及び販売業務 5. 広告代理店業務 6. インターネット並びにカタログを利用した通信販売業務 7. 前各号に関するコンサルティング業務 8. 前各号に付帯する一切の業務 部署・役職 システム開発部 名前 ピェッピョーアウン 私はミャンマーの大学を卒業し新卒で弊社に就職しました。 主にウェブ開発やアプリ開発を担当していますが、なかでもアプリの開発が一番楽しいです。 自分が開発したアプリをお客様から「良いデザインですね」「良いアプリですね」「あなた素晴らしい」と言われるとすごく嬉しいです。 それだけではなくアプリの利用者が増えて、良い評価をもらえるとやりがいを感じます。 アプリやウェブの実装で意外なエラーが起こったり、思い通りの結果が出ないこともありますが、エラーがなくなり、想定していた結果が出た時には嬉しくてたまりません。 もっと経験と知識を積んで皆さんの生活がますます便利になる仕組みを作っていきたいと思います。 プログラマーの仕事はたくさんの知識が必要ですが、学ぶ気持ち、チャレンジする気持ちがあればどんなものでも作れるようになります。 ぜひ私たちと一緒にチャレンジしてみませんか?.

次の

国内旅行なら、格安ツアーのトラベルジオ

トラベル ジェニオ

——確かに、そうですね。 なぜ、ジェニオはそんな名だたる企業の仕事ができるのでしょう。 「実績が実績を呼んでいる」という側面があるかもしれません。 私たちジェニオは多くの大手企業と、直接取引をしています。 私たちは直接取引だからこそ、「ジェニオの実績」としてHPに掲載するなど、堂々と宣伝できます。 それを見て、ほかの大手企業が「こういう仕事をやっている会社なら安心だ」と、依頼をしていただける。 そんな好循環がつくられているので、「既存顧客のリピート+既存顧客からの紹介+HPからの問い合わせ」の3つで案件のご依頼をいただくことがほとんどです。 また、長期に渡り取引が続くお客様が多いのも当社の特長です。 ひとつひとつの案件への真摯な取り組みがお客様との信頼関係を育み、新たな受注につながっているのだと思っています。 ——企業として、新たな成長ステージに入る、と。 その通りです。 自社サービスに携わるエンジニアにとっては、受託開発のシステムの仕事よりも「私がつくった作品」という実感をもちやすいかもしれません。 ジェニオのエンジニアに、受託開発に携わる以外に、もうひとつの選択肢を提供することも、自社サービス事業立ち上げの理由のひとつです。 もともとジェニオがSESではなく受託開発をメインの事業として設立されたのは、「エンジニアが本当にやりたいことをやって、成長できる場所にしたい」という想いがあったから。 顧客先のプロジェクトの一員だと、どうしても決められた作業をこなすだけになりがち。 でも、自社内で組成されるプロジェクトチームならば、自分のキャリアプランやスキルアップ計画のためにふさわしいポジションを選ぶことが可能になります。 今後、ジェニオに自社サービス事業が立ち上がれば、選べるポジションの幅が、さらに広がっていくはずです。 SESの仕事に限界を感じて転職・起業した ——米田さんが「エンジニアが成長できる会社をつくりたい」と想ったいきさつを教えてください。 私はもともとエンジニア。 自分自身の経験からです。 キャリアのスタートは大手企業のシステムエンジニア。 そこで9年ほど働きました。 ただし、自社内ではなく、SESとしてクライアント企業に常駐していました。 エンジニアとしてたくさんの経験をさせてもらえましたが、本来所属する自社に直接貢献できていない不満がありました。 また、指示通りの開発をするだけで提案させてもらえないケースが多く、エンジニアとしての成長に限界を感じていました。 そんななか、Webに興味をもちはじめて。 ベンチャー企業へ転職し、3年ほど自動車業界向けのシステムを開発する仕事に携わりました。 そこでは自分が本来やりたかった、受託開発の仕事に携わることができ、お客さまに直接、企画提案する機会をたくさんもらえました。 「こんな仕事を、より多くのエンジニアに経験させられる場所をつくりたい」。 そんな想いから、ジェニオを起業したのです。 ——当時の想いはいま、実現しているのでしょうか。 前職がSESで、その働き方に限界を感じて入社して、実際にスキルが飛躍的にあがったエンジニアの例が多数あります。 与えられた仕様書通りにコードを書くことをしいられるのにあきたらず、ジェニオに入って、「もっとこうしたほうがいいですよ」と提案することに喜びを感じているプログラマーもいます。 また、働き方の多様性という意味では、テレワーク勤務制度をもうけているので、在宅で活躍してくれているメンバーもいます。 ジェニオでは一昨年、地方創生への貢献という観点から、四国にオフィスを新設。 四国メンバーとのコミュニケーションはほぼすべてオンライン。 実際に密に連携がとれた実績があり、テレワークを導入しても問題ないと判断しました。 テレワークをしないといけない理由があるメンバーには、遠慮なく申請してもらっています。 経験が浅くても充実した教育制度で成長できる ——求職者の方にメッセージをお願いします。 SESという働き方などで、エンジニアとしての成長に限界を感じている人がもしいるなら、本当にもったいないことだと思います。 そういった方にこそ、ジェニオにジョインしてもらい、大きく成長してほしいですね。 また、技術力はそれなりにあるけれど、上流工程の経験がないので、そこにチャレンジしてみたい人。 そういった人にはぴったりの環境だと思います。 また、教育カリキュラムが整っているので、経験が浅い方であってもイチから成長をバックアップできます。 昨年は海外の新卒者を現地で採用し、日本語の習得からプログラミングまでトータルにサポートするカリキュラム通して育成しました。 着任してから1年経った現在、外国人スタッフの飛躍的な成長を実感しています。

次の