ゆるキャン実写。 【ゆるキャン△実写ドラマ】最終回12話感想 最後も飯テロ!キャンプしたくなるドラマ

【ゆるキャン△実写ドラマ】最終回12話感想 最後も飯テロ!キャンプしたくなるドラマ

ゆるキャン実写

『きららベース』• 周辺を舞台に 、でのリクリエーションやなどといった趣味の魅力と 、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く。 『』()にて7月号 から4月号まで連載され、同年3月29日より芳文社の漫画配信サイト『COMIC FUZ』に移籍して連載中。 また、1月から3月まで本作を原作とするテレビアニメが放送され 、これを皮切りに、第2期の放送、劇場アニメの公開が控えている。 作風 漫画の流れとしては、女子高校生たちが個人またはグループでのキャンプを計画するところからエピソードが始まり、道具や食材を準備して目的地まで旅した後、見晴らしのよい現地からの展望を満喫しながら、用意していた食材を現地で野外調理する、あるいは食堂でご当地グルメに舌鼓を打つ、温泉を満喫するなどを経て、で1泊して翌朝を迎える、という展開の繰り返しで進行する。 本作では一人での気ままなキャンプと大人数での賑やかなキャンプの魅力が対等のものとして描かれており 、主要登場人物同士はいつでも行動を共にしているわけではなく一人旅のエピソードも多いが 、旅行先からで互いの近況を報告し合う形でストーリーに関わっていく。 著者のあfろは、元々を趣味としていたことが本作の着想に繋がったといい 、著者自身のアウトドア経験が作品に盛り込まれている。 執筆に当たっては実在のキャンプ場や観光地の下見、本番の取材、後から気になった箇所の再取材と、1箇所につき2回から3回の取材を行っているといい 、漫画には取材先の風景がそのまま描かれている。 見開きのページで精緻に描かれるキャンプ場からの展望や 、それを眺める登場人物の表情などが 、臨場感や 、舞台となる実在の観光名所に対する興味 を煽る見せ場となっている。 アウトドア趣味に向き合う少女たちのまっすぐな魅力や 、日常の合間に披露される、のノウハウや寝具の種類といったアウトドア知識の描写 、うまそうに描かれる食べ物 、実在するキャンプ道具の描写 、旅先で出会うさまざまなにまつわる話題なども 、作品の持ち味になっている。 漫画のタイトルロゴ末尾にあるは、のになっており 、表題を音読する場合 は発音されない。 リンがの麓で冬の一人キャンプを楽しんでいたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ 本栖高校の生徒・ を助ける。 なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「 野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。 一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。 なでしこが加わるまでは と の2人だけの小さな同好会であった野外活動サークルも、リンの友人である を巻き込み、キャンプ先で知り合った新任教師の を顧問に迎え、次第に勢力を拡大していく。 そして年末には部員ではない斉藤と、それまで頑なにグループでのキャンプを敬遠していたリンを誘ってキャンプ場での会が実現する。 その後もリンは気ままな一人旅を基本としつつも、皆との賑やかな一晩を経験し、一人キャンプとは「違うジャンル」と捉えれば悪くないという感慨を抱き、これまで避けてきたオフシーズン以外のキャンプにも興味を持つ。 その一方、それまでリンに同行したり野外活動サークルのメンバーと賑やかなキャンプを楽しんだりしていたなでしこも、リンに触発されて一人キャンプに興味を抱くようになる。 しかしキャンプ道具を買い揃える予算も乏しく、4月の同好会結成から11月になるまで大した活動実績を残せずにいたが、そんな中、新たなメンバーとしてキャンプ初心者の新入部員、なでしこを迎えることになる。 放課後に部室に集まってはキャンプに関するトリビアを披露したり、キャンプごっこや妄想上のキャンプの話題、荒唐無稽なホラ話に興じたり、半年後、10年後、60年後、1000年後の未来のキャンプを夢想したりといった、雑談に明け暮れる野外活動サークルの毎日の活動を描く。 登場人物 「声」は、テレビアニメ版の担当声優、「演」は、テレビドラマ版の担当俳優。 登場人物の名前は地名に由来する。 作者のあfろ曰く、「主人公2人(各務原なでしこ、志摩リン)の名前を長い名前と短い名前にしようと思い、以前に住んでいたことのあるとその周辺の地名がしっくりきたので、他のキャラクターもその辺りの地名でそろえることにしました」とのこと。 主要人物 メインキャラクター 一人キャンプ(ソロキャン)を主軸として活動するリンと、リンと学校やSNSで親しくしている間柄の斉藤とのグループ、部活動として集団キャンプ(グルキャン)を行う同好会・ 野外活動サークル( 野クル)のメンバーである千明とあおいのグループ、そして各グループを行き来するなでしこ、といった各々の視点から物語が描かれる。 物語の進行に沿って人間関係も変化していくものの、「独りぼっちで活動していたメンバーが部活動を通じて合流し、常に行動を共にするグループが誕生する」といった紋切り型の展開をなぞらないところに本作の特徴がある。 テレビアニメ版では、なでしことリンが本作のダブルヒロインであると位置づけられているが 、テレビアニメ版のシリーズ構成を担当した田中仁はこれを、あくまでテレビアニメ版での変更点であり「原作のはリン」としている。 テレビドラマ版はリンが主人公と位置づけられており、なでしこは準主人公として扱われている。 なお、本作の原作者でもあるあfろの漫画作品『mono』とのセルフコラボレーションでは、リンもなでしこも「主人公」と表現している。 16歳。 誕生日は。 小学生に見間違われるなど小柄な体格をしており、腰まで伸ばした髪を頭の上で大きなに結っている。 キャンプの経験は豊富なほうであるが 、キャンプ場で静かに一人の時間を過ごすことに魅力を感じており 、基本的に閑散とした冬季にしかキャンプをせず 、誰かとキャンプした経験は皆無。 物語冒頭にて遭難しかけたなでしこを助け、時々なでしこともキャンプをするようになる。 なでしことの出会いをきっかけにラーメン以上の本格的なにも手を出すようになり 、運転免許を取得したばかり の「」 で県境を越えた一人旅にも挑戦するようになる。 図書委員であり 、学校でもキャンプ先でも本を読んでいて 、アルバイト先も書店。 犬好き。 いつもクールな態度を装っているが、決してコミュニケーションが苦手というわけではなく 、また内心では常に周囲の事柄に対して悪態をついたり突っ込みを入れたりしている。 ややでマイペースな傾向があり 、どこか「知的なキャラ」に徹しきれていない面もある。 使っているキャンプ道具の多くは祖父ので 、愛用のテントは。 千明からは「しまりん」と呼ばれている。 なでしこや千明から幾度か野外活動サークルのメンバーに誘われているが、彼女らの活動に対しては「ノリが苦手」という印象を抱いており 、やや距離を置いている。 誕生日は。 富士山を眺めるのが好きな 無邪気で活発な女の子。 愛知県に近い静岡県西部 から山梨県へと引っ越してきた当日、自転車の遠乗りで富士山を見に来たものの、の用意もなく日没まで居眠りしてしまい困窮していたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つようになる。 料理は食べることも作ることも好きで、リンいわく「うまそうに食う」。 過去にダイエットで身体を鍛えていたことがあり 、見かけよりも健康で体力もある。 寒いところで寝たり重いものを背負ったりするのも平気で、携帯性に難のある家庭用のやをキャンプに持ち込んで常用している。 言動が犬っぽい。 夜道と怪談が苦手。 皆でまったりと過ごすようなキャンプに憧れて野外活動サークルに入部し 、千明やあおいとのキャンプと、リンとのキャンプを交互にというハードなスケジュールをこなす。 千明いわく「ストロングスタイル」。 自分の情動に正直でありつつも他人の顔色も気にする性格で 、天真爛漫なように見えてしっかりと相手を気遣うことができる。 時に強引に、時に相手の顔色を見ながら、リンとの距離感を詰めていく。 キャンプの資金を稼ぐために、アルバイトは年末年始の期間で年賀状の配達 、後に桜から紹介された蕎麦屋で働いている。 誕生日は。 騒々しく快楽主義的な行動派で 、男気のある性格。 常にかけていて本編第54話までの。 それ以降はミディアムヘアにイメチェンする。 自身が幼稚園の時に家族でキャンプに行って楽しんだのを、高校生になってから友達と一緒にキャンプに行くための決意としてあおいと共に野外活動サークルの設立を果たす。 少ない活動予算を遣り繰りすべく 、あおいと共に、安価な道具や廃材をアウトドアで活用するための試行錯誤を普段から繰り返しており 、高価な道具を買おうとすると鼻血が出る。 リンを部員に加えようとしている 一方、リンからはやや苦手意識を持たれていたが 、物語が進むにつれリンとの距離は改善しつつあり、リンが一人キャンプを好むことも理解したうえで無理強いしないように心掛けるようになった。 鳥羽がよく利用している酒屋でアルバイトをしている。 なお、なでしこが風邪を引いてお見舞いにいく (テレビアニメ版第8話・テレビドラマ版第9話)が、この時になでしこから風邪をうつされて寝込む羽目になった (ただし、テレビアニメ版では風邪をうつされた描写はオミットされている)。 テレビドラマ版ではのファンという設定が追加されている。 誕生日は3月4日。 お姉さんらしく落ち着いた性格で 、のんびりとした風の口調で話す。 千明には「イヌ子」と呼ばれている。 太眉と八重歯が特徴。 茶目っ気がありが好きだが、嘘を言っている時には目が泳ぐ。 高校生離れにしたスタイルの持ち主であり、主要人物達の中でも突出したの持ち主。 野クル活動用の資金稼ぎを兼ねてレジ打ちのアルバイトをしており 、後述するアルバイト先のスーパーマーケット「ゼブラ」は千明がアルバイトしている酒屋の隣に所在している。 誕生日は。 お節介焼きで 、なかなか素直になれないリンと他の登場人物との間柄を取り持つなどして、リンをサポートする。 帰宅部で 、休日は夜更かしして朝遅く起きるのが常。 キャンプにも少し興味を持っており 、千明からはリンを野外活動サークルの活動に引き入れるためのキーパーソンと見られているが 、帰宅部から移籍するには至っていない。 背後に忍び寄るなどして、他人の髪型に奇抜なアレンジを加えるというイタズラが好き。 ちくわという名の犬を飼っており、劇中ではしばしば連れ歩いたり話題にしたりしている。 キャンプ道具のコストパフォーマンスよりも耐寒性能や 安全性 に関心を持っており、野外活動サークルのキャンプに初めて同行した際には、他のメンバーよりも桁違いに高額な 冬山登山用の寝袋「」 を持参して周囲を驚かせている。 原作第2話で登場 してから原作第20話(テレビアニメ版第11話)で初めてフルネームが明かされる まで、皆からは姓で呼ばれていた。 原作第24話以降は次第になでしこや千明から名で呼ばれるようになる。 アルバイトは年末年始の期間で年賀状の仕分け 、後になでしこの家の近所のコンビニで働いている。 伊豆のキャンプ旅が終わってから数日後に千明からヘアカットの依頼を受け、自身の自宅の庭でちくわ用のドッグテントを披露し千明のヘアカットを行った。 なでしこの姉。 大学生。 第1話で遭難しかけたなでしこを迎えるために登場した際には妹を厳しく叱りつけているが 、面倒見が良く 、なでしこからは慕われている。 自動車の運転免許を持っており、愛車の風の車 でなでしこをキャンプ地まで送迎したり、に付き合ったりしている。 美人 だがいつも気怠そうにしており、他人からは喜んでいるのか怒っているのか分かりにくいが 、なでしこには機嫌の善し悪しが分かる。 本栖高校に赴任してきた新任の女性教師。 美人で優しそうという第一印象を持たれているが 、前後不覚になるまで深酒するのが日課で、酒が入るとろれつが回らない口調になる。 赴任直前、アウトドア趣味の妹 と共にキャンプしていた際、泥酔していたところをリンやなでしこと顔見知りになったものの、そのギャップから赴任当初は気付かれず、野外活動サークルの顧問を引き受けた際にようやく気付かれる。 当初は部活動の顧問自体、自身のライフワークに影響が出るという理由で嫌がったものの、メンバーには歓迎されたうえ、幼少から家族でキャンプしているという経緯もあり、野外活動サークルのキャンプや初詣に同行するなどしている。 担当教科は歴史。 学校では眼鏡を外し、いつも目を細めているが、プライベートを過ごすときには眼鏡をかけており、酔うとの目が開かれる。 千明のアルバイト先でもある酒屋では毎日500ml・6缶セットの缶ビールを購入する常連客となっており、見かねた店員から陰で「グビ姉」というあだ名をつけられている。 愛車はタイプの軽自動車。 本栖高校教師 田原(たはら ) 原作第13話、第14話で言及される、鳥羽の前任 の歴史教師。 スクエア型の眼鏡をかけている。 原作では、かつては教職一筋に生きる女性という印象を持たれていたものの、突如として結婚を公表してに入り、生徒たちを驚かせたというエピソードが回想として語られている。 テレビアニメ版では産休に至る経緯には触れられず、第9話で名前のみ登場。 登山部の顧問。 鳥羽が野外活動サークルの顧問を引き受けるまで、校庭での焚き火の許可や指導などを請け負っていた。 サークルの焚き火を無許可と勘違いして咎めようとした鳥羽を仲裁し、その流れで彼女に野外活動サークルの顧問を押しつけて走り去る。 第35話で再登場した際にはでの騒動を労い、部活動でのキャンプ地として温暖な伊豆を薦めた。 志摩家 登場場面の多い母(志摩咲)、リンにキャンプ道具を提供した祖父のほか、第24話に父親が登場している。 リンの母。 リンが在宅中の場面や、登校や旅行で家から出発する場面で幾度か登場している。 リンの祖父(咲にとっては父)のソロキャンプについて、娘としてはもう少し落ち着いて欲しいと考えている。 かつては自分もバイクに乗り、夫(リンの父)、父(リンの祖父)と共にツーリングに行っていたこともあるという。 リンの祖父 声 - リンの母方の祖父。 リンが中学生の時に一人キャンプを始めるきっかけになった人物。 名は不明だが、姓は 新城。 リンに以前使用していたキャンプ用具一式を譲り 、自分自身はオートバイ で年中旅行している。 原作では第11話(テレビアニメ版では第7話に相当)にてリンの母と電話で話しているほか、リンとなでしこの会話の中で言及されている。 原作第28話では初めて本人が登場し 、積雪による路面凍結で静岡から帰る手段を失ったリンを車で出迎える。 テレビアニメ版は登場場面が原作よりも前倒しされ、第6話に キャンパーの老人という役名で登場し、キャンプ地の下見中の千明と偶然知り合うというオリジナルエピソードが描かれているほか、テレビアニメ版第7話でリンの母と電話で話す場面では容姿も描写されている。 テレビアニメ版で声を演じる大塚明夫はナレーション役としても出演しており、キャンプ道具などの解説役を担っている。 志摩 渉(しま わたる) 声 - 原作第24話から登場。 リンの父。 眼鏡をかけて優しい一面を持つ。 職場まで原付で通勤している。 リンが伊豆のキャンプ旅前日に仕事から帰宅した直後彼女の原付の部品を取り付けるためにリンの祖父と共に協力する。 「スペシャルエピソード」ではリンの原付は年に1度の点検作業のために送り出し、代車として三輪バイクのレンタルを手配する。 なでしこと桜の母。 眼鏡をかけている。 第16話ではなでしこの見舞いに来た千明の作るほうとうを、夫を含む家族4人で食べる。 テレビアニメ版では第1話にも声のみ登場している。 なでしこと桜の父。 会社員。 口髭を生やしている。 犬山家 原作第22話(テレビアニメ版第11話)に妹のあかり、祖母のみね子が登場しているほか、原作24話には飛騨高山()に毎年家族で遊びに行く間柄の親戚がいる という言及がある。 犬山 あかり(いぬやま あかり) 声 - 原作第22話(テレビアニメ版第11話)から登場。 あおいの妹。 あおいを幼くしたような外見で 、姉と同じく太眉が特徴で、同じように関西風の口調で話す。 千明からは「チビ犬子」と呼ばれており、互いに遠慮せずに話したりじゃれ合ったりできる程度には親しい間柄。 ホラ話が好きで、嘘を言っている時には目が泳ぐのも姉と同様。 テレビアニメ版では登場が前倒しされ、第9話に端役として登場している。 犬山 みね子(いぬやま みねこ) 声 - 原作第22話(テレビアニメ版第11話)に登場。 あおいの祖母。 あおいやあかりと同様に太眉。 あおいがクリスマスのキャンプで振る舞う料理の献立で悩んでいる際に、もっともらしい助言 をつけてを勧めた。 斉藤家 恵那の父 原作第19話の恵那の台詞で言及しており原作第31話で登場。 恵那がクリスマスキャンプを参加するために寝袋の代金を出してくれる。 恵那がちくわを連れて朝霧高原のキャンプ場に行ったのを、チワワにとってクリスマスのキャンプ場の寒さは厳しいため、夜半には車で迎えに行った。 休日ではちくわと戯れていることがあり 、メッセージのアイコンをちくわの顔にしている。 下の名前は不詳。 キャンプ場で居合わせた際、備長炭の点火に苦労するリンを助け、なでしこに「必殺火熾し人」と言われる。 中性的な容姿で、原作第11話で登場して原作第23話(テレビアニメ版第12話)で性別が明かされるまでは、リンやなでしこからは鳥羽の「彼氏」と誤認されていた。 別れ際のリンに手渡したほうじ茶は、原作第18話(テレビアニメ版第10話)で焼き豚まんと共にリンの夕食となる。 原作第25話ではリンが母に頼まれた買い物で静岡県を訪れた際に、日本茶専門店「たかくら」の店員として再会。 正月に初日の出を拝むための人気スポットとして福田海岸を勧める。 土岐 綾乃(とき あやの) 原作第13話(テレビアニメ版第8話)に名前のみ登場。 原作第28話に登場。 静岡県浜松市に住む、なでしこの幼馴染。 なでしこからは「アヤちゃん」と呼ばれる。 なでしこが山梨県に引っ越した後も交流が続いており、写真を通じてなでしこの友人たちの顔を知っている。 風の原付を持っており、年始に帰省したなでしこや、一人旅で静岡県を訪れていたリンとひとときを過ごし、冬のキャンプの魅力に触れ、いずれリンに倣って原付で山梨県に遊びに行くという約束をして別れる。 後にリンとなでしこを大井川のキャンプ場まで一緒に行くのを約束し、本編第56話でリンと二人っきりで原付のツーリングキャンプ旅の同行を果たす。 飯田(いいだ)親子 原作33話から登場。 伊豆・伊東で酒屋を営む。 を飛ばすために山中湖へきて、遭難しかけていた千明・あおい・恵那を助ける。 また3人を心配し、捜しに来た鳥羽先生とも意気投合した。 演 - ヒロシ テレビドラマ版で本人役としてゲスト出演。 第3話ではリンが聞いていたラジオ番組のパーソナリティ役として声のみで出演したほか、第8話は千明が見ているYouTube動画の配信者として紹介される形で登場、第11話でもなでしこが偶然出くわしたソロキャンパーとして出演する。 恵那が飼っている。 が好物。 恵那がいつも会話で話題にしたり、SNSに写真を投稿したりしている。 クリスマスのキャンプでは恵那に連れられて登場し、主要登場人物らと楽しい時間を過ごしたが、チワワにとってクリスマスのキャンプ場の寒さは厳しいため、夜半には帰宅させられた。 駒ヶ根市では早太郎、磐田市では悉平太郎と呼ばれている。 リンが長野県や静岡県を一人旅した際、この犬の伝説の足跡を追ったり、グッズであるおみくじを購入したりする。 原作第17話(テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話)では旅の途中で寝過ごしかけたリンの夢の中に現れ、ミニソースカツ丼に付属していたサラダを犬食いした後、付き添いのなでしこと共に駿河へ化猿退治に出発する。 原作第25話では悉平太郎の名を継ぐ犬(悉平太郎三世)がいるという評判を伝え聞いたリンが磐田市を訪れるものの、その情報は古く犬は亡くなっており 、リンを落胆させる。 チョコ 原作33話から登場した、飯田親子の飼い犬の。 名前の由来はから。 サングラスをかけたハスキー犬を自画像としており、原作では単行本各巻の巻頭カラーイラストで登場人物と共演している。 テレビアニメ版ではオープニングアニメーションのサビの部分に各巻巻頭イラストを再現したカットがあり、そのまま登場している。 設定 物語の舞台 千明とあおいのバイト先の基となった。 主要な登場人物らは在住でとその周辺に住んでおり 、本栖高校 という名前の高校に通っているという設定である。 この高校にはアウトドア系の部活動として、千明とあおいが創立した同好会の 野外活動サークル(やがいかつどうサークル)、通称 野クル(のクル )と、登山部という2つの部があるという言及がある。 当初は野外活動サークルに顧問がおらず、登山部の顧問を兼任する大町という教師が、安全なを行うための指導や許可の受理をしていたことが言及されているが 、原作本編第19話からは新任教師の鳥羽が、大町から半ば押しつけられる形で正式な顧問に就任している。 大町が顧問を務める登山部については詳細な描写はないが、千明らの野外活動サークルと比べるとまったりしていないの雰囲気で 、を行っているという言及があり 、なでしこからはやんわりと敬遠されている。 キャンプ場や温泉の施設名・アウトドア用品や食品を購入する店舗名、ウェブサイト名などといったなどを含む一部の固有名詞が架空のものへと置き換えられているものの、劇中には実在の観光地 や地名、、道路名なども登場する。 主要な登場人物の一人であるなでしこの自宅はにあるとする言及があり 、千明やあおいと共にを途中経由してで電車通学をしているという描写になっている。 テレビアニメ版ではなでしこが を自転車で渡り から乗車して登校する描写があるが 、劇中に登場する主要登場人物の自宅は、実際には家屋が存在しない場所に設定されている。 なお物語開始前は、なでしこは静岡県の付近に住んでいたという設定が語られている。 主要な登場人物らが通う本栖高校は実在しないが、テレビアニメ版では旧(2017年3月閉校)・(2016年3月閉校)跡地周辺 が通学路のモチーフとして描写されており 、原作本編第13話にも、付近を通る県道419号線 ( )を歩いていたなでしこが、劇中で用いられている地図サイト「」 のパノラマ撮影車に写真を撮られるエピソードが描かれている。 また、劇中で千明やあおいのアルバイト先で、リン、なでしこ、顧問の鳥羽らが買い物に立ち寄る描写のある「スーパーマーケット ゼブラ」 と「酒の川本 身延店」 は、身延町の内にあるみのぶ店 (テレビドラマ版では実在の名称で登場)と、かつて敷地内に存在した酒屋がモデルとなっている。 千明やあおいの自宅も、このアルバイト先の近所という設定で 、地図上はフレスポみのぶの最寄り駅になるから通学している。 恵那の自宅はから徒歩約5分の場所にある。 劇中に登場する観光地・宿泊地 以下では劇中において実在の地名に言及されているか、施設名が具体的な地名に置き換えられているものを挙げる。 何らかの事情で施設名をぼかして具体性のない名称に置き換えてあるものについては、テレビアニメ版のエンドクレジットで「取材協力」として明記されているものや、出版物や公式なウェブサイトでモチーフとなった施設が明かされているものについては併記するが、そうでないものは前後の描写から推測可能なものであっても省略する。 なお、テレビドラマ版についてはモチーフとなった施設が実在の名称のまま登場している。 山梨県 原作・アニメ第1話に登場すると。 キャンプ場を訪れたリンが、の図柄になっている景色を見に来たなでしこと出会う。 (原作第1巻第1話、第1巻番外編、テレビアニメ版・テレビドラマ版第1話) - 名称は曖昧にされているものの、身延町に所在する浩庵キャンプ場 をモチーフとした施設が登場し、キャンプ場の付近にあるとの交点を示す道路標識が描かれている。 第1話にてキャンプ中のリンが、困窮していたなでしこと出会うほか、番外編にてリンの日帰りキャンプ先として再登場する。 周辺(原作第1巻第6話、テレビアニメ版第4話) - なでしこ、千明、あおいが、キャンプに出発する際に待ち合わせ場所として立ち寄る。 判読可能な駅名標が描写されている。 なお漫画・アニメに登場した駅舎は、2017年秋から行われた橋上化工事に伴い解体されている。 周辺(原作第1巻第6話 - 第2巻第8話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第4話 - 第5話) - なでしこ、千明、あおいのキャンプ先として、 をモチーフとした「笛吹公園」が登場する。 原作第7話では近隣にある をモチーフにした「ほっとけや温泉」に入浴し、パインウッドキャンプ場 をモチーフにした「イーストウッドキャンプ場」でテント泊をする。 原作第6巻第29話では、後になって「ほっとけや温泉」の近くに新しいキャンプ場ができたり、以前は無料であった「イーストウッドキャンプ場」のが有料となったりしたという言及がある。 (原作第2巻第10話 - 第12話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第6話 - 第7話) - リン、なでしこのキャンプ先として登場、妹とキャンプしていた鳥羽と出会う。 名称は曖昧にされているものの、水明荘 をモチーフとしたキャンプ施設が登場する。 テレビアニメ版では「木明荘」という架空の施設名に変更されている。 周辺 (原作第3巻第14話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第8話) - なでしこ、千明、あおいが学校帰りに身延駅で下車し、架空のアウトドア用品店「カリブー」で道具を購入したり、駅周辺の街並みを観光しながらの買い食いをしたりする。 原作第6巻第29話、第30話などにも身延駅構内やアウトドア用品店の描写が登場する。 なお、駅前の商店街はをモチーフとしているが 、アウトドア用品店のモデルとなる店舗は身延町には存在しない。 (テレビドラマ版第8話) - 上述の通りアウトドア用品店が身延町に存在しないため、テレビドラマ版では桜の車で甲府市に向かい、同市内のアウトドアショップ「エルク」で買い物をする形に変更されている。 (原作第3巻第15話、テレビアニメ版第9話、テレビドラマ版第8話) - リンが休憩のために立ち寄る。 の先が通年マイカー規制されていることを知らずに通り抜けようとして通行止めに遭遇する。 (原作第5巻第26話) - 千明、あおい、あかり、鳥羽が初日の出を見るために登る。 (原作第5巻第26話) - 千明、あおい、あかり、鳥羽がを見ようと試みる。 周辺(原作第6巻収録第31話) - 千明、あおい、恵那が山中湖に向かう途中で立ち寄る。 (原作第6巻第32話 - 第34話) - 千明、あおい、恵那のキャンプ先として登場。 厳冬の中、標高差による気温への影響を考えずにキャンプ地として選んだことで、鳥羽を巻き込んで騒動になりかける。 長野県。 リンがなでしこのために写真を撮影している。 (原作第1巻第6話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第4話) - リンが高ボッチ高原に向かう途中で食事のために立ち寄る。 (原作第2巻第7話 - 第8話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第5話) - リンが食事のために立ち寄る。 その後キャンプ場へ移動するが、なでしこに写真を送るため深夜に再び訪れる。 (原作第3巻第16話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話) - リンが休憩のために立ち寄る。 (原作第3巻第16話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話) - 犬()が祭られている寺という話に興味を抱いたリンが参拝のために立ち寄る。 (原作第3巻第17話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話) - リンが入浴と食事のために温泉地に立ち寄るが寝過ごし、夢の中に現れた霊犬早太郎に、ミニに付属していたサラダを食べられる。 (原作第3巻第18話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第10話) - リンのキャンプ先として登場。 静岡県 原作第27話に登場するに架かる。 なでしこの故郷であり、リンがこの付近のキャンプ地で宿泊する。 山麓(原作第1巻第3話 - 第4話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第2話 - 第3話) - リン、なでしこのキャンプ先として、に所在するふもとっぱら をモチーフにした「麓キャンプ場」が登場する。 (原作第4巻第20話 - 第23話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第11話 - 第12話) - リン、なでしこ、恵那、千明、あおい、鳥羽が、クリスマスに富士山麓で合同のキャンプを行う。 原作では富士宮市という地名のみしか語られないが 、テレビアニメ版では「」などの地名にも言及 、テレビドラマ版では原作・アニメでもモチーフとなった「富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」が実名で登場している。 また原作7巻36話・37話でなでしこが初ソロキャンプの途中で周辺に立ち寄っている。 (原作第5巻第25話) - リンが母に頼まれた茶葉を購入するために立ち寄り、抹茶カフェで休憩する。 (原作第5巻第25話 - 第26話) - リンのキャンプ先として登場。 (原作第5巻第25話) - 駒ヶ根市光前寺で縁のあった霊犬早太郎()の伝説を追って、リンが参拝のために立ち寄る。 (原作第5巻第26話) - リンが初日の出を見るために立ち寄る。 周辺(原作第5巻第27話 - 第28話) - 原作第12話(テレビアニメ版第7話)でなでしこの故郷として言及される。 原作第27話でリンが河口付近から東岸側周辺にかけての一帯に立ち寄り、原作第28話ではリン、なでしこ、綾乃が展望台から夜景を眺めるほか、なでしこが中学時代に自転車で毎日一周してダイエットを達成したという回想に言及する。 (原作第5巻第27話) - リンが気象状況により山梨に帰れなくなった際、近隣のキャンプ場を確保した後に立ち寄る。 浜松市舞阪表浜駐車場に駐車し、浜名湖河口(今切口)付近の海岸で半日を過ごす。 (原作第5巻第27話) - リンが近隣のホテルのに入浴し、赤鳥居で初日の入りを眺める。 原作第28話でも展望台から景色を眺める場面にて地名への言及がある。 (原作第5巻第27話) - リンが手土産のを購入するために立ち寄る。 周辺(原作第5巻第27話 - 第28話) - 徒歩20分の距離になでしこの祖母の家があるという設定。 原作第27話でリンとなでしこが駅前で待ち合わせをし、ホームに集まってくるの大群と戯れる。 原作第28話では駅周辺のうなぎ料理店でを食べる。 (原作第7巻第37話 - 第39話) - なでしこが初めてのソロキャンプ先として、から5. 5キロの地点に存在する野田山健康緑地公園(金丸山)キャンプ場をモチーフにした「富士川健康緑地公園」が登場する。 (原作第8巻第42話 - 原作第9巻第52話) - リン・なでしこ・恵那・千明・あおい・鳥羽・あかりが2泊3日のキャンプ旅で鳥羽以外の彼女たちが初めて訪れる。 「伊豆シャボテン動物公園」をモチーフにした「伊東サボテンパーク」に加えたジオスポット巡りを目的としている。 原作第44話では鳥羽が数年前に訪れた海辺のキャンプ場は地主の意向でキャンプ泊できなかったのを、原作第45話の飯田親子からの紹介で西伊豆町のキャンプ場を教えてくれる。 周辺(原作第10巻第56話 - 第57話) - リンが綾乃と合流のために訪れ、休憩をとった。 また、なでしこは一人でから電車で千頭駅へ向かい、井川駅まで乗り換えの電車が来るまでの間にご当地の食べ物を食べるために寄り道していく。 流域(原作第10巻第57話) - リンと綾乃が原付で時間潰しのために畑薙湖まで行く際に全ての吊り橋を渡りきる。 書誌情報• 発売、• 発売、• 発売、• 発売、• 2017年発売、• 発売、• 2018年発売、• 発売、• 発売、• 2020年発売、 各巻の表紙カバー下では、犬山あおいを主人公にした4コマ漫画『イヌイヌイヌ子さん』が連載されている。 2020年発売、 アニメ この節には放送開始前の番組に関する記述があるため、方針に従い 、正確な記述を心がけてください。 ( 2020年3月) テレビアニメはほかにて、第1期が2018年1月 から3月にかけて放送された。 製作 第1期のアニメ化は、『まんがタイムきららフォワード』2017年3月号(2017年1月24日発売)で発表された。 同誌の同年8月号(同年6月24日発売)で放送時期や主要スタッフの情報といった続報が発表された 後、開設されたテレビアニメ版公式サイトでも情報が逐次公開された。 監督をはじめとするスタッフはモデルとなったキャンプ地を実際に訪れ、冬の寒空の中でキャンプを一通り体験するなど、キャラクターたちと同じシチュエーションでのを10回以上行なったという。 監督の京極義昭は、自分が実際にキャンプをしたり、作中の食事を食べてみたくなるような雰囲気をアニメでも再現するには、実際にロケハンを行って同じ食べ物を実際に調理する必要があったとしている。 テレビアニメ第2期、ショートアニメ、劇場アニメの制作は、2018年10月7日に開催されたイベント「ゆるキャン 秘密結社ブランケット入団説明会 2018 Autumn」にてそれぞれ発表された。 2020年3月23日のショートアニメ終了後には、第2期のタイトルと放送時期の告知、2枚のティザービジュアルの公開がなされた。 ショートアニメでは音楽のにより、シーンに合わせて音楽を制作する「フィルムスコアリング方式」が採用されている。 これは劇伴制作前に映像の多くが完成したことから実現した。 作風・構成 基本的に原作に沿った内容で 、第1期は原作単行本第1巻から第4巻までの内容に準じた内容が映像化され、劇中では11月から12月までの約2か月間 が描かれる。 原作の会話内のみで言及されていた出来事にも描写を割くなど、テレビアニメ版独自の場面もあるものの、原作者のあfろとも相談のうえ、原作の作風に馴染むように注意を払ったとしている。 ショートアニメでは、野外活動サークルのメンバーが山梨県内の各地を巡る内容となる。 作詞は永塚健登、作曲は新田目翔、編曲は悠木真一が担当した。 作詞は佐々木恵梨、作曲と編曲は佐々木恵梨と中村ヒロが担当した。 作詞作曲は佐々木恵梨が、編曲は中村ヒロが担当した。 神保昌登• みるプラス• J:COMオンデマンド• みるプラス• ビデオパス• U-NEXT• アニメ放題• GYAO! ひかりTV• AbemaTV• Amazonプライム・ビデオ• バンダイチャンネル• Hulu• Google Play• アクトビラ• Rakuten TV• ビデオマーケット• GYAO! ストア• 当初は4月一杯の公開を予定していたが、後に5月6日まで延長された。 本配信に先駆けて、2018年6月14日にSP回(6月10日に行われた公開録音の音源)が配信された。 からまで、系「」枠において毎週金曜1時から1時30分(木曜深夜)で放送されている。 主演は。 製作(テレビドラマ) 製作に当たってテレビ東京プロデューサーの藤野慎也は「実写化なりのオリジナル表現にも挑戦しつつ、可能な限り原作コミックを忠実に再現したい」と考えていたことを明かしている。 そのため、ロケーションに当たってはテレビアニメ版同様に富士の国やまなしフィルム・コミッションの協力を得て、モデルとなったキャンプ場7か所すべてから撮影許可を得た。 撮影に当たっては一ヶ所ずつロケハンを行い、どのように撮れば各キャンプ場の魅力を引き出せるのか、スタッフ間で入念に話し合ったという。 ただ、天候に左右されるため、例えば初日は浩庵キャンプ場でのロケを予定していたのが雪が降ったためスケジュールを大幅に修正、ふもとっぱらキャンプ場ではロケハン時には富士山からの日の出が全く見られない状況だったが撮影日当日は見事に晴れた、などのエピソードも語られている。 また、ディレクター陣やプロデューサー陣など制作スタッフが強く意識したのはアニメ版ではなく原作の方であり、熊谷は「原作をきちんと把握して、現実のキャンプ場、実際の土地を舞台にしたリアルな場所で芝居をすると、必然的にカット割りが似てくる。 原作がリアルな場所を描いているからこそ、実写のほうも必然的にそこに近づく」と、原作を再現することで結果として自然とアニメ版と近い画作りになったとしている。 企画の立ち上げに当たっては熊谷が元々キャンプが趣味というのもあり、この数年のキャンプブームを感じる中で原作漫画にたどり着き、読了後ただのキャンプものに終わっていないことやソロキャンプだけでなくグループキャンプの良さも描かれていること、リアルな場所が描かれていることが実写化に向いている題材だと考え、岩倉に相談を持ちかけた。 岩倉も原作に一度触れたことがあり、熊谷からの話をきっかけに再び読み直すと「女子高生たちの心のドラマがちゃんと描かれている」と、実写化にあうと感じていた。 そして岩倉はテレビ東京でやるのが一番と考え、『』で組んだことのある藤野に話を持っていった。 藤野も自らキャンプに興味を持ち始めており、2019年5月の時点で同じくキャンプを題材としたドラマ『』(2019年10月 - 12月放送)の制作が始まっていたことから、「自分でもこのようなドラマをプロデュースできたら」と思っていた所に岩倉から話が来たことで渡りに船とばかりに企画を進めることになった。 冬季のロケになるため放送時期も含め早期に取り組む必要があると考え、独占配信を行っているAmazonプライムビデオに直ちに声をかけたところ乗り気となった事から企画が進み、通常なら1〜2年かかるところが数ヶ月で放送が決まっていったという。 演技に関してはリン役の福原遥は出演が決まってからテレビアニメ版を見て研究しており、これまで演じたことのないクールなキャラについて「探り探り演じている」と語っている。 福原の演技に関しては藤野も「地道な役作りの結果」と評している。 なでしこ役の大原優乃はオーディションで決定し、藤野は「なかなかあの天真爛漫なキャラを演じるのって、いろんな女優さんを見たが、そこをブレイクスルーしてあそこまで演じきれる子はなかなかいない」と評している。 大原自身は役作りに関して所作と声のトーンから始めており、「走り方やちょっとした動きでも、なでしこらしさを心がけている」と語っている。 なお福原と大原はファッションモデル時代からの親友であり共演作もあるが、藤野はプライベートでも仲が良いことを知らなかったという。 田辺桃子が演じる千明に関しては、田辺は「原作を読んだイメージを壊したくない」と、あえてアニメを見ずに、原作だけで自分の中でイメージを膨らませて演じているという。 製作発表直後は人気作の実写化という事もあり、反響も多く、中にはファンからの反発の意見もあり、藤野は「ここまで言われるのかとへこんだ。 ただこういった意見があったからこそ皆さんの大切な作品に泥を塗ることができないと改めて心に誓うことができた」と語っている。 福原と大原も反響の多さに原作が愛されていると実感するとともにプレッシャーを感じつつも、良い作品にできるよう改めて思ったと語っている。 放送後、既存ファンからは原作やテレビアニメ版を忠実に再現した内容が好評を呼び、中でもなでしこの演技、千明のビジュアル・演技の再現度の高さ、実写ならではの風景の美麗さが話題となった。 風景描写に関してはアニメファンから「すごい作画だ」と冗談も出るほどに好評価を得ている。 視聴者の反応に藤野は「再現度が高いと喜んでもらっている意見が比較的多かったので、正直ホッとしました」 、福原も反響の多さに「すごく嬉しい」と語っている。 スタッフ(テレビドラマ)• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「Replay」()• オープニングテーマ - 「瞬きもせずに」()• 監督 - 、、• プロデューサー - (テレビ東京)、(ヘッドクォーター)、()• 制作 - 、S・D・P、• アプリケーション による及び用のゲームアプリ。 2018年5月1日発売。 録り下ろしボイスが多数収録されていて、デフォルトで用意された70種類のボイス以外に、追加で30種類のボイスを購入可能。 コラボレーション 自治体 本作の物語の主要な舞台となっている山梨県の観光関係組織「」ではウェブサイト上で、劇中に登場した実在の土地と実際の写真を比較する形で、ロケ地の紹介を公式サイト にて行っている。 キャラクターの使用許諾も得ており、サイト内には登場人物などのアニメの素材が掲載されている。 2018年に入り、通常はオフシーズンである冬場の県内キャンプ場にファンが来訪する効果が出ているという。 テレビアニメ版・テレビドラマ版いずれもでは、富士の国やまなしも協力した。 また同県内企業が製作した関連グッズが、キャンプ場売店などで販売されている。 また、本栖高校のモデルとなった下部中学校の廃校舎内に組まれたドラマ版ロケセットの一般公開が期間限定で行われた。 原作者が実際に市内のキャンプ場で作画作業をしており 、市は作品と連動した事業展開を行う。 劇中のキャンプの様子を職員が再現した「おじキャン」と名付けた写真をTwitter公式アカウントに投稿している。 交通機関 2018年1月20日から、本作のラッピングを施したの運行と、コラボきっぷ(1日乗車券および特別入場券のセット)の発売、スタンプラリーを開始した。 当初は4月29日までの予定だったが、好評のため10月1日 まで延長となった。 また、上記の富士急ハイランドでのイベントに合わせ、同社6003編成にて、専用ヘッドマーク掲出とポスタージャックを実施した。 また、ハイランドコラボと同時期に富士急バスでも富士五湖周遊バス乗り放題のフリークーポンで当作の周辺マップの配布、「富士山西麓バス周遊きっぷ」購入ではオリジナルポストカードを限定配布していた。 アニメ化の際特別協力を行っており、内船駅やの再現が忠実に行われている。 また、運行期間中は特別企画乗車券として「」の販売を行った。 開通イベントとして、2019年3月21日から2019年10月31日までの間スタンプラリーが開催されている。 バイクメーカー。 テレビアニメとのコラボ企画として、劇中にてリンが乗るヤマハ・ビーノのカラーリングを再現した「志摩リンのビーノ」を限定2台製造、1台はアニメでのキャンペーンのプレゼント商品となり 、もう1台は舞台モデルとなった山梨県身延町の道の駅みのぶ(富士川観光センター)などで展示されたほか、テレビドラマ版でも実際に使用されている。 スポーツ用品販売チェーン。 系列アウトドアショップ「Alpen Outdoors」がテレビドラマ版でキャンプ用品の協賛企業として参加。 また、コラボレーションとして「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」にて、第1弾として撮影で実際に使われたリンのキャンプ用品や「志摩リンのビーノ」の特別展示 、第2弾では野クルのキャンプシーンで用いられた用品やアニメ・ドラマ双方の場面写真の展示 、第3弾では鳥羽姉妹のキャンプシーンの再現展示を行う。 フローレン 山梨県とその周辺で「」の名称で飲料自販機を展開する企業。 作中で「ラッキードリンクショップ」の名前で何度か登場することから、身延町内の数か所のハッピードリンクショップの看板を「ラッキードリンクショップ」に変え、自販機にキャラクターのラッピングをしている。 また、飲料購入時の抽選で限定グッズが当たるキャンペーンを実施した。 作品間のクロスオーバー によるスマートフォン向けアプリゲーム。 リリース後の追加参戦が発表されている。 「シリーズ」のキャラクターが多数登場し、本作からも複数名のキャラクターが登場する。 による、漫画『』の主要登場人物が実在の漫画家たちの仕事現場を取材するという設定で不定期連載されているレポート漫画。 『』2017年12月号掲載話にて本作の原作者であるがハスキー犬のキャラクターで登場しており、『こみっくがーるず』の登場人物である萌田薫子と勝木翼が、本作に登場する候補となっている観光地の下見に同行したり、本作の内容について言及したりする展開が描かれた。 本作と同じく、あfろによる、芳文社の漫画雑誌で連載されている漫画。 『』2018年3月号掲載話より、本作のテレビアニメ放送記念と題したセルフコラボレーションとして、『mono』の登場人物である漫画家の秋山春乃がレポート漫画の執筆を依頼され、同作の主要登場人物と共に本作をモチーフとした劇中漫画のロケ地巡りをするという展開が描かれている。 制作のバラエティ番組。 〜」が制作されたほか、2019年10月開催の「水曜どうでしょう祭FESTIVAL in Sapporo 2019」ではコラボグッズも発売された。 関連商品 笑's B-6君「リンちゃんのYAKINIKUセット」 劇中で志摩リンが使用する折りたたみ式の小型焚き火台のモデルとなっている、「笑's コンパクト焚き火グリル B-6君」の公式コラボレーションモデルが、2018年2月8日から「B-6君」を製造・販売する昭和プレスより数量限定で発売される。 劇中での「B-6君」は原作本編第9話から第12話(テレビアニメ版・テレビドラマ版ともに第6話から第7話)にかけてキーアイテムとして登場し 、その後はリンが愛用している。 コラボレーションモデルは本作ロゴ入りイラストが打抜きで描かれた背面板や、本作にちなんだイラストの入ったキャンバスバッグが付属する。 が制作する。 2018年2月18日のにて志摩リンと各務原なでしこのねんどろいど化が発表され、会場では各務原なでしこの参考展示も行われている。 2018年4月28日・4月29日の「ニコニコ超会議」にて発売されている。 キャンプになくてはならないテントをモチーフに、ルールに従ってカードを三角形のテント状に並べ、最終的に7段のカードの山ができたらクリアとなる。 しまりんだんご のメーカーである谷川商事によって2018年6月10日より販売している。 しまりんだんごはアニメ12話のネタであり、それを実際に商品化したものである。 なお、谷川商事ではこのほかハンコ付きボールペンやソフトポーチ、なども販売している。 2020年2月4日発行()。 テレビアニメ版を元に舞台となった街やキャンプ場の紹介や旅行コースガイド、原作の未アニメ化エピソードのルート紹介や公式グッズ一覧、主要声優5人へのインタビュー、劇中に登場したキャンプ飯のレシピ集などを収録。 脚注 [] 注釈• ただしカバー袖の作者コメントは巻を追うごとに荒唐無稽な内容になっていき、の伝説を絡めた内容になっていくなど、真偽の定かではない体裁になっている。 劇中では「しまりん団子」などと呼ばれている。 常にシニヨンに結っているわけではなく、解いていることもある。 祖父の影響で、中学1年生の冬からキャンプをしていると言及されている。 劇中で車種やメーカー名に言及する場面はないものの、原作第6話(テレビアニメ版第4話)からリンの愛車として登場し表紙などにも登場するスクーターはが販売する原動機付自転車、ビーノだと言われている。 ただし、劇中のように原付で長距離ツーリングをこなすのは、女子高校生としてはかなりマニアックであるという指摘もある。 なおこのビーノは後述するようにコラボ企画として実際に再現されている。 本編第42話では伊豆のキャンプ旅前日にリンの父と祖父の協力により、携帯ホルダー・キャリアー・スクリーン・充電用のリレーを原付に取り付けてくれた。 劇中で読んでいる本は、野外調理の本の他に『超古代文明Xの謎』 『徳川埋蔵金の謎』 など、系の書籍が多い。 劇中では具体的な商品名は言及されていないが、暗くても簡単に設営できるという触れ込みのもので 、吊り下げ式 であると言及されている。 ムーンライトテント3型は2 - 3人用のためソロで使うには贅沢で 、テントを譲ったリンの祖父はキャンプ道具一式を1人用のものへと買い換えたとされる。 ただし登ること()には興味がない。 へやキャンの放課後99より髪型変更。 第42話から前髪が伸び始めて、物語冒頭以前からしばらく髪の毛を切りに行ってなかった模様。 原作単行本の各巻表紙カバー下で連載されている番外編「イヌイヌイヌ子さん」では、「関西ではなく出身」「に住んでいた」と話す場面があるものの、直後に冗談であるとしており、次の場面では犬山市が岐阜県ではなくに所在することを知らなかったことを指摘されて動揺するなど 、どこまでが真実であるのか定かではない描写になっている。 その後の第3巻では「犬山市が岐阜でないなら(出身地は)何県でもいい」とし 、続く第4巻では「実は全部嘘で、(関西地方でも岐阜県でも愛知県でもなく、物語の舞台である)山梨県出身」としているものの 、それも真実かどうか定かではない描写になっている(いわゆる「」)。 テレビアニメ版公式サイトのキャラクター紹介では当初、「生粋の中部出身」と紹介されていたが 、その後記述が除去された。 実在の商品が実名で登場している が、製品の仕様や価格は実際とは異なる。 テレビアニメ版・テレビドラマ版では第1話から登場し、原作での第1話に相当する本栖湖湖畔でのエピソードに、リンと斉藤がSNSでやり取りする場面が追加されている。 原作では、第2話でリンとなでしこの再会を仲立ちする場面(テレビアニメ版・テレビドラマ版第2話に相当)が初登場。 元々はメインキャラクターではなかったが、担当編集者の「推しキャラ」だったため出番が増え、メインキャラクターの1人となった。 メインキャラクターの中で1人だけ姓ではなく名が地名になっているのは、そのためである。 本編第40話からなでしこの母の静花が訪れてから本編第47話のなでしこの話によると、彼女が住む家の近くだと明言されている。 テレビドラマ版では、ナンバープレート・車体カラー・カスタマイズを忠実に再現したファン所有のラシーンを借りて撮影に用いている。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第4話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 なお原作の放課後第24話で10年後のリンが乗っているオートバイは、・ ()であると言われている。 原作の該当場面では容姿の描写がなかった。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第1話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第9話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 第4巻表紙カバー下の番外編「イヌイヌイヌ子さん」第4話でフルネームが明かされている。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第11話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 千明いわく「ばーちゃんに騙されてる」。 漫画・テレビアニメ版では素顔を明かさないまま車で迎いに行く描写に対し、テレビドラマ版では恵那の台詞で言及されている。 漫画・テレビアニメ版・テレビドラマ版では恵那の父に迎いに来させた。 実在した(見付天神)の霊犬「悉平太郎三世」は「悉平太郎」の子孫というわけではなく、駒ヶ根市から磐田市へ(平成4年)8月に送られた「悉平太郎二世」の子供。 悉平太郎二世は(平成5年)、悉平太郎三世は(平成22年)8月に死亡している。 原作本編第13話にも、なでしこが下校中の場面に内船駅のの描写がある。 テレビアニメ版第1話ではより詳細な通学路の描写があり、判読可能な駅名標の描写もあるほか、エンディングではが取材協力としてクレジットされている。 ただし校舎や校内のモチーフは異なる。 テレビドラマ版では、下部中学校の廃校舎内に図書室と野クル部室のロケセットが組まれ、下部中学校廃校舎の外観や校庭もたびたび登場する。 総延長2キロメートルに満たない短い道路で、起点も終点も身延町常葉にある。 なお前後の場面には をモチーフにした駅の描写があり、駅舎 や駅構内の描写もされているものの、具体的な駅名の描写はない。 テレビアニメ版では駅構内の描写のみで、また原作にあった県道419号線という道路名の描写もカットされている。 閉店後も壁に書かれた店名を消しただけで建物はそのまま残されていたが、2020年4月1日より、漫画の通りの店の外観が再現されている。 原作でははっきりしていなかったが、テレビアニメ版第8話で波高島駅の駅名標の描写がある。 『まんがタイムきららフォワード』2017年7月号掲載時の原作第25話で名前が挙がった際には「福 出海岸」(ふくでかいがん)と表記されたが、翌月号掲載の第26話では「福 田海岸」と表記された。 原作単行本第5巻収録時には「福田海岸」に統一されている。 静岡県磐田市に実在する福田海岸の読みも「ふくでかいがん」。 最終話Cパートのみ数か月後。 「起業してアメリカの大手キャンプ用品メーカーのとなったなでしこが、10年後の野外活動サークルの集まりに空飛ぶテントで駆けつける」という空想の中に登場する。 なお、テレビアニメ版本編では第12話(最終話)の冒頭にて同エピソードが映像化された。 、、、、MAGES. 、、、、、、C-Station。 五条ヶ丘(旧下部小学校・中学校が建っている丘)周辺の活性化を目的に、旧下部小学校・中学校の卒業生を中心として2018年に設立された組織。 旧下部小学校・中学校校庭でのキャンプイベントの開催や、甲斐常葉駅から「本栖高校」までの案内看板の設置などのほか、ドラマ版の撮影にも協力している。 リンの誕生日。 ロケ地へは系列のが運行している。 原作第9話(テレビアニメ版・テレビドラマ版ともに第6話、以下括弧内同)にてリンが通信販売で購入し、その折り畳み機構の説明や活用法にまつわる斉藤やなでしことの会話が、原作第10話から第12話(第6話から第7話)にかけて、リンとなでしこがでキャンプをするきっかけになる。 原作第11話(第7話)における初使用時では備長炭への着火に苦戦し、鳥羽姉妹と知り合うきっかけになる。 原作第12話(第7話)では、あおいのアルバイト先でもあるスーパーマーケットで購入した肉やハンバーグを、この焚き火台で野外調理する描写に紙幅が割かれている。 なお、劇中での名称は「有限会社ショーワプレ……」の「コンパクト焚き火グリル」。 117, 初出一覧. , p. 117, 表紙カバー袖. 68、クレタパブリッシング、2017年4月、 159頁、。 2017年2月9日. 2017年3月25日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 ねとらぼ アイティメディア. 2019年3月29日. 2019年4月1日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年10月7日. 2018年10月7日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年10月7日. 2018年10月7日閲覧。 まんたんウェブ. MANTAN 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧。 サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧。 インタビュアー:千葉研一. 2018年2月12日閲覧。 インタビュアー:千葉研一. 2018年2月4日閲覧。 アニメイトタイムズ. 2018年2月12日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 , 表紙カバー袖. 2019年11月15日閲覧。 山梨日日新聞 2018年7月9日. sannichi. 2019年8月31日閲覧。 Twitter. 2017年7月3日閲覧。 , p. , pp. 84-85. 2017年6月25日閲覧。 , p. , p. , p. , p. テレビアニメ版、第3話。 2018年2月11日閲覧。 , p. , pp. , p. , p. , pp. 2017年8月8日. 2017年8月8日閲覧。 単行本第4巻メロンブックス特典リーフレットのキャラクタープロフィールによる。 2019年11月15日閲覧。 , p. へやキャン episode0より• , p. , p. 2017年7月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年7月25日閲覧。 , pp. , p. , p. , pp. , p. , p. , p. , p. 2018年7月31日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 まんたんウェブ. MANTAN 2019年12月25日. 2019年12月25日閲覧。 ORICON NEWS. oriconME 2019年12月25日. 2019年12月25日閲覧。 , p. , p. , p. テレビアニメ版、第6話。 , p. 2, カラーページ口絵. テレビアニメ版、第9話。 テレビアニメ版、第7話エンドクレジット。 , p. , p. , p. ゆるキャン公式サイト. 2020年3月16日. 2020年3月16日閲覧。 単行本第10巻「スペシャルエピソード」より。 , p. , p. , p. 名前はBD、DVD2巻の特典ブックレットより• 名前はBD、DVD3巻の特典ブックレットより• , p. , p. ,コミックナタリー,2020年2月20日• , p. , p. , p. テレビアニメ版、第2話。 , p. , p. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。 , p. テレビアニメ版、第1話。 , p. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年3月7日閲覧。 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。 2020年3月1日閲覧。 , p. , pp. あfろ 2017年5月16日. ニコニコ静画 きららベース. 2017年7月15日閲覧。 , pp. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月20日閲覧。 , p. , p. , p. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月9日閲覧。 (2017年8月28日、山梨市、)• 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月15日閲覧。 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。 , p. テレビアニメ版、第10話。 , p. 2017年6月24日. 2017年6月24日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 、 2020年3月23日閲覧。 2019年4月24日. 2019年4月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年1月24日. 2017年1月24日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2018年2月17日. 2018年3月3日閲覧。 2019年12月27日閲覧。 富士の国やまなし観光ネット. やまなし観光推進機構. 2018年1月6日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年11月24日. 2017年11月24日閲覧。 2019年12月27日閲覧。 2020年3月23日閲覧。 亜咲花 Official Website. 2019年11月21日閲覧。 佐々木恵梨 Official Website. 2019年11月21日閲覧。 リスアニ! WEB 2019年11月15日. 2019年11月21日閲覧。 ,AV Watch,2020年4月28日• 2018年3月27日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 2019年12月21日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 2020年1月13日閲覧。 2018年12月6日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 ,AV Watch,2020年4月1日• ,まんたんウェブ,2020年4月28日• 音泉 2018年6月10日. 2018年10月25日閲覧。 2018年10月28日閲覧。 LINE LIVE(ラインライブ) 国内最大級のライブ配信サービス. 2020年1月9日閲覧。 Instagram. 2020年1月9日閲覧。 tokyo,2020年3月10日• ,クランクイン!,2020年1月11日• ,ザテレビジョン,2020年1月21日• ,トレンドニュース,2020年1月10日• ,AbemaTIMES,2020年1月31日• 2020年1月9日閲覧。 アイティメディア. 2018年2月10日閲覧。 富士の国やまなし観光ネット(やまなし観光推進機構) 2020年2月1日. 2020年2月2日閲覧。 静岡新聞社. 2018年1月1日. の2018年1月1日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 静岡新聞 2018年2月8日• 日本語 PDF プレスリリース , 叡山電鉄, 2017年12月22日 , の2017年12月25日時点におけるアーカイブ。 , 2017年12月25日閲覧。 2017年12月23日. 2017年12月25日閲覧。 , 2018年4月4日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 叡山電鉄, 2018年8月24日 , の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 , 2018年8月26日閲覧。 2018年9月16日. 2018年9月16日閲覧。 富士急ハイランド 2018年4月18日. 2018年4月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年4月30日閲覧。 富士急ハイランド 2018年4月18日. 2018年4月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年4月22日閲覧。 railf. jp(). 2018年4月30日. 2018年5月1日閲覧。 東京交通新聞. 東京交通新聞社 2018年4月26日. 2018年9月16日時点のよりアーカイブ。 2018年9月16日閲覧。 2020年2月2日. 2020年2月2日時点のよりアーカイブ。 2020年2月2日閲覧。 2019年3月7日. 2020年6月20日時点のよりアーカイブ。 2020年2月2日閲覧。 プリンセスカフェ. 2018年4月8日閲覧。 ,ヤマハ バイク ブログ,2018年7月12日• ,まんたんウェブ,2019年12月13日• ,ヤマハ発動機株式会社,2019年3月7日• ,エンタメ特化型情報メディア スパイス,2020年1月14日• ,ヤマハ発動機株式会社,2020年2月10日• ,アニメージュプラス,2020年1月8日• ,ドワンゴジェイピーnews,2020年2月3日• ,mimot. ミモット ,2020年3月11日• 朝日新聞 朝日新聞社. 2019年4月12日. 2020年1月8日閲覧。 2020年3月23日閲覧。 2018年1月5日. 2018年1月5日閲覧。 ナターシャ 2017年12月28日. 2017年12月28日時点のよりアーカイブ。 2018年9月16日閲覧。 ,アニメ!アニメ!,2019年8月28日• プレスリリース , 昭和プレス, 2018年1月17日 , 2018年1月22日閲覧。 , pp. 58,61. プレスリリース , anibu, 2018年2月20日 , 2018年1月22日閲覧。 プレスリリース , animate Times, 2018年4月17日 , 2018年8月7日閲覧。 谷川商事. 2020年3月9日閲覧。 ,株式会社JTBパブリッシング,2020年1月28日 参考文献• 外部リンク• - COMIC FUZ• - (きららベース)•

次の

『ゆるキャン△』2020年1月深夜枠で実写ドラマ化決定

ゆるキャン実写

『きららベース』• 周辺を舞台に 、でのリクリエーションやなどといった趣味の魅力と 、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く。 『』()にて7月号 から4月号まで連載され、同年3月29日より芳文社の漫画配信サイト『COMIC FUZ』に移籍して連載中。 また、1月から3月まで本作を原作とするテレビアニメが放送され 、これを皮切りに、第2期の放送、劇場アニメの公開が控えている。 作風 漫画の流れとしては、女子高校生たちが個人またはグループでのキャンプを計画するところからエピソードが始まり、道具や食材を準備して目的地まで旅した後、見晴らしのよい現地からの展望を満喫しながら、用意していた食材を現地で野外調理する、あるいは食堂でご当地グルメに舌鼓を打つ、温泉を満喫するなどを経て、で1泊して翌朝を迎える、という展開の繰り返しで進行する。 本作では一人での気ままなキャンプと大人数での賑やかなキャンプの魅力が対等のものとして描かれており 、主要登場人物同士はいつでも行動を共にしているわけではなく一人旅のエピソードも多いが 、旅行先からで互いの近況を報告し合う形でストーリーに関わっていく。 著者のあfろは、元々を趣味としていたことが本作の着想に繋がったといい 、著者自身のアウトドア経験が作品に盛り込まれている。 執筆に当たっては実在のキャンプ場や観光地の下見、本番の取材、後から気になった箇所の再取材と、1箇所につき2回から3回の取材を行っているといい 、漫画には取材先の風景がそのまま描かれている。 見開きのページで精緻に描かれるキャンプ場からの展望や 、それを眺める登場人物の表情などが 、臨場感や 、舞台となる実在の観光名所に対する興味 を煽る見せ場となっている。 アウトドア趣味に向き合う少女たちのまっすぐな魅力や 、日常の合間に披露される、のノウハウや寝具の種類といったアウトドア知識の描写 、うまそうに描かれる食べ物 、実在するキャンプ道具の描写 、旅先で出会うさまざまなにまつわる話題なども 、作品の持ち味になっている。 漫画のタイトルロゴ末尾にあるは、のになっており 、表題を音読する場合 は発音されない。 リンがの麓で冬の一人キャンプを楽しんでいたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ 本栖高校の生徒・ を助ける。 なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「 野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。 一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。 なでしこが加わるまでは と の2人だけの小さな同好会であった野外活動サークルも、リンの友人である を巻き込み、キャンプ先で知り合った新任教師の を顧問に迎え、次第に勢力を拡大していく。 そして年末には部員ではない斉藤と、それまで頑なにグループでのキャンプを敬遠していたリンを誘ってキャンプ場での会が実現する。 その後もリンは気ままな一人旅を基本としつつも、皆との賑やかな一晩を経験し、一人キャンプとは「違うジャンル」と捉えれば悪くないという感慨を抱き、これまで避けてきたオフシーズン以外のキャンプにも興味を持つ。 その一方、それまでリンに同行したり野外活動サークルのメンバーと賑やかなキャンプを楽しんだりしていたなでしこも、リンに触発されて一人キャンプに興味を抱くようになる。 しかしキャンプ道具を買い揃える予算も乏しく、4月の同好会結成から11月になるまで大した活動実績を残せずにいたが、そんな中、新たなメンバーとしてキャンプ初心者の新入部員、なでしこを迎えることになる。 放課後に部室に集まってはキャンプに関するトリビアを披露したり、キャンプごっこや妄想上のキャンプの話題、荒唐無稽なホラ話に興じたり、半年後、10年後、60年後、1000年後の未来のキャンプを夢想したりといった、雑談に明け暮れる野外活動サークルの毎日の活動を描く。 登場人物 「声」は、テレビアニメ版の担当声優、「演」は、テレビドラマ版の担当俳優。 登場人物の名前は地名に由来する。 作者のあfろ曰く、「主人公2人(各務原なでしこ、志摩リン)の名前を長い名前と短い名前にしようと思い、以前に住んでいたことのあるとその周辺の地名がしっくりきたので、他のキャラクターもその辺りの地名でそろえることにしました」とのこと。 主要人物 メインキャラクター 一人キャンプ(ソロキャン)を主軸として活動するリンと、リンと学校やSNSで親しくしている間柄の斉藤とのグループ、部活動として集団キャンプ(グルキャン)を行う同好会・ 野外活動サークル( 野クル)のメンバーである千明とあおいのグループ、そして各グループを行き来するなでしこ、といった各々の視点から物語が描かれる。 物語の進行に沿って人間関係も変化していくものの、「独りぼっちで活動していたメンバーが部活動を通じて合流し、常に行動を共にするグループが誕生する」といった紋切り型の展開をなぞらないところに本作の特徴がある。 テレビアニメ版では、なでしことリンが本作のダブルヒロインであると位置づけられているが 、テレビアニメ版のシリーズ構成を担当した田中仁はこれを、あくまでテレビアニメ版での変更点であり「原作のはリン」としている。 テレビドラマ版はリンが主人公と位置づけられており、なでしこは準主人公として扱われている。 なお、本作の原作者でもあるあfろの漫画作品『mono』とのセルフコラボレーションでは、リンもなでしこも「主人公」と表現している。 16歳。 誕生日は。 小学生に見間違われるなど小柄な体格をしており、腰まで伸ばした髪を頭の上で大きなに結っている。 キャンプの経験は豊富なほうであるが 、キャンプ場で静かに一人の時間を過ごすことに魅力を感じており 、基本的に閑散とした冬季にしかキャンプをせず 、誰かとキャンプした経験は皆無。 物語冒頭にて遭難しかけたなでしこを助け、時々なでしこともキャンプをするようになる。 なでしことの出会いをきっかけにラーメン以上の本格的なにも手を出すようになり 、運転免許を取得したばかり の「」 で県境を越えた一人旅にも挑戦するようになる。 図書委員であり 、学校でもキャンプ先でも本を読んでいて 、アルバイト先も書店。 犬好き。 いつもクールな態度を装っているが、決してコミュニケーションが苦手というわけではなく 、また内心では常に周囲の事柄に対して悪態をついたり突っ込みを入れたりしている。 ややでマイペースな傾向があり 、どこか「知的なキャラ」に徹しきれていない面もある。 使っているキャンプ道具の多くは祖父ので 、愛用のテントは。 千明からは「しまりん」と呼ばれている。 なでしこや千明から幾度か野外活動サークルのメンバーに誘われているが、彼女らの活動に対しては「ノリが苦手」という印象を抱いており 、やや距離を置いている。 誕生日は。 富士山を眺めるのが好きな 無邪気で活発な女の子。 愛知県に近い静岡県西部 から山梨県へと引っ越してきた当日、自転車の遠乗りで富士山を見に来たものの、の用意もなく日没まで居眠りしてしまい困窮していたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つようになる。 料理は食べることも作ることも好きで、リンいわく「うまそうに食う」。 過去にダイエットで身体を鍛えていたことがあり 、見かけよりも健康で体力もある。 寒いところで寝たり重いものを背負ったりするのも平気で、携帯性に難のある家庭用のやをキャンプに持ち込んで常用している。 言動が犬っぽい。 夜道と怪談が苦手。 皆でまったりと過ごすようなキャンプに憧れて野外活動サークルに入部し 、千明やあおいとのキャンプと、リンとのキャンプを交互にというハードなスケジュールをこなす。 千明いわく「ストロングスタイル」。 自分の情動に正直でありつつも他人の顔色も気にする性格で 、天真爛漫なように見えてしっかりと相手を気遣うことができる。 時に強引に、時に相手の顔色を見ながら、リンとの距離感を詰めていく。 キャンプの資金を稼ぐために、アルバイトは年末年始の期間で年賀状の配達 、後に桜から紹介された蕎麦屋で働いている。 誕生日は。 騒々しく快楽主義的な行動派で 、男気のある性格。 常にかけていて本編第54話までの。 それ以降はミディアムヘアにイメチェンする。 自身が幼稚園の時に家族でキャンプに行って楽しんだのを、高校生になってから友達と一緒にキャンプに行くための決意としてあおいと共に野外活動サークルの設立を果たす。 少ない活動予算を遣り繰りすべく 、あおいと共に、安価な道具や廃材をアウトドアで活用するための試行錯誤を普段から繰り返しており 、高価な道具を買おうとすると鼻血が出る。 リンを部員に加えようとしている 一方、リンからはやや苦手意識を持たれていたが 、物語が進むにつれリンとの距離は改善しつつあり、リンが一人キャンプを好むことも理解したうえで無理強いしないように心掛けるようになった。 鳥羽がよく利用している酒屋でアルバイトをしている。 なお、なでしこが風邪を引いてお見舞いにいく (テレビアニメ版第8話・テレビドラマ版第9話)が、この時になでしこから風邪をうつされて寝込む羽目になった (ただし、テレビアニメ版では風邪をうつされた描写はオミットされている)。 テレビドラマ版ではのファンという設定が追加されている。 誕生日は3月4日。 お姉さんらしく落ち着いた性格で 、のんびりとした風の口調で話す。 千明には「イヌ子」と呼ばれている。 太眉と八重歯が特徴。 茶目っ気がありが好きだが、嘘を言っている時には目が泳ぐ。 高校生離れにしたスタイルの持ち主であり、主要人物達の中でも突出したの持ち主。 野クル活動用の資金稼ぎを兼ねてレジ打ちのアルバイトをしており 、後述するアルバイト先のスーパーマーケット「ゼブラ」は千明がアルバイトしている酒屋の隣に所在している。 誕生日は。 お節介焼きで 、なかなか素直になれないリンと他の登場人物との間柄を取り持つなどして、リンをサポートする。 帰宅部で 、休日は夜更かしして朝遅く起きるのが常。 キャンプにも少し興味を持っており 、千明からはリンを野外活動サークルの活動に引き入れるためのキーパーソンと見られているが 、帰宅部から移籍するには至っていない。 背後に忍び寄るなどして、他人の髪型に奇抜なアレンジを加えるというイタズラが好き。 ちくわという名の犬を飼っており、劇中ではしばしば連れ歩いたり話題にしたりしている。 キャンプ道具のコストパフォーマンスよりも耐寒性能や 安全性 に関心を持っており、野外活動サークルのキャンプに初めて同行した際には、他のメンバーよりも桁違いに高額な 冬山登山用の寝袋「」 を持参して周囲を驚かせている。 原作第2話で登場 してから原作第20話(テレビアニメ版第11話)で初めてフルネームが明かされる まで、皆からは姓で呼ばれていた。 原作第24話以降は次第になでしこや千明から名で呼ばれるようになる。 アルバイトは年末年始の期間で年賀状の仕分け 、後になでしこの家の近所のコンビニで働いている。 伊豆のキャンプ旅が終わってから数日後に千明からヘアカットの依頼を受け、自身の自宅の庭でちくわ用のドッグテントを披露し千明のヘアカットを行った。 なでしこの姉。 大学生。 第1話で遭難しかけたなでしこを迎えるために登場した際には妹を厳しく叱りつけているが 、面倒見が良く 、なでしこからは慕われている。 自動車の運転免許を持っており、愛車の風の車 でなでしこをキャンプ地まで送迎したり、に付き合ったりしている。 美人 だがいつも気怠そうにしており、他人からは喜んでいるのか怒っているのか分かりにくいが 、なでしこには機嫌の善し悪しが分かる。 本栖高校に赴任してきた新任の女性教師。 美人で優しそうという第一印象を持たれているが 、前後不覚になるまで深酒するのが日課で、酒が入るとろれつが回らない口調になる。 赴任直前、アウトドア趣味の妹 と共にキャンプしていた際、泥酔していたところをリンやなでしこと顔見知りになったものの、そのギャップから赴任当初は気付かれず、野外活動サークルの顧問を引き受けた際にようやく気付かれる。 当初は部活動の顧問自体、自身のライフワークに影響が出るという理由で嫌がったものの、メンバーには歓迎されたうえ、幼少から家族でキャンプしているという経緯もあり、野外活動サークルのキャンプや初詣に同行するなどしている。 担当教科は歴史。 学校では眼鏡を外し、いつも目を細めているが、プライベートを過ごすときには眼鏡をかけており、酔うとの目が開かれる。 千明のアルバイト先でもある酒屋では毎日500ml・6缶セットの缶ビールを購入する常連客となっており、見かねた店員から陰で「グビ姉」というあだ名をつけられている。 愛車はタイプの軽自動車。 本栖高校教師 田原(たはら ) 原作第13話、第14話で言及される、鳥羽の前任 の歴史教師。 スクエア型の眼鏡をかけている。 原作では、かつては教職一筋に生きる女性という印象を持たれていたものの、突如として結婚を公表してに入り、生徒たちを驚かせたというエピソードが回想として語られている。 テレビアニメ版では産休に至る経緯には触れられず、第9話で名前のみ登場。 登山部の顧問。 鳥羽が野外活動サークルの顧問を引き受けるまで、校庭での焚き火の許可や指導などを請け負っていた。 サークルの焚き火を無許可と勘違いして咎めようとした鳥羽を仲裁し、その流れで彼女に野外活動サークルの顧問を押しつけて走り去る。 第35話で再登場した際にはでの騒動を労い、部活動でのキャンプ地として温暖な伊豆を薦めた。 志摩家 登場場面の多い母(志摩咲)、リンにキャンプ道具を提供した祖父のほか、第24話に父親が登場している。 リンの母。 リンが在宅中の場面や、登校や旅行で家から出発する場面で幾度か登場している。 リンの祖父(咲にとっては父)のソロキャンプについて、娘としてはもう少し落ち着いて欲しいと考えている。 かつては自分もバイクに乗り、夫(リンの父)、父(リンの祖父)と共にツーリングに行っていたこともあるという。 リンの祖父 声 - リンの母方の祖父。 リンが中学生の時に一人キャンプを始めるきっかけになった人物。 名は不明だが、姓は 新城。 リンに以前使用していたキャンプ用具一式を譲り 、自分自身はオートバイ で年中旅行している。 原作では第11話(テレビアニメ版では第7話に相当)にてリンの母と電話で話しているほか、リンとなでしこの会話の中で言及されている。 原作第28話では初めて本人が登場し 、積雪による路面凍結で静岡から帰る手段を失ったリンを車で出迎える。 テレビアニメ版は登場場面が原作よりも前倒しされ、第6話に キャンパーの老人という役名で登場し、キャンプ地の下見中の千明と偶然知り合うというオリジナルエピソードが描かれているほか、テレビアニメ版第7話でリンの母と電話で話す場面では容姿も描写されている。 テレビアニメ版で声を演じる大塚明夫はナレーション役としても出演しており、キャンプ道具などの解説役を担っている。 志摩 渉(しま わたる) 声 - 原作第24話から登場。 リンの父。 眼鏡をかけて優しい一面を持つ。 職場まで原付で通勤している。 リンが伊豆のキャンプ旅前日に仕事から帰宅した直後彼女の原付の部品を取り付けるためにリンの祖父と共に協力する。 「スペシャルエピソード」ではリンの原付は年に1度の点検作業のために送り出し、代車として三輪バイクのレンタルを手配する。 なでしこと桜の母。 眼鏡をかけている。 第16話ではなでしこの見舞いに来た千明の作るほうとうを、夫を含む家族4人で食べる。 テレビアニメ版では第1話にも声のみ登場している。 なでしこと桜の父。 会社員。 口髭を生やしている。 犬山家 原作第22話(テレビアニメ版第11話)に妹のあかり、祖母のみね子が登場しているほか、原作24話には飛騨高山()に毎年家族で遊びに行く間柄の親戚がいる という言及がある。 犬山 あかり(いぬやま あかり) 声 - 原作第22話(テレビアニメ版第11話)から登場。 あおいの妹。 あおいを幼くしたような外見で 、姉と同じく太眉が特徴で、同じように関西風の口調で話す。 千明からは「チビ犬子」と呼ばれており、互いに遠慮せずに話したりじゃれ合ったりできる程度には親しい間柄。 ホラ話が好きで、嘘を言っている時には目が泳ぐのも姉と同様。 テレビアニメ版では登場が前倒しされ、第9話に端役として登場している。 犬山 みね子(いぬやま みねこ) 声 - 原作第22話(テレビアニメ版第11話)に登場。 あおいの祖母。 あおいやあかりと同様に太眉。 あおいがクリスマスのキャンプで振る舞う料理の献立で悩んでいる際に、もっともらしい助言 をつけてを勧めた。 斉藤家 恵那の父 原作第19話の恵那の台詞で言及しており原作第31話で登場。 恵那がクリスマスキャンプを参加するために寝袋の代金を出してくれる。 恵那がちくわを連れて朝霧高原のキャンプ場に行ったのを、チワワにとってクリスマスのキャンプ場の寒さは厳しいため、夜半には車で迎えに行った。 休日ではちくわと戯れていることがあり 、メッセージのアイコンをちくわの顔にしている。 下の名前は不詳。 キャンプ場で居合わせた際、備長炭の点火に苦労するリンを助け、なでしこに「必殺火熾し人」と言われる。 中性的な容姿で、原作第11話で登場して原作第23話(テレビアニメ版第12話)で性別が明かされるまでは、リンやなでしこからは鳥羽の「彼氏」と誤認されていた。 別れ際のリンに手渡したほうじ茶は、原作第18話(テレビアニメ版第10話)で焼き豚まんと共にリンの夕食となる。 原作第25話ではリンが母に頼まれた買い物で静岡県を訪れた際に、日本茶専門店「たかくら」の店員として再会。 正月に初日の出を拝むための人気スポットとして福田海岸を勧める。 土岐 綾乃(とき あやの) 原作第13話(テレビアニメ版第8話)に名前のみ登場。 原作第28話に登場。 静岡県浜松市に住む、なでしこの幼馴染。 なでしこからは「アヤちゃん」と呼ばれる。 なでしこが山梨県に引っ越した後も交流が続いており、写真を通じてなでしこの友人たちの顔を知っている。 風の原付を持っており、年始に帰省したなでしこや、一人旅で静岡県を訪れていたリンとひとときを過ごし、冬のキャンプの魅力に触れ、いずれリンに倣って原付で山梨県に遊びに行くという約束をして別れる。 後にリンとなでしこを大井川のキャンプ場まで一緒に行くのを約束し、本編第56話でリンと二人っきりで原付のツーリングキャンプ旅の同行を果たす。 飯田(いいだ)親子 原作33話から登場。 伊豆・伊東で酒屋を営む。 を飛ばすために山中湖へきて、遭難しかけていた千明・あおい・恵那を助ける。 また3人を心配し、捜しに来た鳥羽先生とも意気投合した。 演 - ヒロシ テレビドラマ版で本人役としてゲスト出演。 第3話ではリンが聞いていたラジオ番組のパーソナリティ役として声のみで出演したほか、第8話は千明が見ているYouTube動画の配信者として紹介される形で登場、第11話でもなでしこが偶然出くわしたソロキャンパーとして出演する。 恵那が飼っている。 が好物。 恵那がいつも会話で話題にしたり、SNSに写真を投稿したりしている。 クリスマスのキャンプでは恵那に連れられて登場し、主要登場人物らと楽しい時間を過ごしたが、チワワにとってクリスマスのキャンプ場の寒さは厳しいため、夜半には帰宅させられた。 駒ヶ根市では早太郎、磐田市では悉平太郎と呼ばれている。 リンが長野県や静岡県を一人旅した際、この犬の伝説の足跡を追ったり、グッズであるおみくじを購入したりする。 原作第17話(テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話)では旅の途中で寝過ごしかけたリンの夢の中に現れ、ミニソースカツ丼に付属していたサラダを犬食いした後、付き添いのなでしこと共に駿河へ化猿退治に出発する。 原作第25話では悉平太郎の名を継ぐ犬(悉平太郎三世)がいるという評判を伝え聞いたリンが磐田市を訪れるものの、その情報は古く犬は亡くなっており 、リンを落胆させる。 チョコ 原作33話から登場した、飯田親子の飼い犬の。 名前の由来はから。 サングラスをかけたハスキー犬を自画像としており、原作では単行本各巻の巻頭カラーイラストで登場人物と共演している。 テレビアニメ版ではオープニングアニメーションのサビの部分に各巻巻頭イラストを再現したカットがあり、そのまま登場している。 設定 物語の舞台 千明とあおいのバイト先の基となった。 主要な登場人物らは在住でとその周辺に住んでおり 、本栖高校 という名前の高校に通っているという設定である。 この高校にはアウトドア系の部活動として、千明とあおいが創立した同好会の 野外活動サークル(やがいかつどうサークル)、通称 野クル(のクル )と、登山部という2つの部があるという言及がある。 当初は野外活動サークルに顧問がおらず、登山部の顧問を兼任する大町という教師が、安全なを行うための指導や許可の受理をしていたことが言及されているが 、原作本編第19話からは新任教師の鳥羽が、大町から半ば押しつけられる形で正式な顧問に就任している。 大町が顧問を務める登山部については詳細な描写はないが、千明らの野外活動サークルと比べるとまったりしていないの雰囲気で 、を行っているという言及があり 、なでしこからはやんわりと敬遠されている。 キャンプ場や温泉の施設名・アウトドア用品や食品を購入する店舗名、ウェブサイト名などといったなどを含む一部の固有名詞が架空のものへと置き換えられているものの、劇中には実在の観光地 や地名、、道路名なども登場する。 主要な登場人物の一人であるなでしこの自宅はにあるとする言及があり 、千明やあおいと共にを途中経由してで電車通学をしているという描写になっている。 テレビアニメ版ではなでしこが を自転車で渡り から乗車して登校する描写があるが 、劇中に登場する主要登場人物の自宅は、実際には家屋が存在しない場所に設定されている。 なお物語開始前は、なでしこは静岡県の付近に住んでいたという設定が語られている。 主要な登場人物らが通う本栖高校は実在しないが、テレビアニメ版では旧(2017年3月閉校)・(2016年3月閉校)跡地周辺 が通学路のモチーフとして描写されており 、原作本編第13話にも、付近を通る県道419号線 ( )を歩いていたなでしこが、劇中で用いられている地図サイト「」 のパノラマ撮影車に写真を撮られるエピソードが描かれている。 また、劇中で千明やあおいのアルバイト先で、リン、なでしこ、顧問の鳥羽らが買い物に立ち寄る描写のある「スーパーマーケット ゼブラ」 と「酒の川本 身延店」 は、身延町の内にあるみのぶ店 (テレビドラマ版では実在の名称で登場)と、かつて敷地内に存在した酒屋がモデルとなっている。 千明やあおいの自宅も、このアルバイト先の近所という設定で 、地図上はフレスポみのぶの最寄り駅になるから通学している。 恵那の自宅はから徒歩約5分の場所にある。 劇中に登場する観光地・宿泊地 以下では劇中において実在の地名に言及されているか、施設名が具体的な地名に置き換えられているものを挙げる。 何らかの事情で施設名をぼかして具体性のない名称に置き換えてあるものについては、テレビアニメ版のエンドクレジットで「取材協力」として明記されているものや、出版物や公式なウェブサイトでモチーフとなった施設が明かされているものについては併記するが、そうでないものは前後の描写から推測可能なものであっても省略する。 なお、テレビドラマ版についてはモチーフとなった施設が実在の名称のまま登場している。 山梨県 原作・アニメ第1話に登場すると。 キャンプ場を訪れたリンが、の図柄になっている景色を見に来たなでしこと出会う。 (原作第1巻第1話、第1巻番外編、テレビアニメ版・テレビドラマ版第1話) - 名称は曖昧にされているものの、身延町に所在する浩庵キャンプ場 をモチーフとした施設が登場し、キャンプ場の付近にあるとの交点を示す道路標識が描かれている。 第1話にてキャンプ中のリンが、困窮していたなでしこと出会うほか、番外編にてリンの日帰りキャンプ先として再登場する。 周辺(原作第1巻第6話、テレビアニメ版第4話) - なでしこ、千明、あおいが、キャンプに出発する際に待ち合わせ場所として立ち寄る。 判読可能な駅名標が描写されている。 なお漫画・アニメに登場した駅舎は、2017年秋から行われた橋上化工事に伴い解体されている。 周辺(原作第1巻第6話 - 第2巻第8話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第4話 - 第5話) - なでしこ、千明、あおいのキャンプ先として、 をモチーフとした「笛吹公園」が登場する。 原作第7話では近隣にある をモチーフにした「ほっとけや温泉」に入浴し、パインウッドキャンプ場 をモチーフにした「イーストウッドキャンプ場」でテント泊をする。 原作第6巻第29話では、後になって「ほっとけや温泉」の近くに新しいキャンプ場ができたり、以前は無料であった「イーストウッドキャンプ場」のが有料となったりしたという言及がある。 (原作第2巻第10話 - 第12話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第6話 - 第7話) - リン、なでしこのキャンプ先として登場、妹とキャンプしていた鳥羽と出会う。 名称は曖昧にされているものの、水明荘 をモチーフとしたキャンプ施設が登場する。 テレビアニメ版では「木明荘」という架空の施設名に変更されている。 周辺 (原作第3巻第14話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第8話) - なでしこ、千明、あおいが学校帰りに身延駅で下車し、架空のアウトドア用品店「カリブー」で道具を購入したり、駅周辺の街並みを観光しながらの買い食いをしたりする。 原作第6巻第29話、第30話などにも身延駅構内やアウトドア用品店の描写が登場する。 なお、駅前の商店街はをモチーフとしているが 、アウトドア用品店のモデルとなる店舗は身延町には存在しない。 (テレビドラマ版第8話) - 上述の通りアウトドア用品店が身延町に存在しないため、テレビドラマ版では桜の車で甲府市に向かい、同市内のアウトドアショップ「エルク」で買い物をする形に変更されている。 (原作第3巻第15話、テレビアニメ版第9話、テレビドラマ版第8話) - リンが休憩のために立ち寄る。 の先が通年マイカー規制されていることを知らずに通り抜けようとして通行止めに遭遇する。 (原作第5巻第26話) - 千明、あおい、あかり、鳥羽が初日の出を見るために登る。 (原作第5巻第26話) - 千明、あおい、あかり、鳥羽がを見ようと試みる。 周辺(原作第6巻収録第31話) - 千明、あおい、恵那が山中湖に向かう途中で立ち寄る。 (原作第6巻第32話 - 第34話) - 千明、あおい、恵那のキャンプ先として登場。 厳冬の中、標高差による気温への影響を考えずにキャンプ地として選んだことで、鳥羽を巻き込んで騒動になりかける。 長野県。 リンがなでしこのために写真を撮影している。 (原作第1巻第6話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第4話) - リンが高ボッチ高原に向かう途中で食事のために立ち寄る。 (原作第2巻第7話 - 第8話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第5話) - リンが食事のために立ち寄る。 その後キャンプ場へ移動するが、なでしこに写真を送るため深夜に再び訪れる。 (原作第3巻第16話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話) - リンが休憩のために立ち寄る。 (原作第3巻第16話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話) - 犬()が祭られている寺という話に興味を抱いたリンが参拝のために立ち寄る。 (原作第3巻第17話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第9話) - リンが入浴と食事のために温泉地に立ち寄るが寝過ごし、夢の中に現れた霊犬早太郎に、ミニに付属していたサラダを食べられる。 (原作第3巻第18話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第10話) - リンのキャンプ先として登場。 静岡県 原作第27話に登場するに架かる。 なでしこの故郷であり、リンがこの付近のキャンプ地で宿泊する。 山麓(原作第1巻第3話 - 第4話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第2話 - 第3話) - リン、なでしこのキャンプ先として、に所在するふもとっぱら をモチーフにした「麓キャンプ場」が登場する。 (原作第4巻第20話 - 第23話、テレビアニメ版・テレビドラマ版第11話 - 第12話) - リン、なでしこ、恵那、千明、あおい、鳥羽が、クリスマスに富士山麓で合同のキャンプを行う。 原作では富士宮市という地名のみしか語られないが 、テレビアニメ版では「」などの地名にも言及 、テレビドラマ版では原作・アニメでもモチーフとなった「富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」が実名で登場している。 また原作7巻36話・37話でなでしこが初ソロキャンプの途中で周辺に立ち寄っている。 (原作第5巻第25話) - リンが母に頼まれた茶葉を購入するために立ち寄り、抹茶カフェで休憩する。 (原作第5巻第25話 - 第26話) - リンのキャンプ先として登場。 (原作第5巻第25話) - 駒ヶ根市光前寺で縁のあった霊犬早太郎()の伝説を追って、リンが参拝のために立ち寄る。 (原作第5巻第26話) - リンが初日の出を見るために立ち寄る。 周辺(原作第5巻第27話 - 第28話) - 原作第12話(テレビアニメ版第7話)でなでしこの故郷として言及される。 原作第27話でリンが河口付近から東岸側周辺にかけての一帯に立ち寄り、原作第28話ではリン、なでしこ、綾乃が展望台から夜景を眺めるほか、なでしこが中学時代に自転車で毎日一周してダイエットを達成したという回想に言及する。 (原作第5巻第27話) - リンが気象状況により山梨に帰れなくなった際、近隣のキャンプ場を確保した後に立ち寄る。 浜松市舞阪表浜駐車場に駐車し、浜名湖河口(今切口)付近の海岸で半日を過ごす。 (原作第5巻第27話) - リンが近隣のホテルのに入浴し、赤鳥居で初日の入りを眺める。 原作第28話でも展望台から景色を眺める場面にて地名への言及がある。 (原作第5巻第27話) - リンが手土産のを購入するために立ち寄る。 周辺(原作第5巻第27話 - 第28話) - 徒歩20分の距離になでしこの祖母の家があるという設定。 原作第27話でリンとなでしこが駅前で待ち合わせをし、ホームに集まってくるの大群と戯れる。 原作第28話では駅周辺のうなぎ料理店でを食べる。 (原作第7巻第37話 - 第39話) - なでしこが初めてのソロキャンプ先として、から5. 5キロの地点に存在する野田山健康緑地公園(金丸山)キャンプ場をモチーフにした「富士川健康緑地公園」が登場する。 (原作第8巻第42話 - 原作第9巻第52話) - リン・なでしこ・恵那・千明・あおい・鳥羽・あかりが2泊3日のキャンプ旅で鳥羽以外の彼女たちが初めて訪れる。 「伊豆シャボテン動物公園」をモチーフにした「伊東サボテンパーク」に加えたジオスポット巡りを目的としている。 原作第44話では鳥羽が数年前に訪れた海辺のキャンプ場は地主の意向でキャンプ泊できなかったのを、原作第45話の飯田親子からの紹介で西伊豆町のキャンプ場を教えてくれる。 周辺(原作第10巻第56話 - 第57話) - リンが綾乃と合流のために訪れ、休憩をとった。 また、なでしこは一人でから電車で千頭駅へ向かい、井川駅まで乗り換えの電車が来るまでの間にご当地の食べ物を食べるために寄り道していく。 流域(原作第10巻第57話) - リンと綾乃が原付で時間潰しのために畑薙湖まで行く際に全ての吊り橋を渡りきる。 書誌情報• 発売、• 発売、• 発売、• 発売、• 2017年発売、• 発売、• 2018年発売、• 発売、• 発売、• 2020年発売、 各巻の表紙カバー下では、犬山あおいを主人公にした4コマ漫画『イヌイヌイヌ子さん』が連載されている。 2020年発売、 アニメ この節には放送開始前の番組に関する記述があるため、方針に従い 、正確な記述を心がけてください。 ( 2020年3月) テレビアニメはほかにて、第1期が2018年1月 から3月にかけて放送された。 製作 第1期のアニメ化は、『まんがタイムきららフォワード』2017年3月号(2017年1月24日発売)で発表された。 同誌の同年8月号(同年6月24日発売)で放送時期や主要スタッフの情報といった続報が発表された 後、開設されたテレビアニメ版公式サイトでも情報が逐次公開された。 監督をはじめとするスタッフはモデルとなったキャンプ地を実際に訪れ、冬の寒空の中でキャンプを一通り体験するなど、キャラクターたちと同じシチュエーションでのを10回以上行なったという。 監督の京極義昭は、自分が実際にキャンプをしたり、作中の食事を食べてみたくなるような雰囲気をアニメでも再現するには、実際にロケハンを行って同じ食べ物を実際に調理する必要があったとしている。 テレビアニメ第2期、ショートアニメ、劇場アニメの制作は、2018年10月7日に開催されたイベント「ゆるキャン 秘密結社ブランケット入団説明会 2018 Autumn」にてそれぞれ発表された。 2020年3月23日のショートアニメ終了後には、第2期のタイトルと放送時期の告知、2枚のティザービジュアルの公開がなされた。 ショートアニメでは音楽のにより、シーンに合わせて音楽を制作する「フィルムスコアリング方式」が採用されている。 これは劇伴制作前に映像の多くが完成したことから実現した。 作風・構成 基本的に原作に沿った内容で 、第1期は原作単行本第1巻から第4巻までの内容に準じた内容が映像化され、劇中では11月から12月までの約2か月間 が描かれる。 原作の会話内のみで言及されていた出来事にも描写を割くなど、テレビアニメ版独自の場面もあるものの、原作者のあfろとも相談のうえ、原作の作風に馴染むように注意を払ったとしている。 ショートアニメでは、野外活動サークルのメンバーが山梨県内の各地を巡る内容となる。 作詞は永塚健登、作曲は新田目翔、編曲は悠木真一が担当した。 作詞は佐々木恵梨、作曲と編曲は佐々木恵梨と中村ヒロが担当した。 作詞作曲は佐々木恵梨が、編曲は中村ヒロが担当した。 神保昌登• みるプラス• J:COMオンデマンド• みるプラス• ビデオパス• U-NEXT• アニメ放題• GYAO! ひかりTV• AbemaTV• Amazonプライム・ビデオ• バンダイチャンネル• Hulu• Google Play• アクトビラ• Rakuten TV• ビデオマーケット• GYAO! ストア• 当初は4月一杯の公開を予定していたが、後に5月6日まで延長された。 本配信に先駆けて、2018年6月14日にSP回(6月10日に行われた公開録音の音源)が配信された。 からまで、系「」枠において毎週金曜1時から1時30分(木曜深夜)で放送されている。 主演は。 製作(テレビドラマ) 製作に当たってテレビ東京プロデューサーの藤野慎也は「実写化なりのオリジナル表現にも挑戦しつつ、可能な限り原作コミックを忠実に再現したい」と考えていたことを明かしている。 そのため、ロケーションに当たってはテレビアニメ版同様に富士の国やまなしフィルム・コミッションの協力を得て、モデルとなったキャンプ場7か所すべてから撮影許可を得た。 撮影に当たっては一ヶ所ずつロケハンを行い、どのように撮れば各キャンプ場の魅力を引き出せるのか、スタッフ間で入念に話し合ったという。 ただ、天候に左右されるため、例えば初日は浩庵キャンプ場でのロケを予定していたのが雪が降ったためスケジュールを大幅に修正、ふもとっぱらキャンプ場ではロケハン時には富士山からの日の出が全く見られない状況だったが撮影日当日は見事に晴れた、などのエピソードも語られている。 また、ディレクター陣やプロデューサー陣など制作スタッフが強く意識したのはアニメ版ではなく原作の方であり、熊谷は「原作をきちんと把握して、現実のキャンプ場、実際の土地を舞台にしたリアルな場所で芝居をすると、必然的にカット割りが似てくる。 原作がリアルな場所を描いているからこそ、実写のほうも必然的にそこに近づく」と、原作を再現することで結果として自然とアニメ版と近い画作りになったとしている。 企画の立ち上げに当たっては熊谷が元々キャンプが趣味というのもあり、この数年のキャンプブームを感じる中で原作漫画にたどり着き、読了後ただのキャンプものに終わっていないことやソロキャンプだけでなくグループキャンプの良さも描かれていること、リアルな場所が描かれていることが実写化に向いている題材だと考え、岩倉に相談を持ちかけた。 岩倉も原作に一度触れたことがあり、熊谷からの話をきっかけに再び読み直すと「女子高生たちの心のドラマがちゃんと描かれている」と、実写化にあうと感じていた。 そして岩倉はテレビ東京でやるのが一番と考え、『』で組んだことのある藤野に話を持っていった。 藤野も自らキャンプに興味を持ち始めており、2019年5月の時点で同じくキャンプを題材としたドラマ『』(2019年10月 - 12月放送)の制作が始まっていたことから、「自分でもこのようなドラマをプロデュースできたら」と思っていた所に岩倉から話が来たことで渡りに船とばかりに企画を進めることになった。 冬季のロケになるため放送時期も含め早期に取り組む必要があると考え、独占配信を行っているAmazonプライムビデオに直ちに声をかけたところ乗り気となった事から企画が進み、通常なら1〜2年かかるところが数ヶ月で放送が決まっていったという。 演技に関してはリン役の福原遥は出演が決まってからテレビアニメ版を見て研究しており、これまで演じたことのないクールなキャラについて「探り探り演じている」と語っている。 福原の演技に関しては藤野も「地道な役作りの結果」と評している。 なでしこ役の大原優乃はオーディションで決定し、藤野は「なかなかあの天真爛漫なキャラを演じるのって、いろんな女優さんを見たが、そこをブレイクスルーしてあそこまで演じきれる子はなかなかいない」と評している。 大原自身は役作りに関して所作と声のトーンから始めており、「走り方やちょっとした動きでも、なでしこらしさを心がけている」と語っている。 なお福原と大原はファッションモデル時代からの親友であり共演作もあるが、藤野はプライベートでも仲が良いことを知らなかったという。 田辺桃子が演じる千明に関しては、田辺は「原作を読んだイメージを壊したくない」と、あえてアニメを見ずに、原作だけで自分の中でイメージを膨らませて演じているという。 製作発表直後は人気作の実写化という事もあり、反響も多く、中にはファンからの反発の意見もあり、藤野は「ここまで言われるのかとへこんだ。 ただこういった意見があったからこそ皆さんの大切な作品に泥を塗ることができないと改めて心に誓うことができた」と語っている。 福原と大原も反響の多さに原作が愛されていると実感するとともにプレッシャーを感じつつも、良い作品にできるよう改めて思ったと語っている。 放送後、既存ファンからは原作やテレビアニメ版を忠実に再現した内容が好評を呼び、中でもなでしこの演技、千明のビジュアル・演技の再現度の高さ、実写ならではの風景の美麗さが話題となった。 風景描写に関してはアニメファンから「すごい作画だ」と冗談も出るほどに好評価を得ている。 視聴者の反応に藤野は「再現度が高いと喜んでもらっている意見が比較的多かったので、正直ホッとしました」 、福原も反響の多さに「すごく嬉しい」と語っている。 スタッフ(テレビドラマ)• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 「Replay」()• オープニングテーマ - 「瞬きもせずに」()• 監督 - 、、• プロデューサー - (テレビ東京)、(ヘッドクォーター)、()• 制作 - 、S・D・P、• アプリケーション による及び用のゲームアプリ。 2018年5月1日発売。 録り下ろしボイスが多数収録されていて、デフォルトで用意された70種類のボイス以外に、追加で30種類のボイスを購入可能。 コラボレーション 自治体 本作の物語の主要な舞台となっている山梨県の観光関係組織「」ではウェブサイト上で、劇中に登場した実在の土地と実際の写真を比較する形で、ロケ地の紹介を公式サイト にて行っている。 キャラクターの使用許諾も得ており、サイト内には登場人物などのアニメの素材が掲載されている。 2018年に入り、通常はオフシーズンである冬場の県内キャンプ場にファンが来訪する効果が出ているという。 テレビアニメ版・テレビドラマ版いずれもでは、富士の国やまなしも協力した。 また同県内企業が製作した関連グッズが、キャンプ場売店などで販売されている。 また、本栖高校のモデルとなった下部中学校の廃校舎内に組まれたドラマ版ロケセットの一般公開が期間限定で行われた。 原作者が実際に市内のキャンプ場で作画作業をしており 、市は作品と連動した事業展開を行う。 劇中のキャンプの様子を職員が再現した「おじキャン」と名付けた写真をTwitter公式アカウントに投稿している。 交通機関 2018年1月20日から、本作のラッピングを施したの運行と、コラボきっぷ(1日乗車券および特別入場券のセット)の発売、スタンプラリーを開始した。 当初は4月29日までの予定だったが、好評のため10月1日 まで延長となった。 また、上記の富士急ハイランドでのイベントに合わせ、同社6003編成にて、専用ヘッドマーク掲出とポスタージャックを実施した。 また、ハイランドコラボと同時期に富士急バスでも富士五湖周遊バス乗り放題のフリークーポンで当作の周辺マップの配布、「富士山西麓バス周遊きっぷ」購入ではオリジナルポストカードを限定配布していた。 アニメ化の際特別協力を行っており、内船駅やの再現が忠実に行われている。 また、運行期間中は特別企画乗車券として「」の販売を行った。 開通イベントとして、2019年3月21日から2019年10月31日までの間スタンプラリーが開催されている。 バイクメーカー。 テレビアニメとのコラボ企画として、劇中にてリンが乗るヤマハ・ビーノのカラーリングを再現した「志摩リンのビーノ」を限定2台製造、1台はアニメでのキャンペーンのプレゼント商品となり 、もう1台は舞台モデルとなった山梨県身延町の道の駅みのぶ(富士川観光センター)などで展示されたほか、テレビドラマ版でも実際に使用されている。 スポーツ用品販売チェーン。 系列アウトドアショップ「Alpen Outdoors」がテレビドラマ版でキャンプ用品の協賛企業として参加。 また、コラボレーションとして「Alpen Outdoors Flagship Store 柏店」にて、第1弾として撮影で実際に使われたリンのキャンプ用品や「志摩リンのビーノ」の特別展示 、第2弾では野クルのキャンプシーンで用いられた用品やアニメ・ドラマ双方の場面写真の展示 、第3弾では鳥羽姉妹のキャンプシーンの再現展示を行う。 フローレン 山梨県とその周辺で「」の名称で飲料自販機を展開する企業。 作中で「ラッキードリンクショップ」の名前で何度か登場することから、身延町内の数か所のハッピードリンクショップの看板を「ラッキードリンクショップ」に変え、自販機にキャラクターのラッピングをしている。 また、飲料購入時の抽選で限定グッズが当たるキャンペーンを実施した。 作品間のクロスオーバー によるスマートフォン向けアプリゲーム。 リリース後の追加参戦が発表されている。 「シリーズ」のキャラクターが多数登場し、本作からも複数名のキャラクターが登場する。 による、漫画『』の主要登場人物が実在の漫画家たちの仕事現場を取材するという設定で不定期連載されているレポート漫画。 『』2017年12月号掲載話にて本作の原作者であるがハスキー犬のキャラクターで登場しており、『こみっくがーるず』の登場人物である萌田薫子と勝木翼が、本作に登場する候補となっている観光地の下見に同行したり、本作の内容について言及したりする展開が描かれた。 本作と同じく、あfろによる、芳文社の漫画雑誌で連載されている漫画。 『』2018年3月号掲載話より、本作のテレビアニメ放送記念と題したセルフコラボレーションとして、『mono』の登場人物である漫画家の秋山春乃がレポート漫画の執筆を依頼され、同作の主要登場人物と共に本作をモチーフとした劇中漫画のロケ地巡りをするという展開が描かれている。 制作のバラエティ番組。 〜」が制作されたほか、2019年10月開催の「水曜どうでしょう祭FESTIVAL in Sapporo 2019」ではコラボグッズも発売された。 関連商品 笑's B-6君「リンちゃんのYAKINIKUセット」 劇中で志摩リンが使用する折りたたみ式の小型焚き火台のモデルとなっている、「笑's コンパクト焚き火グリル B-6君」の公式コラボレーションモデルが、2018年2月8日から「B-6君」を製造・販売する昭和プレスより数量限定で発売される。 劇中での「B-6君」は原作本編第9話から第12話(テレビアニメ版・テレビドラマ版ともに第6話から第7話)にかけてキーアイテムとして登場し 、その後はリンが愛用している。 コラボレーションモデルは本作ロゴ入りイラストが打抜きで描かれた背面板や、本作にちなんだイラストの入ったキャンバスバッグが付属する。 が制作する。 2018年2月18日のにて志摩リンと各務原なでしこのねんどろいど化が発表され、会場では各務原なでしこの参考展示も行われている。 2018年4月28日・4月29日の「ニコニコ超会議」にて発売されている。 キャンプになくてはならないテントをモチーフに、ルールに従ってカードを三角形のテント状に並べ、最終的に7段のカードの山ができたらクリアとなる。 しまりんだんご のメーカーである谷川商事によって2018年6月10日より販売している。 しまりんだんごはアニメ12話のネタであり、それを実際に商品化したものである。 なお、谷川商事ではこのほかハンコ付きボールペンやソフトポーチ、なども販売している。 2020年2月4日発行()。 テレビアニメ版を元に舞台となった街やキャンプ場の紹介や旅行コースガイド、原作の未アニメ化エピソードのルート紹介や公式グッズ一覧、主要声優5人へのインタビュー、劇中に登場したキャンプ飯のレシピ集などを収録。 脚注 [] 注釈• ただしカバー袖の作者コメントは巻を追うごとに荒唐無稽な内容になっていき、の伝説を絡めた内容になっていくなど、真偽の定かではない体裁になっている。 劇中では「しまりん団子」などと呼ばれている。 常にシニヨンに結っているわけではなく、解いていることもある。 祖父の影響で、中学1年生の冬からキャンプをしていると言及されている。 劇中で車種やメーカー名に言及する場面はないものの、原作第6話(テレビアニメ版第4話)からリンの愛車として登場し表紙などにも登場するスクーターはが販売する原動機付自転車、ビーノだと言われている。 ただし、劇中のように原付で長距離ツーリングをこなすのは、女子高校生としてはかなりマニアックであるという指摘もある。 なおこのビーノは後述するようにコラボ企画として実際に再現されている。 本編第42話では伊豆のキャンプ旅前日にリンの父と祖父の協力により、携帯ホルダー・キャリアー・スクリーン・充電用のリレーを原付に取り付けてくれた。 劇中で読んでいる本は、野外調理の本の他に『超古代文明Xの謎』 『徳川埋蔵金の謎』 など、系の書籍が多い。 劇中では具体的な商品名は言及されていないが、暗くても簡単に設営できるという触れ込みのもので 、吊り下げ式 であると言及されている。 ムーンライトテント3型は2 - 3人用のためソロで使うには贅沢で 、テントを譲ったリンの祖父はキャンプ道具一式を1人用のものへと買い換えたとされる。 ただし登ること()には興味がない。 へやキャンの放課後99より髪型変更。 第42話から前髪が伸び始めて、物語冒頭以前からしばらく髪の毛を切りに行ってなかった模様。 原作単行本の各巻表紙カバー下で連載されている番外編「イヌイヌイヌ子さん」では、「関西ではなく出身」「に住んでいた」と話す場面があるものの、直後に冗談であるとしており、次の場面では犬山市が岐阜県ではなくに所在することを知らなかったことを指摘されて動揺するなど 、どこまでが真実であるのか定かではない描写になっている。 その後の第3巻では「犬山市が岐阜でないなら(出身地は)何県でもいい」とし 、続く第4巻では「実は全部嘘で、(関西地方でも岐阜県でも愛知県でもなく、物語の舞台である)山梨県出身」としているものの 、それも真実かどうか定かではない描写になっている(いわゆる「」)。 テレビアニメ版公式サイトのキャラクター紹介では当初、「生粋の中部出身」と紹介されていたが 、その後記述が除去された。 実在の商品が実名で登場している が、製品の仕様や価格は実際とは異なる。 テレビアニメ版・テレビドラマ版では第1話から登場し、原作での第1話に相当する本栖湖湖畔でのエピソードに、リンと斉藤がSNSでやり取りする場面が追加されている。 原作では、第2話でリンとなでしこの再会を仲立ちする場面(テレビアニメ版・テレビドラマ版第2話に相当)が初登場。 元々はメインキャラクターではなかったが、担当編集者の「推しキャラ」だったため出番が増え、メインキャラクターの1人となった。 メインキャラクターの中で1人だけ姓ではなく名が地名になっているのは、そのためである。 本編第40話からなでしこの母の静花が訪れてから本編第47話のなでしこの話によると、彼女が住む家の近くだと明言されている。 テレビドラマ版では、ナンバープレート・車体カラー・カスタマイズを忠実に再現したファン所有のラシーンを借りて撮影に用いている。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第4話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 なお原作の放課後第24話で10年後のリンが乗っているオートバイは、・ ()であると言われている。 原作の該当場面では容姿の描写がなかった。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第1話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第9話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 第4巻表紙カバー下の番外編「イヌイヌイヌ子さん」第4話でフルネームが明かされている。 原作では名前が明らかではなかったが、テレビアニメ版第11話に登場した際に、エンドクレジットの役名で名が明かされた。 千明いわく「ばーちゃんに騙されてる」。 漫画・テレビアニメ版では素顔を明かさないまま車で迎いに行く描写に対し、テレビドラマ版では恵那の台詞で言及されている。 漫画・テレビアニメ版・テレビドラマ版では恵那の父に迎いに来させた。 実在した(見付天神)の霊犬「悉平太郎三世」は「悉平太郎」の子孫というわけではなく、駒ヶ根市から磐田市へ(平成4年)8月に送られた「悉平太郎二世」の子供。 悉平太郎二世は(平成5年)、悉平太郎三世は(平成22年)8月に死亡している。 原作本編第13話にも、なでしこが下校中の場面に内船駅のの描写がある。 テレビアニメ版第1話ではより詳細な通学路の描写があり、判読可能な駅名標の描写もあるほか、エンディングではが取材協力としてクレジットされている。 ただし校舎や校内のモチーフは異なる。 テレビドラマ版では、下部中学校の廃校舎内に図書室と野クル部室のロケセットが組まれ、下部中学校廃校舎の外観や校庭もたびたび登場する。 総延長2キロメートルに満たない短い道路で、起点も終点も身延町常葉にある。 なお前後の場面には をモチーフにした駅の描写があり、駅舎 や駅構内の描写もされているものの、具体的な駅名の描写はない。 テレビアニメ版では駅構内の描写のみで、また原作にあった県道419号線という道路名の描写もカットされている。 閉店後も壁に書かれた店名を消しただけで建物はそのまま残されていたが、2020年4月1日より、漫画の通りの店の外観が再現されている。 原作でははっきりしていなかったが、テレビアニメ版第8話で波高島駅の駅名標の描写がある。 『まんがタイムきららフォワード』2017年7月号掲載時の原作第25話で名前が挙がった際には「福 出海岸」(ふくでかいがん)と表記されたが、翌月号掲載の第26話では「福 田海岸」と表記された。 原作単行本第5巻収録時には「福田海岸」に統一されている。 静岡県磐田市に実在する福田海岸の読みも「ふくでかいがん」。 最終話Cパートのみ数か月後。 「起業してアメリカの大手キャンプ用品メーカーのとなったなでしこが、10年後の野外活動サークルの集まりに空飛ぶテントで駆けつける」という空想の中に登場する。 なお、テレビアニメ版本編では第12話(最終話)の冒頭にて同エピソードが映像化された。 、、、、MAGES. 、、、、、、C-Station。 五条ヶ丘(旧下部小学校・中学校が建っている丘)周辺の活性化を目的に、旧下部小学校・中学校の卒業生を中心として2018年に設立された組織。 旧下部小学校・中学校校庭でのキャンプイベントの開催や、甲斐常葉駅から「本栖高校」までの案内看板の設置などのほか、ドラマ版の撮影にも協力している。 リンの誕生日。 ロケ地へは系列のが運行している。 原作第9話(テレビアニメ版・テレビドラマ版ともに第6話、以下括弧内同)にてリンが通信販売で購入し、その折り畳み機構の説明や活用法にまつわる斉藤やなでしことの会話が、原作第10話から第12話(第6話から第7話)にかけて、リンとなでしこがでキャンプをするきっかけになる。 原作第11話(第7話)における初使用時では備長炭への着火に苦戦し、鳥羽姉妹と知り合うきっかけになる。 原作第12話(第7話)では、あおいのアルバイト先でもあるスーパーマーケットで購入した肉やハンバーグを、この焚き火台で野外調理する描写に紙幅が割かれている。 なお、劇中での名称は「有限会社ショーワプレ……」の「コンパクト焚き火グリル」。 117, 初出一覧. , p. 117, 表紙カバー袖. 68、クレタパブリッシング、2017年4月、 159頁、。 2017年2月9日. 2017年3月25日閲覧。 2017年1月24日閲覧。 ねとらぼ アイティメディア. 2019年3月29日. 2019年4月1日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年10月7日. 2018年10月7日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年10月7日. 2018年10月7日閲覧。 まんたんウェブ. MANTAN 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧。 サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 2019年11月20日. 2019年11月20日閲覧。 インタビュアー:千葉研一. 2018年2月12日閲覧。 インタビュアー:千葉研一. 2018年2月4日閲覧。 アニメイトタイムズ. 2018年2月12日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 , 表紙カバー袖. 2019年11月15日閲覧。 山梨日日新聞 2018年7月9日. sannichi. 2019年8月31日閲覧。 Twitter. 2017年7月3日閲覧。 , p. , pp. 84-85. 2017年6月25日閲覧。 , p. , p. , p. , p. テレビアニメ版、第3話。 2018年2月11日閲覧。 , p. , pp. , p. , p. , pp. 2017年8月8日. 2017年8月8日閲覧。 単行本第4巻メロンブックス特典リーフレットのキャラクタープロフィールによる。 2019年11月15日閲覧。 , p. へやキャン episode0より• , p. , p. 2017年7月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年7月25日閲覧。 , pp. , p. , p. , pp. , p. , p. , p. , p. 2018年7月31日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 まんたんウェブ. MANTAN 2019年12月25日. 2019年12月25日閲覧。 ORICON NEWS. oriconME 2019年12月25日. 2019年12月25日閲覧。 , p. , p. , p. テレビアニメ版、第6話。 , p. 2, カラーページ口絵. テレビアニメ版、第9話。 テレビアニメ版、第7話エンドクレジット。 , p. , p. , p. ゆるキャン公式サイト. 2020年3月16日. 2020年3月16日閲覧。 単行本第10巻「スペシャルエピソード」より。 , p. , p. , p. 名前はBD、DVD2巻の特典ブックレットより• 名前はBD、DVD3巻の特典ブックレットより• , p. , p. ,コミックナタリー,2020年2月20日• , p. , p. , p. テレビアニメ版、第2話。 , p. , p. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。 , p. テレビアニメ版、第1話。 , p. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年3月7日閲覧。 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。 2020年3月1日閲覧。 , p. , pp. あfろ 2017年5月16日. ニコニコ静画 きららベース. 2017年7月15日閲覧。 , pp. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月20日閲覧。 , p. , p. , p. 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月9日閲覧。 (2017年8月28日、山梨市、)• 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月15日閲覧。 公益社団法人やまなし観光推進機構. 2018年2月4日閲覧。 , p. テレビアニメ版、第10話。 , p. 2017年6月24日. 2017年6月24日閲覧。 コミックナタリー ナターシャ. 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 、 2020年3月23日閲覧。 2019年4月24日. 2019年4月24日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年1月24日. 2017年1月24日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2018年2月17日. 2018年3月3日閲覧。 2019年12月27日閲覧。 富士の国やまなし観光ネット. やまなし観光推進機構. 2018年1月6日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2017年11月24日. 2017年11月24日閲覧。 2019年12月27日閲覧。 2020年3月23日閲覧。 亜咲花 Official Website. 2019年11月21日閲覧。 佐々木恵梨 Official Website. 2019年11月21日閲覧。 リスアニ! WEB 2019年11月15日. 2019年11月21日閲覧。 ,AV Watch,2020年4月28日• 2018年3月27日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 2019年12月21日閲覧。 2019年11月15日閲覧。 2020年1月13日閲覧。 2018年12月6日時点のよりアーカイブ。 2019年11月15日閲覧。 ,AV Watch,2020年4月1日• ,まんたんウェブ,2020年4月28日• 音泉 2018年6月10日. 2018年10月25日閲覧。 2018年10月28日閲覧。 LINE LIVE(ラインライブ) 国内最大級のライブ配信サービス. 2020年1月9日閲覧。 Instagram. 2020年1月9日閲覧。 tokyo,2020年3月10日• ,クランクイン!,2020年1月11日• ,ザテレビジョン,2020年1月21日• ,トレンドニュース,2020年1月10日• ,AbemaTIMES,2020年1月31日• 2020年1月9日閲覧。 アイティメディア. 2018年2月10日閲覧。 富士の国やまなし観光ネット(やまなし観光推進機構) 2020年2月1日. 2020年2月2日閲覧。 静岡新聞社. 2018年1月1日. の2018年1月1日時点におけるアーカイブ。 2018年9月29日閲覧。 静岡新聞 2018年2月8日• 日本語 PDF プレスリリース , 叡山電鉄, 2017年12月22日 , の2017年12月25日時点におけるアーカイブ。 , 2017年12月25日閲覧。 2017年12月23日. 2017年12月25日閲覧。 , 2018年4月4日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 叡山電鉄, 2018年8月24日 , の2018年8月27日時点におけるアーカイブ。 , 2018年8月26日閲覧。 2018年9月16日. 2018年9月16日閲覧。 富士急ハイランド 2018年4月18日. 2018年4月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年4月30日閲覧。 富士急ハイランド 2018年4月18日. 2018年4月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年4月22日閲覧。 railf. jp(). 2018年4月30日. 2018年5月1日閲覧。 東京交通新聞. 東京交通新聞社 2018年4月26日. 2018年9月16日時点のよりアーカイブ。 2018年9月16日閲覧。 2020年2月2日. 2020年2月2日時点のよりアーカイブ。 2020年2月2日閲覧。 2019年3月7日. 2020年6月20日時点のよりアーカイブ。 2020年2月2日閲覧。 プリンセスカフェ. 2018年4月8日閲覧。 ,ヤマハ バイク ブログ,2018年7月12日• ,まんたんウェブ,2019年12月13日• ,ヤマハ発動機株式会社,2019年3月7日• ,エンタメ特化型情報メディア スパイス,2020年1月14日• ,ヤマハ発動機株式会社,2020年2月10日• ,アニメージュプラス,2020年1月8日• ,ドワンゴジェイピーnews,2020年2月3日• ,mimot. ミモット ,2020年3月11日• 朝日新聞 朝日新聞社. 2019年4月12日. 2020年1月8日閲覧。 2020年3月23日閲覧。 2018年1月5日. 2018年1月5日閲覧。 ナターシャ 2017年12月28日. 2017年12月28日時点のよりアーカイブ。 2018年9月16日閲覧。 ,アニメ!アニメ!,2019年8月28日• プレスリリース , 昭和プレス, 2018年1月17日 , 2018年1月22日閲覧。 , pp. 58,61. プレスリリース , anibu, 2018年2月20日 , 2018年1月22日閲覧。 プレスリリース , animate Times, 2018年4月17日 , 2018年8月7日閲覧。 谷川商事. 2020年3月9日閲覧。 ,株式会社JTBパブリッシング,2020年1月28日 参考文献• 外部リンク• - COMIC FUZ• - (きららベース)•

次の

ゆるキャン△ 実写化がヤバい!キャスティングは?比較画像は?

ゆるキャン実写

本当に撮影でA5ランク使ったかはわかりませんが 最終回にして、 一番最上級の飯テロが深夜の空腹を刺激してきて…鬼かこのドラマww あおいちゃんが鍋に具材を投入していく様子を丁寧にやるあたり分かってるなぁ 鍋といえば冬キャンプでも定番のキャンプご飯ですが、寒い外で温かいものを食べると外ご飯効果でいつもの数倍美味しく感じるんですよね。 あーキャンプ行きたい。 そしてだめ押しの飯テロとして、 トマトすき焼き! めっちゃ美味しそう…。 トマトすき焼きやってみたいなーと思いつつやったことなかったので今度キャンプでやってみようかな。 サンタ衣装も赤で、トマトすき焼きも赤でクリスマスキャンプっぽいですね。 話の中で、なでしこの年賀状のバイトの話が出てきますが… そういえばこの子たちは高校生って設定でしたね。 今の今まで忘れていました笑 ちなみになでしこがバイトをしたい理由は、第8話でアウトドアショップ エルクに言った時に一目惚れしたルミエールランタンが欲しいからでした。 ドラマの最後でしまりんとキャンプを行くときに購入したルミエールランタンが出てきたのは、いい演出だったなと思います。 そして、 年末戦士サンタクレンジャー! もしキャンプ場にこんなにサンタがいたら、確実にビビります。 今までソロキャンばかりやってきたしまりんですが、デュオキャンや野クルとのグルキャンをやって、少しだけしまりんも変わっていきます。 きっかけはなでしこですが、野クルとの間をつなぐ恵那ちゃんはやっぱりしまりんにとって重要な友人なんだなぁと改めて思いました。 うわあああああキャンプ行きたいいいいいいい!!! って思わず言ってしまいましたww ちょうどコロナウイルスで自粛しまくっているので辛い… 最終回でも本当に綺麗な景色を見せてくれましたね。 期待以上でした。 こういう風景を撮れるのはやっぱり実写ドラマの強みだなぁ。 絶対に富士山YMCAグローバルヴィレッジに行こうと思いました。 志摩リンというキャラクターは実際にクラスにいたら、冬に一人でキャンプをしていて少しだけ人と関わるのが苦手な女の子というすごく変な子なんですよね笑。 そういう難しいキャラクターを、 アニメに寄せつつでもドラマでのオリジナリティをうまく加えて演技をした福原さんは見ていて楽しませてくれました。 ちょいちょい顔芸を入れてくるのはもしかしたら賛否両論だったかもしれませんが笑。 個人的には良かったと思っています。 もちろん他の演者の方々も良かったです。 特に千明役の田辺桃子さんは画面に映るたびに何かやってくれそうで目で追ってました笑 でも一番出演回数が多かった志摩りん役の福原さんがうまくハマっていいドラマになったのかなと思いました。 まず始めにここまで12話見てきて、 私個人としてはこのドラマ化は成功だったのではないかと思っています。 最初から最後までキャンプの魅力を、アニメや原作とは違った形で表現してくれたかなと思います。 毎回見るたびにキャンプに行きたい衝動に駆られました。 そして飯テロもすごかったですねw 私がブログの記事で 少なめに数えて 18回飯テロがありましたw ある意味このドラマの見所の一つだったと思います。 そして ドラマの製作スタッフの原作のリスペクト具合には正直驚きました。 漫画やアニメの実写化は「 コレジャナイ感じ」がして炎上してきた作品が多いです。 そういう難しい原作をうまくドラマ化できたのは、原作にしっかりと向き合いつつ、ドラマでできる強みを把握してそれを十二分に生かしたからではないかなと思います。 特にキャンプ飯テロとドローンを使用したキャンプ場の風景は、実物を撮影できるドラマならではの強みだったと思います。 最後まで高いクオリティを維持したスタッフおよび演者の皆さん、本当にお疲れ様でした。 / ココロは止まっていられない。

次の