いち もつ 意味。 漢字部首大事典 構造別一覧 偏(へん) 1〜10

ヒトの陰茎のサイズ

いち もつ 意味

「煌」の意味や由来は? 「煌」は 「きらめく、輝く」の意味をもつ漢字です。 この由来はツクリにある「皇」の字と深い関係があります。 「皇」は「皇帝」や「天皇」など、位の高い人に使われているイメージがありますが、このイメージは漢字ができた少し後に定着したもので、もともとは「美しい」「輝く」の意味をもつ漢字でした。 そして、国や土地を治める統治者を讃え、それを神々しい光り輝く存在とみなすことで、皇帝や天皇のように「皇」の字が当てられました。 そして徐々に本来の意味が薄れていった結果、「皇」が本来持っていた「きらめく、輝く」を意味する漢字がなくなってしまうからと考え出されたのが「煌」です。 「火」と「皇」を組み合わせて「輝くばかりに火が燃える様子」を表現し、「皇」がもっていた「美しい」「きらめく、輝く」の意味を継いで使われるようになったのです。 輝いて光が当たっている様子から 「明らか」、輝くほど火が燃え上がる様子から 「盛ん」という意味も生まれました。 「コウ」の響きで人気の「煌」 「煌」は、 2004年から人名に使えるようになった新しい人名漢字で、字面のカッコよさ、「コウ」の響きの使いやすさなどから、すぐに男の子の名前で人気が出始めました。 明治安田生命の名前ランキングでは2006年に初めてランクインして以来、年々順位が上がり、2013年には煌大(コウタ、コウダイ)の名前で21位にランクインしました。 他にも「コウ」の響きを使って煌生(コウセイ)、煌介(コウスケ)、煌平(コウヘイ)などの 画数の少ないシンプルな漢字との組み合わせでよく使われています。 ちなみに「コウ」の響きをもつ漢字はほかにも「」「」「」「」などが挙げられます。 女の子の場合は「アキ」や「キラ」の名乗りで使われることが多く、煌奈(アキナ)、千煌(チアキ)、煌里(キラリ)、煌羅(キララ)のように特徴的な響きの名前を考えられますよ。 ただし、 男の子のイメージが強いので、女の子らしい漢字と組み合わせるのがおすすめです。 【「アキ」の響きをもつ漢字】 「」「」「」「」など 明るくキラキラした印象の「煌」 「煌」には「燃え上がった火のきらめき」という意味があることから、文字通り 「キラキラと明るい」イメージがあります。 字の中に「皇」が入っていることから 「神々しさ」や 「スケールの大きさ」を想起させ、壮大で輝いている様子を感じさせてくれます。 また、「さかん」の意味からは 「勢いが良く積極的」に動き回るような元気な姿を想像することも出来ますね。 「煌」には「元気でキラキラした」印象があるので、無邪気に遊ぶ子どもにピッタリの漢字といえます。 「煌」に輝かしい未来への願いを込める 人気の「煌」の一字に、ぜひ素敵な想いや願いも込めてあげてください。 「キラキラと明るい」イメージからはシンプルに 「これから輝かしい人生を送ってほしい」「目に映る全てが輝くような明るい未来になりますように」という願いを考えられます。 他にも「スケールの大きさ」「積極的に動き回る」のイメージからは 「心の広い子になってほしい」「活発で運動のできる子に」という想いも表現することができます。 「煌」は人名漢字として新しく、「キラ」の響きも珍しいので、新鮮な印象があります。 「煌」を使って、想いが込もった素敵な名前を赤ちゃんにプレゼントしてあげてください。 【組み合わせて使われる漢字】 煌(コウキ) 煌(コウタ) 煌(コウタ、コウダイ) 煌(コウスケ) 煌(コウガ) 煌(トモアキ) など.

次の

大きな一物(いちもつ)の意味とは?放送禁止用語スレスレのネタだった?

いち もつ 意味

「仁」の意味や由来は? 「仁」は 「いつくしむ、親しむ」「思いやり」など、人の内面を意味する漢字です。 この意味は、「亻(にんべん)」が人を、「二」が2段の敷物(座布団)を表し、座布団に座る人の姿を表現したことに由来します。 腰掛けて、人と人とが会話などで親しむ様子が想起され、そこから「いつくしむ、親しむ」「思いやり」などと解釈されるようになりました。 そして、古代中国の思想家・孔子による儒教の教えの中で5つの徳「仁・・礼・・信」の一つとして説かれたことで、道徳的な意味合いももつようになりました。 儒教の中で「仁」は「人をいつくしむ」という 人間の根源的な愛の形を表すものだとし、「仁をもって最高の道徳」とするほど5つの徳の中でも特別な位置づけとされています。 名前の「仁」の読み方は? 歌手の北川悠仁さんや司会者の草野仁さん、数学者の秋山仁さんなど、「仁」は 昔から男の子の名前で人気の漢字です。 名前に使える読みも豊富で、「ジン」「ノリ」「ヒサシ」「ヒト」「ヒトシ」「ヒロ」など、 一文字名前でも、他の漢字と組み合わせても使えるのが特徴です。 「ジン」と読ませる名前が多く、仁成(ジンセイ)、優仁(ユウジン)、仁太郎(ジンタロウ)のように使われます。 また最近では、「ト」と読ませて、名前の最後の止め字として、結仁(ユウト)、陽仁(ハルト)のように使う例がよく見られます。 「仁」はなんとなく男の子の漢字のような印象を持たれるかもしれませんが、女の子の名前でも一般的に使われます。 仁美(ヒトミ)や仁菜(ニナ)など、女の子らしい漢字と組み合わせて使うことが多いようです。 論語における「仁」の意味とは? 前述のように、「仁」は孔子が説く儒教という教えの中で人間関係における大切な徳目だと考えられていました。 その教えを詳細に記録した書物が『論語』と呼ばれるものです。 『論語』の中では「仁」についての明確な定義がされていないため、いくつか「仁」を含む言葉をご紹介します。 ここからどのようなイメージをもつ言葉かとらえてみましょう。 「巧言令色 鮮し仁(こうげんれいしょく すくなしじん)」 意味:口先がうまく(巧言)、顔色を和らげて愛想を振りまく(令色)人には「仁」が欠けているということ 「仁者(じんしゃ)は憂(うれ)えず」 意味:仁徳のある人は、(深い愛をもって人と交わることから)敵がいないということ 「剛毅木訥 仁に近し(ごうきぼくとつ じんにちかし)」 意味:意志が強く(剛毅)、飾り気がなくて無口(朴訥)な人は、道徳の理想である「仁」に近い者であること 「知者(ちしゃ)は水を楽しみ、仁者(じんしゃ)は山を楽しむ」 意味:道理をわきまえた人(知者)は、迷いがないので流れる川のように臨機応変に事を処理し、仁徳を備えた人(仁者)は、欲に動かされず山のようにどっしりとかまえているということ これらの言葉からは、「謙虚の中にも自信があり、どっしりとかまえた様子」や「一本芯の通った様子」、「愛情深い様子」を想像できますね。 そのほかにも表現する言葉はたくさんありそうですが、どれも良好な人間関係を創る上で必要な力であることから、人間の道徳観・倫理観の中心に「仁」があると考えられたのでした。 天皇家も認める「仁」 前述の通り、 「仁」は、儒教の中でももっとも重要な徳の一つで、根源的な愛を表しています。 人間の内面性の最上表現であることから、名前に使うにはぴったりの漢字といえそうですね。 実際、天皇家では古来より名前に「仁」を入れるのが恒例になっており、その歴史は約1000年も遡るほどです。 そこには慈愛の心を持って国民を見守るという姿勢が投影されているといえますね。 名前に使われる漢字として 「仁」は由緒あるものといえるので、安心して名付けに利用できますね。 「仁」の読み方はさまざま 赤ちゃんに「仁」のつく名前を贈るのは、「優れた人間になってほしい」という最大限の願いを込めることにつながりますね。 「思いやり、いつくしみの心をもつ人になってほしい」「人の心がわかる優しい人に育ってほしい」「きれいでおおらかな心をもつ子に育ってほしい」など、表現の仕方は様々ですが、 「内面的にすばらしい人になるように」という強い願いを込められます。 名前の読み方もさまざまな「仁」。 シンプルに「仁」の一文字名前でもいいですし、他の漢字と組み合わせた素敵な名前を考えてあげるのも楽しいですね。 「仁」がつく名前の例 仁(ハルト、ユウジン) 仁(ハルト) 仁(ユウト、ユイト) 仁(ジンセイ、ヒトナリ) 仁(シュウト) 仁(ヒロト、マサト) 仁(リヒト) 仁(ニナ) 仁(ヒトミ) 仁(ヒトエ) など.

次の

【仁】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

いち もつ 意味

「朱」の意味や由来は? 「朱」は「赤色」を表す漢字として有名ですね。 ただ、正確にいうと 「黄色がかった赤色」を指し、これを「朱色」といいます。 この成り立ちは「朱」の字の形から理解できますよ。 「朱」は「木」に「一」を組み合わせた漢字です。 「木」の真ん中に横線を引くことで「木の中心部分」を表し、「幹の真ん中の赤い部分」を指したのが「朱」のはじまりです。 「朱」は女の子に使える響きがたくさん! 「朱」を使った名前は女の子に人気があり、「朱莉(アカリ)」「朱音(アカネ)」などが明治安田生命の名前ランキングにランクインしています。 「朱」が表す「女の子らしい」色味が好印象のようです。 「アカ」の響きを使うのであれば、先ほどのように「アカリ」や「アカネ」といった人気の響きに当てられますし、「シュ」「ジュ」の読みを使うなら朱里(シュリ、ジュリ)や朱璃奈(ジュリナ)と考えることができます。 「アヤ」と読ませれば朱花(アヤカ)や朱子(アヤコ)なども考えられますね。 男の子に使うなら、朱羽(シュウ)や朱晴(スバル)など、「シュ」「ス」の響きが組み合わせやすいですが、使用例としてはそれほど多くありません。 「朱」がもつイメージは? 「朱色」は黄色味がかった 明るい赤色で、「光り輝く太陽の色」と形容されることもあります。 そのため太陽の光が燦々と振りそそぐ 「夏」の季節を「朱夏」ということもあり、 「エネルギッシュ」なイメージがあります。 さらに「朱」がもつ「明るい」印象は「明暗」のような対立するもに応用されます。 「朱に交われば赤くなる」ということわざがあり、意味は「人は交わる友によって善悪いずれにも感化されること」を表します。 「朱」のような明るい友と交われば善人になり、そうでない暗い色と交われば悪人になってしまうということですね。 また、「朱」は 「和風」「古風」といったイメージも伴います。 これは日本の古い宮殿や寺院などに「朱色」が使われているためです。 仏教が伝来した6世紀ころから建てられた寺院の多くに「朱」が彩りとして使われています。 「朱」にはどんな願いや想いが込められる? 鳥居や和食器などに使われる明るい赤色なので 「伝統を感じさせる落ち着いた人になるように」「人を癒すことのできる包容力のある人になるように」と願いを込めて使うことができますね。 また、「エネルギッシュ」なイメージをもとに 「元気いっぱいな子に」と表現することもできますし、「朱に交われば赤くなる」の言葉をもとに 「周りに良い影響を与えられる人に」と考えることもできます。 「朱」は様々な読み方ができる漢字です。 「伝統的」でありながらも「活動的」な印象も与えられるので、願いや想いも込めやすそうですね。 「朱」がもつ意味やイメージを理解して、素敵な名前を考えてあげてくださいね。 【組み合わせて使われる漢字】 朱音(アカネ) 朱(アカリ) 朱(アヤカ) 朱(アヤコ) 朱(シュリ、ジュリ) 朱(ジュリナ) など 朱羽(シュウ) 朱(スバル) など.

次の