アー スティック スイミング。 アーティスティックスイミングではプール内でも音楽が聴ける。水中にスピーカーが!?

2019年度大会情報

アー スティック スイミング

水の中で演技し、技術の正確さと表現の美しさを競う評定競技。 旧称は「シンクロナイズド」。 ソロ、デュエット、チーム 4~8名 、フリーコンビネーション 4~10名 、ハイライトルーティン 8~10名 の五つの競技種目がある。 競技プログラムは「フィギュア」と「ルーティン」に分けられ、五輪と世界選手権では後者を正式種目としている。 フィギュアは伴奏音楽なしで規定の技のみを競う。 ルーティンには決められた技を演じる「」と、技を自由に選べる「」があり、どちらも伴奏音楽を用いる。 1920年代に欧州で行われていた群泳「アーティスティックスイミング」 独 、「スタントスイミング」 英 が起源とされる。 それがカナダを経て米国で「ウォーターバレエ」として発展し、34年に「シンクロナイズドスイミング」と名付けられた。 その後、競技化され、84年のロサンゼルス大会でソロとデュエットが五輪の正式種目となった。 96年の大会ではチーム 8人 のみが行われ、2000年のシドニー大会からはデュエットとチームが実施されている。 2017年、ソロやフリーコンビネーションには「シンクロナイズド 同調した 」の表現がそぐわないとして、競技名が「アーティスティック 芸術的な スイミング」に変更され、20年の東京五輪では新名称で実施される見通しとなっている。 2017-7-25 出典 知恵蔵miniについて の解説 泳ぎの美しさと技の正確さを競う競技。 2018年,シンクロナイズドスイミングから名称が変更された。 1900年代の初め頃にドイツ,イギリスなどで水中として行なわれていた群泳が基礎とされ,のちアメリカ合衆国で音楽の伴奏によるウォーターバレエとして発展し,1934年シンクロナイズドスイミングと名づけられた。 その後しだいに競技化され,1954年 FINAが公認した。 日本へは 1954年に紹介され,1956年日本連盟に委員会が設けられ,1957年第1回日本選手権大会が開催された。 競技はフィギュアとルーティンに分けられる。 フィギュアは大会ごとにあらかじめ決められた四つの技で競われ,音楽の伴奏はつかない。 ルーティンには,決められた技を順番に演じるテクニカルルーティンと,技を自由に選べるフリールーティンがあり,いずれも音楽の伴奏がつく。 ソロ,デュエット,チーム(4~8人)のほかに,それらの要素を組み合わせ最大 10人で演じるフリーコンビネーションなどがある。 では,1984年のでソロとデュエットが正式種目として採用され,1996年のでは 8人によるチームのみが実施された。 2000年のからはデュエットとチームが行なわれている。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 水泳競技の1種目。 水深3メートルのプールで、伴奏音楽にあわせてあらゆる泳法を基本とし、種々のフィギュア(姿勢や動作などの型)を組み合わせて演技するスポーツである。 2017年、国際水泳連盟(FINA:F d ration Internationale de Natation)において競技名がシンクロナイズドスイミングからアーティスティックスイミングに変更され、日本水泳連盟においても2018年(平成30)4月より名称変更した。 略称はAS、またはアーティスティック。 [斎藤中子・本間三和子] 歴史1920年代にヨーロッパで生まれたアーティスティックスイミングartistic swimmingとよばれる群泳が基礎になって、その後1934年、シカゴ万国博覧会で60名によるエキシビション(公開演技)が行われたとき、シンクロナイズドスイミングsynchronized swimmingと名づけられた。 1941年にアメリカでルールが制定、競技化され、1946年シンクロ全米選手権が開催された。 日本には1954年(昭和29)在日米軍の慰問のため来日したアメリカチームによって初めて紹介された。 1957年に第1回日本選手権が行われ、水泳競技(女子)の正式種目の一つになった。 また1973年から世界選手権の種目となり、1984年のオリンピック・ロサンゼルス大会からソロとデュエットの正式参加が認められ、日本は両種目とも銅メダルを獲得した。 続く1988年ソウル大会、1992年(平成4)バルセロナ大会でも、両種目で連続して銅メダルを獲得。 1996年のアトランタ大会ではチーム競技のみとなったが、やはり銅メダルを獲得した。 2000年のシドニー大会からはデュエットとチームの2種目を実施。 シドニー大会と2004年アテネ大会では、オリンピックでの過去最高順位となる銀メダルを、両種目で獲得した。 2008年北京 ペキン 大会では、デュエットは銅メダル、チームは5位を獲得。 2012年ロンドン大会では、デュエット、チームともに5位、2016年リオ大会では、デュエット、チームともに銅メダルを獲得し、表彰台に返り咲いた。 なお、2015年の世界選手権(ロシア・カザン)より男女混合ペアのミックスデュエット種目が正式に加えられ、それまで女子種目であったASに男子選手への門戸が開かれた。 [斎藤中子・本間三和子] 競技方法競技種目は、ソロ(1名)、デュエット(2名)、ミックスデュエット(男女ペア)、チーム(4~8名)、フリーコンビネーション(8~10名)およびハイライトルーティン(8~10名)がある。 ソロ、デュエット、ミックスデュエット、チームは、テクニカルルーティン(以下テクニカル)とフリールーティン(以下フリー)の2種目がある。 テクニカルは、規定要素required elementsがあらかじめ組み込まれたもので、音楽は自由、泳者全員が同じ動作を行う。 フリーはすべて自由な振付けと選曲が許されている。 フリーコンビネーションはソロ、デュエット、トリオ、グループを自由に組み合わせて演技し、3名未満のパートを最低2回、8~10名のパートを最低2回含んで泳ぐ種目である。 ハイライトルーティンはアクロバティック動作や連結動作を組み入れて行う種目である。 時間制限はいずれも陸上動作10秒以内を含んで、テクニカルはソロ2分00秒、デュエット2分20秒、ミックスデュエット2分20秒、チーム2分50秒、フリーはソロ2分30秒、デュエット3分00秒、ミックスデュエット3分00秒、チーム4分00秒、フリーコンビネーション4分00秒、ハイライトルーティン2分30秒。 現在オリンピックでは、デュエットとチームの2種目が行われ、テクニカルとフリーの二つのプログラムの得点を合計して順位決定する。 オリンピックを除くFINA大会においては、テクニカルとフリーは独立した競技として行われている。 エイジグループ(13~15歳、12歳以下)は、フィギュアとフリールーティン(以下フリー)の2種目を行い、フィギュア(最高100点)とフリー(最高100点)を合計した得点で順位を競う。 種目としてのフィギュアは基本姿勢と基本動作を組み合わせた基本の型を競う競技である。 4年ごとにFINAによって定められる規定フィギュア2種と選択フィギュア2種(いくつかのグループに分けられ、各グループに2種ずつフィギュアが選択されている)から、大会ごとに4種を実施する。 フィギュア競技はエイジグループでのみ実施される。 [斎藤中子・本間三和子] ルールと採点ルーティン競技の採点は5名ずつで編成された三つのジャッジパネル(審判団)で行う。 ジャッジは採点基準に基づき0. 1点刻みの10点満点で採点する。 テクニカルの審判団はエクスキューション(完遂度・同時性)、インプレッション(難易度、演技構成および音楽の解釈、プレゼンテーション)、エレメンツ(規定要素の完遂度・同時性)の3パネルに分かれ、採点する。 各パネルの最高点と最低点を除き、平均点を算出し、エクスキューションとインプレッションは3を、エレメンツは4を乗じた点数がそのパネルの得点になる。 そして、三つのパネルの得点を足したものがテクニカルルーティン得点(最高100点)になる。 フリーの審判団はエクスキューション(完遂度・同時性)、アーティスティックインプレッション(演技構成、音楽の解釈、プレゼンテーション)、ディフィカルティ(難易度)の3パネルを構成する。 各パネルの最高点と最低点を除き、平均点を算出し、エクスキューションとディフィカルティは3を、アーティスティックインプレッションは4を乗じた点数がそのパネルの得点になる。 そして、三つのパネルの得点を足したものがフリールーティン得点(最高100点)になる。 フィギュア競技は、4群に分けられた約200種のフィギュアのなかから、あらかじめリストアップされた規定フィギュア2種、選択フィギュア2種の合計4種を競う。 各フィギュアには、むずかしさの度合いに応じて難易率が定められており、たとえばフィギュア番号101のバレーレッグシングル(水上に片脚をあげる種)の難易率は1. 6である。 採点は6名または7名の審判員(ジャッジ)によりデザイン(形)とコントロール(動き)の採点基準に基づき、0. 1点刻みの10点満点で採点し、最高と最低を除き平均点に難易率を掛けて得点(最高100点)とする。 [斎藤中子・本間三和子] 水着・用具フィギュア競技は、黒い水着と白の帽子を着用し、ルーティンの水着は透けていないこと、そしてその時点でスポーツとして妥当なものとされる。 余分な付け布やアクセサリー、ジュエリー等は認められていない。 全権限はレフェリーにあり、着替えを命ぜられることもある。 また、水中で息を長くこらえた状態で回転したり方向変換をするため、ノーズクリップとよばれる鼻栓を任意で使用する。 [斎藤中子・本間三和子] 特色ASは、体操競技女子のゆか運動、フィギュアスケート、新体操などのように、伴奏音楽の曲想をとらえて優美、かつリズミカルで、力強く安定した動作、すなわち技の美しさを競うスポーツである。 1曲を泳ぎ通す持久力と、他人とも同調させるというチームプレーの協調精神も含め、リズムにあわせて楽しく泳ぐということは集団指導のうえでも大いに役だつし、泳ぎのバランスを補正できるという利点がある。 前に進むだけが水泳ではないというおもしろさを教えてくれるのもASの特色の一つといえる。 [歴史] イギリスやドイツなどで,1920年ころからアーティスティックスイミングartistic swimmingという名称で浮身と泳ぎを組み合わせ,音楽に合わせたマスゲーム風の群泳が行われていた。 それがカナダを経てアメリカでウォーターバレエwater balletの名で発展,34年シカゴの万国博覧会のときエキジビションとして公開され,それを契機に各地で水中ショーとして実演されるようになった。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

アーティスティックスイミング

アー スティック スイミング

歴史 [ ] に「 日本シンクロ選手権」として開催。 からは日本選手権水泳競技大会の一競技に統合されるとともに、ジャパンオープンも開始。 これに伴い、回次も日本選手権水泳としてのものに変更された。 2006年よりフリーコンビネーションが加わった。 2018年はFINAが公認のの一戦となる。 実施種目 [ ]• デュエット• チーム• フリーコンビネーション 方式 [ ] テクニカルルーティン、フリールーティン予選・決勝に分けて行う(フリーコンビネーション除く)。 ジャパンオープン(国際)と日本選手権(国内)それぞれで順位を決める。 歴代優勝 [ ] 日本シンクロ選手権 [ ] 年 回 ソロ デュエット チーム 1957 1 橋本紀子 和田民子・渡辺久子 ウォーター・スプライト 1958 2 飯田紀子 松沢洋子・西沢苔子 ウォーター・スプライト 1959 3 飯田紀子 都甲璋子・岡田一恵 浜寺水練学校 1960 4 鈴木佐智子 鈴木佐智子・関口美代子 浜寺水練学校 1961 5 飯田紀子 飯田紀子・鈴木佐智子 浜寺水練学校 1962 6 島崎鈴子 佐藤セツ子・鈴木佐智子 東京シンクロクラブ 1963 7 鈴木佐智子 斉藤中子・佐藤セツ子 東京シンクロクラブ 1964 8 鈴木佐智子 斉藤中子・佐藤セツ子 東京シンクロクラブ 1965 9 後藤通子 後藤通子・郷上良美 浜寺水練学校 1966 10 郷上良美 橋本正子・日野順子 浜寺水練学校 1967 11 郷上良美 橋本正子・郷上良美 浜寺水練学校 1968 12 キム・ウェルションズ K. ウェルションズ・N. ハインズ サンタクララ・アクアメイズ 1969 13 蓮見純子 小林三つ保・蓮見純子 東京シンクロクラブ 1970 14 蓮見純子 小林三つ保・蓮見純子 東京シンクロクラブ 1971 15 蓮見純子 小林三つ保・蓮見純子 東京シンクロクラブ 1972 16 蓮見純子 小林三つ保・蓮見純子 東京シンクロクラブ 1973 17 蓮見純子 藤原昌子・藤原育子 浜寺水練学校 1974 18 ゲイル・ジョンソン G. ジョンソン・S. ブロス サンタクララ・アクアメイズ 1975 19 畦崎康子 藤原昌子・藤原育子 浜寺水練学校 1976 20 畦崎康子 藤原昌子・藤原育子 浜寺水練学校 1977 21 畦崎康子 藤原昌子・藤原育子 浜寺水練学校 1978 22 石井由紀 石井由紀・岡村真理子 浜寺水練学校 1979 23 石井由紀 畦崎康子・岡田衣子 浜寺水練学校 1980 24 リンダ・シェリー L. シェリー・S. キャメロン 米国 1981 25 阿部育子 阿部育子・藤原成江 浜寺水練学校 1982 26 阿部育子・藤原成江 浜寺水練学校 1983 27 元好三和子 阿部育子・元好三和子 浜寺水練学校 1984 28 木村さえ子・元好三和子 浜寺水練学校 1985 29 木村さえ子 ・ 浜寺水練学校 1986 30 伊東恵・小谷実可子 ナショナルチーム 1987 31 小谷実可子 小谷実可子・田中京 東京シンクロクラブ 1988 32 小谷実可子 小谷実可子・田中京・伊東恵 東京シンクロクラブ 1989 33 小谷実可子 青石尚子・ ラサSS 1990 34 小谷実可子 青石尚子・高山亜樹 ラサSS 1991 35 高山亜樹 青石尚子・高山亜樹 ラサSS 1992 36 シルビー・フレチェット ・小谷実可子 中国 1993 37 奥野史子 奥野史子・ 井村シンクロクラブ 日本選手権兼ジャパンオープン [ ] 年 回 ソロ デュエット チーム FC オープン 選手権 オープン 選手権 オープン 選手権 オープン 選手権 1994 70 奥野史子 奥野史子・立花美哉 井村シンクロクラブ 1995 71 立花美哉 立花美哉・ 井村シンクロクラブA 1996 72 立花美哉 立花美哉・藤井来夏 ナショナルチーム 1997 73 立花美哉 立花美哉・藤井来夏 井村シンクロクラブA 1998 74 O. ブルスニーキナ 立花美哉 O. ブルスニーキナ 立花美哉 井村シンクロクラブA 1999 75 O. ブルスニーキナ 立花美哉 O. ブルスニーキナ M. キセリョーワ 立花美哉 武田美保 井村シンクロクラブA 2000 76 立花美哉 立花美哉・武田美保 ナショナルチーム 2001 77 立花美哉 立花美哉・武田美保 ナショナルチーム 2002 78 立花美哉 立花美哉・武田美保 東京シンクロクラブA 井村シンクロクラブA 2003 79 V. デデュー 立花美哉 O. ブルスニーキナ M. キセリョーワ 立花美哉 武田美保 井村シンクロクラブA 2004 80 立花美哉 立花美哉・武田美保 ナショナルチーム 2005 81 V. デデュー G. メングアル 鈴木絵美子 井村シンクロクラブM 2006 82 鈴木絵美子 鈴木絵美子・原田早穂 ナショナルチーム - 井村シンクロクラブA 2007 83 原田早穂 鈴木絵美子 原田早穂 ナショナルチーム - ナショナルチーム 2008 84 原田早穂 鈴木絵美子・原田早穂 ナショナルチーム - 東京シンクロクラブ 2009 85 小林千紗・乾友紀子 ナショナルチーム - 井村シンクロクラブA 2010 86 M. ブドローガニョン 足立夢実 A. フエンテス H. カルボネル 乾友紀子 小林千紗 カナダ 井村シンクロクラブ カナダ 東京シンクロクラブA 2011 87 で中止 2012 88 足立夢実 酒井麻里子 小林千紗 ナショナルチーム JAPAN 東京シンクロクラブ 2013 89 乾友紀子 足立夢実 ナショナルチーム JAPAN ナショナルチーム JAPAN 2014 90 乾友紀子 乾友紀子 ナショナルチーム JAPAN 井村シンクロクラブA 2015 91 乾友紀子 乾友紀子 三井梨紗子 ナショナルチーム JAPAN ナショナルチーム JAPAN 2016 92 井村シンクロクラブ A 井村シンクロクラブA 2017 93 井村シンクロクラブA 井村シンクロクラブA 2018 94 2019 95 2020 96 新型コロナで中止 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

シンクロが「アーティックスイミング」へ!? 略称が議論に

アー スティック スイミング

ロシアのアーティスティックスイミングチーム(2007年5月) アーティスティックスイミング(: artistic swimming)は、プール内で音楽に合わせて肉体を動かし、技の完成度、同調性、構成、芸術的な表現力などの得点で競う競技の一種。 ASと略される。 2017年までは シンクロナイズドスイミング(: synchronized swimming)と呼ばれていた。 2017年7月22日、(FINA)が種目名を「シンクロナイズドスイミング」から「アーティスティックスイミング」に変更すると発表した。 曲や人に同調することを意味する「シンクロナイズド」が芸術性を求める演技にふさわしくないため。 これに呼応して(JASF)も2018年4月1日から種目名等を「アーティスティックスイミング」に一斉に変更した。 ルール [ ] ASには フィギュアと ルーティンと呼ばれる2つの競技がある。 フィギュア競技は技術の完成度を競うもので音楽は使用しない。 ルールに規定された暗色の水着に白色のキャップと地味ないでたちで報道されることはほとんどない。 ルーティン競技は音楽に合わせて1人から10人までの人数で演技する。 報道で注目されるのはこちらであり、 シンクロと言えばルーティン競技を指す。 イベントは、 ソロ(1人)、 デュエット(2人)、 ミックスデュエット(男女ペア)、 チーム(4〜8人)、 フリーコンビネーション(8〜10人)、 ハイライトルーティン(8〜10人)の6種目に分けられる。 ソロ、デュエット、チームに関しては、 テクニカルルーティン( TR)と、 フリールーティン( FR)が行われる。 TRはあらかじめ決められた規定要素と呼ばれる技を演技に取り入れることが定めれており、競技者の技術力に重点をおいた採点が行われる。 FRには規定要素はなく自由に演技する。 リフトやジャンプといった大技が多く盛り込まれ、技術だけでなく構成力や芸術的な表現力が問われる。 TRの採点 [ ] 採点は以下三項目で審査される エクスキューション 総合的な演技の完遂度(スキルと同時性)を評価する。 インプレッション 難易度/構成/音楽の解釈/プレゼンテーションなどの芸術性を評価する。 アーティスティック・インプレッション 構成/音楽の解釈/プレゼンテーションなどの芸術性を評価する。 の毛は競技中乱れないようにで固める。 耐水性のを使用し、を濃く入れるなど派手な化粧をすることが多い。 ノーズクリップ [ ] 鼻に水が入るのを防ぐため、肺の空気が鼻から漏れることを防ぐために使用する。 競技中に万が一外れたときのために予備を持っている。 を使用しないで演技可能な選手がわずかに存在する。 オリンピック [ ] 詳細は「」を参照 ASがオリンピック種目に正式採用されたのはからである。 現在まですべての大会で、女子のみが種目となっている(女子のみが実施種目となっているのはASとのみ)。 オリンピックでは、当初は1人で演技を行うソロ競技と2人で演技を行うデュエット競技の2種目で実施されていたが、よりソロ競技に代わって新たに8人で演技を行うチーム競技が採用され、現在はチーム競技とデュエット競技の2種目で実施されている。 では、が開発し技術提供したで、屈折率の異なる水中水上の演技をスムーズにとらえた公式映像が中継された。 男子の出場 [ ] 国際水泳連盟は2014年11月の臨時総会(カタールの)の投票によって、「 男女 ミックスデュエット」をASの新種目として導入することを正式決定し、2015年夏の世界選手権(ロシアの)が、最初の実施大会となった。 世界選手権以外では、(米国)のように、女子と組んで大会に出場し優勝を果たした男子選手がいる。 2017年4月29日、日本選手権シンクロ競技において、フリーコンビネーションで、女子選手8人に交じって男子選手1人が史上初めて出場した。 脚注 [ ].

次の