不 登校 克服 期間。 経験者の体験談:改善から復帰、克服のきっかけと再登校

高校生が不登校を克服するのは無理?きっかけを掴んで復帰!

不 登校 克服 期間

小学生の不登校の解決法 小学校の低学年から不登校になる子どもたちがいます。 明るく元気に通学していた子が、突然、学校を休み始めました。 小学生の不登校の子は、中学生や高校生の不登校よりも長期間学校を休む傾向にあります。 小学生の不登校になる原因、きっかけ、対処法、朝の起こし方、声掛けの方法、解決法をお話します。 小学生の不登校は、中学進学後も5人中4人が不登校が続きます。 小学生の間に解決しておかなければ、3年以上の不登校生活になってしまいます。。 中には、高校進学ができない子もいます。 小学生の間に、しっかりと不登校の原因を取り除いて解決していきましょう。 不登校の原因を理解しよう! 不登校の子たちには、共通する原因があります。 私たち不登校教育研究所が発見しました。 詳しくは、『』でも解説していますので、こちらも参考にしてみて下さい。 ここでは、中学生の不登校の子に多い原因やきっかけをいくつかご紹介します。 小学生の不登校の原因 不登校の中で、小学生は学年が上がるにつれて増加します。 不登校の学年別データをご覧ください。 一番下の列が、その学年で初めて不登校になった子の数です。 高学年になり物心がつき始めると、周りを意識し始めるようになります。 (引用:文部科学省「」(H26)より作成) 今までは不登校と言えば、中学生か高校生でしたが、小学生の不登校も増加しています。 地域にある適応指導教室などでは、中学生に交じって小学生も一緒に活動している姿もあります。 思春期と不登校の密接な関係 不登校の発生は、思春期と密接に関わっていることがわかっています。 中学2年生が最も思春期を迎える子が多いです。 成長とともに、周りの環境と合わなくなり、学校へ行きづらくなります。 小学生で思春期を迎える子はたくさんいます。 子どもによって思春期の訪れは違います。 他の子よりも早く思春期を迎えたのです。 特に、不登校になる子は真面目で良い子です。 真面目な子ほど、周りに合わせようとします。 思春期で自分らしさが出てくる時に、自分らしさを表現せず、周りに合わせます。 それがストレスとなって、頭痛や腹痛を引き起こして不登校になっているのです。 主な不登校のきっかけ 不登校になるきっかけは、様々あります。 体調不良や人間関係、トラブル、勉強ができない、ゲームに依存しているなどです。 これは仕方のない事です。 まさか、自分の子どもが不登校になるとは思っていません。 怠けているだけだと感じるので、そういう初期対応をするのは誰も責められません。 「少し休ませてあげる。 」 これは、保護者の方は周りの先生やカウンセラーなどから言われると思います。 私たちも最初は少しだけ休ませてあげるべきだと思っています。 しかし、期限があります。 最初の1週間だけです。 不登校の子ども達に聞くと、親から「休んでも良いよ。 」と言われて、少し安心したと言います。 でも、 1週間を過ぎたあたりから、休んだ事によるストレスで精神状態が厳しくなる子がたくさんいます。 ですから、休ませるのは1週間で、それ以上、休ませる状態を続けると戻るタイミングを子どもは無くしてしまいます。 不登校を学校へ戻す5つのタイミング 不登校の子どもを学校へ戻すには、いくつかタイミングがあります。 このタイミングをしっかりと意識して下さい、そのタイミングに合わせて、学校の先生と相談してみてください。 長い休みを挟むので、行けるような気持になります。 ただし、休み中の宿題を終えていないと、それを理由にして行けないので注意してください。 新学期が始まる前に、休みの間、学校へ通う練習をすると良いでしょう。 新しい環境になるので、前向きになります。 新クラスでは仲の良い友達、話の分かる先生と一緒のクラスにしてもらう必要があります。 事前に学校と相談しましょう。 学校の合わせる雰囲気がなく、少し自由に行動できる環境があるからです。 この修学旅行のグループ分けをしっかりしてあげることで、修学旅行後に学校へ戻れるようになる場合があります。 ここで、何かの発表やグループの役割分担を決めてあげます。 クラスには戻れないけれども、文化祭の出し物なら参加できる子も多いです。 2学期になった時には、学校の先生と文化祭について話し合って、情報交換をして下さい。 子どもの得意なことなどを伝えておくと、スムーズに文化祭に参加できるようになります。 出場する種目のやり取りなどは、一方的に学校側から情報が流れてくるのではなく、担任の先生とコミュニケーションを取るとうまくいきますよ。 小学6年生は中学進学後、5人中4人が不登校が続く 先程の文部科学省のデータでも、中学1年生の昨年度から継続して不登校になっている子が約6700人。 小学6年生の不登校が8500人。 つまり、小学6年生の子は、中学進学後も約78.8%の子が不登校が続いてしまっています。 中学進学をきっかけに、不登校が改善すると期待される保護者の方も多いです。 しかし、実際は違います。 中1ギャップも加わり、余計に通えなくなってしまうのです。 中学1年生は、新しい授業内容、友達作りや部活動もスタートする大事な時期です。 ここで学校を休んでしまうと、もう戻る場所がありません。 そのため、中学3年間、不登校が続く子もたくさんいます。 そうなると、自信がないし、勉強もしていない。 高校進学もできずに、家にひきこもる子もいます。 小学校は、中学や高校とは違い、勉強でのプレッシャーも少なく、活動も自由に行えます。 不登校の原因をしっかり理解する事で、解決の道が開く事ができますよ。 小学生の不登校の解決法 小学生の不登校の解決にとって、一番難しいのは、理屈や理論で説得できない事です。 将来について話しても、小学生では想像もつきません。 思春期の感情の変化です。 不登校を解決する為には、原因を知ることがとても大切です。 しかし、原因を知っても子どもが動かなければ、学校へ戻ることはありません。 その為には、子どもの心理状態を理解して、子どもの心に合わせた接し方が必要になります。 親子の関係が良好になった時に、登校刺激をしていきます。 ステップ1:不登校の原因を知る 不登校の原因については、『』や 『不登校小冊子』を読む事で学んで下さい。 詳しい発生過程から、心理的な原因がわかってきます。 ステップ2:不登校の心のケアする 不登校の子どもの心理的な状態については『』で詳しく解説しています。 そして、 『共感の会話法』を利用する事で、子どもの気持ちに寄り添ってあげることができます。 そうすれば、親子関係は良好になり、学校へ戻る状態がつくられるのです。 ステップ3:登校刺激 家の中では学校へ行けないだけで、普通の精神状態まで子どもが落ち着いたら、次は登校刺激です。 多くの場合、最初から教室へ戻る事が難しいです。 別室登校・保健室登校からスタートするといいです。 『』で、具体的な対策をお教えしています。 この3つのステップに沿って、対応していくと子どもとの信頼関係をしっかりと保ちながら学校へ戻る道を作ってあげられます。 ぜひやってみてください。 「どうして、この子が突然、不登校に・・・?」 「どうやって不登校に対応すればいいか分からない!」 「不登校の子どもの気持ちを知りたい!」 「これからどうやって登校刺激、教室復帰させればいいの?」 ・・・と、不登校の子への対応について、よく分からないと悩んでいませんか?本小冊子に25年以上の不登校教育実績のエッセンスをまとめました。 ・子供が不登校になった真の原因とは? ・不登校の5人中4人が動き出した効果的な登校刺激法を公開! ・家で引きこもる不登校の心理状態を詳しく解説 など、不登校の基礎知識と、具体的な対応策を全48ページに渡って詳細に説明しています。 是非、不登校のお子様の学校復帰にご活用下さい。

次の

HSC(繊細な子)が不登校になった時に親が考えるべきことは?

不 登校 克服 期間

不登校になった時、 「自分・子どもがどのくらいで学校に戻れるのか」「いつまでこのつらい状況が続くのか」といったことを考える方は多いですよね。 そこで今回は、 不登校から回復するまでの期間について記事にしました。 復学や学校復帰? 社会復帰したら? 例え否定的に考えていなくても、家にこもっていたら回復していない? きっと、それぞれの生育環境や価値観によって、さまざまな答えがあると思います。 不登校のゴールは「復学」じゃない 不登校からの回復というと、多くの方が「学校に戻る」ことをイメージされると思います。 実際、相談に来る方の多くは(親も子も)「学校に戻せばいいと思った」「成績が不安なので学校に行ったほうがいいと思う」と言います。 しかしわたしは、「復学」をゴールとして置くべきではない、と考えます。 もちろん、学校に通うことを否定するつもりはありません。 学校は、相性の良い人にとっては素晴らしい環境ですし、いろいろな人と出会うきっかけも作れます。 そうではなく、 大切なのはその先にあるものだ、ということ。 そもそも、なぜ学校に戻ったほうがいいと考えるのでしょうか。 勉強をしないといけないから? 家庭教師や通信講座のような学び方もあります。 社会から孤立するから? ボランティア活動やアルバイトでは不十分でしょうか。 将来が不安? 高認を取ったり通信制大学を卒業したり、あなたの夢を叶える方法は復学以外にもたくさんあるはず。 不登校のゴールは、「復学」ではないのです。 復学することによって、何かを得ることが、重要なのです。 そして、それを得る方法は、他にもあるし、復学したからすべてを得られるというわけではありません。 あなたは、この先どう生きていきたいのか 一度、立ち止まって考えてみてください。 あなたはどう生きたいですか? どんな人生を歩みたいですか? 将来どんなことを叶えたいですか? 職業や仕事でも、プライベートでも、他のことでもかまいません。 それを考えた上で、 「じゃあ、それを達成するにはどうしたらいいんだろう」と考えてみてください。 結果、「復学して学校で学びを深めたい」と思ったら、復学に向かって歩きだせばいいのです。 不登校からの回復=自分の居場所を見つけること 今回の記事では、 「不登校からの回復」は、自分の居場所を見つけることを指したいと思います。 復学でも、アルバイトなど社会参加でも、ボランティア活動でも。 家の中にいるままでだっていい。 あなたが自分らしく在れる場所があるなら、あなたが一息つける場所があるなら、 あなたはもう「回復」しているし「克服」できているのです。 不登校を克服するまでの期間 それを踏まえて、 不登校を克服するまでの期間は、一般的に 「3か月~1年程度」と言われています。 もちろんそれより短い人はたくさんいますし、長くかかる人もいます。 子どもが置かれている環境や、悩み、考え方、周りの人の姿勢、今の状況……。 いろいろなものが複雑に絡み合いますから、仮に1年で回復しなかったとしても、気に病む必要はありません。 不登校が短く終わるケース 不登校期間が短いものには、下記のようなものがあります。 1.原因がハッキリしていてかつ解決しやすい 例えば、「いじめがつらくて学校に行けない」という子の場合、いじめてくる子たちと環境を分けたり、先生や親がしっかり対応してくれると感じられれば(=いじめによる問題が解決できれば)学校に戻ることが可能です。 このように、原因がハッキリしていて、かつ解決が可能なものの場合は、比較的不登校期間は短くなります。 2.子ども自身の意志力が強い 子ども自身が「また学校に行きたい」「わたしはホームスクーリングがいい」といったような意志を持っている場合も、不登校で悩む期間は短くなります。 この場合には、子ども自身というよりも、その考えを受け入れられなかったり、子どもの変化に戸惑ったりして、親御さんが悩まれることが多いようです。 期間が短い=早く回復した、とは限らない 先述したように、不登校は「学校に戻ったらおしまい」というものではありません。 学校に行けなくなるのは、表面化している問題の1つに過ぎないのです。 学校に行けても、それが「親・先生からのプレッシャーに耐えきれないから」「家に居場所がないから」「将来が不安だから」といった理由では、不登校が解決したとは言えません。 すぐにまた何かしらの問題が発生してしまいますから、「不登校の期間を終わらせる」ことに執心せず、根本的な部分から見直すようにしてくださいね。 不登校からの回復に時間がかかる理由 1.「今、つらい」ではなく「ずっとつらかった」だから 不登校というと、「その時につらくなった」とイメージされやすいのですが、実際にはそうではありません。 ずっとつらい気持ちを抱えたまま、長い間独りで耐え続けて、それでも耐えきれなくなった結果が「不登校」。 長い間つらい気持ちを抱えていた分、回復に時間がかかるのは当然の事なのです。 2.周りからの理解を得づらい 少しずつ、不登校やフリースクールについての理解が広まってきたとは言え、まだまだ世間的には「学校に行くのが普通、学校に行かないのは特別な理由がある」という意見が大多数です。 周りからの理解が得づらいと、それだけでも孤独になりやすいもの。 「自分が間違っているのではないか」「自分は甘えているだけだ」といったよに考えて、自分を追い詰めてしまう方は少なくありません。 3.今後の生き方を考えるきっかけになる 不登校はネガティブに捉えられがちですが、ポジティブな面も持ち合わせています。 不登校になると、学校に行っている時と比べて格段に自由な時間が増えます。 そしてその多くは、一人で、あるいは少人数で過ごしますよね。 一人でいる時間が長くなると、「どうして人は生きるのだろう?」「私は今後どうしていけばいいのだろう?」と考えるようになるのです。 そういった、人生について、自分についての考えを巡らすことも、不登校期間が長くなる1つの理由です。 4.「また失敗する」という恐怖 不登校は、1つの大きな挫折経験です。 その恐怖を克服できるまでは、完全に不登校を克服することは難しいでしょう。 不登校の克服には段階がある 不登校と一言で言っても、子どもによって精神状態や考え方、希望は違います。 必要な支援も、千差万別。 私が代表を務めるフリースクールでは、不登校を「 初期・本格期・安定期(回復期)・始動期」の4つの段階に分け、子どもたちにとってどの支援が必要なのかを考えています。 それぞれの段階の特徴 もありますので、ここでは簡単にそれぞれの特徴について解説します。 初期 行き渋りが始める頃~不登校になる直前・直後がこれに当たります。 学校は時々休むけれど通っている、好きなことをしている時は元気、といった状態です。 この時期の特徴としては、 「これまでできていたことができなくなる」「1日の中で態度が大きく異なる」などがあります。 例えば、朝起きられなくなったり、テストの点数が下がったり。 朝は体調不良を訴えるのに、学校を休むことが決まったら元気になる。 昼間は元気になるのに夜は眠れないと泣いている。 本格期 不登校になったばかりの頃ですね。 心身共に疲弊しきっていて、学校に行かなくなり(あるいは学校を休む日数が増え)、不安定な日々が続きます。 この時期の大きな特徴は 「現実逃避」。 子どもによって行動はさまざまですが、昼夜逆転になったり、ネット・ゲーム・スマホ等に熱中したりする子どもが多いようです。 またこの時期は周りの人の感情や反応に対して敏感になり、不安定になりやすいため注意が必要です。 安定期(回復期) 不登校になってしばらく経った頃で、少しずつ心も身体も元気になり始めた段階を指します。 この時期の特徴は、 「家庭内での様子が安定する」「周りに興味を持ち始める」などです。 会話は問題なくできるようになり、以前好きだったものなどに興味を持つようになります。 ただ、まだ外の人と繋がったり、実際にチャレンジしたりすることには躊躇するため、焦らずに見守ることが大切です。 始動期 不登校になってからさらに経った頃~不登校が終わるまでの期間を指します。 この時期になると、学校復帰や社会参加など、子ども自身の興味関心・目標に合わせて行動できるようになります。 特徴としては、 「自分の考えを表明できる」「実際に行動できる」などがあります。 学校に戻る場合は、保健室登校や別室登校などを通して少しずつ環境に馴染めるようになります。 誰かと話したり、新しい場所に出かけたり、「外」と繋がることに対しての恐怖心・怯えがなくなってくるので、学校や社会に囚われず、興味の湧くものにはできる限りチャレンジできると良いですね。 頑張りすぎて息切れしてしまわないように気を付けましょう。 正しく見極めるには、 「それぞれの段階ははっきり分かれているわけではない」ことを前提として、子どもの言動などから、冷静に判断する必要があります。 1.まずは子どものことをよく見てみること まず大切なのは、日ごろの子どもとのコミュニケーション量です。 初期・本格期くらいの場合はコミュニケーションを拒絶する子どももいますが、子どもを見ずに子どもの状況を理解することはできません。 挨拶をする程度でもかまいませんので、会話するきっかけを作り、子どもの言葉や行動をしっかりと見るようにしましょう。 2.それぞれの特徴が出ない場合もある 今回、段階ごとに特徴をご紹介しましたが、これらはあくまで一例に過ぎません。 特徴が出ないこともあれば、別の言動がサインとして表れる場合もあります。 大切なのは子ども自身が何を感じ、どうしたいと考えているかです。 心配をかけないようにとこれらの特徴を隠そうとする子もいますから、注意深く見守るようにしましょう。 3.迷ったら前の段階 迷ったら前の段階であると心得てください。 「元気な日もあるけど、急にふさぎ込む時もある」はまだ本格期です。 「学校に行く日もあって、つい期待するが、急に行かないと言いだす」はまだ安定期(回復期)です。 親・大人はつい、「早く回復してほしい」「学校に戻ってほしい」と、子どもに期待してしまいます。 そんな期待を敏感に感じ取り、また、子ども自身も「早く元気にならないと」「心配をかけてはいけない」と感じて、大丈夫になった振りをしてしまうのです。 まとめ 今回は、不登校の回復にかかる期間についてお話ししました。 お子さんに対して今後どう接していけばいいのか、悩んだ時にはひとりで抱え込まず、いつでもお声がけくださいね。

次の

不登校のその後とその後の人生の事|不登校を経験した父親が配信

不 登校 克服 期間

Contents• 不登校の経験を聞いてわかったこと 今回ある人に不登校の経験を聞いてわかったことがあります。 それは冒頭でもいったように、親子の信頼関係の重要さ。 これは他の解決した人も共通していて、僕もかなり重要だと思っています。 また、話していて気づいたこともあるので、そこらへんもシェアしたいと思います。 ただ、1人の経験談にすぎないので、どの子にも当てはまるとは限りません。 経験談に偏るのはよくない。 でも、されど経験談。 その中から自分と向き合うきっかけになることがあるかもしれません。 経験談からヒントが見つかればいいなと思います。 親子関係は別ですよ。 これはどの人にも共通して大切ですから。 はい、では経験談を見ていきましょう。 ある女の子の不登校経験談 この人の不登校の経験は少し変わっていて、多くの不登校の子とは少し違いました。 でも、違うからこそ見えてくるものがありました。 これを聞いてん?と思いました。 多くの普通の不登校の場合と違うぞと。 Aさんは解決の糸口がかなり自発的で、僕の考えていた不登校解決の段階と違うぞと。 Aさんはですね、不登校の子特有の自分を否定するってことがない(少ない) そして不登校期間が短い。 多くの不登校の子は自己否定をしてしまい、自分を責め続けるという悪循環をたどってしまいます。 しかし、Aさんに自分を責めていたかと聞くとそんなことはないと言っていました。 多少は自己否定があったこもしれませんが、記憶に残らないほどのものなんでしょう。 不登校の子の場合のそれはまたレベルが違います。 だから、なんで自分を責めることがなかったか考えました。 そして話を聞いていくと、 お母さんとの関係がかなりよかったとのことでした。 もともと信頼関係があり、お母さんが味方だったのです。 多くの不登校の子の場合、親子に信頼関係がなく、 不登校の子からみると親が敵になってしまっていることが多いです。 敵だから、学校に行けないことを言ったら嫌われんじゃないか、 怒られるんじゃないかという怖れがあって不安が強くなります。 また、周りに味方がいないので自己否定が強くなってしまいます。 学校にいっていない悪い自分のことしか考えられなくて物事を深刻化してしまいます。 でも、親子に信頼関係があれば、学校に行けないこと不安なこともしっかり話せます。 それによって不安が解消されるし、何より味方が近くにいることで心強いでしょう。 「親が味方か敵か」これは天と地ほどの差です。 つまりAさんの場合、自己否定が少なく、自発的に不登校の解決に向かっていけたのはもともと親子間に信頼関係があったからです。 僕の考える不登校解決の段階と違うと思っていましたが、はじまりの段階が違うだけでした。 Aさんだけでなく、根本的に不登校が解決した子は共通して親子に信頼関係があります。 もともとはなかった場合が多いですが、信頼関係を取り戻しています。 信頼関係はそこまで重要で不登校の解決にはなくてはならないものです。 じゃあ信頼関係が今ない状態ならどうすればいいのかというのをこちらの記事で詳しく解説しているので、合わせて読んで下さい。 また、Aさんが言っていたのですが、カウンセリングは嫌だったそうです。 カウンセリングに行くというのは何か自分の嫌なことを言う場だという認識で、 しゃべったら嫌なことを思い出すのが怖かったそうです。 それを無理矢理聞こうとするのが嫌だそうです。 自分から話そうとするのは別ですよ。 あくまで無理矢理聞こうとする行為。 それがいけないのです。 前、記事で書きましたが、聞こうとするというのは問題視していることになります。 問題視しなければ、無理矢理聞こうとはしません。 今の状態がよくないから、話を聞いてあげよう。 その気持ちってのは前提に良くないからがあります。 この問題視はやめてください。 どんどん物事を深刻化させてしまいます。 問題視がなぜいけないのか詳しくはこちら 弱さは強さで弱さは武器になる 少し、今回の記事と話がずれますが、 Aさんが言っていたことがとても共感できたので紹介します。 「部活でのプレッシャー、傷つくという経験で自分は他人の目をかなり気にするようになってしまた。 でも、それが今、やりたいことに生かせている。 」 僕も不登校になって以来、他人の目をかなり気にします。 普通に見ればよくないことであり、以前の僕も自分の弱さだと思っていました。 でも人一倍人の目を気にすることのおかげで、 相手が何を感じているのか 何を考えているのか、本当はどうしたいのかが見えるようになりました。 今では不登校の子と関わるときに超重要な僕の武器です。 Aさんは将来看護師になりたいようです。 看護師も患者さんの異変を察知する能力が必要です。 そのときに繊細で、人を見る能力が生かせるのです。 不登校の経験だって同じです。 僕は最近まで不登校の経験がある自分が嫌いでした。 絶対に人に知られたくなかった、恥ずかしかった。 言ったら嫌われるんじゃないかと思ってた。 つまり不登校経験は僕の弱さでした。 でも自分と向き合って、弱さに立ち向かった今、その経験で同じ経験をしている子を救うことができています。 自分の弱さが誰か救える強さになり、自分の弱さが武器になったのです。 強さは弱さであり、強さは弱さである。 表裏一体なんじゃないかと僕は思います。 今苦しんでいる人に、その経験は絶対強さになるから大丈夫なんて言いません。 確かに事実は事実ですが、苦しんでいるときにそんなこと言われても、僕は受けつけませんから。 でも、ただ弱さは強さになるよ、闇は光になるよってことを知っていて下さい。 知るだけで大丈夫です。 はい、以上です。 読んでいただきありがとうございました。 読むだけで不登校の子とどう対応すればいいのかが見えてくる!不登校変革部公式メールマガジン 不登校変革部公式の参加型メールマガジンです。 僕が一方的にメールを送るのでなく、みなさんの意見を交えつつみなさんと一緒に作り上げるメールマガジンです。 〇不登校の息子、娘にどう対応していいのかわからない 〇カウンセリングに適応指導教室どこにいってもだめだった 〇不登校に関する情報がたくさんあってどうすればいいのかわらない 〇親として自信が持てず、気づいたら自分を責めてしまっている。 あなたの現状を打破するヒントが見つかるかもしれません。 登録は完全無料です。 また、ブログ記事の補足音声や動画配信はメルマガで優先的に取り扱います。

次の