薬王堂。 薬王堂 パート・アルバイト・正社員求人 サイト

薬王堂マスク在庫や入荷日予定いつ頃?売ってる店舗の口コミ速報!

薬王堂

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

株式会社薬王堂の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

薬王堂

に所在する薬王堂薬局とは無関係。 歴史 [ ] (53年)4月 に千葉県出身の 西郷辰弘が岩手県(現在の南部)のスーパーマーケット内に 都南プラザドラッグを開いたのが始まりである。 (昭和56年)2月に 有限会社薬王堂を岩手県紫波郡に設立 して(平成3年)6月に株式会社薬王堂に組織変更 し、(平成4年)8月に開店した店舗面積約150坪の津志田店 からドラッグストアを本格的に展開し始めた。 (平成12年)5月に(現在の)に金成店を開店して宮城県に進出したのを皮切りに、岩手県外への出店を開始 し、同年7月に(横手店) 、(平成14年)8月に(八戸新井田店) 、(平成20年)7月に(山形馬見ヶ崎店) を開店し、東北5県に店舗を展開していた が、(平成30年)3月に(福島太平寺店) を開店したことにより、東北6県に店舗展開することとなった。 (平成12年)3月に岩手県紫波郡に物流センター、(平成17年)9月に200店舗まで対応可能な大型物流センター、同年10月には日配物流センターを相次いで稼動させるなど物流システムの効率化も図り 、(平成21年)2月期で売上総利益率を23. (平成23年)3月11日に発生したで130店舗のうち 岩手県の宮古磯鶏、釜石鈴子、釜石小佐野、釜石鵜住居、大船渡須崎、大船渡盛、山田、大槌、高田の9店舗 と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止に追い込まれ 、東北地方で最も多くの店舗を展開するの92店舗営業停止に次ぐ大きな被害を受けた ものの、食料品や医薬品、ベビー用品、乾電池などを地元の問屋街からかき集めて早くから営業を再開。 停電によって日没までの営業だったにもかかわらず、同月の既存店売上高が前年比35. しかし、その一方で2011年3月20日ごろから比較的被害が少ない地域の店舗で清掃や陳列などの作業を復旧支援として取引業者に連日行わせたり、同年4月22日に大震災で大きな商品損失が発生した分の保証を取引先に求めるような強引な側面も見られた。 この行為はの知るところとなり、薬王堂は5月に取引業者に対して復旧支援作業を中止する通達を出した。 2013年(平成25年)11月に東京証券取引所第二部に市場変更し 、株主数や流通株式数などの基準を満たしたことから2014年(平成26年)9月24日に東京証券取引所より第一部への指定替えの承認を受け 、同年10月1日付で東京証券取引所第一部に指定替えした。 2019年(令和元年)9月2日に制へ移行。 薬王堂は同日付で設立された薬王堂ホールディングスの完全子会社となった。 特徴 [ ] 食品・日用品を充実させたバラエティーストアに近い形態のドラッグストアという独自の業態の店舗を中心に出店しており 、郊外型の標準的な店舗は医薬品や化粧品のような通常のドラッグストアが主力商品として扱う商品のみならず 、食料品やスリッパなどの日用品 、下着やエプロンなどの衣料品 、掃除機やアイロン 、扇風機、炊飯器、電子レンジなどの機能を絞り込んで価格を抑えた 客が持ち帰れる大きさの家電製品まで取り揃えるに近い幅広い品揃えとなっている。 薬剤師が必要な第1類医薬品は扱わず 、シャンプーや化粧品のような多様なブランドのある商品分野でも同一分野の商品については数種類しか扱わないことで小型の家電製品や衣料品まで揃えた幅広い品揃えを実現しながら、在庫回転率の向上と仕入れや棚割など店舗業務の効率化を両立させ 、充実させた食品・日用雑貨で来店頻度を高めて同業が入り込めない過疎地を先取りし 、他社との競合が少ないことを生かしてチラシ配布など販促費を大幅に抑制するなどの工夫を重ね 、過疎化と高齢化が進んだ農山村が多い東北地方で商圏人口7,000人の小商圏で成立するドラッグストア としての「小商圏バラエティ型コンビニエンスドラッグストア」という新たな業態のチェーン店構築を目指して 、岩手県・宮城県の山間部 や秋田県の旧町村 など人口密度の低い町村部への店舗展開を進め 、高シェアの獲得を目指している。 盛岡市とではから仕入れた商品によるも展開しており、後者は別テナントから仕入れた生鮮食品なども取り扱っている。 「Basic」ブランドで PB 商品を生産・販売して、競合する他店との差別化と収益確保の両立を図っている。 展開している商品は納豆や豆腐、ラーメンなどの食品、洗剤、トイレットペーパー・ティッシュペーパーから靴・カバンまで幅広い分野に及ぶ。 こうした営業戦略の結果、2013年2月期の売上高約478億40,00万円のうち、風邪薬やドリンク剤、湿布などの医薬品だけでなくマスクや介護用紙おむつなどの衛生用品を含めたヘルスケア部門の売上高は約130億4,500万円で27. 決済はクレジットカードやにも対応している。 かつては印字式を採用しており、現在はポイントカードを兼ねた独自のプリペイド式電子マネー「Wa! ca」(ワイカ)を店頭で発行している。 沿革 [ ]• (53年)4月 - 都南プラザドラッグを開業。 (昭和56年)2月 - 有限会社薬王堂を設立。 ( 3年)6月 - 株式会社薬王堂に組織変更。 (平成17年)9月 - に上場。 (平成23年)3月11日 - で130店舗のうち 岩手県と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止。 (平成24年)6月1日 - 連結子会社であった有限会社薬王堂販売を吸収合併。 (平成25年)11月5日 - 東京証券取引所第二部に市場変更。 (平成26年)10月1日 - 東京証券取引所第一部に指定替え。 (平成30年)3月30日 - セルスペクト株式会社に400百万円出資。 (令和元年)• 8月29日 - 東京証券取引所第一部。 9月2日 - 持株会社制へ移行し、薬王堂ホールディングスが薬王堂に代わって東京証券取引所第一部に上場する。 脚注 [ ] []• 薬王堂. 2013-05-23. 2011-07-31. 秋田建設工業新聞社. 2012年5月18日• 株式会社薬王堂. 2018年10月21日閲覧。 本藤貴康. 東京経大学会誌 経営学 第266号 2010-03-03. 2011年3月17日• 2012年7月18日• 薬局新聞社. 2011年3月23日• 岩手日報社. 2012年4月11日• 日本食糧新聞社. 2010年12月1日• 日本経済新聞社. 2012年1月31日• 日本食糧新聞 日本食糧新聞社. 2012年4月18日• 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2007年6月26日• STARTUP DB - スタートアップデータベース. 2020年4月15日閲覧。 薬王堂 2019年8月1日 関連項目 [ ]• - 小売店舗に当社店舗を隣接して設置している 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収).

次の

株式会社薬王堂の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

薬王堂

みなさん、こんにちは! 株 薬王堂/採用担当の稲田です。 当社のエントリー受付を開始しました。 エントリーしていただいた方へ、薬王堂マイページのIDをお送りします。 会社説明会や選考会のご案内は、薬王堂マイページでご連絡しております。 ・消毒用アルコールを受付にご用意します。 ・当日37度以上の熱がある方は参加をご遠慮いただきます。 ・弊社社員もマスクを着用の上、当日の説明を運営させていただきます。 お客様の美容と健康のお手伝いをするため、定期的な勉強会で接客・商品知識等を学び、現場で実践しています。 『薬王堂』の大きな特徴は、医薬品に加え、日用品・化粧品や食料品などの生活必需品を充実させた「小商圏バラエティ型コンビニエンス・ドラッグストア」であること。 従来の業態に固執することなく、接客と品揃えに力を入れながらお客様のニーズに応える店づくりが店長に求められる仕事です。 店長によって心がけることは様々ですが、例えばお店の信頼性を高めるためにも、店長自ら店頭に立ち、お客様に商品の場所を聞かれた時には必ずその場所までお連れして関連商品の説明をお話することも。 また、各店舗にはフリースペースがあり、こちらでは地域のニーズや季節に合った商品を展開。 過去のデータ、お客様の要望等をバイヤーと相談しながら決めることもあります。 大切なのはテレビ等の情報よりも一歩先を行く商品展開を実施すること。 その情報収集についてはスタッフ一人ひとりが自分でアンテナを張りつつ、本部のしっかりとしたバックアップも店長の采配に役立っています。 そのほか当社では、自動発注システムや自動釣銭機レジの導入、品出しの負担を軽減するカテゴリー納品など、従業員が働きやすい仕組みづくりに力を入れています。 それによって生まれた時間をお客様へのサービスに充てたり、従業員が効率よく仕事ができるような職場環境を追及しているのも特徴です。 働きやすい環境づくりは、従業員への期待の現れと感じます。 『地域に貢献しながら、自分が成長できる』こと。 これが仕事のやりがいであり、当社の強みであると言えるでしょう。 プロフィール 薬王堂は、東証一部上場企業の薬王堂ホールディングスの100%子会社として、東北6県に300店舗以上を展開しているドラッグストアチェーンです。 1978年の創業以来、「お客様に喜んで戴ける店を作ろう」という経営理念のもと、東北地方で積極的な店舗展開を行っております。 日本チェーンドラッグストア協会は「2025年10兆円産業化」を目標に掲げ、ドラッグストア業界の市場規模は成長を続けていますが、当社が店舗展開している東北地方は、日本が抱える「少子高齢化」「人口減少」という大きな課題に対し、他の地域よりも先行して直面している状況にあります。 しかし、薬王堂が目指す商圏人口5,000人でも成立するビジネスモデルが確立できれば、この厳しい環境をチャンスに変えることができ、東北の課題を解決する一助にもなると考えております。 東北地方を舞台に自分の可能性を広げたい、東北地域で社会貢献をしたい、そんな希望をお持ちの方、ぜひ当社の会社説明会をお聞きください。 2 1,017億8,400万円 2019. 2 918億1,000万円 2018. 2 831億0,000万円 2017. 2 749億1,000万円 2016. 2 669億3,700万円 2015. 2 575億9,600万円 2014. 2 520億1,100万円 2013. 2 478億4,000万円 2012. 2 455億7,075万円 2011. 2 421億5,939万円 2010. 2 392億2,900万円 2009. 2 375億1,932万円 2008. 2 341億5,166万円 2007. 2 301億3,400万円 2006. 2 264億3,100万円 2005. 2 223億3,100万円 2004. 2 196億1,700万円 2003. 2 165億0,000万円 2002. 2 130億8,400万円 2001. 2 112億8,800万円 2000. 2 89億6,500万円 1999. 2 58億2,600万円 1998. 2 42億4,600万円 主な取扱商品 医薬品・健康食品・化粧品・衛生用品・ベビー用品・トイレタリー用品・日用雑貨・家庭用品・衣料・服飾品・ペット用品・一般食品・菓子・酒類 他 代表者 代表取締役社長 西郷 辰弘 平均年齢 30. 5歳(正社員) 平均勤続年数 8. 2年(正社員) 沿革• 1978年• 医薬品の小売業を目的として、薬王堂の前身「都南プラザドラッグ」をスーパーマーケット都南プラザに開店し創業• 1981年• 有 薬王堂(出資金500万円)を岩手県紫波郡矢巾町白沢第5地割116番地に設立• 1983年• 岩手県紫波郡に当社初の単独店第1号「矢巾店」を開店• 1991年• 有 薬王堂を組織変更し、 株 薬王堂(出資金1,000万円)として設立• 1992年• 岩手県盛岡市に県内初の150坪型ドラッグストア「盛岡津志田店」を開店• 1995年• 岩手県花巻市に県内初の300坪型スーパードラッグストア「花巻南店」を開店• 1996年• 岩手県紫波郡に県内初の450坪型スーパードラッグストア「岩手矢巾店」を開店 本社を岩手県紫波郡矢巾町南矢幅第7地割82番地に移転• 2000年• 物流システム効率化のため、岩手県紫波郡に薬王堂物流センターを稼動 宮城県栗原市に宮城県進出第1号店としてイオンタウンショッピングセンター内に「宮城金成店」を開店 秋田県横手市に秋田県進出第1号店として300坪型スーパードラッグストア「横手店」を開店• 2002年• 青森県八戸市に青森県進出第1号店として300坪型スーパードラッグストア「薬王堂八戸新井田店」を開店• 2003年• 2003年度新店出店の投資資金を調達するために、「 株 東京三菱銀行」と「 株 岩手銀行」の共同主幹事によるシンジケートローン契約を締結• 2005年• 株 ジャスダック証券取引所に株式を上場(証券コード:3385)• 2007年• 岩手県紫波郡矢巾町大字広宮沢に新本部を建設・移転 岩手県大船渡市に「大船渡盛店」(100号店)を開店• 2008年• 山形県山形市に山形県進出第1号店として300坪型スーパードラッグストア「山形馬見ヶ崎店」を開店• 2011年• 東日本大震災により岩手県、宮城県沿岸部の11店舗が営業停止 岩手県紫波郡矢巾町に調剤専門薬局「薬王堂薬局西徳田店」を開店• 2012年• 震災遺児の進学を支援する公益財団法人「みちのく未来基金」に売上高の一部を寄付 今後10年にわたり支援を決定 物流システム効率化のため、宮城物流センター開設• 2013年• 低温物流センターを5拠点で稼動 東京証券取引所市場第二部に上場• 2014年• 東京証券取引所市場第一部に上場• 2015年• 2016年• 宮城県に薬王堂宮城食品ドライセンター稼働• 2017年• 薬王堂東京事務所を開設 東京都千代田区内神田• 2018年• 薬王堂仙台事務所を開設 仙台市青葉区五橋• 2019年• 株式会社薬王堂ホールディイングス設立 株式移転により株式会社薬王堂を株式会社薬王堂ホールディングスの完全子会社とする 平均勤続勤務年数• 2019年• 2年 月平均所定外労働時間(前年度実績)• 2019年• 2時間 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 2019年• 8日 前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 女性 男性 合計 2019年 43名 2名 45名 前年度の育児休業取得者数(男女別) 女性 男性 合計 2019年 43名 2名 45名 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合• 2019年•

次の