新幹線 スーツケース 事前予約 なし。 新幹線の手荷物に「新ルール」―サイズ・料金・利用方法は?

新幹線スーツケース置き場予約制2020年5月開始。特大荷物大きさは?

新幹線 スーツケース 事前予約 なし

Contents• まずは最後部座席後方が「荷物スペース」に 新幹線車内に置いて今までは乗客が各自工夫して置いていた大型の荷物ですが、今回のJR3社の発表では「特大荷物置場」なるものが設けられるとされています。 特大荷物置場はさらに「荷物スペース」と「荷物コーナー」に分かれます。 荷物スペース 「荷物スペース」は、2020年5月中旬の列車より導入される予定です。 これは、最後部座席後方のスペース。 そう、新幹線車内でスーツケースや輪行袋を置く場所としておなじみの、あの場所です。 荷物コーナー もうひとつの「荷物コーナー」は、2023年度より導入予定。 既存の洗面所のひとつを改造して、盗難防止装置付きのスペースとするものです。 JR西日本のリリースより 事前予約制の対象となる荷物 事前予約制の対象となる「特大荷物」については、次のように発表されています。 情報源: 上記図版の無料/有料についてはあくまでも航空機の例なので、お間違えのないように。 どうやって利用するのか 2020年5月中旬の列車より設置される「荷物スペース」、および2023年度より導入予定の「荷物コーナー」を利用するためには、特定の指定席とセットで事前予約する必要があります。 なお、追加料金はかかりません。 つまり通常の指定席と同額で利用できます。 JR西日本のリリースより 特大荷物置場は、特定の指定席(以下、特大荷物置場つき座席)とセットで事前予約することでご利用いただけます。 ご予約にあたり追加料金はいただきません(ほかの座席の指定席料金と同額)。 情報源: 事前予約がないと有料に 事前予約なしで特大荷物を持ち込んだ場合は、有料となります。 持込手数料は1,000円(税込)です。 まず、3辺の合計が160cm超250cm以内の荷物は特大荷物となり(250cm超は持ち込み不可)、荷物置場を指定席とセットで予約する必要が出てきます。 予約しない場合は、持込手数料1,000円がかかります。 したがって、ロードバイクなどで輪行するのであれば、特大荷物置場の予約は必須と考えてよいでしょう。 デメリット 一方でデメリットを考えてみますと、これは実際に制度が運用されてみないとわからない面もありますが「当日の思いつきで輪行する」であるとか、「出先でトラブルがあって予定外の輪行をする」といった場合には、むしろ不安要素になってしまいます。 輪行に限らず、大型スーツケースを持って旅行する場合でも、急な予定変更をすると「荷物を持ち込むだけで1,000円取られる」ということになりかねません。 また、さりげなく「自由席」という選択肢が奪われています。 自由席にには特大荷物置き場の設定はなく、自由席については 自由席など、「特大荷物スペースつき座席」の設定のない車両最後部スペースについても、今後はその直前座席のお客さまに優先してご利用いただくようお願いいたします。 ……と書かれています。 また、スポーツ用品についての記載が追加されています。 大きな荷物のうち、楽器やスポーツ用具、ベビーカー等はこれまで通り、事前予約なくお持ち込みいただけますが、本サービスの導入により、車両最後部のスペースは、特大荷物スペースつき座席をご予約いただいた方にご利用いただくスペースとなります。 ご利用をご希望の際は、「特大荷物スペースつき座席」のご予約をおすすめいたします。 ……とのこと。 情報源: [追記ここまで] BROMPTONが欲しくなった 今回の発表に触れてからあれこれと考えを巡らせた結果、とくに「旅」の比重が大きい輪行をするなら、やっぱりフォールディングバイクが最適なのかも——と思ってしまいました。 情報源: 情報源: (Gen SUGAI) This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

新幹線の大荷物置場を予約制!料金や予約方法は?何センチでいつから?期間は?

新幹線 スーツケース 事前予約 なし

特大荷物の大きさ 事前予約方法 特大荷物になる大きさのスーツケースは? 特大荷物スーペースつき座席ってどこ? これらについて詳しくお伝えします。 節約母ちゃんマメ子が一番気になるのは、 「ホントのところどんな大きさのスーツケースが該当するの?」という点なんですよね。 予約制の制度になるスーツケースの大きさは、 「特大荷物」と表現されていますが。 どんなサイズのことなのでしょう。 楽天市場で販売されている大型スーツケースの大きさを調べてみました。 我が家も夏休みは毎年家族旅行に出かけていますので。 いざ、利用しようと思ったときにあわてずに済むよう。 疑問点をしっかり調べてみました。 ご参考になさってくださいね。 「3辺の合計が160cm超250cm以内」の荷物 かなり理解しずらい表現ですよね。 160cm超えする特大荷物 一番気になるのが、 この「160cm超えする特大荷物」となるスーツケースが、 一体どのくらいの大きさなの?ってことなんですよね。 どのくらいの大きさのスーツケースを表すのか調べてみました。 一般的にスーツケースって、 M、L、LLサイズで販売されていますよね? 目安はLサイズ、LLサイズあたりということになりそうです。 楽天市場で販売されている売れ筋スーツケースのサイズをチェックしてみました。 メーカーによってひとくちにLサイズといっても大きさの差がありますね。 こちらの商品、 10日前後目安のLLサイズで、 本体サイズ約68. ということは3辺合計は、149. 商品によって微妙な差があります。 新しく購入する際には、 しっかりと計算して買う必要がありそうです。 特大荷物スーペースつき座席ってどこ? 「特大荷物スペース」とセットで予約しないといけない「特大荷物スペースつき座席」とは、どこのことなのでしょうか? 一部車両の最後部席のことです。 『自由席や一部の指定席号車には、この座席の設定はありません』とのこと。 事前予約することで、 座席後ろの席の予約が取れて、 その席の後ろのスペース「特大荷物スペース」を 荷物置場として利用することができるということになります。 ひとつの車両に5席ほど座席後ろの席があるので、 5人の方で共用してそのスペースに特大荷物とされる 大きなスーツケースを置く事になります。 かなり、ぎゅうぎゅう詰めになりそうですね。 『ゆずり合って荷物の収納をお願いいたします。 』と書かれています。 事前の予約方法 事前に予約するには、 新幹線切符を購入する際に「特大荷物スペースつき座席」を予約します。 購入方法は3つ。 1.ネット予約 2.駅の券売機 2.みどりの窓口で予約、購入 いずれの方法も「特大荷物スペースつき座席」を予約すればOKです。 特大荷物スペースつき座席の追加料金は? さらに気になるのが、 そこの座席指定にすることで追加料金が発生するのかどうかという点ですが。 普通車指定席またはグリーン車指定席と同じ値段で利用できます。 これは良かったです! 事前の予約ができていない場合は? ただし、 事前の予約をせずに特大荷物を持ち込んだ場合には、 持込手数料(1,000円・税込)の支払いが発生します。 さらに、その荷物は乗務員が指定する箇所に置く事になります。 自分の席の足元などには置けないということですね。 注意点は この制度が始まることでの注意点が2つあります。 1.座席数に限りがある場合など、 「特大荷物スペースつき座席」の設定がない列車があります。 時間帯や走る区間によっては設定がない車両があります。 ということは、 希望する便にその設定がない場合には、 予約を前後の便にずらす必要があります。 2.列車によっては混み合う場合には、 「特大荷物スペースつき座席」の予約が取れないケースもあります。 満席の場合は前後の列車を予約することになります。 まとめ 2020年5月より開始される、 新幹線スーツケース置き場の予約制についてご紹介しました。 特大スーツケースを持って移動する場合は、 事前に大きさを計測しておく必要があること。 利用する便を決めたら早めの予約を取っておくこと。 予約しておくことで料金の上乗せは発生しないが、 予約がないと1000円の持ち込み手数料が発生するので注意が必要であることがわかりました。 この制度が浸透するまでしばらく混乱をまねきそうですね。 一番心配なのが海外からのお客様です。 東京オリンピックの観戦応援で来日される方はもちろんですが。 中国人観光客の方などがいまとっても多いですから。 海外でこの情報を事前に入手するのはむずかしいのでは? という点が気になります。 実際に海外在住の日本人の方が、 「大きなスーツケースを持って新幹線に乗ろうと思ったけれど、 きちんとした情報がなかなか手に入らなかった」とツイッターで書かれていましたね。 乗務員の方がきちんと英語などで、 海外の方と意思疎通できれば問題ないですが。 車内でトラブルが発生せずスムーズに運用されることを願っています。

次の

新幹線に特大荷物の事前予約制を2020年5月から導入、洗面所を荷物置き場に変更

新幹線 スーツケース 事前予約 なし

東海道・山陽・九州の各新幹線を運行するJR東海・JR西日本・JR九州の3社 以下JR3社 は、2020年5月20日から新たに「特大荷物スペースつき座席」の提供を開始した。 JR東海は特大荷物を「baggage 160」と称し、漫才師の中川家が登場するテレビCMで周知に努めている。 とはいえ、提供開始が新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴う緊急事態宣言が出されていた時期と重なっていたため、気づかなかった人も多いだろう。 宣言が解除され久方ぶりに新幹線を利用して初めて気づいたという向きが多数派ではないだろうか。 なお、回答や解説にはJR3社の公表資料や筆者の取材結果に加え、筆者独自の考えも含まれている。 Q1 「特大荷物スペースつき座席」とは何ですか? A1 「特大荷物」を携えた人が利用できる座席で、通常のきっぷを購入する際に併せて予約することで荷物置き場を確保できます。 ほぼすべての列車の普通車指定席やグリーン車に設定されていて、追加料金は不要です。 駅の窓口やインターネットで予約できます。 解説1 「特大荷物スペースつき座席」の設定は事前に予約できる普通車指定席やグリーン車に限られ、自由席には存在しないので注意しよう。 予約せずに特大荷物を携えて乗車した場合、1000円の持込手数料を車内で支払う必要が生じる。 さらに乗務員に指定された位置に荷物を置き、「特大荷物スペースつき座席」へと移動しなければならない。 JR3社によると「特大荷物スペースつき座席」の数は限られているので、もしも事前に予約できなかったら、極力他の列車を利用してほしいとのことだ。 特に、繁忙期には荷物を置くスペースが確保できるかどうかわからないから、「特大荷物スペースつき座席」の予約なしでの利用は避けたほうがよいだろう。 Q2 特大荷物とは何ですか? 1人2個まで持ち込めます。 解説2 JR3社が「特大荷物」として想定しているのは大型のスーツケースである。 旅客機の国際線で預かりが有料になる手荷物と概ね同じサイズとのことだが、航空会社によって有料となるサイズが異なるので注意が必要だ。 全日空の国際線は3辺の合計が158cmを超えれば有料としていて、160cm超の特大荷物とほぼ同水準だが、日本航空の国際線で有料になるのは3辺の合計が203cmを超える場合だ。 このため、日本航空の国際線では有料にならないサイズであっても、新幹線では特大荷物スペースを確保しなければならないケースもあるので注意しよう。 Q3 「特大荷物スペースつき座席」「特大荷物スペース」はどこにありますか? A3 「特大荷物スペースつき座席」は客室内最後列の座席です。 その背後にある壁との間の空間が「特大荷物スペース」として用意されます。 解説3 この座席の設定は普通車指定席、グリーン車に限られるため、何号車かは列車によってまちまちである。 具体的には次のとおりだ。 なお、東海道・山陽の両新幹線の「こだま」や九州新幹線の「つばめ」のそれぞれ一部には全車両自由席という列車が運転されている。 この場合、特大荷物の持ち込みルールはまちまちだ。 東海道新幹線の「こだま」ではグリーン車を利用するようJR東海は勧めている。 グリーン車に「特大荷物スペースつき座席」が設定されていない列車の場合、特大荷物の持ち込みも可能だが、通勤通学客で混雑しているケースが多いので遠慮したほうがよいだろう。 いっぽう、山陽新幹線の「こだま」、それから「つばめ」には、グリーン車を含めて「特大荷物スペースつき座席」は設定されていない。 JR西日本、JR九州の両社によると、いずれも特大荷物の持ち込みは可能で、持込手数料を支払う必要もないという。 Q4 スポーツ用の自転車を分解して専用の袋に入れて乗車したいと思います。 3辺の合計が160cmを超えていますが、特大荷物となるのでしょうか? A4 3辺の合計が160cmを超えていても、自転車やサーフボードなどのスポーツ用品、楽器や娯楽用品、車いすやベビーカーは特大荷物とはなりません。 ただし、これらの荷物を置くために「特大荷物スペースつき座席」を予約して利用することはできます。 解説4 自転車の大きさを考えると、現実的には「特大荷物スペース」以外に置ける場所は存在しないと言えるであろう。 ほかのスポーツ用品や楽器、娯楽用品でも特大荷物に相当するサイズの荷物を携えている場合、「特大荷物スペースつき座席」を利用したほうがよいと考える。 JR3社によると、荷物棚は奥行が約42cmあり、3辺の合計が160cm程度の荷物ならば収納できるという。 比較的コンパクトにまとめられるベビーカーは荷物棚に問題なく載せられそうなので、特大荷物スペースを利用しなくてもよいだろう。 車いすの場合、車いす対応座席が用意されていて車いすも収納できるので問題ない。 ちなみに、車いすを利用する人が車いすのほかに特大荷物を持ち込むことも当然可能で、予約の際にその旨を言えばよいのだという。 Q5 特大荷物スペースはどのくらいの広さですか? 普通車、グリーン車とも荷物棚は壁から42cmほど突き出しているので、窓側にはあまり背の高い荷物を置くことはできません。 普通車では2人がけ席の後ろには1個、3人がけ席の後ろには2個置ける。 グリーン車は腰掛後方に後列の旅客用に足置きが設けられている関係で、幅が普通車と比べてやや短い。 数値上は1cm不足しているのでこのスーツケースを置けないが、図面上の誤差と見なして収納できたと考えると、2個置くことができる。 仮にすべての特大荷物が先ほど挙げた大型スーツケースだとすると、普通車の特大荷物スペースには2人がけ席の後ろ、3人がけ席の後ろとも、座席数と同じだけの個数を置くことはできない。 特大荷物は旅客1人当たり2個まで持ち込めるというので、列車によっては「特大荷物スペース」不足が生じる可能性がある。 長距離移動を控えるべき状況下ではそこまで大きな荷物を車内に持ち込む人は少ないと見られるが、いずれは増えるのであろうから、いまのうちに対策を立てておいてほしいものだ。 Q6 東北・上越・北陸・北海道・山形・秋田の各新幹線には「特大荷物スペースつき座席」はありますか? A6 現時点ではありません。 東海道・山陽・九州の各新幹線と同様、3辺の合計が250cm以内で1辺の長さが200cmを超えず、重さ30kg以内の身の回りの荷物は旅客1人につき2個まで無料で持ち込めます。 解説6 新幹線は東京駅を境に2つの勢力に分かれている。 東海道・山陽・九州の系列と、東北・上越・北陸・北海道・山形・秋田の系列だ。 「特大荷物スペースつき座席」は前者だけで始められ、後者では行われていない。 わかりづらいが、そういうものだと理解するほかない。 なお、東北・上越・北陸・北海道・山形・秋田の各新幹線の列車の大多数にも、特大荷物に相当する大きな荷物を置くスペースがデッキ付近または客室内に用意された。 東北・北海道の各新幹線の「はやぶさ」や秋田新幹線の「こまち」、北陸新幹線の各列車では一部の車両に客室の仕切壁寄りにパイプ式の二段の棚を備えた荷物置き場がある。 「はやぶさ」の車両であるE5系やH5系の荷物置き場を筆者が測ってみたところ、幅は約120cm、奥行は約100cm、上段・下段それぞれの高さはともに約60cmといったところだ。 横倒しにすると上段・下段とも3個ずつ、合わせて6個置ける。 Q7 座席後ろの特大荷物スペースに荷物を置くと、背もたれを倒せないなど何かと不便です。 本格的な場所に荷物を置きたいのですが……。 A7 東海道新幹線、それから山陽新幹線で東海道新幹線に直通する列車には2023 令和5 年4月以降に本格的な荷物置き場として「特大荷物コーナー」が一部の車両に新設される予定です。 場所はデッキ付近で、現在2カ所設けられている洗面所のうち1カ所分のスペースが転用されます。 特大荷物コーナーのイメージ。 写真は営業には用いられないN700Sの確認試験車のもので、設置場所や寸法が変わるものの、基本的なつくりは同じとなる。 筆者撮影 解説7 特大荷物コーナーの詳細はまだ発表されていないが、寸法はある程度察しが付く。 客室から離れているのでセキュリティーが心配という声にこたえ、交通系ICカードを活用したロックシステムが導入されるという。 高さには余裕があるので、上中下の三段とすれば6個置けるようになるのだが、上段に荷物を出し入れするのは背の高い人でも難儀するであろう。 結局は使いやすい二段式となると思われる。 特大荷物コーナーの開始が2023年度と少々先となった理由は、これから車両の改造工事に取りかかるからだ。 そのいっぽうで2020年7月から東海道・山陽の両新幹線で営業を開始するN700Sには当初から特大荷物コーナーが設置されるという。 当面の間、旅客は予約できないが、事前予約せず車内で持込手数料を支払った旅客の特大荷物を置く場所として使用されるかもしれない。 先ほど例に挙げた「はやぶさ」や「こまち」、北陸新幹線の各列車も、車両が製造された当初は荷物置き場を設けていなかった。 インバウンド旅客の増加に伴って2017 平成29 年7月から座席を撤去して荷物置き場を設ける改造工事を行い、2018 平成30 年2月までにすべての列車に出そろったという経緯をもつ。 東海道・山陽の両新幹線用の車両も、座席を取り外せばより早く、より簡便に特大荷物スペースを生み出せるのだが、洗面所の撤去というあえて手間のかかる方法を採用したのには理由がある。 利用者が多いため、座席を取り外せば混雑がますます激しくなってしまうからだ。 まとめ 「特大荷物スペースつき座席」はインバウンドの旅客を対象にしたサービスだと言える。 しかし、新型コロナウイルス感染症の蔓延という予期せぬ出来事が発生し、波乱のスタートとなった。 今後の動向は不明で、インバウンド旅客の数もかつてほどの盛況となる日が訪れるのかどうかもわからない。 ともあれ、「特大荷物スペースつき座席」の利用状況は、新型コロナウイルス感染症の及ぼした影響から世界がどの程度立ち直っているかを知る指標の一つとなりそうだ。

次の