新型 コロナ ウイルス クレベリン。 新型コロナウイルス感染症 (2019年)

大幸薬品の「クレベリン」はコロナ対策になるか

新型 コロナ ウイルス クレベリン

第1期・第2期の助成先がすでに決定しており、現在第3期の助成先公募を受付ております。 第3期の助成先決定は6月11日(木)、給付は6月16日(火)を予定しており、皆様からいただいた資金を迅速に届けてまいります。 税制優遇に関しての情報は なにをするか WHAT WE DO 以下の感染症拡大防止アクションに支援します。 今回の基金では、日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・団体・事業者・医療機関・自治体などに対して、下記のような活動費用を緊急に助成します。 ・介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育等へのマスク等必要物資の支援費用 ・医療機関へのマスクや手袋、ガウンなどの医療用防護具、水や毛布などの救援物資、人工呼吸器やベッドなどの医療器具の支援費用 ・医療用防護具、医療器具などを生産するための事業経費 ・保健所、医療機関、介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育等の新型コロナウイルス感染症対応に関わる人件費 ・新型コロナウイルス拡大感染症の影響を受け、社会的孤立が懸念される子ども、青少年、保護者、高齢者、低所得者などを支援する個人・団体等の活動費用 ・新型コロナウイルス感染症の予防、診断、治療のための研究・開発費用 ・その他、各個人・団体・事業者・医療機関・自治体などが新型コロナウイルス感染症対応を実施する上で発生する費用 いつ・どうやるか WHEN WE DO 第1期 給付は、4月17日を予定しています。 ・助成先の決定通知:申請いただき次第、順次審査を行って参ります。 助成を決定した場合、本基金より速やかにメールにて通知いたします。 ・助成金の支払時期:助成決定の通知から1週間後を目安にご指定口座への入金を行う予定です。 ・不採択通知は、2020年7月17日(金)頃を目安に本基金よりメールにて行うことを予定しております。 <助成対象期間> 本助成の対象は、申請事業において下記の期間内に発生する費用とします。 外出することのできない高齢者は街で感染することはありませんが、複数の医療・介護サービスに依存して生活しており、またケアという業務の性質上、密着性が高いことから、医療介護専門職によって感染が持ち込まれる可能性があります。 高齢者施設においては、一度持ち込まれてしまうと集団感染を防ぐことは困難です。 日常のケアにおける感染防御策の継続、感染が発生した場合の自宅や施設内における隔離ケア、そして重症化しても侵襲の高い治療を望まない患者に対し適切な緩和ケアが求められていくと思います。 そのためにも必要な資源の確保と、現場の専門職の疲弊を防ぐことが重要です。 (佐々木淳) Q1:どのような方法で支援・寄付ができますか? 本基金へのご寄付には、事前にクラウドファンディングサービス「READYFOR」のアカウント登録が必要になります。 詳しい操作方法はをご覧ください。 なお、本基金では、READYFOR株式会社が基金の運営及び管理を受託しており、(公財)東京コミュニティー財団への直接のご寄付は受け付けておりませんので、新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金へのご寄付をご希望される場合、必ず本サイト内からご寄付をいただきますようお願いいたします。 また、TwitterやFacebookでの拡散も大きな支援になります。 明日をつなぐをつけて投稿し、一人でも多くの方へこの情報を届けてください。 Q2:「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」の助成対象事業は、どのように決定されますか? 本基金においては、READYFOR株式会社が基金の運営及び管理を受託しており、一次審査を実施いたします。 その際、READYFOR株式会社は、感染症対策・公衆衛生、医学の専門家へ諮問いたします。 最終的な助成対象事業は、(公財)東京コミュニティー財団の助成委員会が決議し、その決議内容を理事会が承認することをもって決定いたします。 Q3:助成対象事業の選定基準や助成金額及び件数はどうなっていますか? 本基金の募集要項をご確認ください。 URL: Q4:最終的な助成先はいつ決まりますか?また、どこでお知らせされますか? 本基金による助成は第1期〜第4期を計画しており、助成先の決定はそれぞれ下記のスケジュールを予定しております。 また、それぞれ助成先が決定した段階で、<>にてご報告いたします。 各助成先の活動報告については、それぞれ完了したタイミングで、<>にてご報告させていただきます。 本基金が設立されている(公財)東京コミュニティー財団は、内閣府より「公益財団法人」として認定されており、本基金への寄付は、次のとおり税制上の優遇措置が受けられます。 本基金が発行する寄付金領収書をもって、それぞれ所轄の税務署で申告してください。 2 法人の場合 (法人税) 寄付金の額又は、一般の寄付金とは別枠の特別損金算入限度額のいずれか少ない金額を損金の額に算入することとされています。 (注)特定公益増進法人への寄付金のうち、特別損金算入限度額を超える部分の金額は、一般の寄付金の額に含めて損金算入限度額の計算をします。 寄付金の損金算入限度額は、次の算式によります。 寄付金領収書は、(公財)東京コミュニティー財団より2020年12月に郵送します。 Q6:本基金への寄付金のうち、いくらが助成対象事業への助成にあてられますか? 本基金へのご寄付のうち、本基金の運営費用を除いた全ての額を助成の原資に充てさせていただきます。 なお、本基金へのご寄付に関するサービス手数料はございません。 Q7:助成の原資に余剰が生じた場合はどのように取り扱いますか? 助成の原資に余剰が生じた場合は、追加で助成を実施する等、専門家会議の諮問を受けた上で使途を検討し、最終的には、東京コミュニティー財団の助成委員会が決議し、その決議内容を理事会が承認することをもって決定いたします。 余剰分の使途につきましては、決定後すみやかにご報告させていただきます。 ・寄付完了時に応援コメントとして頂いたメッセージに関しましては、本基金の寄付獲得のPRのために利用させて頂く場合があります。 ・寄付金領収書の名義・発送先は、原則としてご寄付時に入力したお届け先の宛名と住所となります。

次の

どんなウイルスで、どのように感染するのか? 新型コロナウイルスのそもそも論(峰宗太郎)

新型 コロナ ウイルス クレベリン

新型コロナウイルスのせいでマスクどころかクレベリンまで売り切れてる! そもそも新型コロナウイルスに効果なし? ホームページにもはっきり謳ってないし、新型コロナウイルスに限らず、効果があるかなしかフンワリしてるよね。 新型コロナウイルスの影響で、最近では店頭からどんどん姿を消しているクレベリンですが、世間の声から聞こえてくるのは効果があるのかないのかよく分らないという意見です。 私も自宅で使用してますが、新型肺炎やインフルエンザにかかっていない事実を思うと効果がなしとも言えない状況です。 そこで今回は、ズバッっとメーカーに聞いてみましたので、その回答とそれを聞いた見解をお伝えしたいと思います。 「有用性」という言葉は医療用語としても使われています。 特に医療の現場では「臨床的有用性」という言葉で使われており、「 有効性と安全性の両方を兼ね備えているかどうかの基準」という意味で用いられているんです。 医療の質の改善や病院が負担するコストの削減のため、人や物などさまざまな観点から臨床試験を繰り返して、「この治療法には有用性がある(ない)」などを決めていきます。 出典: 新型コロナウイルスに関しては、たくさん研究してたくさん試験してないのでエビデンス(証拠・根拠)がとれない。 よって「 効果があるとは言えません」 というところでしょうか。 しかもその回答の続きには 衝撃的な一文がありました!.

次の

新型コロナウイルス

新型 コロナ ウイルス クレベリン

中国の湖北省・武漢で患者41人がナゾの肺炎を発症し、その原因が「新型コロナウイルス」だと確認されてから4カ月。 犠牲者は増えるばかりだ。 新型コロナウイルスとは一体何者なのか? 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授と東海大学医学部の中川草講師に話を聞いた。 【1】新型コロナウイルスはかなり巧妙ですね。 どのようにできたのでしょうか? 一部では人工的につくられたという話もありますが。 中川 新型コロナウイルスがヒトに感染するには、ヒトの細胞の表面に存在するタンパク質(ACE2受容体)にウイルスのスパイクタンパク質(Sタンパク質)が結合した後、ウイルス外膜と細胞膜の融合を起こす必要があります。 その際に、新型コロナウイルスのSタンパク質がヒトの細胞のタンパク質分解酵素で切断されなければなりません。 このSタンパク質について、新型コロナウイルスはSARSウイルスと比較して、ヒトに感染し、流行する上で有利とみられるような特徴をいくつか持っています。 そのこともあり、人為的に合成されたウイルスなのではないかという、いわゆる陰謀論も一部にみられます。 しかし、現在までこの陰謀論を支持するデータはありません。 新型コロナウイルスのSタンパク質は、SARSウイルスとは異なったタンパク質分解酵素でも切断され、ウイルスが感染できる状態になります。 一方、その他のコロナウイルスの中にも、新型コロナウイルスと同じように複数のタンパク質分解酵素で切断できるものも存在します。 また、ヒトのACE2受容体と相互作用しやすくなっている変異は、センザンコウという生き物で見つかったコロナウイルスにも見つかっていて、ヒト以外の生物でも相互作用が強くなっていることが示されています。 そのため、人為的につくられたウイルスではないだろうと考えるのが自然ではないでしょうか。

次の