歌舞伎町 居酒屋 コロナ。 【新宿・歌舞伎町】 約240店あるホストクラブを中心としたクラスターが発生、ホストの感染者数は累計で数百人に

【コロナ】小池都知事「夜の街要注意」名指し効果か新宿歌舞伎町の人通り激減 [緑の人★]

歌舞伎町 居酒屋 コロナ

東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。 34 ID:HexGwKAh0 酒は少しでも体に悪いという研究を見た。 この際、居酒屋もどんどんなくなればいい。 風邪が流行る寒い冬の夜に忘年会とか、昔からおかしいと思ってた。 07 ID:bwl6o2FyO 持ち帰り飯つくるとか近隣の夜勤やるオフィスに仕出し弁当をいれるとか少し頭ひねった行動したほうがいい。 コロナでダメージ受けた居酒屋は賢いところは頭切り替えて営業してる。 飲食店屋内煙草規制条例 法律 が本日からかかることはわかりきっていたことだろ。 90 ID:5UXP6GhA0 何だかんだで酒とタバコ、パチンコは切り離せない。 これから益々家飲みが増えるだけ。 居酒屋やバーは終了かもね。 73 ID:JrsKtNkB0 ちょっと一服してくると店を出た客が二度と戻って来ることはなかった。 食い逃げし放題だな。 21 ID:tmIvdzxS0 コロナが始末してくれるだろう。 28 ID:48dJbYGL0 ばるぼらは、花園五番街の近所のお店なら出前してくれるし、よく頼んだな。 お店にはいったことないが……。 72 ID:loTVjagO0 働き盛り世代の30~50代男性の喫煙率が3割を超えている事を 考えると、ちょっとやり過ぎだと思う。 やるなら、海外みたく、屋外は緩くしてやらないと。 61 ID:NFw9yOk10 コロナ不況を乗り越えるためにタバコを2000円に値上げしてはどうか。 百害あって一利なしどころか他人にまで迷惑をかけるのだから、そのくらいの責任は負って欲しい。 屋内は禁煙だけど、パリの街中なんて、歩きタバコは普通にしてて、 路上に灰皿が設置してあるのに、みんなシカトでポイ捨て。 道は吸い殻だらけだった。 97 ID:UfeLWsjT0 皆吸えないんだから同じだと思うよ。 26 ID:VjeaHmLX0 タダでタバコ吸えると思ってる奴が多すぎなんだよ 吸わない客より確実に手間掛かるのに客単価は変わらないかむしろ悪い。 俺なんか棒ファーストフードで「上の下」ぐらいのメニューを頼むように意識してたのに どいつもこいつもコーヒー1杯で長居しやがって馬鹿どもが。 14 ID:z7hwqjnT0 路上でも吸うなよ、ちゃんと取り締まれ。 02 ID:D9Vjf5SA0 >「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという 店の責任じゃないのにこんな糞な言い方するやつは 客とかかなくて良い。 よく来てた面倒臭い奴で良いよ。 常連とか言いながらタバコがだめなら来ないとか 料理とかじゃなくて店を灰皿代わりに使ってたあほだから 実際は250円でお茶一杯くらいしか使わない。 07 ID:loTVjagO0 タバコ農家って国が何らかの補償をしているのかな?。 25 ID:hNusXkYc0 時代は禁煙だからな。 例えば、東京メトロ小川町駅の南西、千代田区神田錦町2丁目4-1のビル北側の路地横に、 灰皿スタンドが置いてあるため、毎日、100人以上が路上喫煙している。 煙が路上に溜まり通行人は大迷惑をしている。 10 ID:MQu2SYlz0 >増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 実際、結構な納税額だよな。 ただ医療費で却って赤字との話もあるので、タバコ購入は免許制にして、医療費を自己負担7割にすればいいんじゃないの。

次の

【新宿・歌舞伎町】 約240店あるホストクラブを中心としたクラスターが発生、ホストの感染者数は累計で数百人に

歌舞伎町 居酒屋 コロナ

「新宿・でキャバクラの女性従業員など十数人がコロナウイルスに感染」。 そんなニュースが報じられたのは4月1日のことだ。 その2日前には小池百合子都知事が緊急会見を行ない、バーやナイトクラブなどに行くことへの自粛を求めたばかり。 感染者は3月後半から増加し、キャバクラ嬢のほか、風俗店の男性従業員、スカウトなどに多いという。 こうした危機的な現状に、そこで働く当事者たちは何を思うのか。 歌舞伎町でガールズバーを経営するモフ男さん(仮名、35歳)に話を聞いた。 率直にいってどう思いますか。 モフ男さん やっぱりというか、来るべきものが来たなと。 歌舞伎町に遊びに来るのは年齢が比較的若い人たちです。 感染して重症化するのは全体の2割程度で、高齢者に多いというのが世間一般の認識でした。 若い子たちはコロナに対する危機意識がそれほど強くないので、自覚症状のない人がフラフラ飲み歩いていても不思議ではありません。 各店舗の経営者や従業員、そしてお客さんも、こういう状況になるのは薄々わかっていたと思います。 通りにいるのはガールズバーのキャッチや居酒屋の客引きだけという寂しさです。 モフ男さん 2月ぐらいまでまだマシだったんです。 もともと、この業界は2月が閑散期なので、「最近お客さんがちょっと少ないな」と感じる程度でした。 3月に入って自粛ムードが広がっても三連休には街に人がたくさんいたほどです。 状況が悪化したのはここ1週間ですね。 同業者と話をしても、みんな一気にヤバいという雰囲気になっています。 決断をするまで相当悩みました。 ほかのガールズバーと違い、うちの店はグラビアアイドル、地下アイドル、コスプレイヤー、舞台女優といった女の子が多いんですね。 なんらかのイベントに出演することで収入を得て生活しているんです。 しかし、自粛要請で軒並みイベントがなくなり、アルバイト先のガールズバーまで休業してしまったら、彼女たちが生活できなくなってしまう。 イベントコンパニオンをやっている子の場合、すでに丸々1カ月も仕事がないんです。 それが来月も再来月も、もしかすると半年続くかもしれないわけですから、つらいと思います。 モフ男さん 休む前に彼女たちの気持ちを聞くと、みんな「仕事がしたい」と言っていました。 コロナに感染する恐怖よりも生活の不安のほうが大きいのでしょう。 それでも休業に踏み切ったのは、3月30日の記者会見で小池都知事がバーやナイトクラブに行くことの自粛を呼びかけたことが大きな理由です。 全面的に賛成したわけではありませんが、いまみんなが協力する時期だと。 そう女の子たちに話して、なんとか理解してもらいました。 やっぱり休業する店が増えているんですか? モフ男さん 今日(4月1日)あたりから営業をやめる店が増えていますね。 大箱のキャバクラは、女の子が1日に20人ほど出勤するので、人件費もかなりの金額になります。 街自体に人がいないのに店を開けても、20人分の人件費が出ていくだけです。 お客さんが来る見込みがないなら閉めたほうがいい。 知り合いが経営するガールズバーには、先を見据えて休業ではなく閉店するところも出てきています。 この状況があと半年続くなら、傷が浅いうちに店自体を売ってしまおうという判断です。 モフ男さん ある女の子には「パパを紹介してください」と言われました。 今月はなんとか家賃を払えても、来月分は払えない。 今月どうやって生きていくか、明日のお金をどうするか、それくらい切羽詰っていて、非常に深刻な状態です。 店を休むと僕自身の生活も苦しくなりますが、1〜2カ月は耐えられます。 しかし、彼女たちは無理なんですよ。 モフ男さん アメリカの補償政策を見るとすごく手厚いですよね。 年収約825万円以下の大人1人につき現金約13万円、子ども1人につき約5万5000円を直接支給し、さらに失業給付を自営業やフリーランスにも適用するそうです。 4人家族なら約37万円もらえる計算です。 日本とは全然レベルが違います。 しかも、日本は給付に条件をつけ、誰に対しても補償をするわけではありません。 いまもっとも重要なのはスピード感だと思います。 明日のお金に困っている人たちがいるんです。 政府にはそこをもっとよく考えてもらいたいですね。 (清談社) 外部サイト.

次の

【東京・歌舞伎町】居酒屋から灰皿消える 禁煙「コロナに追い打ち」

歌舞伎町 居酒屋 コロナ

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の