グロー メンソール 人気。 glo(グロー)のフレーバーを全種類吸ってみた|人気のneo,KENTのスティックすべてを紹介

コンビニで買えるメンソールが一番強いタバコランキングTOP5

グロー メンソール 人気

テラコッタ・タバコ 味はケントスティックの 「リッチタバコエックス」やネオスティックの 「ダークプラス」をほんのり甘くした感じですね。 ぶっちゃけ、吸いごたえ・キック感も従来のグロースティックとそれほど違いはないかも。 個人的には価格が安い「リッチタバコエックス」でも十分だと思います。 フレスコ・メンソール ネオスティックの 「フレッシュプラス」やケントスティックの 「スムースフレッシュ」と同じようなミントメンソール味です。 冷涼感も吸いごたえもそれなりに強め。 定番のメンソール味が好きな人にオススメのフレーバーですね。 フリーズ・メンソール 吸いごたえも冷涼感もかなり強めのフレーバーです。 そのまま吸うとケントスティックの 「インテンスリーフレッシュ」のような味ですね。 カプセルを潰すと冷涼感がかなり増して、ネオスティックの 「ミントプラス」みたいな味に変わります。 フローレセント・シトラス 吸いごたえも冷涼感も良好です。 そのまま吸うと甘さのあるレモンライム味といった感じですね。 カプセルを潰すとシトラス風味がガツンとアップして、ケントスティックの 「シトラスフレッシュ」やネオスティックの 「ツイストプラス」みたいな味に変化します。 ブリリアント・ベリー 冷涼感はそれなりで、そのまま吸うとケントスティックの 「ダークフレッシュ」と似たような味ですね。 カプセルを潰すと冷涼感とブルーベリー風味が増して、ネオスティックの 「ロイヤルプラス」や今はなき 「アジュール」みたいな味に変化します。 ベリー好きにはオススメのフレーバーですが、カプセルを潰すと吸いごたえが少し弱くなるのが残念なところ。 トロピカル・スワール そのまま吸うと吸いごたえや冷涼感はやや控えめかも。 味は甘くてフルーティーなフレーバーになっていますね。 カプセルを潰すと冷涼感とトロピカル風味がアップして、ネオスティックの 「トロピカルプラス」と同じような味になります。 ケント・タバコ マイルドで吸いやすいレギュラーフレーバーだと思います。 とはいえ、味と吸いごたえは 「リッチタバコエックス」とそれほど変わらないかも。 どちらを選ぶかはあなた次第です。 ケント・メンソール 味は 「インテンスリーフレッシュ」の甘さをカットしたような感じですね。 冷涼感はかなり強めです。 シンプルかつ強烈なメンソールフレーバーが好きな人にはオススメ。 ケント・ベリーブースト そのまま吸うと 「ケント・メンソール」と同じような味ですね。 カプセルを潰すと、芳香剤チックなベリー味に変化します。 好き嫌いがハッキリわかれそうなフレーバーかも。 glo hyper(グローハイパー)のフレーバー全9種類をレビュー!まとめ グローハイパーのフレーバー全9種類をレビューしてみました。 吸いごたえはそれほど変わらないので、コスパ的にはケントスティックの方がオススメですね。 個人的には 「フレスコメンソール」と 「ブリリアントベリー」がお気に入りフレーバーです。 テラコッタタバコとベリーブーストは少し期待外れだったかも 笑 ということで、グローで濃厚な吸いごたえを楽しみたい人は、ハイパースティックの各フレーバーをチェックしてみてください。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!.

次の

【爆煙?】グローハイパー用新スティックを全部吸ってレビュー!

グロー メンソール 人気

加熱式タバコ『glo(グロー)』派、さらにメンソール派の皆さんに朗報……というか、すでにご存知かもしれないが、ちょいと前に発売された gloの新味『neo』シリーズのメンソール味が、抜群にウマイのである。 あまりにも美味すぎるため、マッハで私の生活の一部(=日常)になってしまったことから記事にするのを忘れていたのだが、もう私のメインは、発売直後からずっとneoの緑、メンソール味の「FRESH MIX(フレッシュ・ミックス)」となっている。 ・激推しはメンソール neoシリーズは合計4種類の味が発売されたが、私が激推しするのは前述のとおり緑色のメンソール。 紫色の「DARK FRESH」もメンソール派であれば合格点かも知れないが、 その他2種類(青、茶)に関しては、あえて何も言わないでおく。 いいや、あえて言うなら、メンソール派が吸ったら「……(泣)」となる味である。 青と茶が激マズという話はそれくらいにして、本題である緑色「FRESH MIX」の味が今までのメンソールとどう違うのか、簡単に言葉で説明してみたい。 ・強メンソール(インテンスリー・フレッシュ) まずはであるが、いわば「むき出しのメンソール」でありつつ「バズーカ的」な強さをもったメンソール。 そのむき出し感は「辛い」と感じるほどで、今までだったらコレで満足だった。 しかし…… ・カプセル入り『ミント・ブースト』 いつぞやかもが、カプセル入りのコチラは、「むき出しすぎ」なのが特徴であろう。 最初からヤバイのに、カプセルをプチッとしたら、さらに強力。 はっきり言って辛いくらいで、その強烈さが気に入っていた時期もあった。 しかし…… ・neoの緑メンソール『FRESH MIX』 先述2つのメンソールと比べると、まさしく「 洗練されている」と感じるのがneoの緑だ。 「 整っている」とでも言おうか。 最もウマく、さらに深さも感じてしまうのに辛くはない。 記事にするのは忘れていたが、まわりにいる複数名のgloのメンソール派にオススメしたところ、 100%の確率で「こっちのほうがウマイ!」と納得していた。 誰が吸っても満足するメンソール、それがneoの緑「FRESH MIX」だ。 覚えておいて損はないぞ。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

グロー(glo)のメンソールフレーバーを人気順にランキング

グロー メンソール 人気

ネオスティックの種類は全11種類! 現在(2019年12月時点)で、発売されているglo(グロー)の ネオスティックの種類は全20種類です。 KENT系全10種類、NEO系全10種類のフレーバーが発売されていますので、それらを合わせると全20種類のフレーバーになります。 同業他社である、になりますので、グローは加熱式たばこ業界で最もフレーバー数の多い加熱式たばこになります フレーバーの種類は豊富であれば豊富であるほどユーザーは嬉しいので、グローは最もユーザー目線に考えているということが伺えますね。 アイコスはマールボロ系が20本入りで500円、HEETS系が20本入りで470円、プルームテックのたばこカプセルがメビウス系、ピアニッシモ系共に5個入り(30本相当)で490円ですので、glo(グロー)は種類が多いだけでなく値段も安いのが特徴です。 また、glo(グロー)は全国どこでもデバイス本体やネオスティックを購入することが出来ます。 MEMO上記に記載の価格は、2019年12月時点の情報です。 ネオスティックのフレーバーの味は? 続いて、glo(グロー)における ネオスティックのフレーバーの味についてご紹介していきます。 グローのネオスティックは、アイコスとは違い表面から熱して水蒸気を発生させます。 その際手汗だったり湿気だったりの影響、あるいはクリーニングを怠ってしまうと味が変わってしまう可能性があります。 とは言え、私も実際に吸ってみたところ『さすがはグロー』と感じるほどに満足のいく加熱式たばこだと感じましたので、特に心配はないかもしれませんね。 余談はさておき、グローのネオスティックの味をそれぞれ掲載していきます。 ネオスティックの種類を大きく分けると、以下のようになります。 注意一部製造中止となっている場合があります。 詳しくは公式ページをご覧ください。 以下全20種類のうち11種類のネオスティックをご紹介していきます。 リッチ・タバコ【レギュラー】 グローのネオスティック「リッチ・タバコ」の味は、 喉元にガツンと感じるほど強めのレギュラータイプです。 アイコスで言うところのレギュラーや、プルームテックのレギュラーと同等の扱いでしょうか。 2019年12月時点では製造中止となり、その代わり「ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス」が販売されています。 よりタバコ感が増して、レギュラー好きの方におすすめです。 上質なたばこ葉をブレンド。 芳醇で深みのあるリッチな味わい。 名称:ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ 価格:460円(税込)20本入り ブライト・タバコ【レギュラー】 グローのネオスティック「ブライト・タバコ」の味は、 軽さはあるもののたばこ本来の味わいがあるレギュラータイプです。 リッチタバコが強めのレギュラーだとすると、ブライトタバコは弱めのレギュラーです。 吸った感想としては、若干弱さが気になり、人によっては吸った気がしないと感じる方もいるようです。 紙巻タバコ時代に、1mg程度のレギュラータイプを吸っていた方におすすめです。 上質なたばこ葉をブレンド。 軽やかな中にしっかりとした香ばしい味わい。 名称:ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ 価格:460円(税込)20本入り インテンスリー・フレッシュ【メンソール】 グローのネオスティック「インテンスリー・フレッシュ」の味は、ネオスティックの中で 最も強烈な強めのメンソールです。 普段からメンソールを好む方におすすめですが、メンソールが強めなので、たばこ本来の味わいができているかは疑問です。 ひんやりミントを贅沢づかい。 極上の氷冷感が突き抜ける。 名称:ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り フレッシュ・ミックス【メンソール】 グローのネオスティック「フレッシュ・ミックス」の味は、 たばこ本来の味わいと丁度良いミント感のあるメンソールです。 インテンスリーフレッシュが強めのメンソールだとすると、フレッシュミックスは弱めのメンソールです。 2019年12月時点では製造中止となっています。 数種類のミントを上質ブレンド。 爽快感とたばこのベストバランス。 名称:ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス 価格:460円(税込)20本入り スムース・フレッシュ【メンソール】 グローのネオスティック「」の味は、 ほのかに甘さを感じるメンソールです。 ただ私個人的には、甘さよりも少々苦味を感じる味わいだなと感じましたので、それがたばこ本来の味なのかなとも思います。 より紙巻たばこ感を味わいたい方におすすめです。 ひんやりミントとバニラのような甘さが絶妙のバランス。 なめらかで心地いい爽快感。 名称:ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り シトラス・フレッシュ【フレーバーメンソール】 グローのネオスティック「シトラス・フレッシュ」の味は、 風味のあるメンソールシリーズの一つです。 名称:ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り スパーク・フレッシュ【フレーバーメンソール】 グローのネオスティック「スパーク・フレッシュ」の味は、こちらも 風味のあるメンソールシリーズの一つです。 ほのかに感じる甘酸っぱさが抜群です。 名称:ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り ダーク・フレッシュ【フレーバーメンソール】 グローのネオスティック「ダーク・フレッシュ」の味は、同じく 風味のあるメンソールシリーズの一つです。 分かりやすくいうと、アイコスのパープルメンソールに似ており、グレープ風味のアロマといった感じです。 ただし、アイコスとは違い吸いやすいというのが率直な意見です。 ひんやりミントの冷涼感と、完熟グレープのようなリッチなアロマに包まれる。 名称:ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り ミント・ブースト【カプセルメンソール】 グローのネオスティック「ミント・ブースト」の味は、 『THEメンソール』といった感じです。 カプセルをつぶす前はしっかりとタバコ感があり、スムースフレッシュやフレッシュミックスに近いメンソール感です。 また、カプセルをつぶすと一気に歯磨き粉風味のメンソールが広がり、インテンスリーフレッシュのように強烈なメンソールを感じます。 弱めのメンソールと強めのメンソールを、一度に味わいたい欲張りさんにおすすめです。 ひんやりミントの冷涼感。 カプセルをつぶすと、さらにミントの爽やかなアロマがはじける。 一般的に販売されているカプセル付きのフレーバーは、カプセルをつぶすことで一気にメンソールが強まるものが多いですが、こちらはカプセルをつぶすことでベリー系の味わいが出ます。 吸い始めは軽めのメンソール、カプセルを潰したあとはベリー系のメンソールになりますので、こちらも一度に2種類の味を味わいたい方におすすめです。 ミントの心地いい爽快感。 カプセルをつぶすと、ベリーのようなフレッシュなアロマがはじける。 私も実際に吸ってみましたが、残念ながら紙巻たばこのKOOLと同様の味はしませんが、かなりたばこ感のあるメンソールだと思いました。 それでいて、カプセルのおかげでメンソールの強弱を操作出来るので、ネーミングとパッケージのせいか30円高くても買ってしまう味わいです。 ひんやりミントの冷涼感。 カプセルをつぶすと、さらに強烈なミントの冷たさが突き抜ける。 名称:クール・ネオスティック・ブースト・ミント 価格:450円(税込)20本入り 注意2019年12月時点で全国の販売は実現されていません。 今後も販売は未定のようです。 ネオスティックのタールはどれくらい? 最後に、 glo(グロー)のネオスティックにはどれくらいのタールがあるのか?について解説していきます。 glo(グロー)のタールの件に関しては、アイコス同様に存在しません。 というのも、タバコのタールとは燃焼した際に発生するものであって、加熱式たばこはそもそも燃焼させないので微量のタールしか発生しません。 しかし、有害物質のニコチンは含まれていますので、もちろん未成年の方が吸うことは法律違反ですし、妊娠中の方や授乳中の方にはおすすめはできません。 まとめ まとめになりますが、加熱式たばこの『glo(グロー)』は、加熱式たばこの中でも一番フレーバーの種類が多いです。

次の