クリス サイボーグ。 【Bellator】“最恐女子”クリス・サイボーグが決意のトップレス!? 1.25ビッグマッチに向けて大胆アピール

【WWE】UFC退団のクリス・サイボーグがWWEとAEWに興味を示す / 205LIVEの未来はどうなる?

クリス サイボーグ

【写真】5Rの激闘を繰り広げたヨリーナ・バース、クリス・サイボーグ。 アマチュア6試合、プロ5試合が組まれたラスベガス発のムエタイ・イベント。 そんなライオン・ファイト14のセミファイナルで、クリス・サイボーグがキャリア3戦目ながら35勝0敗3分で、世界2冠のヨリーナ・バースと同プロモーションの女子ウェルター級王座を賭けて戦った。 <Lion Fight女子ウェルター級王座決定戦/3分5R> ヨリーナ・バース(オランダ) Def. 3-0:49-44,49-45,48-45 クリス・サイボーグ(ブラジル) セコンドにティト・オーティズを帯同したサイボーグは試合開始早々、コーナーに詰まったバースの左前蹴りをモロに受け体が前方に体が崩れ落ちる。 そのまま組みつくと、レフェリーはカウントを取らないという、いきなりのミスジャッジ。 それでもダメージが残るサイボーグは、右ハイキックを受けてダウンを喫する。 組みでも遅れを取ったサイボーグ、バースのビッグラウンドとなった。 2R、足を使って回りながら鋭いローを蹴り込むバースは、さらに下がりながら左ジャブをヒットする。 サイボーグも左に回りながら試合を進めるようになったが、下がりながら相手を誘って打ち込む打撃はない。 3R、とにかく前に出るサイボーグは、右フックをヒットさせる。 ただし、積極的な姿勢が裏目に出てしまい、踏み込むパンチ主体のファイトでは、その分ローで前足を削られてしまう。 結果、さらにパンチが大きくなったサイボーグ。 右フックを振るったところで、バースの右ヒザが顔面を直撃し、後方に尻餅をつく。 ここでもレフェリーはダウンを取らない不可解な判断。 勝利するために前に出続けるサイボーグは、バースの右ハイにスーパーマンパンチを合わせようとするダイナミックな動きも見せた。 4R、倒れても、殴られても心が折れず、スタミナの残っているサイボーグは前に出てパンチ、そして組んで倒していく。 そんな攻撃にバースが削られたのか、疲弊した様子が見えてくる。 首相撲で崩されるシーンも出てきたバースは、右フックを被弾して動きが止まる場面も。 ラウンド終了間際にもバースの右ヒザに対し、サイボーグは右のスーパーマンパンチを決め、初めて明確にラウンドを取った。 最終回、逆転KOの期待も残すサイボーグが、開始直後に前に出ていく。 バースは回りきれず、前蹴りもスピードに欠け、体重も乗らなくなっていたが、ここで右の後回し蹴りを見せる。 バラウンスを崩したサイボーグ、何とレフェリーはこれをダウンと宣言する。 いずれにせよ、サイボーグが逆転するにはKOするしかない状況は変わらず、パンチを振るいながら前進を続ける。 回るバースも、接近戦で正面を取られるとすかさずパンチを打ち返すなど、キックの女王はサイボーグのプレッシャーにも飲みこまれない。 勢いではややサイボーグのラウンドではあったが、ダウンもありポイント的には劣勢のまま試合はタイムアップへ。 結果、勝者は当然のようにバースの名前が呼ばれた。 レフェリーが最後のダウンを取っていなかったという仮定も、逆にいえば2つ多くダウンを奪われており、ポイント差は大きくなっていたので言及すべきではない。 試合的にはバースの完勝だった。

次の

バウトレビュー

クリス サイボーグ

サイボーグが投稿した大胆ショットの一部。 来年1月25日のBellator初陣を前に、 決意の表れを感じさせた( criscyborgより) Strikeforce、Invicta FC、そしてUFCで世界女子フェザー級の頂点に君臨したクリス・サイボーグ(34=ブラジル)が、新天地での大一番に向けて大胆アピール中だ。 2019年11月19日(水・現地時間)サイボーグは自身のインスタグラムに写真を投稿(ページ下部に埋め込みあり)。 そこにはトップレス状態で帽子とグローブらしきものだけを着用した妖艶な姿のサイボーグが、モノクロで映し出されていた。 キャプションとして「あなたはとても美しい。 今も昔もブラジルのあなたは何も変わらない。 あなたは私の正真正銘、真の友。 私を奮い立たせてくれる。 (中略)私はあなたが1月にBellatorでデビューする時も側にいて、人生の新章を迎えたあなたを愛し、サポートするでしょう」との心温まる言葉も、英語とポルトガル語の両方で添えられている。 このメッセージはサイボーグの親友であるラリッサ・レイス(40=ブラジル)が綴ったものだという。 レイスはIFBB(国際ボディビルダーズ連盟)のプロ選手で、栄養士やパーソナルトレーナーとしても活躍中の著名人。 サイボーグとも親交が深く、大一番を迎える友のために文章を寄せたようだ。 その大一番とはサイボーグの来るべきBellatorデビュー戦のこと。 2020年1月25日(土・同)アメリカ・カルフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催される『Bellator 238』で、サイボーグは初参戦ながらいきなりBellator世界女子フェザー級王者ジュリア・バッド(36=カナダ)にタイトルマッチで挑戦するのだ。 これまでもサイボーグは節目節目で大胆な姿を披露しており、最近では7月の『UFC 240』の前。 この大会は彼女にとってUFCラストマッチ(フェリシア・スペンサーに判定勝ち)となったが、大会前には水着下のみを身にまとった裸体のバックショットをインスタグラムに投稿していた。 その水着下の背面には大会をPPV(ペイ・パー・ビュー)放送するESPN+のロゴが施されていたのだが、今回のトップレス写真もプロモーションの一貫としてのサービスショットということなのだろう。 その試合で1R一本負けを喫しているが、その後は2018年12月の『UFC 232』でアマンダ・ヌネス(ブラジル)に1RKO負けするまで、20勝1ノーコンテストで13年間負けなしという記録を作っている。 この間、2009年8月にStrikeforce(現在はUFCに統合)で、2013年7月にInvicta FCで、2017年7月にUFCで、世界女子フェザー級王座を獲得。 サイボーグは来年1月25日にバッドを破れば、Strikeforce、Invicta FC、UFC、そしてBellatorも加えた4団体でベルトを巻くという、前人未到の快挙を果たすことになる。

次の

クリス・サイボーグ「ヌネス戦がUFC最後の試合になる」

クリス サイボーグ

UFC女子フェザー級王座決定戦5分5回で、クリス・サイボーグ(32=ブラジル)が新女王となった。 トーニャ・エヴァンジャー(36=米国)と王座を懸けて激突。 試合の主導権を握りつつあった3回、右パンチとキックで相手を追い込み、左ヒザをボディーに食い込ませてダウンを奪取。 パウンドをたたき込み、同回1分56秒、TKO勝利で、念願のUFCベルトを手に入れた。 サイボーグは「言葉がないわ。 試合を見てくれたファンに感謝したい。 王者になれて本当にうれしいし、今、キャリアの絶頂にいると思うから、パーフェクトなタイミングね。 本当にうれしい」と喜んだ。 過去、米国のストライクフォース女子フェザー級王座を獲得するなどさまざまな団体でタイトルを奪取。 「世界最強恐女子」と呼ばれていた。 メジャータイトルとなる新設のUFC女子王座を奪い、注目を集めそうだ。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 闘病中の佐山聡「7月世間があっと驚くすごい発表」 []• プロレス [6月27日 0:07]• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• コラム [6月26日 10:00]• ボクシング [6月25日 22:13]• 大相撲 [6月25日 19:43]• ボクシング [6月25日 18:38]• ボクシング [6月25日 18:10]• 大相撲 芝田山広報部長、ぶつかり稽古解禁「一段階進んだ」 []• 大相撲 [6月26日 18:44]• 大相撲 [6月26日 16:27]• 大相撲 [6月25日 19:43]• 大相撲 [6月25日 17:54]• 大相撲 [6月24日 18:07]• 大相撲 [6月24日 15:42]• 大相撲 [6月24日 8:00]• 大相撲 [6月23日 22:48]• 大相撲 [6月23日 9:01]• 大相撲 [6月22日 22:05]• プロレス 闘病中の佐山聡「7月世間があっと驚くすごい発表」 []• プロレス [6月27日 0:07]• プロレス [6月25日 8:28]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月25日 0:00]• プロレス [6月24日 1:14]• プロレス [6月23日 0:00]• プロレス [6月22日 22:52]• プロレス [6月22日 22:09]• プロレス [6月22日 17:11]• プロレス [6月21日 17:57]• ボクシング 大橋ジム王者清水ら無観客興行でPCR検査実施 []• ボクシング [6月26日 15:25]• ボクシング [6月26日 14:57]• ボクシング [6月25日 22:13]• ボクシング [6月25日 18:38]• ボクシング [6月25日 18:10]• ボクシング [6月25日 10:18]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月24日 13:52]• ボクシング [6月23日 19:35]• ボクシング [6月20日 19:05]•

次の