ムフェトジーヴァ 武器。 【MHWアイスボーン】ムフェトジーヴァに龍封力は必要?不要?一撃討伐なら不要だった

【アイスボーン】覚醒武器の当たりと性能一覧!覚醒武器の近接ガンナー別当たり【モンハンワールド】

ムフェトジーヴァ 武器

ムフェト・ジーヴァ 別称 別称 登場作品• 『』の第二弾にて登場した。 英名は「fi'ja」であり、意味は「純な魂」。 のであったの成体とされており、名称がになる前はでは「全体」という仮称で呼ばれていた。 では蓄積した生命をとして用い、限定的ではあるものの地脈・脈に干渉するを有していたが、ムフェト・ジーヴァの場合、地脈・脈からその地帯のを吸収して自己修復を繰り返し、「居座った地の生態系を自らに都合のいいように作り変える」という未曽有のを持ち、生態系のを懸念して討伐をすることになる。 、人類もまた自らに都合のいいに作り替える具を用いているため、的に大きな差はないとされ、「人は何に討伐されるのか」というが人族のからられることになる。 また、色のついた名前のであったり、「を前提とした存在であり、撃退を重ねて討伐に至る」という基本設計については、の「」と類似している。 クエスト仕様 まず、に偵察任務をする必要ある。 偵察任務では第2層で後述する「王の」という技を発動するまでを体験する。 その後に本番である「緊急任務」に参加できる。 概ね受注・報酬のは同様で、集会所でのみ受注可で運チケットは使用不可。 の進行度で達成度が上がるである。 同様、他のの状態のも受けるの部位破壊による蓄積・達成度進行が採用されているが、よりも部位破壊の状態が報酬に直結してくるため、「破壊王」を身に着けておくことが推奨される。 また、弱点扱いになる部位も較的多くないため逆に大きくは「弱点特攻」を必要とはしない。 と異なる面としては討伐が標で1層から最終層まで純にする状態になっており、1層にはと落石が存在し、落石を当てたら00入る。 また、を与えていくと地脈のを度々吸収し、地脈のの枯渇を狙うことで次のへに進む。 その場合、封を持ったを利用するとよりく進行するようだ。 また、当時のよりも較的多くのがある程度達成度を上げながら1周討伐もしやすくなっており、装備は一定以上のものを必要とするものの上記のものを利用すると十分可である。 論、基本的には2周討伐も多く、2周討伐募集も現状多いため問題はないが、推奨はしっかり身に着けておく必要もあるのは変わらない。 モンスター仕様 このムフェト・ジーヴァは全種で1回の攻撃で傷つけが可で、傷の持続時間が3分となっている。 ただし、を吸収する際に再生するため、その度に狙う部位に傷をつける必要がある。 また、スガーを落とすの種で攻撃を行ってもスガー弾を落とさなくなっている。 攻撃を受けたは体が1にされ火やられにされてしまう。 根性をつけていても強制的に発動されてしまう上に1の状態でやけどで死ぬ状態になる。 火耐性や耐性を身に着けておくなりが粉を撒くなりの対策はしよう。 第2層からの戦と同様のの敵視が登場する。 ただし、敵視の取り方は変わっており、攻撃回数ではなくにする。 また、ぶっ飛ばに当てては取れなくなっているが、ぶっ飛ばしを行うことで他のが敵視を持っている状態でも、敵視を奪うことが出来る。 また、敵視を維持するためには敵視を取ったがある程度のを出す必要がある。 ちなみに敵視を取ったはが変化する演出がされている。 この第2層から「」と呼ばれている、状に4連続でする技を使うようになる。 この技は敵視を取ったが「足を攻撃する位置取り」、「足にでり付く」と高で使用してくる。 また、第2層からののと同様の技「王の」が発動するようになり、同様に岩片の後ろに隠れることで防ぐことが出来る。 と異なりにでできるが、最下層では予備動作が短く狙いにくい状況下ではある。 また、最終層では守るための岩が王のを行う度に壊れるようになっており、基本的には岩片の状態も再構成された状態で王のが再度放たれるようになっている。 ちなみにと違ってで回避は出来ない。 岩片のない状態で発動することがある。 ちなみにこれはと返答された模様。 普段ならあまり遭遇することはないが高な編成で敵視を取っていない状態の時に起きやすいと思われているが条件は不明。。 対策としては技のモーションが入る直前にモドリ玉を使うか弾を使うか残りの岩片の後ろに隠れるかでをかけるのみであるため十分注意が必要だろう。 最下層では、臨界状態になることがあり、この状態だと全体的に質が軟化して胸部の破壊も可となる。 この状態の時にムフェト・ジーヴァの動きを止める行動をして胸を集中狙いしておくと破壊を狙えるだろう。 装備 生産武器 のを必要とするがムフェト・ジーヴァのによって最終が出来るようになっている。 生産としては攻撃も上位で会心率は15で長めのれ味を有している。 値は全体的には低めだがでもない。 封は変わらず「小」ではlv4を2つ有している。 では、全弾を一定以上ので撃つとなっており、特化したを入手するまでの繋ぎや弾の使い分けや節約に使えるかもしれない。 はそのままの系であり、ムフェト・ジーヴァ独自のものではない。 (ムフェト・ジーヴァ独自のは報酬で出るとして存在する。 ) 生産防具 「」では、「紋ヲ刻マレシ」が登場する。 の内訳としては回避性、やられ耐性、会心がとなっている。 装備だと更に渾身が付与されるが、おそらくを基本的に使うことが多いのではないだろうか。 また、装飾品もかなり多くいている。 やられの存在も考慮すると、純にやられ耐性を持って握れるのも強みか。 は「の封印」。 位で「脈」、5部位で「・脈」が発動する。 内容としては、抜時に・値・会心率が上昇し、攻撃時にを受けるが攻撃し続けると回復効果を得るというもの。 また、この効果による値の上昇は強化上限値を引き上げながら上昇するため、上限をあまり気にしなくてよい。 (条件によって差はあるがおおよそ上限が2倍になっているようである。 ) また上昇値は以下の通りである。 そのため、「弱点特攻」の必要もなく低値のや「会心撃【】」、「・会心撃【】」の倍率の低い種でも値の引き上げを行える装備となる。 また、の強化で「回復付与」を一つつけておけばを受けた分回復するようになり、実質に近い状態にすることも可。 値がある程度高くてものィーナとの混合装備にすることで値を上げつつ「会心撃【】」を発動させてを上げると言ったことも出来、「・会心撃【】」に迫るにまで及ぶことも。 覚醒武器 ムフェト・ジーヴァの緊急任務終了後の報酬としてもらえるは、受取時点での装備種が必ず2つ排出されるようになっている上に、当時のより狙ったを取るのが簡単になっており、代わりにの強化に使うである、石を多く手に入れるために回数回すことになる。 は基本的に性は同じでついているや弾の性によって選ぶことになり、で装飾品はlv4が一つついている。 を5まで設定出来、そこにを割り当てて性を強化していく。 攻撃やを多く盛って強化するのが基本で、最大強化時は基本的には生産より高いしている。 それでも、一部このかそれ以上のを持つ生産も存在はしているので、そこはの性や構成と吟味しよう。 また、そのので付随要素としてれ味を伸ばしたり、1部位分節約したりできる。 で見たが変わる。 全て12で固定されており、更に強化は可でも強化は。 余ったは石に変換することも出来て、ムフェト・ジーヴァのからをすることも出来る。 ただし、はpとかなり調が減ってしまうので気を付けよう。 関連動画 ムフェト・ジーヴァに関するのを紹介してください。 (特にない場合はこの部分をしてください) 関連静画 ムフェト・ジーヴァに関するのやを紹介してください。 (特にない場合はこの部分をしてください) 関連項目• (敵視や変化を上で一番先に導入されたの).

次の

【MHWアイスボーン】覚醒武器の一覧丨当たりとおすすめ【モンハンワールド】|ゲームエイト

ムフェトジーヴァ 武器

「モンスターハンターワールド:アイスボーン」に関する最新情報をお届けします。 ここでは とりあえず実装直後の「ムフェト・ジーヴァ ゼノ完全体 」を討伐したので、仕様や強さ・攻略に関する攻略メモを書いておきます。 しっかりまとまって整理されたものではありませんが、これから初見だという人には必ず役に立つはずです。 こちらの記事もどうぞ クエストを受ける手順 MR24以上で受けられる 「失われた幽世線」をクリア後に、偵察任務まで流れに沿って終わらせていると、 緊急クエスト期間にセリエナに訪れた総司令に紫の「!」がつくので、会話しましょう。 すると集会エリアで緊急クエストが受けられます。 マムタロト+ベヒーモス仕様 1周目で倒すことは難しいかも 不確定 しれません。 まだ検証が必要そうですが、 初めてプレイした感じでは「1周目でも行けるかも?」という感じです。 途中まで3人でやってたので…。 1周目で倒せないとマムタロトで言うところの追跡レベルのように「達成度」というものが溜まった状態だったり、地脈エネルギーがある程度枯渇した状態で始まるので、2周目はポンポン進みます。 私の初討伐時は1周目で最下層のあとちょっとっぽいところで終わったのですが、2周目の1エリア目は1分もたたずに終わりました! エクリプスメテオ的なムフェトジーヴァの必殺技は、偵察任務の時より明らかにスピードが上がっています。 普通に立ち位置が悪いと死ねますので注意してください。 あげく、 最下層の岩は極ベヒーモスよろしくしっかり壊れます。 報酬の覚醒武器などについてはとりあえずこちらをご確認ください。 クリアがそもそも難しい難易度? 偵察任務がぬるかったこともあって、破壊王付けて周回やりまくるための装備などが話題の中心だった実装前ですが、 いざ 蓋を開けてみると結構高い難易度です。 とっかえひっかえの野良でやる場合は効率や部位破壊以前に、安定してクリアするのが中々難しいかもしれません。 通常ベヒーモスよりはだいぶ強い気がします。 うろ覚えですが…。 極ベヒーモスよりはだいぶ弱いので、極を討伐慣れしている猛者が四人集まれば余裕ですが、 被弾しがちで自分で回復しない全く仕様を理解していないタイプのプレイヤーが一人混じると、それだけで3乙持ってかれる程度には難しいと思います。 まずは エクリプスメテオ的なあれを確実に避けれる程度には仕様を理解しているのは必須で、生命の粉塵などを使用しないサポート意識が低い人が多くても一気に難易度が上がるでしょう。 それでも、 2周目以降はムフェトジーヴァの体力が明らかに低下するので、こっちが3乙しなければ勝てると思います。 最下層 3層 の仕様 ムフェトジーヴァの緊急クエストは第3層がラストになります。 ここの仕様の1つは、エクリプスメテオ的なアレを避けるための岩が壊れることです。 ベヒーモスのコメットに慣れている方ならすぐわかると思いますが、同じ仕様です。 近くで戦っていてムフェトジーヴァの攻撃が岩に何回も当たると壊れます。 とはいえ、結構そこら中に岩があるので「今アレが来たら岩に間に合うか」ということを常に意識さえしておけば、まぁたいした問題にはならないのかなと思います。 ちなみに エクリプスメテオ的なアレ中は当然ですがモドリ玉も使えません。 もう一つは黄緑っぽいっぽいガスが地面からモワモワしている場所に、敵視を取ったプレイヤーがムフェトジーヴァを誘導すると、地面が爆発してムフェトジーヴァに大ダメージを与えられます。 ムフェトジーヴァの顔面にぶっ飛ばしをすることでも敵視を取れるので、モワモワしたところに誘導したいときは利用してみるのもいいかと思います。 破壊王は有効でした 初見時に破壊王3を付けていきましたが、やっぱりあった方が良いと思います。 部位破壊すると固定ダメージや属性ダメージに対する防御率が軽減されたり、報酬が増えたり、肉質が柔らかくなったりといいことずくめです! 毒や爆破はどうなのか 「毒と爆破どっちがいい?」についてですが、「そんなことよりまず死なないことを優先してください」という感じの緊張感ある現場です 笑。 冗談は置いといて、 一般的には爆破属性がいいのでは?という意見が優勢ですが、先ほどから書いている通り味方の実力が完全に信頼できる場合を除いては、 まず3乙せずにクリアすることが大切になります。 そのために毒武器で早めに倒すのも悪くは無いと思います。 3乙するよりは100倍マシです。 とはいえ、この辺りはまだ結論が出そうにないので、今後もう少し検証したり色々掘り下げていければと思います。 もっとぶっちゃけて言うと、色々煮詰まってくるまで細かいことはわからないから最初の1週間くらいは好きなようにしたらいいと思います。 最初の内はとりあえず3乙せずにクリアできればOKくらいでいいのでは? 強い身内だけで固まってプレイできる人を除き、野良でチャレンジする人や久々に復帰する人などは、 効率重視の構成や無理に火力を積んで3乙したら本末転倒なので、 少なくとも情報が出そろったりするまでは、まずクリアすることを最優先と考えた装備で挑むのが良いと思います。 マルチが不安な方へ:破壊王3・体力増強3・生命の 大 粉塵調合分あたりは用意しておこう スキル構成とかがよくわからないライト層の方向けアドバイスですが、体力増強3と破壊王を付けとけば、まず不安に感じなくていいかなと思います。 そのうえで生命の 大 粉塵を調合分まで持ち込んでおいて、傷つけしつつ死なない程度に頑張って攻めて、味方の体力が減ってたら粉塵撒いておけば充分役に立ってるでしょう。 あとは死なない程度に頑張って攻めるというのをどこまでやれるかにかかってきます。 自信が無い人にとってマルチ前提クエストは不安かもしれませんが、あまり緊張しなくていいと思います。 ただのゲームですから。 自信満々な顔して今野良マルチやりまくってるアイツもコイツもついでに私も、過去に戦犯500回くらい経験してるから大丈夫です。 次に繋げる意識があれば問題なしです。 後でしっかり攻略ポイントをまとめます まだ1回討伐しただけなので、あとでしっかりまとめたいと思います。 書き終わったらリンクを張るので、そちらも確認していただければ幸いです。

次の

【MHWI】やっぱり強い覚醒武器!新たに判明した覚醒能力や仕様についてまとめ【ムフェトジーヴァ】

ムフェトジーヴァ 武器

クエストは期間限定配信! ムフェト・ジーヴァの緊急任務クエストは、マムタロト等と同じように期間限定配信となっています。 現在判明している配信期間は、2019年12月13日~2020年1月6日。 年末年始は休みの人も多いと思うので、ガッツリやり込むハンターが多そうですね。 集会所限定。 最大16人でチャレンジ可能 マムタロトと同じく 集会所限定で受注可能なクエストです。 最大16人で挑戦可能ですが、実際にはいつものクエストと同じで4人パーティーでモンスターと戦います。 マムタロトと同じく集会所全体で体力が設定されているので、4つのパーティーで体力を0にすればクエストクリアとなり報酬が得られます。 マムタロトのように部位破壊などでポイントが獲得可能です。 他のパーティーが部位破壊をした場合でもポイントが獲得可能なので、できるだけ人数を集めてプレイする方がお得です。 ポイントが貯まるほど報酬が増えるので、途中から参加した場合は報酬が少なくなる仕様になっています。 ムフェト・ジーヴァクエスト概要 ムフェト・ジーヴァは通常のモンスターと異なる点が多いので、クエストの特徴を紹介します。 新ステージで体力を削りきればクリア このクエストでは『 幽境の谷』という新ステージで戦います。 ムフェト・ジーヴァはダメージを受けると、地脈エネルギーを吸収して回復します。 そのままムフェト・ジーヴァへダメージを与え続けると、地脈エネルギーを求めてさらに下の階層に移動していきます。 ムフェト・ジーヴァを最下層まで追い詰めると攻撃は激しさを増しますが、体力を0にできれば討伐可能となります。 敵視システムあり ベヒーモスでも存在した 敵視システムがあります。 敵視状態となったプレイヤーは、赤い線が表示され、モンスターから集中的に攻撃を受ける状態になります。 その為、敵視を受けたプレイヤーが攻撃を凌げば、他のプレイヤーは攻撃に専念する事が可能です。 言わば守りと攻めをプレイヤー間で役割分担するシステムです。 ガードが可能な武器種が敵視を取れれば、戦闘が楽になります。 2層目以降に攻撃を与えていると、敵視を取ってしまう可能性があります。 ガード可能な武器なら敵視を取り続けていいのですが、ガードができない武器が敵視を取ると危険なので、回避に専念するようにしましょう。 敵視中のムフェト・ジーヴァの頭部に、ぶっ飛ばしで使うスリンガー全弾発射をすると無理やり自分に敵視を向けさせることも可能です。 フィールド全体への即死技あり こちらもベヒーモスのエクリプスメテオと同じように、フィールド全体が範囲の即死技を使用してきます。 判明している回避方法は、『 フィールドにある岩に隠れる』です。 もちろんエクリプスメテオのようにモドリ玉は無効になります。 フィールドにある岩場は普通のブレスの回避にも有効なので、砥石を使用したい時などにも利用できます。 傷つけによる肉質軟化が全武器共通 太刀などの傷つけ2回武器も、ムフェト・ジーヴァ戦では クラッチクロー攻撃による肉質軟化は1回でOKです。 クラッチクローの引っ掻き 〇ボタン を数回するだけでも傷つけが可能なので、クラッチクロー関連の武器格差は少ないです。 ムフェト・ジーヴァは肉質がかなり硬いので、クラッチクローによる肉質軟化がクエスト攻略の鍵す。 またムフェト・ジーヴァは地脈のエネルギーを吸収して肉質軟化部位を治してしまいます。 ステージが進む事に頻度が上がるので、こまめな肉質軟化を行うか、肉質無視攻撃が有効です。 覚醒武器の仕様 ・クエストクリア後に覚醒武器がランダムで報酬として提示、その中から数本選んで取得する ・自分の装備している武器は確定で出現する ・覚醒武器は攻撃力・切れ味・会心率・スロットは固定。 属性だけがランダム ・報酬で手に入る龍光石というアイテムで覚醒武器を強化する ・龍光石を使用するごとに様々な強化項目がランダムで3つ登場するので、ここから強化項目を1つ選んで強化していく ・強化項目は最大5つ。 攻撃力、会心率、防御力、スロット、切れ味強化、シリーズスキル追加、弾丸の装填数増加など ・強化項目の抽選、覚醒武器の強化は何度でも可能 クエストクリア後は報酬として『 覚醒武器』が入手可能です。 クエスト終了後に集会所で、数本の提示された武器の中から、任務の達成度に応じて自分で選んで数本を取得できます。 マムタロトのような、報酬の時点でのガチャ要素は少なくなっていますが、武器を強化していく過程ではガチャ要素が強そうです。 覚醒武器の強化 覚醒武器は、クエスト報酬で手に入る『 龍光石』を使用して『 覚醒能力』を追加していきます。 覚醒能力は最大5つまで追加可能です。 能力は後から付け替えも可能です。 シリーズスキルも追加可能 レアの覚醒能力として『銀火竜の真髄』といったシリーズスキルも覚醒武器に追加可能です。 銀火竜の真髄はレア度が星5の為、かなり出現しにくいと思われます。 前作のマムタロトのように、覚醒武器一強となり、生産武器が一気に産廃になる可能性が高そうです。 ガチャ要素に救済もあり 覚醒能力のガチャ要素ですが、出現した3つの能力が気に入らなければ次回へ持ち越す事が可能です。 次回へ持ち越した場合、 レアな能力が出現する割合がアップするので、前作よりはガチャ要素がマシになっている可能性が高いです。 クエスト攻略 現在判明している情報は ・体力40000 落石ダメージが2000から ・状態異常はスタン・毒・麻痺・睡眠・爆破が有効 ・弱点属性は5属性全てが有効。 部位破壊後は通常のダメージを与えられるようになる。 ・物理ダメージは部位破壊前、部位破壊後で大きな変化は無し ・斬・打・弾によって有効部位が異なる ・見た目が黒っぽい部分が硬く、赤い部分は柔らかくダメージが通りやすい ・乗りも有効。 乗り後はすぐにフィニッシュ攻撃可。 即フィニッシュしないとダウンしてしまう ・火属性やられ対策が欲しい。 捕食されるとダメージが1残るが火属性やられで力尽きてしまう ・覚醒武器で部位破壊を行うと、武器の強化に必要な覚醒値が報酬で獲得できる ・覚醒値の入手量によっては、育てたい武器でクエストに挑戦するのが最効率かも おすすめ武器は? 好きな武器でOKです。 覚醒武器で大剣が欲しいなら大剣、といったように欲しい武器種で挑戦しましょう。 覚醒武器を装備して部位破壊をすると、覚醒値が入手できるので、育てたい武器で挑戦する方がいいと思われます。 自分の育てたい属性武器で挑戦しましょう。 もちろん無属性武器でもOKです。 状態異常も全て有効です。 マムタロトのように、麻痺や睡眠は攻撃の激しさが増す後半の方が有効である可能性が高いです。 毒のダメージが高いけど使うべき? 1回目は毒けむり玉でも毒になるくらい耐性が低く、毒になると4000以上のダメージが狙えます。 しかし毒ダメージが高すぎるので、部位破壊をする前に討伐してしまう可能性も高くなります。 その為、毒を与えるなら部位破壊が全て終わってからのタイミングが有効だと思われます。 覚醒武器による部位破壊で、覚醒値が入手できるので、 部位破壊の妨げになる毒武器は歓迎されない可能性が高いです。 前作からの改善点が多く、かなり期待できる! 前作で不評だった痕跡集め、武器ガチャ、特定武器優遇といった改善点が見られているので、開発の本気度が伺えます。 モンスター自体も前作のラスボスであり、かなり期待のできるコンテンツとなっています。 クエスト攻略・高速周回方法が判明次第、修正していきます。 新記事UPしました!.

次の