ウーバーイーツ web登録。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員になる為の登録方法【招待コード付き】

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法から始め方【完全ガイド】|シロハヤブログ

ウーバーイーツ web登録

空いている時間に副業として配達している方も多いみたいですね。 WEB登録必要事項 ・メールアドレス Uber Eatsの様々な情報が送られてきます。 配達のお仕事で実際使用するような大切な情報も送られてくるので、常に確認できるメールアドレスを登録しておいたほうが良いと思います。 ・名前 日本人のお客さんがメインですが、外国人のお客さんからの依頼も多いので ローマ字での登録をオススメします。 ・電話番号 いつも使用している 携帯電話で登録したほうが良いと思います。 時々、正確に住所を書かないお客さんもいる為、近くに来たら電話でやり取りしながら手渡す場合もあります。 ・都市 現在、ウーバーイーツのサービスエリアはおおまかに 東京、埼玉 さいたま市、戸田市、川口市等 、千葉 市川市、船橋市等 、神奈川 横浜市、川崎市 、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡となっています。 自分がメインにする予定のエリアを選択してください。 尚、登録エリア以外でも配達出来ますし、いつでもエリア変更可能です。 ・配達に使用する乗り物を選択 基本的には 「自転車 or 原付」 と、なります。 他にも軽自動車や125cc超えバイクなどがありますが、事業用ナンバーを取得しなければいけなかったりするので、気軽に始めたい人にはまず関係ない項目だと思います。 自転車か原付バイクどちらにしようか悩んでいる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。 身分証確認• 銀行口座登録• 配達パートナーアプリの説明• 簡単な講習ビデオを見る• 配達業務の説明• 質疑応答 ちなみに私のときは美人のお姉さまが対応してくれたので30分程度で終わってしまい少し残念でした 笑 一応、注意ポイントとしては、あの有名なデカい配達バッグを持ち帰ることになるので、出来る限り手ぶらで行ったほうが良いです。 ちなみに、この説明会に参加した後、すぐ配達することも出来ます。 登録説明会に行く際に交通費や諸経費かかる人もいらっしゃるでしょう。 レンタル自転車などを借りて、その日に経費を回収し、更に稼ぎ出しちゃうことも可能です。 これでもうウーバーイーツ配達員として仕事していける状態となります。

次の

【福岡】Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録方法や注意点を詳しく解説!

ウーバーイーツ web登録

Web 登録の流れ それでは早速、一時的に変更された Uber eats の配達パートナーの登録方法について解説していきます。 Web 登録ではあなたの名前や住所、電話番号などの個人情報を入力していきます。 また、本人確認書類として運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど写真付きの身分証明書を画像にしてアップロードします。 配達パートナーの報酬は海外から振り込まれますので、ゆうちょ銀行やネットバンク、信用金庫などの口座は登録できない場合がありますのでご注意ください。 ここまでの手順は、通常の Web 登録時と変わりません。 通常ではこの Web 登録後に、各エリアのパートナーセンターに出向いて、本登録、ルーバー一のサービスの説明、配達時に使うドライバーズアプリの使い方などの説明会に出席します。 現在では一時的にこのパートナーセンターの営業が休止されているため、本登録含めすべてオンライン上で進めていきます。 なお、何らかの影響で Web 登録中にエラーが出てしまった場合は、Uber Eatsの電話サポートを利用しましょう。 登録したメールアドレスに購入先のリンクが届きますので、メールの指示に従ってください。 また、Uber Eatsのバッグの料金は一時的に立て替えている状態です。 配達パートナーを辞める際に手続きを行えば、バックの料金は戻ってきます。 立て続けに新規配達エリアの拡大、さらに新型コロナの影響でUber Eatsを利用する方が増えているため、まずは慣れるためにも一度配達してみましょう。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の登録方法から始め方【完全ガイド】|シロハヤブログ

ウーバーイーツ web登録

こんにちは友幸()です。 「ウーバーイーツ」という料理のデリバリーサービスがある。 最近よく緑や黒の四角いバッグを持って自転車に乗っている人を見かけるが、あれがウーバーイーツの配達パートナーだ。 ウーバーイーツの配達パートナーは、履歴書不要で 誰でも登録して働くことができ、 自分の好きなときに働くことができるので 副業に最適だ。 報酬が週払いなので すぐにお金が手に入るのも嬉しいポイントだ。 わたしも 大阪でウーバーイーツ配達パートナーに実際に登録してきた。 この記事ではウーバーイーツの配達パートナーに登録する方法を紹介するよ。 ウーバーイーツ(Uber Eats)とは? 「ウーバーイーツ」は、アメリカのウーバーテクノロジーが提供する料理の配達サービスだ。 ウーバーはもともと一般人が空き時間に他人を運ぶタクシーのような仕組みを作り、有名になった会社だ。 ウーバーの他にも、自分の家を旅行者に貸して収入を得る「エアビーアンドビー(Airbnb)」など、アメリカではシェアの概念を広げるベンチャー会社が多く生まれている。 「ウーバーイーツ」は料理の宅配サービスだが、車の配送と同じように一般の人が料理を配達する仕組みになっている。 日本では2016年9月に東京でサービスを開始し、2017年11月に横浜でサービスを開始。 2018年4月26日から大阪でもサービスを開始した。 2018年10月24日からは名古屋でもサービスを拡大。 現在では「東京」「埼玉」「横浜」「川崎」「大阪」「京都」「神戸」「名古屋」「仙台」「福岡」「広島」「岡山」「金沢」「富山」など多くの都市でサービスを提供している。 今後も様々な地域にサービスエリアが広がっていくだろう。 ウーバーイーツ大阪のエリア ウーバーイーツ大阪は、2018年4月26日より大阪市内にてサービスを開始。 サービス開始当初は、大阪市内10区(中央区・北区・西区・浪速区・天王寺区・福島区・都島区・阿倍野区・西成区・大正区)を含む一部地域で利用することができた。 その後、徐々に利用できるエリアを広げていき、現在は大阪市全域や大阪市以外の市でも利用できるようになっている。 ウーバーイーツ大阪の現在のサービス提供エリアは以下の地域になっている。 大阪のウーバーイーツサービス提供エリア• 大阪市• 東大阪市• 八尾市• 豊中市• 吹田市• 松原市• 藤井寺市• 高石市 2020年4月1日からは堺市、松原市、藤井寺市、高石市が追加されて、利用できる範囲がより広くなった。 今後も大阪全域でサービスが利用できるように拡充していくだろう。 ウーバーイーツ大阪の配達パートナーの登録方法 ウーバーイーツで配達パートナーになるには、公式サイトにアクセスしてバートナーに登録すればいい。 登録に履歴書などは一切不要だ。 自転車やバイクさえあれば誰でも配達を行うことができる。 自転車を持っていない人でもレンタバイクを使って仕事をスルこともできる。 自分の予定に合わせて好きな時間に働くことができるので大変便利だ。 配達パートナーの登録はWebで登録後にパートナーセンターにいき、そこで説明を受けた後にバッグを受け取る流れとなる。 そのため 配達パートナーの登録は対面ではなく、Web登録後に送られてくるメールに従って登録するかたちに変更となっています。 メールアドレス• 電話番号• ログインの際のパスワード• 都市名• 招待コード 名前はローマ字で入力するので注意しよう。 都市名もローマ字になる。 大阪の場合「Osaka」だ。 最初の文字を入れれば、候補が表示されるのでそこから選択するといい。 招待コードは入力不要だ。 入力が終わったら「次へ」をクリックする。 次に利用する乗り物を選択する。 今回は自転車で配達するので、「自転車で配達」を選択する。 入力できたら「続行」をクリックする。 次に同意ページに移動する。 内容を確認したら「確認の上同意する」にチェックをいれ、「同意して続行する」をクリックしよう。 次にプロフィール写真をアップする。 「写真をアップロードする」を選択して撮影した写真をアップロードしよう。 最後に身分証明書をアップロードする。 身分証明書を写真に撮り、アップロードしよう。 これでWebでの登録は完了だ。 Webでの登録後、身分証とプロフィール写真の審査が行われる。 審査は数日で完了する。 わたしは登録してすぐに審査が終わったが、混み合っている場合、最長で2週間程度かかる場合もあるようだ。 審査の状況は「ステータスを確認する」をクリックすると確認することができる。 審査の状況はアプリからも確認することができる。 アプリをダウンロードする 審査が終わるのを待つ間に、ウーバーイーツの配達パートナーが利用するアプリをダウンロードしておこう。 アプリは、アプリストアで「Uber Driver」と検索すると見つけることができる。 ウーバーイーツの配達パートナーはこのアプリを利用してやり取りをする。 ダウンロードしただけでは利用できず、アプリを有効化するにはパートナーセンターにいく必要がある。 アプリをダウンロードして起動すると、Webで登録が完了したときと同じ画面が表示される。 ここで審査の状況を確認しよう。 審査が完了すると、ステータスに審査完了と表示される。 ウ-バーイーツのアプリは地図を表示させるために「Google Map」を使用する。 まだインストールしたいない人は一緒にインストールしておこう。 銀行口座の登録 時間があればウーバーイーツの報酬を振り込む銀行口座の登録も済ませておこう。 あらかじめ登録しておけば、パートナーセンターでの登録時間を短縮することができる。 わからなければ、パートナーセンターで登録してもいい。 銀行口座の登録するためには、ウーバーの公式サイトからダッシュボードにログインしよう。 アプリの「ダッシュボードに移動する」からログインすることも可能だ。 右上の「ログイン」を選択し、「ドライバーとしてログイン」を選択しよう。 するとサインインの画面に移動するので「メールアドレスか電話番号」と「パスワード」を入力してサインインしよう。 ログインすると、ウーバイーツの売上などを確認することができるダッシュボードに移動する。 右側に「銀行口座情報」があるのでクリックし、銀行口座情報を入力すればいい。 住所を入力する箇所があるので、銀行に登録している住所をローマ字で入力しよう。 振込が海外からの入金になるため、ウーバイーツに登録する銀行口座は「住信SBIネット銀行」などのネット銀行や「信用金庫」「ゆうちょ」は利用できないので注意しよう。 また「みずほ銀行」も海外からの入金は手続きに時間がかかるのでおすすめしないとパートナーセンターのスタッフの人が話していた。 登録可能な銀行であれば、銀行名を入力すれば候補が表示されるので確認してみよう。 ウーバーイーツパートナーセンター大阪にいく• 身分証明書• 銀行のキャッシュカード• スマホ 身分証明書やキャッシュカードは、事前に登録していれば不要かもしれないが、確実に登録するため一応持っていくといい。 パートナーセンターへいくときは、事前の連絡などは不要なので、そのままパートナーセンターに向かおう。 大阪のパートナーセンターは、わたしが登録したときは心斎橋のりそな船場ビル6Fの貸し会議室だったので場所がわかりにくかったが、現在は場所が変わっている。 新しいパートナーセンターは、淀屋橋駅をでて大通りを本町に向かって南に歩いていると右手に見つけることができる。 ウーバーイーツの看板があり1階にあるので、以前に比べて見つけやすくなっている。 パートナーセンターの外には自転車を停めるところがないが、中にはいると自転車置き場がある。 わかりにくいが自転車で行くときは、そのまま自転車ごとパートナーセンターの中に入ってしまおう。 パートナーセンターでは入り口に受付のスタッフの人がいるので登録に来たことを伝えよう。 Web登録や銀行口座の登録などを確認するが、事前に登録しておけばすぐに終わるはずだ。 その後、 女性のスタッフから簡単なウーバーイーツとアプリの説明を受けてアプリを有効化してもらい、バッグを受け取ったら終了だ。 ウーバーイーツでは、バッグの預り金(デポジット)として4,000円が必要になる。 デポジット方式は、外国ではよくある方式で、バッグが盗まれないために預かり金を支払う方式だ。 デポジットはパートナーセンターで支払う必要はなく、ウーバーイーツの報酬から4週間、毎週1,000円ずつ天引きされる仕組みになっている。 わたしが登録したときはデポジットが8,000円だったので現在は半額になっているようだ。 デポジットは、バッグを返却した時に返ってくるので、あまり気にする必要はない。 ウーバーイーツを試してみる パートナーセンターでアプリを有効化すれば、いつでも仕事を開始できるようになる。 すぐに仕事を始めたい人はパートナーセンターに夕方ころ登録にいき、そのまま一度配達をしてみるといいだろう。 実際にやってみるとわかるが、 荷物を受け取ってただ届けるだけなのでやることは非常に簡単だ。 ウーバーイーツ大阪の配達パートナー登録まとめ ウーバーイ ーツの配達パートナーに登録する方法を紹介した。 ウーバーイーツは、自分の好きな時間に働くことができるのが大きなメリットだ。 副業として休みの空いた時間にサクッと稼ぐことができる。 報酬が週払いなのも嬉しいポイントだ。 日雇いのバイトをするなら、ウ-バーイーツの配達パートナーをやったほうがいいだろう。 簡単に登録できて働けるので、興味のある人は一度やってみるといいよ。 tomoyukitomoyuki.

次の