藤沢 高級 食パン。 高級食パン専門店『君は食パンなんて食べない』藤沢駅北口にオープン!

高級食パン専門店 君は食パンなんて食べない

藤沢 高級 食パン

テレビでも紹介された変な名前の高級食パン屋が藤沢駅前にNEWオープン 高級食パンブームがついに湘南藤沢にもやってきました! 人気パンブランドを神奈川県内でいくつも手掛けるパンパティの大泉裕一氏と、ジャパンベーカリーマーケティングの岸本拓也氏が2019年10月にオープンさせたのが、 藤沢の高級食パン専門店「君は食パンなんて食べない」です。 パン屋の名前も変だけど ベーカリープロデューサーのこの人の変態振りが気になる! メディアでも多数紹介されている話題沸騰中のお店だとか。 私もこの全身ピンク色のド派手なベーカリープロデューサーの姿は何度かテレビで拝見しましたが。 この人いったい何者なんだ? ショックを受けるほどの甘さと香りが特徴だとか テレビの食レポではとにかく「甘くて美味しい!」と大評判のようでしたが、真相はいかに? 「君は食パンなんて食べない」の場所は藤沢駅北口徒歩3分 この変な名前の食パン専門店の場所は、藤沢駅北口から徒歩3分。 おしゃれなカフェビル近くにある松屋の隣です。 休日は行列ができている「君は食パンなんて食べない」店前の様子 いまだに人気衰えず 人通りも多い休日の午後に訪問しましたが、店前には 10名程度の行列ができています。 うわぁ、来るのが遅かったか。 まだまだ行列待ちの大人気!運が良ければ引き換え券なしで待たずにゲットできる 行列に並びながら店舗を観察。 ピンク色やサイケデリックな模様でキラキラ感が半端ないです。 殺風景な藤沢の街ではコレは相当目立つ…。 ピンク色が目立つ「君は食パンなんて食べない」 藤沢の殺風景な街並みにピンクがとにかく目立つ! ヘンテコな模様も イートイン席などはなく、ピンクの販売カウンターがあるだけ。 テイクアウト専門店ですね。 ピンク色の販売カウンター しばらくすると店員さんが「引き換え券はお持ちですか?」と聞いてきたので、「持っていません」と答えると、「今ならレーズンパンならすぐにお渡しできます」だって!ラッキー! 本来なら 焼き上がり時間ごとに限定枚数で配られる引き換え券が必要なようです。 この時はたまたま14時の焼き上がりのレーズンパンが1斤だけ余っていたので、待ち時間なしですぐに買えました! 食パンの種類は2種類 ただし、ノーマルな食パン「Shockパン」は残っていないそうで、次の焼き上がり時間まで待たないといけません。 Shockパンはまたの機会にします。 話題の高級食パンをゲット ド派手な紙袋が恥ずかしい サイドもこんなにド派手な文言が ちなみに「君は食パンなんて食べない」の紙袋にはこんな感じの2人のキャラクターイラストが!電車で持ち帰ると目立ってかなり恥ずかしかったです。 実食!まずは何もつけずにそのままムシャムシャ 焼き立てなのでまだ熱々の食パン。 紙袋に包まれていて側面は熱を逃がすために開かれています。 紙で包まれた高級食パン 熱がこもらないように側面は開いています 冷めたら別のビニール袋に入れ直します。 冷めたら入れるようのビニール袋 変なマニュアルが入っている 高級食パンの美味しい食べ方 また変なキャラクターデザインのマニュアルが。 小麦粉・生クリーム・ローズソルト・国産バターなど、こだわりの材料の説明と、美味しい食べ方の解説が書かれています。 それによると 「トーストせずにそのまま召し上がっていただくのがおすすめ」だそうです。 ということで、まずは何もつけずにそのままのレーズンパンをいただきます。 まだ温かいです さっくりフワッと切れます やわふわのパンは専用のパンナイフでなくても簡単に切れました。 厚めに3cmぐらいの厚さで 小麦粉とバターの香りがする 贅沢にちょっと厚めに切って、手でむしってムシャムシャいただきます! やわらかー 甘い香りがたまらない 割くと甘い小麦粉とバターの香りがして、味はまろやかなミルキー味。 酸味が際立つサンマスカットレーズンがとても良いアクセントです。 かなり美味しいです! レーズンの酸味がイイ! 耳部分もサクサクと好き 表面の耳部分もサクサク香ばしくてとても食べやすいです。 バターをオンすると高級なスイーツ感覚 続いてはバターをたっぷりのせていただきます。 高級食パンにバターをたっぷりのせて パンの熱でバターがジュワーッと溶けて 食パンのじんわりした熱でバターがジュワーッと溶け出して。 食パンだけでも相当美味しいのですが、 バターの芳醇さが加わるとまるで高級スイーツ! 追いバターしちゃいます 追いバターが止まらない旨さでした! おかずパンでも美味しくいただきました そして、翌朝は軽くレンジで温めて、ベーコンエッグと一緒にいただきました。 卵の黄身と合う まろやかな黄身とベーコンの塩気が、甘酸っぱいレーズンパンに、これがまた合う合う! 余った食パンは1枚ずつ切り分けて冷凍保存できます。 最高の朝食用にストックしておこう! まとめ:湘南の高級食パンブームはまだまだ続きそう! 藤沢の高級食パン「君は食パンなんて食べない」のレーズンパンは最高に美味しかったです。 湘南地域では鎌倉を中心にまだまだ高級食パンが大流行しています。 一過性の流行りではなくぜひ根付いて欲しいものです。

次の

【新OPEN10月】「君は食パンなんて食べない」が神奈川藤沢にオープン!混雑行列状況も紹介

藤沢 高級 食パン

もくじ• 駅から徒歩3分、ド派手なお店が突然現れた! 茅ヶ崎駅北口を出て、駅前交番を左手にして真っすぐ進むと松屋があります。 そこを右に曲がって歩いていると視界にド派手なビビットオレンジが! これは迷うことないでしょう、安心して下さい! 外壁だけでも十分目立っていますが、看板にはさらにキラキラマーク。 そこに書かれているインパクト抜群な 「生とサザンと完熟ボディ」が店名です。 名前だけ見ると何屋さん?といった感じですが…これもパンに絡めたネーミングになっているんです! まずはお店がオープンするまでの経緯を少しご紹介します。 感動の味を茅ヶ崎にも広めたい! 事業者は藤沢市にある清掃や設備業務を行っている 大浜屋。 ある日テレビ出演していた ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏を見て、 食パンを食べたところあまりの美味しさに感動したそうです。 そしてパン業界への参入を決め、馴染みのある茅ヶ崎での開店となりました。 ちなみに、一際目立つこの方が岸本氏。 もし看板を見つけたら思わず二度見しますよね。 さすがに気合入れすぎたかな?と店前まで行くとすでに4、5人いる! 祝日ということもありますが、私が到着してから数分で10人以上の列になっていて驚きました。 店前に並ぶと陽気なハワイアンミュージックが流れる中、外までパンの良い香りがしてきます。 店内では2斤のパンを1つずつ紙袋に入れる様子が。 黄色に「完熟」「高級食パン」の黒文字の紙袋は遠くからでも目立ちまくり! そしてカラフルなイラストは茅ヶ崎のお洒落で陽気な雰囲気が伝わり、 よく見ると「hakkou 発酵 」と書かれたTシャツだったり、 ターンテーブルにパンが乗っていたりと細部までこだわりを感じます。 9:30 引換券配布開始、欲しいパンを注文 「完熟ボディ」(プレーン)2斤¥800(税別) 「禁断の果実」(レーズン)2斤¥980(税込)の2種類のみとシンプル。 商品名もなかなかのパンチですね・・・! 特に 「禁断の果実」は 1日40本程の限定販売なので迷わず2種類注文しました。 すると「禁断の果実の焼き上がりは12:30になりますがよろしいですか?」と店員さん。 てっきりオープンと同時にゲットできると思っていましたが、 どうやら商品によって焼き上がり時間が決まっているようです! そこで「完熟ボディと一緒のお渡しにもできますよ」と提案して頂き、同じ時間帯の引換券を貰うことができました。 さらに引換券があれば、指定の時間に行けなくても18時まで取り置きしてくれるそうです! ちなみにプレーンだけ欲しい方は整理券をもらい、オープンと同時に購入できます。 ただ、1度に焼く本数が決まっているので早い者勝ち! 10:00の分が売切れたら違う時間の引換券をもらうことになるか、その引換券も終了してしまえば完売となります。 もしお時間ある方は、早めにお店に行き、都合の良い時間を選んで引換券をゲット! そして他の用事を済ませてから焼きたてパンを取りに行くのもアリですね。 instagram. やはり確実にゲットしたければ遅くとも午前中に行った方が良いですね。 そして引換券を渡し、お支払い!(ちなみにクレジットカード不可でした) パンを受け取る際、店員さんから 「焼きたてのため、ビニール袋は封はしていません。 冷めたら閉じてください」との注意が。 なるほど、確かに焼きたてなので水蒸気が出ているのが見てわかります。 これは楽しみ! さらに気を付けるとするならば、家に持ち帰るまでの扱い方! 本当に柔らかいパンなので縦にしたり、持ち歩き時間が長いと型崩れしてしまうでしょう。 せっかくジャストサイズの紙袋に入れてくれているので、そのままの状態でお家に連れて帰ってあげてください。 開けた瞬間広がるバターの香り、驚きの柔らかさ! プレーン「完熟ボディ」 袋から出すと、バターの良い香りが広がります! これ、高級食パンで1度やってみたかったんですよね。 贅沢に手で割ろうと外側をつまむと、それだけでへこむくらい柔らかい! そしてお餅のように生地が伸びながら、みずみずしい断面が現れました。 購入初日なのでお店がオススメする通り、そのままちぎって口の中へ。 まず感じたのは 小麦の香り。 開けた時はバターの香りでしたが、食べてみると小麦の香りを感じ、とても優しい印象です。 しっかり甘味を感じますがくどくないのは、砂糖の他に蜂蜜も使っているからでしょうか? さらに驚いたのは もっちりしっとりな食感! 口がどんどん潤っていくので、せっかく珈琲用意したけど全然要らない!! これなら100円、200円プラスしても高級食パンを食べたいなと思いました。 レーズン入り「禁断の果実」 レーズンの水分もあるのか、こちらの方がしっとりしている印象です。 上がプレーン、下がレーズン。 こちらも柔らかくてもちもち感抜群です! レーズンの量は少ないかなという印象でしたが、食べて納得。 このパン生地自体に甘さがあるので、レーズンの甘さが邪魔にならないよう調整されているように感じました。 使用されている 「サンマスカットレーズン」は酸味が少なく赤みがかった色味。 普通のレーズンよりもみずみずしく、ワインやチーズのおつまみとしても販売されています。 まさに大人のレーズンパンといったような上品さを感じました! こだわりの原材料「発酵バター」と「46億年の塩」とは? こんなに美味しい高級食パンの秘密はやはり原材料にありました。 まずは 製粉方法にこだわったきめ細やかな 小麦粉。 なめらかで柔らかな食感を生み出す重要な役割を果たしています。 また、 卵やマーガリンの使用がないことや 添加物不使用のクリームを使っているので安心して食べられます。 そして特にご紹介したいのが 「発酵バター」と 「46億年の塩」! 一体どんなものなんでしょうか? 「発酵バター」とは? バターの原料となるクリームを 乳酸菌で発酵させてつくったものをいいます。 発酵させることでさらに 香りが増し、 コクや風味がアップするそう! 開けた瞬間広がるバターの香りはこの発酵のおかげなんですね。 「46億年の塩」とは? この塩は麺づくりのために開発されたものです。 名前の由来は46億年前に地球が誕生し、海水から生物の細胞が初めて誕生したと言われているところからだそう。 そしてこの塩を使った麺は 透明感や 粘り、 モチモチ感が出るのでこれをパンにも生かしているようです! 美味しい食べ方&保存方法 お店が推奨している食べ方としては、 当日~翌日まではトーストせずに そのまま生食で。 時間が経つと水分がどんどん蒸発してしまうので、密閉しちゃいましょう! 次に食べる際は、凍ったままトースターで焼くか、20秒程レンジにかけて解凍するのが良さそうです。 味や食感は変わらないのか?どんな変化があるのか? またや 等、どこかでお伝えできればと思います! 高級と名乗るだけの価値あり!1度ご賞味あれ! 普段は市販の食パンでも十分美味しくて満足している私ですが、 今回初めて高級食パンを食べて、あまりの美味しさに感動しました。 2斤1000円弱、厚めにスライスして10枚程度。 やはり高級だとは思います!毎日食べたいけど難しいのも正直なところ・・・ ですが、週に1度、月に1度でもこの美味しい食パンを食べられる朝があれば きっと幸せな1日のスタートになることでしょう。

次の

藤沢にあの高級食パン専門店オープン!「君は食パンなんて食べない」

藤沢 高級 食パン

サザンビーチで音楽に身をゆだねながら茅ヶ崎を楽しむ若者たちを表現したお店のロゴ。 よくみるとターンテーブルに食パンが! 湘南エリア屈指の高級住宅地としても知られる茅ヶ崎に挑む看板メニュー「完熟ボディ」の魅力とは? さっそくチェックしてみましょう。 『46億年』は、麺づくりのためだけに開発された、こだわりの強い塩。 ロマンチックでインパクト大な商品名は、地球誕生の歳月にあやかったものだとか。 この塩を使ってつくられた麺は、ソフトで粘り強く、マイルドな味に仕上がるそうです。 既存店でも使用しているこちらの塩を、今回は食パンの生地づくりに使用しています。 かつて、生命が海の中で誕生し、人間の体液が海水の成分とほぼ同じであることなどからも明らかですが、ミネラルは健康に欠かせない大事な栄養素。 『46億年』は、そのミネラルを海水と同じくらい多く含んでいるので、体にとっても優しいんですよ。 バターは大きく分けて3種類存在し、「無塩バター」「有塩バター」、そして「発酵バター」です。 バターは原料となるクリームをかき混ぜてつくられますが、「発酵バター」はクリームを乳酸菌で発酵させてつくられています。 このひと手間を加えることで、香りは高く、コクは深まり、風味がアップするといううれしい影響がパンにあらわれます。 ほかにも、独自の製粉方法にこだわったきめ細やかな小麦粉を使用することで、究極の柔らかさとくちどけの良さを追求したり、添加物を一切使用しないフレッシュなクリームを使用し、食の安全面にも配慮を欠かさなかったりと、こだわりの強い同店の食パン。 「完熟ボディ」の名に恥じない、見事な仕上がり具合です。 そんなときはレーズン入りの食パン「禁断の果実」をチョイスしてみるのはいかがでしょうか。 口どけがよく、甘みのある生地に、オーストラリアの大地で育ったサンマスカットレーズンがたっぷり入ったこちら。 通常のレーズンに比べ、爽やかな甘みが強いマスカットレーズンが程よいアクセントになり、独り占めしたくなるようなおいしさが口の中に広がります。 湘南・茅ヶ崎のグルメカルチャーに新たな風を呼ぶ、高級食パン専門店「生とサザンと完熟ボディ」。 サザンのメロディをBGMに、高級食パンブームのビッグウェーブにひと乗りしてみませんか。 問い合わせ先• 定休日/不定休• TEL:• 住所/神奈川県茅ヶ崎市新栄町10-12 ゴールド・サン 1F.

次の