てんとう 虫 幼虫。 てんとう虫の幼虫ってどんなの?害虫を食べるので植物にいる時は放置の方がいいの?

テントウムシの種類と画像 天敵(てんてき)としてのテントウムシ : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

てんとう 虫 幼虫

素晴らしい自然の世界では、子供だけでなく大人にも人気のある明るい虫に出会うことができます。 これはてんとう虫です。 自然の生息地では、黄色と赤のテントウムシがより一般的です。 昆虫の裏には黒い斑点がはっきりと見えます。 自然界には400以上の種があります。 流通地域 - 一年中寒い気候の地域を除いて、どこでも。 てんとう虫とは てんとう虫 - 体のサイズが4〜10、11 mmの小型の昆虫。 発見されたカブトムシ甲虫目を参照してください。 体は細長い、楕円形または丸みを帯びた形状を有する。 あなたが上を見ると、体は強く凸面で、下は平らです。 表面では、多くの種がよく目に見える毛を持っています - ほとんど目立たない思春期。 フロントバック、• 胸部(3区画を含む)• 足3足• ハードエリトラと翼。 美しいカブトムシの後部は横方向の構造をしていて、強く凸状になっていて、前部の縁にはよく目立ちます。 斑点を付けられた虫の小さな頭はわずかに前方に伸びており、前胸部としっかりと整列しています。 目は大きく、はみ出していません、アンテナは非常に柔軟で、8つのセグメントで構成されています。 上部には様々な色や形の斑点があり、それらは出生直後には現れませんが、数週間が過ぎた後に現れます。 後部胸部は、前部胸部および中央胸部とは異なり、体全体に広がっており、正方形のように見えます。 かわいい昆虫は6本の適度に長い足を持っています。 そして、それぞれは3つの異なった、そして1つの横の部分から成ります。 足はバグが草の各ブレードにすばやく触れて草の中をクロールするのを助けます。 腹部は5〜6個のセグメントで構成されています。 後部翼の助けを借りてかわいいバグが飛ぶ。 フロントウイングは、ついにハードエリトラに縮退しました。 昆虫が芝生を横切って這う間、彼らは後羽を保護するのに役立ちます。 色付きの様々なバグがカンタリジン(危険な毒)を放出し、捕食者を恐れています。 カブトムシのカバーは、黒、赤、黄色、または白っぽい斑点で、黒、黄、濃い赤、茶色、または青に着色されています。 すべての点は異なる形状をしています。 多くのバグでは、それらは1つに融合して流れるパターンを形成します。 いくつかの昆虫は完全に欠けています。 パターンによって、てんとう虫がどんな性別であるか理解し、決定することができます。 昆虫の唯一の敵は恐竜です。 明るい色彩や斑点、そして彼によって分泌された血リンパでさえ、昆虫を明らかな死から救うことはできません。 事実は、恐竜がテントウムシの蛹の繊細な体の中に、時には成体の個体でさえも産卵することです。 発達して、個人は彼らの主人を寄生して殺します。 科学者によると、鳥は有害な有害物質を放出するので、鳥は昆虫に危険をもたらすことはありません。 鮮やかな着色は、鳥が近づいていないことを示し、それらを怖がらせます。 どこに住む? 美しいバグは大陸に広がっています。 彼らはすべてのゾーンを解決しました。 昆虫はヨーロッパのすべての国で見つけることができます:イギリス、デンマークの色、スウェーデン、フランス、アイスランドの香り。 ドイツ、イタリア、ポーランドもこの明るい虫を保護しました。 てんとう虫はインド、韓国、イスラム共和国、日本、南北アメリカ、モンゴルを飛んでいます。 流通地域には、ラオス、ミャンマー、インドネシア、さらにはカンボジアも含まれます。 自然界では、昆虫の世界の多くの種類の明るい代表があり、それらの分類は単に巨大であり、そしてそれらの各々は特別な生息地を好み、そしてそれらの各々は特定の役割を持っている。 いくつかの種はアブラムシによって損害を受けているそれらの植物に定住します。 他の人は畑や湿地草の上に見ることができます。 何を食べますか? てんとう虫は主に昆虫の捕食者に属します。 てんとう虫は何を食べますか?好きな食べ物 - ダニと植物アブラムシ。 大喜びで、彼らは羊毛、蛹、蛾の卵、蝶、そしてコロラドハムシも食べます。 てんとう虫は通常何を食べますか?いくつかの種の食事は植物性食物に限られています:彼らは植物の菌糸体、花粉、花、果物と葉のプレートを崇拝します。 生き方 てんとう虫は、その種の他の代表者とは別に、「一人一人」生きることを好みます。 それは彼らが彼らの競争を続けるために集まるのは交配期の間だけです。 彼らはまたフライトと越冬地のために一緒に来ます。 テントウムシは、赤ちゃんが大好きな人と呼ばれることがあります。 寒い時期になると、温暖な気候の緯度に住むすべての昆虫が集まり、暖かい国に飛びます。 昆虫の間で座りがちな外観があります。 彼らは暑く乾燥した気候の国々へ飛び立つことはしませんが、一箇所に集まり、4億人の成人に達する巨大なコミュニティを圧倒します。 そのような「ボール」の重さを計算すると、数トンに相当する数値を得ることができます。 悪天候から守るために、「太陽」は石の廃墟の中に隠れ、また落ち葉のある低木のプレートの下に隠れます。 良好な状況と食料の入手可能性のもとで、発見された虫は1年間生きることができます。 悪条件下では、昆虫の寿命は数ヶ月を超えません。 テントウムシ幼虫:変換プロセス 興味深い事実は、「太陽」がアブラムシの集落の近くに卵を産むということです。 名前の周期的な発達は1週間以上続くことはありませんが、発達するとき、毎日アブラムシを食べます。 完全な成熟は発達の2週目までに起こります。 幼虫が蛹になるのを観察できる時がもう来ています。 7週間後、大人の個体が蛹から生まれます。 昆虫の成長の間にあなたの体を飽和させるのに十分な基本的な食物 - アブラムシを持っていないならば、バグはビーチの領域に飛び越えます。 飛行中に、彼らは彼らの存在で人々を悩ませさえします。 弱い7点てんとう虫刺されを訴える人もいます。 なぜテントウムシと呼ばれるのですか。 気まぐれなカラーリングは、バグに学名ladybugを付けるための基礎となりました。 派手なパッチを持つバグの人々に別の方法で呼ばれます。 かわいいニックネームは、人々がこの昆虫に同情していると言います。 例えば、日当たりの良いボヘミアとスロベニアでは、それは繁栄しているスイスとドイツでは「太陽」と呼ばれています - 「聖母マリアのバグ」、ラテンアメリカの住民 - 「聖アンソニーの牛」。 この美しい「聖母マリアの虫」のロシアの名前がどこから来たのかはまだわかっていません。 科学者の中には、これは血リンパ(「牛乳」)を割り振る危険性のある時点で明るい虫の可能性があり、それによって捕食者を追い払うことを恐れていると主張する人もいます。 そして「神」とは、無害で優しいという意味です。 他の人たちにとっては、昆虫はその粘着性のある分泌物でアブラムシに対処し、それによって作物の保存を助けるので、そう呼ばれました。 色とりどりのバグは間違いなく利点をもたらします。 あなたが彼ら自身を引き付けることができないならば、あなたは庭で明るい虫を引き付けることができます、そしてあなたは店で買い、あなたのサイトに持って来ることができます。 現在、多くの環境関連企業がこれらのかわいいバグを飼育しているので、それらを注文して庭に持っていくことは難しくありません。 よく遭遇する• 二点テントウムシ(Adalia bipunctata)• セブンポイント(Coccinella Septempunctata)• 12点てんとう虫(Coleomigilla maculata)• 13点の「てんとう虫」(Hippodamia tredecimpuctata)• ラジアータChetral Radiata(Propylea quatuordecimpunctata)• 17ポイント(Tytthaspis sedecimpunctata)• アジアのてんとう虫(Harmonia axyridis)• 牛は変わります(Hippodamia variegata)• まだら牛(Anatis ocellata)• ルツェルン24点虫(Subcoccinella vigintiquatuorpunctata)• 無人てんとう虫(Cynegetis impunctata) 最も一般的な - 7点てんとう虫(Coccinella Septempunctata)。 長さ7 - 8 mm。 繁殖昆虫 受精は性的に起こります。 春には、雌は5〜20個の卵を産みます。 そして1ヶ月後、そこから幼虫が孵化します。 これは植物にはほとんど見えません。 幼虫は蛹になり始め、60日後にカブトムシに変わります。 この昆虫にとって最も危険な敵は恐竜です。 恐竜の野営地は、その子孫を「牛」の蛹の中に、さらには成人の体の上にさえ置いています。 赤い本 てんとう虫はロシアだけでなく全世界のレッドブックに長い間掲載されてきました。 個体数はアブラムシの大量破壊により劇的に減少し、それは昆虫の主な食物源の消失につながりました。 このカブトムシは地球上で最も古代の昆虫の一つです。 この虫は農業に非常に役立つので、「法律」は絶滅からそれを保護します。 興味深い昆虫の事実• 2から3年までの野生での平均余命。 成人の個人では、皮弁のスポットは明るくなっています。 幼虫はかなり急速に成長しています。 特に危険な場合は、死んだふりをすることができます。 人の隣の部屋に住むことができます。 庭師は彼らの夏の別荘にそれらを配置するためにテントウムシの卵を購入することができます。 彼らは幸運をもたらすと信じられています。 血リンパを持つ動物に強い毒性作用を及ぼす可能性があります。 テントウムシは宝石類のビジネスで使用されています。 幼虫は彼らの親戚を食べることができます。 これが問題になるかもしれないので、いくつかの文化は厳密にテントウムシの殺害を禁じます。 一生を通じて、約5000匹のアブラムシを食べることができます。 飛行中に、毎秒85の翼が実行されます。 テントウムシは、一般的に人間と自然の両方に大きな利益をもたらします。 個体数を減らすと、植物だけでなく、自然全体の状態が悪化します。 このほとんど知覚できない生物でも自然のバランスを保つことができるので、人はこの小さな生物にもっと注意を払う必要があります。 知っていますか。 白いサメは一生歯を育てますか? 視野を広げたり、質の高い報告書や要約を書いたりするには、以下の記事を読むことを強くお勧めします。 これらの記事を読んだ後、あなたはたくさんのユニークで役に立つ情報を学ぶであろうと確信しています。 私たちはあなたが私たちのフレンドリーなチームに良い気分を願っています! ハチドリ鳥(lat。 Trochilidae) ゲスト様野生動物や昆虫に関する完全な情報を得るために - あなたはそれらの科学的分類を知る必要があります。 動物の主な科学的分類は次のとおりです。 私たちはあなたに提供し、下にあるリンクをたどり、そして科学的事実であなたの知識を補足します。 一緒にいてくれてありがとう! てんとう虫の解剖学 てんとう虫の体は半球の形をしています。 底からそれは平らであり、そして頂部では強く凸状である。 この虫の大きさは4〜10 mmです。 テントウムシの色はその外観によって異なります - モノラルから非常に多彩なものまでさまざまです。 合計で、テントウムシの4,000以上の昆虫種があります。 最も一般的な色は2から22までであることができる黒い点が付いている赤い背中です。 飛ばない。 未成年者では、色は明るくなります。 年齢とともに、それは消えます。 テントウムシの保護は黄色い、有毒な液体であり、不快な臭いがします。 危険な状態になると放出されます。 家族:てんとう虫 てんとう虫に何が起こる? 神の牛の代表者のほとんどは捕食者であり、ほんの少数の種だけが草食性であり、それは特定の種類の植物しか食べられません。 一方、捕食者は、アブラムシ、コナジラミ、ハダニなどの小さな昆虫を餌としており、時には毛虫を攻撃することさえあります。 彼らはまた、これらの昆虫だけでなく、彼らの卵と幼虫も食べます。

次の

スピリチュアルな観点でのてんとう虫について

てんとう 虫 幼虫

てんとう虫の幼虫 餌は何? 先に結論からお伝えすると、基本的に てんとう虫の幼虫は成虫のてんとう虫と同じものを食べます。 ですので、てんとう虫を卵や幼虫から育ててみたいと言う方は、とりあえずアブラムシが確保できる環境であれば育てることは可能です。 あと、餌と言えるのかどうかは分かりませんが、孵ったばかりのてんとう虫は幼虫同士で共食いすることも少なくありません。 実際に卵から孵化させて育てるという方は、このような光景を目にする機会があるかもしれませんね。 「アブラムシの確保は難しいけれど、どうしてもてんとう虫を飼育したい!」と言う方は、人工餌でもてんとう虫を育てることが可能です。 しかし、全ての種類のてんとう虫の幼虫が人工餌を食べるか不明で、更にナナホシテントウは何故か紹介する人工餌では育ちません。 例え口にしたとしても、成虫になる前に死んでしまいます。 ですので、可能な限りはアブラムシを餌として与えるのが理想です。 人工餌というのは蜂の子を粉末状にしたもので、基本的に販売されているものではありませんので自分でイチから作る必要があります。 一般の方には少しハードルが高いかもしれませんが、一応てんとう虫の人工餌の作り方を紹介しておきます。 (興味のない方は読み飛ばしてください) てんとう虫の幼虫の餌(人工餌)の作り方! 先にお伝えした通り、てんとう虫の幼虫の人工餌には蜂の子の幼虫が必要になります。 なかなか手に入れることが難しいと感じてしまう方も多いと思いますが、夏の終わり頃から秋にかけて、ネットでも冷凍の蜂の子が販売される機会はたくさんあります。 これらは虫や昆虫の餌として販売されているわけではなく、人間が食べる食材のひとつとして売られているものです。 ですので、抵抗が無い方であればてんとう虫の餌と自分のご飯の両方に使えることが出来るので、便利な食材とも言えなくはないでしょう。 その栄養価の高さは、サプリメントなどにも活躍するほど高いものとなっています。 ちなみに、冷凍の蜂の子(フリーズ蜂の子と言われることもあります)には、生の蜂の子をそのまま凍らせたものや、塩茹でしたもの、甘露煮や佃煮にしたものなどがありますが、てんとう虫の餌として使う物には当然生の冷凍蜂の子を選んでください。 冷凍蜂の子を使った、てんとう虫の幼虫の餌の作り方はこちらです。 【人口餌の作り方】• 蜂の子の冷凍をミキサーにかける。 (フリーズドライされた蜂の子がより望ましいです)• ミキサーにかけた蜂の子を5、酵母を3、粉砂糖(デンプンが入っていないもの)を2の割合で混ぜる。 餌を毎日作らずに、飼育ケースに入れっぱなしにしておく場合には、全体の1%の割合で安息香酸(保存料)を混ぜる。 これだけだと水分を補給できないので蜂の子の餌とは別に、スポンジなどに水分を含ませた物を飼育ケースに置いておく。 以上となりますが、やはり材料に蜂の子を必要とするので少し難しいですよね。 蜂の子は値段も結構高く、フリーズドライされた物であれば15gで2,000円以上します。 てんとう虫が見付かったということは、その近くにアブラムシが居る可能性も高いですので、人工餌を検討する前に、まずは近くにアブラムシがいないか充分に探してみましょう。 てんとう虫の飼育ケースの環境は? てんとう虫を飼育はそれほど難しいものではありません。 卵や幼虫、成虫を持ち帰って成長の仕方や、飛び方を観察してみるのも面白いでしょう。 餌を除けば、飼育に必要な物は簡単に手に入る物ばかりです。 ここからは、実際にどのような物が必要になるのか見ていきたいと思います。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物1 餌 先にも紹介した通り、餌にはアブラムシが望ましいです。 逆にアブラムシが確保できないのであれば、自宅での飼育は見送ったほうがいいでしょう。 てんとう虫はその見た目とは裏腹に大食感で、幼虫は日に20匹、成虫は日に100匹ものアブラムシを食べます。 水分はそのアブラムシから得ることになりますので、アブラムシさえ与えていれば問題ありません。 アブラムシが付いている茎や葉、枝などを毎日採っても良いですし、まとめて採って冷蔵庫に保管することも可能です。 【アブラムシの保管方法】 採ってきたアブラムシを茎や葉ごとジップロックなどの袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。 この時、ジップロックの中にはペーパータオル等の水分を取るものを敷いておきましょう。 (水分が発生し、中のアブラムシが溺れてしまう可能性があるためです)これだけで3~4日は生きています。 または、タッパなどに入れて涼しい日陰に置いておいても問題ありません。 冷蔵庫に虫を入れるのに抵抗があるという方は、ベランダなどにタッパを置いておくといいでしょう。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物2 飼育ケース 虫かごのような飼育ケースだと隙間から逃げてしまいます。 出来ればプラスチックやガラス製の隙間の無いものを選びましょう。 蓋のみが虫かごのようなタイプの飼育ケースの場合には、サランラップで飼育ケースを覆った後に蓋をして、爪楊枝などで小さな穴を数か所開けておくといいでしょう。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物3 土 必須ではありませんが、なるべく自然の形に近くなるように飼育ケースの地面には土を敷いてあげましょう。 (越冬のことを考慮してもあった方がいいです) 厚さはそこまで必要ありません。 全体の底が覆える程度の土を2~3cmほど入れれば充分です。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物4 落ち葉 飼育ケースの隅に落ち葉を数枚置いておきましょう。 てんとう虫の良い隠れ家になり、越冬場所になるはずです。 飼育ケースの地面全体に落ち葉を置いても問題ありませんが、あまり敷き過ぎると何処にてんとう虫が居るのかわからなくなり観察が難しくなるので注意してください。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物5 止まり木 てんとう虫の止まり木も用意してあげましょう。 これは木である必要はなく、草などでも問題ありません。 アブラムシを餌として与える場合には、アブラムシが付いている草をそのままケースに入れて置くと良いでしょう。 また、産卵時期には産卵場所にも使われるため、止まり木は必ずあったほうがいいです。 卵は柔らかい葉に産むことが多いため、可能であれば葉がついているものを選ぶと良いでしょう。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物6 削った鉛筆 削った鉛筆は飼育ケース内に入れるものではなく、観察やてんとう虫、アブラムシの移動の際に使う機会が多くなります。 指だと怪我をさせずに捕まえるのが難しく、場合によっては死なせてしまうこともあるでしょう。 同じように、ピンセットでつまむにしても硬すぎて怪我をしてしまう可能性が高いです。 ですので、削った鉛筆の先を上手に使ってそこへ乗せてあげると良いでしょう。 てんとう虫の冬越しと夏眠 てんとう虫が冬越し(冬眠)するのはご存知の方も多いと思います。 しかし、夏眠(かみん)すると言うのは聞いたことが無い方が多いのではないでしょうか?実は、てんとう虫は夏の暑い7月や8月にも冬眠と同じような夏眠をとります。 理由はすごく単純で、餌となるアブラムシが減少するからです。 真夏の27度を超えるとアブラムシは減っていくため、餌となるアブラムシが居なくなったてんとう虫も夏眠せざるを得ないという訳ですね。 これは地域によって様々ですので、例えば北海道のように真夏も涼しい地域だと、アブラムシは普通に居ますのでてんとう虫も夏眠しません。 「最近餌となるアブラムシが少なくなってきたなぁ」と感じた際には、飼育しているてんとう虫も夏眠体制に入っているかもしれません。 飼育ケース内の落ち葉の下から出てこなくなった場合には、死んでしまった訳ではなく夏眠をとっているだけということが多いですので、そのまま土に埋めてしまわないよう注意してください。 夏眠の最中に餌は必要ありません。 飼育ケースをなるべく動かさず、そっとしておいてあげましょう。 ちなみに、夏眠の前に充分な栄養を取っていれば冷蔵庫の中で夏眠しても3ヶ月は生きていると言われているほどてんとう虫は強い生き物です。 一方冬越しの際には、集団で暖をとるように集まります。 どうして仲間が集まる場所が分かるのか分かりませんが、1度冬越しした場所には来年もてんとう虫が集まって冬越しすることが多いそうです。 こちらは暖をとっているてんとう虫の動画です。 自宅の飼育ケースでてんとう虫を冬越しさせる場合には、飼育ケースごとダンボールに入れるといいでしょう。 また、ダンボールと飼育ケースの間には、湿らせた新聞紙を入れておくと乾燥を防げます。 ダンボールに入れた飼育ケースは温かい環境に置いてあげる必要はなく、風の当たりにくいベランダなどに置いておくといいでしょう。 うまく冬越しできると、外が暖かくなってきた頃に活動を始めます。 ちなみに、よく見かける赤黒のナナホシテントウは冬を越す前に死んでしまいます。 黒とオレンジ模様のナミテントウは寿命も長く、飼育にはオススメの種類です。 そんなてんとう虫の種類についてはこちらで紹介していますので、併せて参考にしてください。

次の

黒いてんとう虫は害虫かもしれません!てんとう虫の種類と駆除まとめ|生活110番ニュース

てんとう 虫 幼虫

てんとう虫の幼虫 餌は何? 先に結論からお伝えすると、基本的に てんとう虫の幼虫は成虫のてんとう虫と同じものを食べます。 ですので、てんとう虫を卵や幼虫から育ててみたいと言う方は、とりあえずアブラムシが確保できる環境であれば育てることは可能です。 あと、餌と言えるのかどうかは分かりませんが、孵ったばかりのてんとう虫は幼虫同士で共食いすることも少なくありません。 実際に卵から孵化させて育てるという方は、このような光景を目にする機会があるかもしれませんね。 「アブラムシの確保は難しいけれど、どうしてもてんとう虫を飼育したい!」と言う方は、人工餌でもてんとう虫を育てることが可能です。 しかし、全ての種類のてんとう虫の幼虫が人工餌を食べるか不明で、更にナナホシテントウは何故か紹介する人工餌では育ちません。 例え口にしたとしても、成虫になる前に死んでしまいます。 ですので、可能な限りはアブラムシを餌として与えるのが理想です。 人工餌というのは蜂の子を粉末状にしたもので、基本的に販売されているものではありませんので自分でイチから作る必要があります。 一般の方には少しハードルが高いかもしれませんが、一応てんとう虫の人工餌の作り方を紹介しておきます。 (興味のない方は読み飛ばしてください) てんとう虫の幼虫の餌(人工餌)の作り方! 先にお伝えした通り、てんとう虫の幼虫の人工餌には蜂の子の幼虫が必要になります。 なかなか手に入れることが難しいと感じてしまう方も多いと思いますが、夏の終わり頃から秋にかけて、ネットでも冷凍の蜂の子が販売される機会はたくさんあります。 これらは虫や昆虫の餌として販売されているわけではなく、人間が食べる食材のひとつとして売られているものです。 ですので、抵抗が無い方であればてんとう虫の餌と自分のご飯の両方に使えることが出来るので、便利な食材とも言えなくはないでしょう。 その栄養価の高さは、サプリメントなどにも活躍するほど高いものとなっています。 ちなみに、冷凍の蜂の子(フリーズ蜂の子と言われることもあります)には、生の蜂の子をそのまま凍らせたものや、塩茹でしたもの、甘露煮や佃煮にしたものなどがありますが、てんとう虫の餌として使う物には当然生の冷凍蜂の子を選んでください。 冷凍蜂の子を使った、てんとう虫の幼虫の餌の作り方はこちらです。 【人口餌の作り方】• 蜂の子の冷凍をミキサーにかける。 (フリーズドライされた蜂の子がより望ましいです)• ミキサーにかけた蜂の子を5、酵母を3、粉砂糖(デンプンが入っていないもの)を2の割合で混ぜる。 餌を毎日作らずに、飼育ケースに入れっぱなしにしておく場合には、全体の1%の割合で安息香酸(保存料)を混ぜる。 これだけだと水分を補給できないので蜂の子の餌とは別に、スポンジなどに水分を含ませた物を飼育ケースに置いておく。 以上となりますが、やはり材料に蜂の子を必要とするので少し難しいですよね。 蜂の子は値段も結構高く、フリーズドライされた物であれば15gで2,000円以上します。 てんとう虫が見付かったということは、その近くにアブラムシが居る可能性も高いですので、人工餌を検討する前に、まずは近くにアブラムシがいないか充分に探してみましょう。 てんとう虫の飼育ケースの環境は? てんとう虫を飼育はそれほど難しいものではありません。 卵や幼虫、成虫を持ち帰って成長の仕方や、飛び方を観察してみるのも面白いでしょう。 餌を除けば、飼育に必要な物は簡単に手に入る物ばかりです。 ここからは、実際にどのような物が必要になるのか見ていきたいと思います。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物1 餌 先にも紹介した通り、餌にはアブラムシが望ましいです。 逆にアブラムシが確保できないのであれば、自宅での飼育は見送ったほうがいいでしょう。 てんとう虫はその見た目とは裏腹に大食感で、幼虫は日に20匹、成虫は日に100匹ものアブラムシを食べます。 水分はそのアブラムシから得ることになりますので、アブラムシさえ与えていれば問題ありません。 アブラムシが付いている茎や葉、枝などを毎日採っても良いですし、まとめて採って冷蔵庫に保管することも可能です。 【アブラムシの保管方法】 採ってきたアブラムシを茎や葉ごとジップロックなどの袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。 この時、ジップロックの中にはペーパータオル等の水分を取るものを敷いておきましょう。 (水分が発生し、中のアブラムシが溺れてしまう可能性があるためです)これだけで3~4日は生きています。 または、タッパなどに入れて涼しい日陰に置いておいても問題ありません。 冷蔵庫に虫を入れるのに抵抗があるという方は、ベランダなどにタッパを置いておくといいでしょう。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物2 飼育ケース 虫かごのような飼育ケースだと隙間から逃げてしまいます。 出来ればプラスチックやガラス製の隙間の無いものを選びましょう。 蓋のみが虫かごのようなタイプの飼育ケースの場合には、サランラップで飼育ケースを覆った後に蓋をして、爪楊枝などで小さな穴を数か所開けておくといいでしょう。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物3 土 必須ではありませんが、なるべく自然の形に近くなるように飼育ケースの地面には土を敷いてあげましょう。 (越冬のことを考慮してもあった方がいいです) 厚さはそこまで必要ありません。 全体の底が覆える程度の土を2~3cmほど入れれば充分です。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物4 落ち葉 飼育ケースの隅に落ち葉を数枚置いておきましょう。 てんとう虫の良い隠れ家になり、越冬場所になるはずです。 飼育ケースの地面全体に落ち葉を置いても問題ありませんが、あまり敷き過ぎると何処にてんとう虫が居るのかわからなくなり観察が難しくなるので注意してください。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物5 止まり木 てんとう虫の止まり木も用意してあげましょう。 これは木である必要はなく、草などでも問題ありません。 アブラムシを餌として与える場合には、アブラムシが付いている草をそのままケースに入れて置くと良いでしょう。 また、産卵時期には産卵場所にも使われるため、止まり木は必ずあったほうがいいです。 卵は柔らかい葉に産むことが多いため、可能であれば葉がついているものを選ぶと良いでしょう。 てんとう虫の飼育ケースに必要な物6 削った鉛筆 削った鉛筆は飼育ケース内に入れるものではなく、観察やてんとう虫、アブラムシの移動の際に使う機会が多くなります。 指だと怪我をさせずに捕まえるのが難しく、場合によっては死なせてしまうこともあるでしょう。 同じように、ピンセットでつまむにしても硬すぎて怪我をしてしまう可能性が高いです。 ですので、削った鉛筆の先を上手に使ってそこへ乗せてあげると良いでしょう。 てんとう虫の冬越しと夏眠 てんとう虫が冬越し(冬眠)するのはご存知の方も多いと思います。 しかし、夏眠(かみん)すると言うのは聞いたことが無い方が多いのではないでしょうか?実は、てんとう虫は夏の暑い7月や8月にも冬眠と同じような夏眠をとります。 理由はすごく単純で、餌となるアブラムシが減少するからです。 真夏の27度を超えるとアブラムシは減っていくため、餌となるアブラムシが居なくなったてんとう虫も夏眠せざるを得ないという訳ですね。 これは地域によって様々ですので、例えば北海道のように真夏も涼しい地域だと、アブラムシは普通に居ますのでてんとう虫も夏眠しません。 「最近餌となるアブラムシが少なくなってきたなぁ」と感じた際には、飼育しているてんとう虫も夏眠体制に入っているかもしれません。 飼育ケース内の落ち葉の下から出てこなくなった場合には、死んでしまった訳ではなく夏眠をとっているだけということが多いですので、そのまま土に埋めてしまわないよう注意してください。 夏眠の最中に餌は必要ありません。 飼育ケースをなるべく動かさず、そっとしておいてあげましょう。 ちなみに、夏眠の前に充分な栄養を取っていれば冷蔵庫の中で夏眠しても3ヶ月は生きていると言われているほどてんとう虫は強い生き物です。 一方冬越しの際には、集団で暖をとるように集まります。 どうして仲間が集まる場所が分かるのか分かりませんが、1度冬越しした場所には来年もてんとう虫が集まって冬越しすることが多いそうです。 こちらは暖をとっているてんとう虫の動画です。 自宅の飼育ケースでてんとう虫を冬越しさせる場合には、飼育ケースごとダンボールに入れるといいでしょう。 また、ダンボールと飼育ケースの間には、湿らせた新聞紙を入れておくと乾燥を防げます。 ダンボールに入れた飼育ケースは温かい環境に置いてあげる必要はなく、風の当たりにくいベランダなどに置いておくといいでしょう。 うまく冬越しできると、外が暖かくなってきた頃に活動を始めます。 ちなみに、よく見かける赤黒のナナホシテントウは冬を越す前に死んでしまいます。 黒とオレンジ模様のナミテントウは寿命も長く、飼育にはオススメの種類です。 そんなてんとう虫の種類についてはこちらで紹介していますので、併せて参考にしてください。

次の