絆終了ボイス。 バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

バジリスク絆2 朧ナビの恩恵・BC当選時・AT終了後のセリフの恩恵について

絆終了ボイス

はじめまして、ゆうべるです。 パチスロ専業時代には月収60万円以上を安定的に稼ぎだし、たった2年で1000万円を稼ぎました。 その後仕事の隙間時間を使って毎月10~50万円を稼ぎ、気が付くと2000万円プラスを達成することに。 といってもこれはここ最近の話。 学生時代はスーパーのバイトで貯めた150万円をパチスロに使いこみ、失ってしまう。 そして親に嘘をついて詐欺教材を借金をして購入し、さらに失敗。 しかしあるときスロプロと出会い、正しい勝ち方を学び、実践したことで勝ち組へと転換。 その結果、勝ったお金を活用して趣味の旅行に行って楽しむことに成功。 (プロフィール画像は北海道旅行で日本一危険な動物園に行ったときの写真です) 現在はパチスロで勝ち続けたいと思う人に、直接勝ち方を教えたり、一緒にホールへ行って実践をしたりしています。 直接教えている人はサラリーマン・主婦・学生さんなど多数。 続々と月10万円を達成し、勝ち組を輩出中。 (プラス50万円を達成した人も数多く在籍) 僕の信念は「パチスロで勝つことで一度きりの人生を楽しむこと!」です。 もしあなたが今、パチスロで負けて困っているのであれば、ぜひ勝つ世界へ一緒に進みましょう。 当ブログでは、自分自身が苦労や失敗した経験をもとに、パチスロ初心者が月10万円以上稼げるようになるための知識をどんどん共有します!.

次の

バジリスク絆~甲賀忍法帖~絆2 解析情報

絆終了ボイス

天井BCは必ず同色 BCスルー狙い 基本的にはスルー回数が多い=有利区間天井が近いので、ゲーム数を気にかけておけばスルー回数はそこまで意識しなくてOKです。 3スルーしていればゲーム数不問で打っていいでしょう。 サブ液晶でゲーム数&スルー回数が確認可能 リールの右側にあるPUSHボタンを押すとサブ液晶で現在のゲーム数とBCの当選回数 スルー回数 が見られるようです。 例えばTOTAL GAMEが500Gだった場合はあと300Gで天井到達となります。 天井到達まであと何Gか、何スルーしているかがパッと見で分かるので便利ですね。 やめどき やめる際は AT終了後、サブ液晶をタッチしましょう。 この時のセリフが 弦之介の「出立の時じゃ」と朧の「では、参りましょう」以外のセリフなら高モードor良テーブル示唆となります。 この場合1回BCを引いて朧の月を見るのが無難ですかね。 詳しい解析が出ていないので確実なことは言えません... 逆にこれらデフォルトのセリフだったら1G回して即ヤメしましょう。 注意点としては 間にBCを挟んでも良い点です。 バジ3、北斗修羅などのボーナスでは天井がリセットされない機種のように「BCでは天井がリセットされない」みたいなイメージです。 天井恩恵もBCなのでややこしいですがw 北斗天昇みたいにシステムが知れ渡ると合計800Gやめの台が増えそう BC0回で天井到達は恩恵あり!? BCが0回の状態で800Gの有利区間天井に到達した場合、AT確定となる エピソードBCに当選する模様です。 BCスルー天井 同一有利区間内でBC7スルーした場合、次のBCでBT当選確定となります。 有利区間リセットのタイミング 有利区間がリセットされるタイミングは2つ。 この「ゲーム数天井」は他の台とは少し意味が違うので「有利区間天井」と呼んでいます。 今作もBCで朧を選択すると 終了画面で次回モードの示唆を行っています。 絆2のATは平均407枚なのでけっこうショボい。 まどマギ3叛逆に近いです。 まとめ ということで絆2のハイエナについてでした。 導入台数も多い&絆の後継機で稼働も良いので、有利区間のシステムが広まるまではけっこう拾えるんじゃないでしょうか!.

次の

【白ナビ】バジリスク絆 激レア中の激レア演出とは【激アツ】

絆終了ボイス

バジリスク絆2 設定判別要素 当サイト『スロット解析. com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 このページではスロット新台6号機の「 バジリスク絆2 」の ・設定判別関連 などの解析情報ページへのリンクを見やすいように一覧表にまとめて掲載しています。 撃ち始める前に必ずユニメモを設定 打ち始める前に必ずユニメモを設定しよう! 今回は前作に比べてより多くの情報がユニメモから読み取れる。 従来通りの小役確率やミッションに加えて 通常モードの履歴や 有利区間移行回数なども閲覧可能!! ユニメモの機能はミッション達成率によって解放されていくのでホール関係者が有利になるかも?(閉店後に打ち込んだり?笑)とにかくユニメモ設定して損することは何一つないので絶対に利用すべし! 詳しい解析が出るまでは弦之介BCで消化し、設定推測に役立てよう。 弦之介BC中の撃破人数設定示唆法則 撃破人数 示唆内容 222人 設定2以上示唆 246人 偶数設定示唆 333人 設定3以上示唆 444人 設定4以上示唆 456人 設定4以上示唆 555人 設定5以上示唆 666人 設定6確定! 1001人 設定5以上確定! 争忍の刻開始画面での設定示唆 争忍の刻開始画面では上記で記載したシナリオ示唆の他に設定示唆を行う画面も存在する。 伊賀キャラ全員集合 甲賀キャラ全員集合 奇数設定確定 偶数設定確定 女性キャラ集合 弦之介&朧(紫)ボイス付 設定4以上確定 設定5以上確定 弦之介&朧(虹)鼻歌付 プレアミアムBC画面 設定6確定!! BC入賞時のLEDランプ 設定 設定123 設定456 白 38. 6% 38. 特に弱チェリーに設定差があることは公式の営業資料にも記載されているので確実だ。 公式による小役確率の設定差は弱チェリーについてのみ言及されているので共通ベルには設定差がない可能性アリ。 追記:共通ベルにも設定差が存在したが設定判別に使用できるレベルではないので小役確率は弱チェリーのみに照準を合わせよう。 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 朧BC選択時は も欠かさずに。 テーブル 設 定 1 2 3 4 5 6 1 14. ATシナリオ一覧と画面右下のステージ履歴を参照してシナリオを予想しよう。 高継続が期待できるシナリオが多く選択されていれば奇数設定の可能性がアップかも?そこまで大きな設定差がない可能性もあるが、一応下記に継続シナリオの示唆演出を掲載しておく。 シナリオ 設 定 1 2 3 4 5 6 1 12. 4の選択となる。 朧はチャンスシナリオ、天膳はシナリオ完走大チャンスの激熱シナリオ確定?! しかしこの法則が崩れた場合は セット継続が確定するぞ!! さらに争忍の刻開始画面で出現するキャラクターで継続シナリオの示唆を行っている。 忍び玉-文字の色でのモード示唆 表示される文字 示唆内容 怪 モードB以上の可能性:弱 気配 モードB以上の可能性:中 「兆」 モードB否定&モードC以上期待度アップ 「好機」 モードC以上濃厚! 弦之介カットイン演出 前作の法則を受け継いだお馴染みの演出。 連続演出発展ゲームで全画面弦之介のカットインが発生すればBC当選orモードC以上?! この法則が崩れると?! ミニキャラ演出でのモード示唆 状況 示唆内容 ・陽炎…妖艶なポーズ ・天膳…大笑い モードDの期待大!! 上記のミニキャラ演出が出現した際は モードD(BC当選でAT確定)滞在が濃厚 になる為、BC当選まで打ち切ろう!! 陽炎は 後ろを向く<溜息<左肩を出す<両肩を出す<妖艶なポーズの順に高モード期待度アップ。 天膳は 去る<不機嫌<微笑<笑う<大笑いの順に高モード期待度アップ。 AT終了後のボイス AT終了後非有利区間から有利区間に移行したタイミング(画面はBT終了画面の時)でサブ液晶をタッチするとボイスが発生する。 設定示唆かモード示唆を言われているが、予想ではモード移行テーブルを示唆しているものと思われる。 もしくは設定示唆のものとモードテーブル示唆のものが混在??どちらにせよモード移行テーブルの選択率に設定差があれば設定推測にも役立つと思われる。 判明中のボイス 示唆テーブル 弦之介「出立の準備じゃ」 基本 弦之介「怪しき気配じゃ」 テーブル8,9,13,14,15,16 朧「では参りましょう」 基本 朧「旅の支度は整っております」??? 朧「何かが起こる予感がします」 テーブル8,9,11,12,13,14,15,16 絆ランプ点灯 テーブル15or16 「怪しき気配じゃ」と「何かが起こる予感がします」はテーブル8以上が確定。 上位テーブルとなる位置づけではあるが設定によってはスルー天井まで連れていかれる可能性もあり。 朧BCでの次回モード判別も合わせてヤメ時を判断しよう。 バジ絆2設定46実践動画 こちらは「並ばせ屋山本」さんがご自身のyoutubeで公開している設定6と設定4の実践動画になります。 二、通常時に筐体上部にある 払い出しLEDが白く発光すると モードC以上確定! 紫発光するとATストックが確定! 6否定。 シナリオが1. 8時に流れるとATストック5個以上が確定。 七、BT中のBC開始時に「 ヒメムラサキ」が流れると 次回朧チャンス確定! 九、「争忍の刻」の4・7・9戦目は絆高確発動のチャンス。 4・7・9戦目で絆高確が発動しなかった場合は次回朧チャンスの可能性?! 十、BT終了画面でサブ液晶をタッチすると ボイスが発生。 ボイスの種類によって次回モード移行テーブルを示唆。

次の