アコギ 値段。 【価格.com】アコースティックギター

【価格.com】アコースティックギター

アコギ 値段

かき鳴らしながら歌えば歌声を後押しし、ポロポロと優しく爪弾けば美しい旋律を生み、弾き方次第で様々な表現を実現してくれるアコースティックギター。 アコギが1本あれば、表現の無限は可能性。 手軽に始めることができる楽器です。 今回は、これからアコギを始めたいという人に向けて、おすすめのアコースティックギターを紹介。 純アコギ(生アコギ)を中心にチョイスしました。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ アコースティックギターの選び方 アコギ選びのポイントは、ルックス/演奏性/サウンド/予算など。 いずれにせよ、一番大切なのは直感です。 見た目にしろ、音にしろ、弾きやすさにしろ、手にしたアコギに対してビビッと来るかどうか、その感覚を大切にしましょう。 お気に入りの一本を選べば、ギターに対して愛着も沸きますし、練習も捗ることでしょう。 ボディスタイルやルックスで選ぶ アコギはボディ形状によって分類することができます。 「ドレッドノート」は大きく厚く、腰のくびれが浅いのが特徴で、幅広いジャンルでおすすめ。 「フォーク」はドレッドノートよりもひと回り小さく細身で、とても弾きやすいです。 また、音の粒立ちが良く引き締まったサウンドが魅力。 「ジャンボ(ラージ)」はロック系のギタリストが数多く愛用していて、豊かな低音やパワフルな音色が特徴。 自分が好きなアーティストが持っているものと似ているギターを選んでもOKです。 予算を決める 予算は避けては通れない問題。 予算の範囲内でギターを選びましょう。 値段が高いギターは高級な木材を作っていたり、職人が一本一本丁寧に作り上げていたり、それ相応にいいアコギばかりです。 ただし、昨今は安くても良質なモデルが大半。 名の知れたブランドのアコギを選べば失敗することはないでしょう。 弾きやすさで選ぶ 上達するためには、弾きやすいギター、つまり自分の体に合うアコギを選ぶことが大切です。 ギター未経験の方でも、ネックが握りやすいか、弦高(弦とフレットの隙間)は高すぎないか、ボディが抱えやすいか(大きすぎたり厚すぎたりしないか)などは、必ず自分でチェックしましょう。 なお、男性に比べると女性は手が小さい方が多いので、ネックが細いものを選ぶと良いでしょう。 弾き語りにおすすめのアコースティックギターとは? ひと口にアコギと言っても、繊細な音色、パワフルな音色、温かな音色など、それぞれ特徴があります。 時には、パワフルな「ギブソン系」と繊細な「マーティン系」という風に分類されることも(ギブソンやマーティンはアコギの有名ブランドです)。 弾き語りをする方は、そのギターの音が自分の好みかどうかを確認すると同時に、自分の声に合うかもチェックしたいところ。 難しい話ですが、はじめは感覚的に「このギターの音なら自分の声を後押ししてくれる!」と思うものを選んでも良いでしょう。 初心者がアコースティックギターを買う時の注意点 エレキに比べてアコギは個体差が大きいため、できるだけ楽器店に出向いて、アコギに触れて選ぶことをおすすめします。 特に弾きやすさは実際にアコギに触れないとわからないものです。 また、音色に関しても店員さんに弾いてもらうなどして、自分の好みか確認すると良いと思います。 初心者におすすめのアコースティックギター 迷った時は、歴史あるブランドのアコギを買えば間違いないでしょう。 まずは、ルックス/値段/弾きやすさ/音色など、トータルでバランスが良い初心者におすすめのモデルを紹介します。 Yamaha(ヤマハ) FG830 日本を代表するブランドのひとつ、ヤマハ。 エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを誇ります。 FG830は、価格はお手頃ですが、深みのある美しいサウンドや、シンプルながら高級感のあるルックスが魅力。 カラーは全3色です。 出典 公式サイト| 【予算別】 5万円以下のおすすめアコギ まずは低価格で手に取りやすいものから探すのも、おすすめの選び方。 人気ブランドながら5万円以下で購入できるアコギもたくさんあります。 楽器店や通販サイトでは、アコギ初心者に必要なアイテムが一式揃う「初心者セット」が販売しています。 ただし、アコギ本体は比較的に安価なため、品質はそれなり。 初心者セットを買う場合は、名の知れたメーカーのものを購入したほうが無難でしょう。 Aria(アリア) TG-1 アリアは1960年にスタートした歴史あるブランド。 豊富なラインナップが魅力で、コスパ抜群のアコギも数多く、「TG-1」もそのひとつです。 小ぶりで演奏性が高く、全7色とカラーラインナップも豊富に揃っています。 出典 公式サイト| 【予算別】20万円以上のおすすめアコギ いいアコギを持つことは、ステータスになります。 初心者向けモデルでは物足りなくなってきた中級者以上の方は、ぜひ高級なモデルも手に取ってみましょう。 もちろん、値段の高いギターは初心者にもおすすめ。 はじめに高級なギターを買うと「弾かなきゃもったいない」精神が働くので、自然と弾いて上達できるでしょう。 値段が高いギターにはそれだけの魅力があり、初心者でも安いモデルとの音の違いはわかるはず。 Martin(マーティン) D-28 前述したアコギの王様「マーティン」の中でも、最も有名なモデル。 1931年の発表以来、世界中のプロミュージシャンが愛用しているギターで、持っているだけでギタリストとしての箔がつきます。 楽器店などに出向けば、定価よりは少しお安く手に入ると思います。 出典 公式サイト| アコースティックギター初心者におすすめの練習曲は? ギター練習は、自分の弾きたい曲/好きな曲を練習するのがおすすめ。 とはいえ、中には難易度が高いものもあるので、まずは簡単な曲から挑戦しましょう。 簡単な曲の条件は、「コード数が少ない」「ストロークのパターンがシンプル」「バレーコードが登場しない(または少ない)」など。 特におすすめなのは、スピッツ「チェリー」、ゆず「友達の唄」、ベン・E. キング「スタンド・バイ・ミー」、ボブ・ディラン「風に吹かれて」、テイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!! 」などです。 文/bommiy.

次の

アコギ・アコースティックギター

アコギ 値段

現在、プロも使用しているフェンダーは、 エレキギターの印象を持つ人がほとんどだと思います。 でも実はアコギも他のブランドに負けない特徴があるんです! 今回は、私目線ではありますが、フェンダーアコギの 特徴とオススメする理由と、私オススメのアコギをご紹介させていただきます! Fenderってどんなブランド? Fender Musical Instruments Corporationは、世界初のギター、ベース、アンプ、その他関連機器を製造するメーカーです。 引用: フェンダーの公式サイトをみると、ギターが好きな人なら誰でも見覚えのある、 ストラトキャスターやテレキャスターなどの話しは書いてありますが、 アコギの歴史についてはあまりかいてありません。 なので、エレキギターのブランドというイメージが強いですが、 最近ではアコギもやってます。 シンガーソングライターのYUIさんが使っていたことで 一躍脚光を浴びましたね。 使用していたのはしばらく前のものなので 生産が終了していたり、通販で新品で売っていることは 今ではほぼないみたいですね。。。 ネックの事については、以前私が記事で ご紹介したものがあります。 「フェンダーはエレキギターやベースのブランド!」 というイメージを持つ方が多いと思います。 実をいうと私自身もその一人でした。 エレキギターをやっていた当時 「フェンダーのジャズマスターが欲しいな~!」って思い、 都内の楽器屋に行ったんです。 アコギコーナーを通りかかった時、 フェンダーのアコギがたくさんおいてあって。 値段がかなりお手頃なのに、ルックス的にも全然安っぽくないアコギがほんと多かったんですよ。 それ見て「お!?なんだ…?」と感動をうけて、 気が付いたらフェンダーのアコギを2時間ぐらいお店で弾いてました。 1つめに貼った、茶色いアコギはトップ板、サイドバック板と ボディ全てがマホガニーという材でつくられているので アコギ界では「オールマホガニー」と呼ばれているものです。 オールマホガニーは比較的に中音域帯がとてもキレイ豊かに鳴るのと ドレッドノートは音量に迫力があるので更に音抜け部分で期待できます。

次の

【楽天市場】【今だけポイント5倍!7月27日9時59分まで】【8月上〜中旬頃入荷予定】アコースティックギター HONEY BEE W

アコギ 値段

ギターの種類 アコースティックギターには大きく、フォークギターとクラシックギター(ガットギター)に分かれます。 一般的にはフォークギターのことをアコギと呼びます。 アコースティックギターを使っている方で一番多いのもフォークギターです。 よって、特にこだわりがなければフォークギターを選びましょう。 対してクラシックギターはギター弦にナイロン製の弦を用いてポロンポロンとした音が特徴的。 ただ、シンガーソングライターでクラシックギターを使って弾き語りする人もいますね。 最近では藤原さくらさんなどが代表的です。 ただ、ポップスでクラシックギターを用いるアーティストは出したい音色が明確に決まっている人が中心です。 最初はフォークギターを買って、成長したのちに演奏の幅を広げるためにクラシックギターも買い足す…というのが一般的ですね。 アコギのサイズ• ミニギター…軽量で音が軽い小型ボディ• スモールギター…ミニギターより一回り大きく、音も普通のギターに近い• 000(トリプルオー)…Martin伝統のやや小型の音のレスポンスが良いボディ• ドレッドノート…アコギの標準サイズ。 音量が大きくパワーがある 呼び名が色々あるものの、アコースティックギターの基本形と特徴は上記の4つ。 最も小さいミニギターと最も大きいドレッドノートの差はこれくらいです。 最も一般的なのはドレッドノート。 ドレッドノートのサイズ感や音に慣れておくと、ライブハウスなどでギターを借りて弾くときに戸惑うこともありません。 対して自宅使いで便利なのはミニギター。 占有面積が少ないため、1人暮らしの部屋でも収まりやすく使いまわしも楽です。 アコギとエレアコの違い エレアコは通常のアコースティックギターの内部に ピックアップという装置を取付けて、アンプなどの音響機器と接続可能にしたギターのことです。 ですが、同じ価格のアコギとエレアコを比べると材料費の関係でアコギのほうが質が良くなります。 自宅利用だけならエレアコである必要はないため、迷いどころです。 僕が色んな人を見てきた経験から考えると、 「どっちを買うか迷ってる人はアコギ」です。 最初からエレアコを選ぶべき人は「バンドで演奏する」「ライブハウスで演奏する」など使用予定が明確にある人で迷いません。 これからギターを練習してみようという人は まずは1~3万円くらいのギターを買って、人前で演奏しようと思えるようになったら買い替えるのが現実的。 実際に人前で演奏しようと思える腕になるまで2~3年くらいはかかる人が多いです。 そして、人前で演奏しようと考えると少し良いギターが欲しくなるもの。 なので、2本目のギターを買う時に改めてエレアコにするべきか考えても遅くはありません。 初心者は中古ギターはやめておこう 中古ギターは安く買える上に、当たりを引けば良いギターに出会えることがあります。 しかし、初心者にはおすすめできません!理由は下記の3点です。 自身でパーツの消耗具合がわからない• 故障発生のタイミングでギターを辞めちゃう可能性がある• 僕の周りでも、故障をきっかけにギターが置物になる人を何人か見てきました。 初心者のギター選びでもっとも大事なのは 「気軽に弾けるギターであること」なんですよね。 音質とかコスパとか大した問題じゃないんです。 なので、故障なんて面倒なことは最も起きてほしくないわけです。 中古である以上は新品よりも、故障する確率が高いのは仕方がないことです。 大人しく新品を買いましょう。 楽器屋さんには行くべき? 正直なところ、YAMAHA、Morris、Fender、Epiphoneなどの 大手楽器メーカーの製品を買うなら通販で買っても何ら問題ありません。 僕自身もブログでレビューするために安いギターをAmazonでちょこちょこ買ってますけど、問題あったことないです。 そんな時代の中で、わざわざ楽器屋さんで買うメリットは相談先ができることですね。 僕も初めてギターを買った楽器屋さんで弦交換のやり方とか習ったものです。 逆に相談相手が周りにいる人は楽器屋さんに行って買うメリットはそこまでないです。 中級者にもなれば、色んなギターを弾き比べて買うギターを決めるべきですけど、初心者だと定番製品を買っておくのが無難ですしね。 僕のおすすめは予算3万円なんだけど、価格帯別でどんな傾向があるのかを解説していくよ 初心者目線でのアコギ相場 予算 傾向 1万円 安っぽい、お試し用ギターが中心 3万円 大手メーカーの初心者向けギターが中心 5万円 デザインやエレアコの機能が充実し始める 10万円 本格的な音楽活動に使えるレベルになる 初心者のアコースティックギターの相場値段は大手メーカーの入門機が集中する3万円前後。 よって、予算3万円で考えるのが最も無難です。 楽器屋さんで初めて買うギターを探している…と伝えると大抵は3万円あたりの製品をおすすめされます。 …といっても 「できるだけ低予算で済ませたい」 「予算はあるから末永く使えるものを…」 という人もいるでしょうから、各価格帯の特徴を掘り下げて解説していきます。 タップして解説にジャンプ• 5万円くらいで買えるMorris M-280 予算3万円だと大手楽器メーカーの入門ギターを選択できるので、品質的にグッとレベルが上がります。 ギター教室に通う人や、独学でも絶対ギターを弾けるようになる!…と考える人は予算3万円を選択すべきです。 そして、予算3万円出せるならYAMAHA、Morris、Fender、Epiphoneといった大手楽器メーカーの入門ギターがおすすめです。 造りも安定していますし、音質や演奏性も安いわりに良好です。 僕が色々触ってる感じだと、安いアコギは1万円台と2万円半ばではかなりの差があります。 逆に2万円台と3万円台で違いはあるものの、劇的な変化はありません。 ギターのやる気が高い!…けどお金がないという人も何とかお金を貯めて2万円台まで頑張ったほうが良いです。 定番かつ王道の初心者向けギター• ドレッドノートを日本人の体形に合わせて作り替えたオリジナルシェイプ• ピックアップ未搭載• 実売価格 3. 5万円程度 初心者向けギターの定番メーカーYAMAHAからドレッドノート型ギターです。 低価格帯ギターの中では抜群の演奏性と音質です。 YAMAHA FGシリーズはかなり昔から初心者用ギターの代表格に君臨しているイメージですが、試し弾きすると納得します。 FシリーズにはFGとFSがあり、ボディ形状が異なります。 FGはドレッドノートを日本人体型に合わせて作り替えた、YAMAHA独自のトラッドウェスタンシェイプ。 FSは小ぶりにしたスモールボディになっています。 女性に人気の高いボディシェイプです。 3万円台なので特段良い鳴りをするわけではないですが、 ジャッキとまとまった音質で音量も大きいです。 初心者や趣味でギターを弾く人にとっては申し分ない音です。 YAMAHA FGシリーズは造りがしっかりしており、長年弾き込む人も多いギターなので品質も安心です。 何を買うか迷ったら、を買っておけば間違いないというレベルの安心ギターです。 FG830• 国内メーカー Morrisのエントリーモデル• ドレッドノートサイズ• Morris製ピックアップ MP3搭載のエレアコ• 実売価格 3. 2万円程度 ソロギタリストから支持が厚い、国内ギターメーカーMorrisのエントリーモデル。 ピックアップが搭載されているエレアコモデルとなっています。 ボディシェイプはドレッドノートでドッシリとした音量と低音が効いています。 音質もちゃんとしたアコギで、ボディの鳴りもそこそこ。 アコギとしては王道タイプでエレアコが欲しい初心者にはピッタリのギターです。 ピックアップ&プリアンプはMorris製のMP3が搭載されています。 5万円のモデルと同じピックアップシステムですね。 チューナーが内蔵されていて、4バンドEQが付いている本格的なプリアンプが内蔵されています。 3万円台とは思えない高品質なエレアコですね。 上手い人がライブで弾いていたら、それなりのエレアコに見えちゃいますね。 3万円程度でエレアコを探している人には安定かつ鉄板の1本です。 安いエレアコの中ではコスパ・品質共にが文句なくNo. 1です。 長年使うというよりは、自身がギターを続けられるかを確認するためのお試し用という扱いが適しています。 ギターの腕が成長したら、新しいギターを買うつもりで1本目のギターとして購入しましょう。 ミニギターの強みは成長して良いギターを買った後も自宅で気軽に使えるサブギターとして活用できる点なんですよね。 まずは手軽なギターを買って初めてみたいという人に最適なギターです。 小学生のお子さんに買うギターとしても最適な1本です。 YM-02でお子さんがギターを好きになるか確認して、無事上達したらグレードの高いギターを買ってあげると良いでしょう。 逆にギターをガッツリやらせたいなら、前述ののほうが良いです。 お子さんのモチベーションで使い分けましょう。 …トップ材にスプルースを使ったオフホワイトカラーなおしゃれなモデル• …オールマホガニーで魅力的な杢目を押し出したモデル• …オールマホガニーでトップをチョコレートブラウンカラーにしたシックなモデル どれも使いやすい、ジャキっとまとまった音がしっかり鳴ります。 最初のアコギは愛着を持つことが大事なので、ルックスで気に入ったものを選びましょう。 また、ピックアップ内蔵のエレアコなのでアンプに繋いでの演奏も可能。 僕はアコギ用アンプ に繋いで試しましたが、音量も結構出るので学園祭や発表会は全然問題ないです。 2019年に発売されたモデルだけあって、今時の需要はしっかり満たしているモデルですね。 STORIA I• 女性で使用者が多いFenderのアコギ• 握りやすいEasy-to-Playネック• ピックアップ未搭載• 実売価格 2万円程度 YUIさんが使ってたことで、女性アーティストに使用者が多いFender。 その中でも弾きやすいエントリーモデルがです。 は初心者でも弾きやすいようにネックに滑らかな加工を施したFender独自の「Easy-to-Play」ネックを使っています。 握るとネックが薄く感じるので、他のギターと比べてコードが押さえやすくなっています。 まだ、手が小さい人が多いであろう中学生の女子におすすめです。 ボディサイズはアコギの通常サイズである、ドレッドノート仕様になっています。 音量もしっかり出て、音の鳴り方もちゃんとしたアコギの音です。 そして、ストラップピンもボディ上部に付いています。 ギターストラップも簡単に付けられるので、立って弾く場面が多い人には使いやすいですね。 安心して買える初心者向けギターに仕上がっています。 中学生女子にはおしゃれで弾きやすいも良いんですけど、5万円するので中学生には少し高いんですよねぇ。 その点、は2万円程度で買えるので中学生でも頑張れる範囲ではないかと思います。 エド・シーランも使っているミニギター• サイズ感も音質も実用的で便利な1本• Fishman Sonitone搭載のエレアコ• 実売価格 6万円程度 ミニギターの代名詞的な存在であるリトルマーチン、です。 お試しでミニギターを買いたい…という方は前述ので良いですが、ちゃんとしたミニギターが欲しいならにしましょう。 最近ではリトルマーチンで楽器を始める方は多いです。 サイズ感的にも自宅に置きやすいですし、外出時の持ち運びも楽なので、何かと活用しやすいんですよね。 僕もリトルマーチンは1本持ってますが、電車移動とか全然楽です。 自宅で使う時もリトルマーチンならギターを抱えながらスマホいじったり、文字書いたり楽にできるのでほんとに便利です。 リトルマーチンはエレアコのの他に普通のアコギであるもあります。 は実売価格が1万円下がり、5万円程度で買えるのであなたの用途に合わせて選択すると良いでしょう。 LX1(アコギ)• 握りやすい細めのナット幅を採用したネック• 腕が疲れないようボディにアームレスト部分が作られている 初心者向けにネックを細めに作ってあります。 また、Taylorは元々ネックがやや薄めなので握ると手が小さい人でも使いやすそうな感じを受けますね。 また、アームレストは他のメーカーにはないユニークなアイデアです。 ギター始めたては左手が痛くて、長く弾けません。 しかし、少しずつ慣れてくると今度は右腕とギターボディが接触する部分が痛くなってくるんですよね。 はアームレストがあって右腕が痛くならないので長時間弾けるような作りになっています。 そして、初心者向けギターではあるもののピックアップはTaylorのES-Bが搭載。 生音もエレアコの音も本格的な活動で使えるレベルのものです。 実際にプロアーティストの関取花さんがメインギターで使用されています。 本気で音楽をやるから最初から、長く愛用できるギターが欲しい!…という方にはおすすめの1本です。

次の