丸亀競艇ライブ。 BOAT RACE蒲郡 Official Site

BOAT RACE蒲郡 Official Site

丸亀競艇ライブ

丸亀競艇場の基本情報 丸亀競艇場 ボートレースまるがめ は 香川県丸亀市にある競艇場です。 1952年に開業し、2012年に新スタンドがオープンし、フードコートや公開解説等が行われるサテライトスタジオ、外向発売所のBポートまるがめがオープンしました。 4階建ての綺麗で新しいスタンドになってからは若者やファミリー層の客も多く、イベントも増加しています。 2009年4月21日に四国初のナイター開催を行い、 現在はナイター専門で運営を行っています。 アクセスは丸亀駅から無料送迎バスで10分。 車では善通寺IC、堀出IC、堀出北ICから一般道15~20分ほどです。 施設内は水辺のテラス、キッズルームがあり、駐車場からは瀬戸大橋の全景を見ることができます。 丸亀競艇場の 特徴 水面は海、水質は海水です。 荒れたコンディションになりやすくて1コースが有利なので 東京の江戸川競艇場と似ていると称されています。 インに有力選手が入るとオッズが極端に低くなるため、番組マンは内枠に有力選手が集中しないように配慮しています。 海に面していますが石垣で囲まれているため水面は綺麗で、 潮の満ち引きによる水位差が大きいです。 コース別成績 2017. 1~2018. 31 勝率 1着率 2連対率 3連対率 1コース 7. 78 52. 50 15. 19 12. 01 10. 30 7. 27 1. 枠なり崩れが起こることもあるのでスタート展示の挙動もチェックしておきましょう。 内枠は基本的に買いの方向ですが、向かい風6m以上で1コースの1着率47. 荒れたコンディションになるときはセンターからアウト狙いに方針転換するのがセオリーです。 1コースに有力選手、ほかはB級選手といった企画番組を組まれることもあるので、データで見るほど1枠が有利というワケではありません。 ただし、18時以降のナイターになると1コース1着率59. 照明を横浜スタジアムと同じものを使い、ほかのナイターを行う競艇場と照明の形状が違うことも影響しているかもしれません。 参考元: 主な 開催レース• 周年記念 G1 京極賞• 企業杯 G3 JR四国ワープ杯競走 SG開催実績 1969年 第15回モーターボート記念競走 1974年 第20回モーターボート記念競走 1978年 第13回鳳凰賞競走 1979年 第25回モーターボート記念競走 1987年 第33回モーターボート記念競走 1990年 第36回モーターボート記念競走 1993年 第20回笹川賞競走 1995年 第42回全日本選手権競走 1998年 第33回総理大臣杯競走 2003年 第13回グランドチャンピオン決定戦競走 2006年 第9回競艇王チャレンジカップ競走 2008年 第55回全日本選手権競走 2009年 第55回モーターボート記念競走 2010年 第15回オーシャンカップ競走 2013年 第59回モーターボート記念競走 2014年 第19回オーシャンカップ 2017年 第22回オーシャンカップ 丸亀の定期開催レース 季節ごとの特別競走 ・市長杯争奪まるがめ競艇大賞 正月 ・安岐真人杯争奪瀬戸の大魔神大賞 ゴールデンウィーク ・RNC杯争奪サマーチャンピオンレース お盆 企画番組 ・Welcomeブルーナイターオープニングレース 1Rに1号艇をA級選手、他をB級選手 ・5! レース 5Rに信頼できる選手が1号艇 ・アフターファイブレース 6RにA級選手1~2名が2~4号艇 ・まるポでGO 8Rに進入固定競走 ・ラストバトル 12Rに有力選手を内枠.

次の

【競艇・ボートレース】ボートレース丸亀ライブ配信

丸亀競艇ライブ

創刊65周年記念サンケイスポーツ杯 令和2年7月23日〜7月27日 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 4413 3265 3961 4545 4361 4537 名前 水摩敦 今村暢孝 谷村一哉 岡村慶太 柳生泰二 渡邉和将 支部 福岡 福岡 山口 福岡 山口 岡山 勝率 6. 57 6. 54 6. 88 6. 61 6. 62 6. 98 2連率 50. 60 52. 80 49. 70 48. 80 47. 60 56. 気合満点の今村を軸に地元勢がシリーズをリード 大挙参戦する地元勢が、優勝戦線をリードする5日間シリーズだ。 当地通算7回の優勝歴を誇るベテランの今村暢孝(福岡)が、変わらぬ積極的なコース取りと、衰えることのない熟練のさばきで魅せる。 当地では前回、前々回と2節連続で準優敗退しているだけに、今度こそと気合満点で乗り込んでくること間違いなし。 5月にオール3連対で予選を突破した小羽正作(福岡)は、的確な走りで上位進出を外さない。 近況好調な水摩敦(福岡)は5回、正月戦で2年連続優勝の実績もある岡村慶太(福岡)は4回と当地で何度も美酒を浴びてきた。 高倉和士(福岡)は優勝歴こそないが、直近の4節で優出3回と好成績。 A1級に復帰と勢いに乗っており、そろそろ初優勝への期待も懸かる。

次の

ボートレース若松 公式サイト

丸亀競艇ライブ

ボートレースまるがめの「報知グリーンカップ」は18日に開幕(23日まで)。 唯一、SGを制している柳沢一(愛知)が地力上位の存在だ。 まるがめは昨年11月の67周年こそ準優(3着)で脱落となったが、それまではSG含め3連続で優出するなど、相性は良好。 ターン力、スタート力、調整力の全ての面で高いレベルを誇っており貫禄の走りを見せる。 中辻崇人(福岡)、渡辺浩司(福岡)の福岡支部コンビも有力なV候補だ。 中辻は前期勝率(昨年11月から今年4月)でただ一人、7点台(7. 06)をマーク。 今年5月の当地・MB大賞では準優2着に入りながらも不良航法で賞典除外となっており、名誉挽回の活躍に期待したい。 渡辺は6月の宮島で今年初優勝を飾るなど、リズムは上向きだ。 地元まるがめでG1V2を飾っている秋山広一(香川)も要注目。 5月の児島、徳山、6月の鳴門と3連続優出中(いずれも4着)と上昇ムードが漂う。 当地2連続優出中の下條雄太郎(長崎)・森定晃史(岡山)も活躍必至だ。 他では今井貴士(福岡)、佐々木和伸(徳島)、中越博紀(香川)、郷原章平(福岡)、白神優(岡山)、岩崎正哉(福岡)も侮れない。 (データは6月26日現在).

次の