切り干し 大根 厚 揚げ。 実は揚げてもうまかった!「フライド切り干し大根」で、ビールがすすむ〜♪

実は揚げてもうまかった!「フライド切り干し大根」で、ビールがすすむ〜♪

切り干し 大根 厚 揚げ

切り干し大根の作り方 切り干し大根って大根を水でもどしてちょっと炒めて煮てということを今までやっていて、 あまりにも面倒くさいなと思っていました。 しかもメインのおかずにはならず、晩ごはんの一品でしかない。 なので手間をかけずに切り干し大根ができないかと思ってたら電子レンジで簡単に作れる方法があったのです。 ではレシピを紹介いたしますね。 材料 ・切り干し大根 ・ひじき ・ちくわ ・にんじん ・さとう ・しょうゆ ・みりん ・お酒 ・めんつゆ ・水 分量は本当に適当です。 さとうがおおさじ1/2としたらしょうゆ、みりん、めんつゆ、お酒は1くらいだと思います。 お水は100ミリくらいいつもいれているとおもいます。 作り方 ・まずは切り干し大根とひじきを水で戻します。 10分くらいでもどるかと思います。 ・切り干し大根を戻してる間に、ニンジンを切ります。 私の場合は千切りっぽく切りました。 ちくわも切ります。 ちくわでも、平天などの練り物でもかまいません。 あればうす揚げをいれてもおいしいと思います。 ・水に戻った切り干し大根とひじきの水気をきり、電子レンジに使える容器(私の場合はタッパにしましたが。 ) にいれます。 それから、切ったにんじんや、ちくわ、うすあげなどもいれます。 ・材料が入ったら、さとう、しょうゆ、みりん、お酒、水をまぜたものを切り干し大根の上からまわしかけます。 ・タッパのなかのものをざっくりと混ぜます。 ・容器にふんわりとラップをかけます。 (ここはぴったりとラップをするより、ふんわりとする方がいいと思います。 ) ・電子レンジで約6分加熱をします。 ・加熱が終わったら、ラップをとって熱を冷まします。 これで完成です。 簡単でしょう。 材料をばっーと切って容器にいれて、調味料にいれてレンジでチンとするだけです。 暑くもないですし、なべなどの洗い物もいらないですし、タッパのまま、冷蔵庫でつくりおきおかずとして保存もできちゃいます。 弁当のおかずにも最適だと思いますよ。 わたしはこの切り干し大根を細かく刻んでご飯に混ぜて食べるのも好きです。 うちの夫はごはんの上にかけて食べます。 このおかずと何かメインのおかずとお味噌汁で夕食のできあがりにしてしまいます。 子供が生まれてからは手の込んだ料理よりも手抜きのできる料理を覚えるようになりました。 そしてできるだけ作り置きなどができるものを作るよう心がけています。 次の日には小鉢で少しだしてみたり、切り干し大根入りの卵焼きにしてアレンジしてみたりと 工夫をしています。 レンチン料理のいいところは、電子レンジで加熱をしている間に、子供の相手ができるところですね。 赤ちゃんの頃は火をつかう時にかぎって泣き出したりするので困ることも多かったです。 少しの時間でも赤ちゃんをあやすと一緒にご飯の支度ができるといいですね。

次の

ご家庭でも簡単に【切り干し大根】が作れるって知ってた?

切り干し 大根 厚 揚げ

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

新感覚! 「フライド大根」がうますぎる!【オレンジページnet】プロに教わる簡単おいしい献立レシピ

切り干し 大根 厚 揚げ

切り干し大根の作り方 切り干し大根って大根を水でもどしてちょっと炒めて煮てということを今までやっていて、 あまりにも面倒くさいなと思っていました。 しかもメインのおかずにはならず、晩ごはんの一品でしかない。 なので手間をかけずに切り干し大根ができないかと思ってたら電子レンジで簡単に作れる方法があったのです。 ではレシピを紹介いたしますね。 材料 ・切り干し大根 ・ひじき ・ちくわ ・にんじん ・さとう ・しょうゆ ・みりん ・お酒 ・めんつゆ ・水 分量は本当に適当です。 さとうがおおさじ1/2としたらしょうゆ、みりん、めんつゆ、お酒は1くらいだと思います。 お水は100ミリくらいいつもいれているとおもいます。 作り方 ・まずは切り干し大根とひじきを水で戻します。 10分くらいでもどるかと思います。 ・切り干し大根を戻してる間に、ニンジンを切ります。 私の場合は千切りっぽく切りました。 ちくわも切ります。 ちくわでも、平天などの練り物でもかまいません。 あればうす揚げをいれてもおいしいと思います。 ・水に戻った切り干し大根とひじきの水気をきり、電子レンジに使える容器(私の場合はタッパにしましたが。 ) にいれます。 それから、切ったにんじんや、ちくわ、うすあげなどもいれます。 ・材料が入ったら、さとう、しょうゆ、みりん、お酒、水をまぜたものを切り干し大根の上からまわしかけます。 ・タッパのなかのものをざっくりと混ぜます。 ・容器にふんわりとラップをかけます。 (ここはぴったりとラップをするより、ふんわりとする方がいいと思います。 ) ・電子レンジで約6分加熱をします。 ・加熱が終わったら、ラップをとって熱を冷まします。 これで完成です。 簡単でしょう。 材料をばっーと切って容器にいれて、調味料にいれてレンジでチンとするだけです。 暑くもないですし、なべなどの洗い物もいらないですし、タッパのまま、冷蔵庫でつくりおきおかずとして保存もできちゃいます。 弁当のおかずにも最適だと思いますよ。 わたしはこの切り干し大根を細かく刻んでご飯に混ぜて食べるのも好きです。 うちの夫はごはんの上にかけて食べます。 このおかずと何かメインのおかずとお味噌汁で夕食のできあがりにしてしまいます。 子供が生まれてからは手の込んだ料理よりも手抜きのできる料理を覚えるようになりました。 そしてできるだけ作り置きなどができるものを作るよう心がけています。 次の日には小鉢で少しだしてみたり、切り干し大根入りの卵焼きにしてアレンジしてみたりと 工夫をしています。 レンチン料理のいいところは、電子レンジで加熱をしている間に、子供の相手ができるところですね。 赤ちゃんの頃は火をつかう時にかぎって泣き出したりするので困ることも多かったです。 少しの時間でも赤ちゃんをあやすと一緒にご飯の支度ができるといいですね。

次の