スイッチ セーブ データ 移動。 任天堂switchのセーブデータについて

Switchのセーブデータやアカウント移行方法まとめ。2台目購入時にやることを解説

スイッチ セーブ データ 移動

Oh…これはちょっと不便。 どんなに完璧に思える人でも、意外な欠点があったりします。 それはゲーム機も同じ。 絶賛をもって発売された任天堂のゲーム機「 (ニンテンドースイッチ)」ですが、その セーブデータは本体ストレージに保存され、microSDカードなどに転送ができないことが明らかになっているのです。 まずを見ると、「遊んだ記録がつまっているセーブデータは、とても大切なデータなので、なくさないよう 本体保存メモリーに保存されます」との記載があります。 これはダウンロードソフトだけではなく、 パッケージ版のソフトでプレイしている人もセーブデータは本体メモリに保存されるとのこと。 ニンテンドーDSのように、ゲームカード内にセーブデータが保存されていく仕様ではないようです。 さらにを見ると、もっとはっきりと「セーブデータはmicroSDカードに保存したり、コピーしたりできません(Game save data cannot be saved or copied to a microSD card. )」と記載されています。 つまり 本体をなくしたり修理不能なくらい壊れたら、セーブデータはパー。 そして本体ストレージがいっぱいになったら、空き容量を作るにはダウンロードソフトかセーブデータを削除する、もしくはダウンロードソフトをmicroSDカードに転送するくらいしかありません。 セーブデータの削除方法などは、に記載されているので参考にしてみてください。 ん、現時点では? ということは、 将来的には変更もありえるのかな? セキュリティ的な観点からセーブデータの移動を禁止しているのかもしれませんが、やっぱり大切なデータだからこそバックアップを取りたいのも真理。 いずれ、ユーザーフレンドリーな解決策が現れることを願っています。 Tags :•

次の

スイッチのユーザーの移動について。

スイッチ セーブ データ 移動

長い時間と労力を捧げて作り上げたセーブデータは、単なる思い出を越えた「財産」というべき重みをもつもの。 ニンテンドースイッチ以前の任天堂ハードでは、バックアップないし他の本体に移行することが可能でした。 Wii Uでは本体保存メモリーからUSB記録メディアやSDカードにコピーが可能で、3DSも「引っ越し」作業の手間と時間は掛かるものの異なる本体への移行はサポートされていました。 それに対してニンテンドースイッチのデータ管理でできることは「セーブデータの消去」だけ。 内部メモリが一杯になったとき、空き容量を確保するため「消す」ことのみが許されています。 海外サイトのKotakuが任天堂に尋ねたところ「現時点では、他のゲームスイッチ本体にセーブデータを移行できません」と端的な回答が返ってきたとのこと。 公式FAQでは「パッケージ版ソフトでも、ゲームカードの中には保存されません」と断言されているので、セーブデータがニンテンドースイッチ本体と運命を共にすることは確定しました。 ただし「現時点では」との保留付きで、希望はまだ残されています。 Wii Uは発売直後から本体を解析する人々と本体更新とのイタチごっこが続き、セキュリティが脅威に晒された経緯があるので、その対策に目処が立ってからということかもしれません。 もっとも、まだ発売されたばかりでもあり、本体更新も発売初日すぐに配信されているので「できない」と落胆するのは時期尚早でしょう。 とはいえ、「現時点では」バックアップできないのは動かない事実です。 特に新作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はオープンワールドのやり込みの深さが途方もなく、セーブデータも長大な時間が注ぎ込まれるため、お手元のニンテンドースイッチは大切に扱ったほうが良さそうです(あえてWii U版を買うという選択肢もあります)。

次の

【あつ森】セーブデータ(島)の引っ越しと消し方【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

スイッチ セーブ データ 移動

セーブデータはダウンロードソフトだろうがパッケージだろうが、SDカードを挿していようがいまいが本体保存メモリーにしか保存できません。 セーブデータ 本体保存メモリーに保存されます。 パッケージ版ソフトの場合でも、ゲームカードの中には保存されません。 microSDカードに保存することもできません。 つまり、容量不足になったりもう1台Switchを買ったからセーブデータを移動したいとなっても、それは現時点で不可能だということ。 チートや転売、貸し借りなどに対する策なのかもですが、これはちょっと不便ですよね。。。 ただしダウンロードしたソフトを移したり、引っ越し元・先で同じデータを利用することはできません。 詳しくは以下の記事をどうぞ。 他にもNintendo Switch対応のSDカードがたくさん売られていますので、自分好みのものを選ぶといいでしょう。 「まとめてデータを整理」を開いてみると… ダウンロード版の「ぷよぷよテトリス」1. 1GB、「マリオカート8 デラックス」6. 8GB、 「スプラトゥーン2」3. 7GB、「モンスターハンターXX」9. 8GBなど。 『整理する』を選ぶとその分の容量が空けられます。 全部削除されてしまうのかと一瞬不安になりますが、画面の説明にある通りセーブデータはそのまま残るのでその点はご安心を。 あくまでゲーム部分のみを削除することになります。 試しにぷよぷよテトリスを削除すると、本体保存メモリーが1. 1GB空きました。 この状態でデータ整理したぷよテトを遊びたい場合、ソフトを再ダウンロードする必要があります。 セーブデータはそのままなので以前の続きから遊べますが、よく遊ぶタイトルは整理しない方がよいでしょう。 SDカードを挿した状態でダウンロードすると、自動的にSDカード側に保存されます。 0より、 ソフトのデータを本体とSDカード間で直接移動できるようになりました。 一度削除して再ダウンロード、という手間がなくなるのはありがたいですね。 やり方は以下の通り。 試しに、本体からSDカードへの移動を試してみることにします。 表示される容量などを参考に、移動したいソフトを選択し「移動する」。 選択した内容に問題なければ、移動を実行しましょう。 約1GB程度のソフトだと、私の場合は2,3分程度で終わりました。 画面写真(スクリーンショット)を整理・削除する ダウンロードソフトの整理に比べると占める容量は微々たるものですが、画面写真を整理することでも容量を多少は空けることができます。 1枚あたり100KB程度なので、スクショ約11,000枚でやっとぷよぷよテトリスDL版1本程度。 容量的にはたかが知れていますが、スクショを撮りっぱなしにしておくよりも大事なものだけ選別しておく方が後で見やすいですし、やっておくのもいいでしょう。 あとがき スイッチの容量不足で悩んている方は、ダウンロードソフトと画面写真を整理すればほとんどの場合は解決するはず。 試してみてください!.

次の