更新 ありがとう ポイント。 ドコモの更新ありがとうポイントが何故かもらえない! そんな時に是非確認したい内容まとめ

ドコモの更新ありがとうポイントとは?期限が短いので忘れずに受け取りましょう!

更新 ありがとう ポイント

SPONSORED LINK 2015年末から始まった、により携帯業界に以下のような施策が行われた。 一括0円、実質0円など「0円スマホ」の禁止• 5,000円以下で利用出来る安価な料金プランの創設• MNPによる新規ユーザーに対する過度な割引を改め、既存利用者も優遇する この結果、MNP一括0円などの格安端末は姿を消し、メリットの薄い安価なプランが登場し、 携帯業界は明らかに盛り上がらなくなった。 そんななか既存ユーザーへの優遇という部分で1人気を吐くのがdocomo。 長期利用割引の1施策として、 2年縛りの見直しを実行している。 僕は2016年5月がちょうど2年契約の更新月だったので、この制度開始直後にたまたまその対象となったので、どのような流れだったのかを紹介しようと思う。 2016年4月に発表されたdocomoの2年縛り見直し施策 従来の2年縛りというのは、どのキャリアでも共通して以下のような施策だった。 契約時は2年契約が前提で、基本料金や端末の割引を行う• 解約は2年契約の更新月(契約日起算で25ヶ月目)のみ手数料がかからず、それ以外は約1万円の違約金が発生• 更新は 自動継続 特に 自動継続という部分は問題で、キャリアの本音としては気がついたら更新されていた状態なので、ろくに案内すら出さない時期が長く続いたが、近年は更新月の前月にSMS(ショートメッセージ)などで通知を出すようになった。 だが、利用者としては新規契約時は割引などのメリットがあったが、3年目に入るとそういうものはほぼ無くなる。 契約更新するメリットなんて無いというのが現実だし、メリットも無いのに2年契約をまたしなきゃいけないというのは納得感が薄かった。 そこでdocomoは見直しを行った。 2年契約の有無を選択可能に 2年定期契約満了後の更新期間に2つのコースを用意し、それを選択可能とした。 その2つのコースとは「フリーコース」・「ずっとドコモ割コース」でざっくり違いを挙げると以下のようになる。 コース名 基本プラン料金の割引 2年縛り 更新ありがとうポイント フリーコース あり なし なし ずっとドコモ割コース あり あり あり 「フリーコース」が一番新しいと思えるもので、 基本料金はそのままで2年縛りなしというもの。 つまり、 いつでも解約が可能。 例えば、7月が更新月だったとして、9月の新型iPhoneを見てから他社にMNPするか検討したいなんて人は多かったと思うが、そう言う人はとりあえず「フリーコース」にして待つなんてことが可能になった。 非常に柔軟性の高いプランだ。 「ずっとドコモ割コース」は従来の2年縛りと同じ考えだが、 2年契約の更新毎に「更新ありがとうポイント」が付与されるというもの。 ポイントは3000ポイントなので大したものではないが、今までは無かった部分。 今回僕はこの「ずっとドコモ割コース」を選択して、「更新ありがとうポイント」をもらったのでその流れを紹介する。 SPONSORED LINK 2年契約の更新通知はいつごろ? 更新通知は 前月末頃にSMS(ショートメッセージ)で送信される。 僕の 2年縛り更新月は「2016年5月」だったのだが、2016年4月末に以下のようなSMSがdocomoから届いた(具体的には2016年4月27日)。 以下のような内容だ。 この為、特別な手続きは不要だったが、実は対応方法によって受付期間が異なることが分かった。 コース名 更新期間 手続有無 手続可能期間 ずっとドコモ割コース 自動継続 不要 — フリーコース 2016年6月1日〜30日 必要 1ヶ月 解約(MNP含む) 2016年5月1日〜6月30日 必要 2ヶ月 一番重要な事は、フリーコースを選択する場合。 26ヶ月目(更新月の翌月)に 手続きが必要• 手続を受け付けるのは 1ヶ月間のみ という部分。 解約と同じようにしてくれたらいいのに、ここはなんとも分かりにくい対応となっている。 キャリアの本音としてはやりたくないっていうのが少し伝わってくる、、、 そして、僕の場合だが手続きは特に不要だとしても、一番肝心な「更新ありがとうポイント」の付与方法がさっぱり分からなかった。 詳細は後日メールにてお知らせいたします。 書かれているだけだからだ。 「後日っていつだよ!」って思いますよね。 「更新ありがとうポイント」の案内通知はいつごる届く? というわけで、2016年4月末からモヤモヤした気持ちを持ちながら、時間が経ち、気がつけば忘れていた。 そして、2ヶ月弱経過した、7月になってまたdocomoからSMSが届いた。 正直忘れてしまう時期だが、さらにややこしいのが、 自動付与では無く、受け取り手続きが必要ということだ。 正直勝手に付与してよ、って思った。 「更新ありがとうポイント」の受け取り手順 というわけで、早速受け取り手続きを行った。 基本的にウィザードに従うのみ。 「更新ありがとうポイント」受取画面 SMSに記載されているURLをクリックすると、この画面が表示される。 付与ポイントは3000ポイント 手続画面に遷移すると、受け取り確認画面が表示される「3,000ポイント」もらえる。 手続完了画面 これで受け取りが完了。 たったこれだけの事をわざわざやる理由はあるのだろうか、という疑問は消えない。 本音としてはあまりやりたくなかったのが、ミエミエって思ってしまう、、、 受け取ったポイントの有効期限や用途は? 今回のポイントは2016年7月付与のポイントで、 有効期限は半年となっていた。 つまり僕の場合は2016年12月末日まで使える。 また、利用用途は、• スマートフォンやタブレット端末、付属品等のドコモ商品購入代金• dマーケット等でのコンテンツ購入やショッピング• ローソンやマクドナルド等dポイント加盟店でお買い物 という感じで、docomoのサービスだけじゃ無くコンビニとかでも使えるのは嬉しいところだ。 期間限定のdポイントとして付与された ちなみに付与後のポイントはこんな感じで、期間限定ポイントという扱いだった。 docomoは他社に比較すれば真摯に対応しているし、そこは僕のような長期契約者には嬉しい事なのだが、一手間かけさせることに疑問を感じる。 とはいえ、ちゃんとしたキャンペーンなので、docomoユーザーはきちんとSMSをチェックして、「更新ありがとうポイント」は忘れずにもらっておこう! 最後に繰り返しの補足だが、このポイントは長期利用者優遇施策だが、 契約期間は関係ないため、2年契約の初回更新時でも権利は有しているため注意して欲しい。

次の

ドコモの更新ありがとうポイントが何故かもらえない! そんな時に是非確認したい内容まとめ

更新 ありがとう ポイント

NTTドコモの新長期利用者向けサービス「 更新ありがとうポイント」が2016年6月1日に開始されてから、もう2年半以上が経ちました。 既に2年以上ドコモを利用しているかなりの数のドコモユーザーが、更新ありがとうポイントを一度取得することができているのではないかと思われます。 取得できる、というのは、更新ありがとうポイントはユーザーに対して自動付与されるわけではなく、 自ら取得する手続きをしなければならないという注意点があるためで、何も手続きを踏まずにそのまま6ヶ月が経過すると、更新ありがとうポイント3000ポイントはもらえなくなってしまいます。 ということで、実際に更新ありがとうポイントをもらうためにはどうすればいいのか、確認してみました。 当初の WEBでの申し込み以外にも、 特番での申し込みも開始されています。 もらわなければもったいない、更新ありがとうポイントの獲得方法について解説していきます。 ドコモの更新ありがとうポイントは専用サイトから入手する 更新ありがとうポイントを入手できる前提条件についてはここでは触れません。 別記事を参照してください。 獲得・利用期限についても記載がありますので、この期間内に獲得をし、なおかつ利用しなければなりません。 獲得が遅れれば遅れるほど利用期間も短くなってしまいますので注意しましょう。 更新ありがとうポイントを入手することができる対象のユーザーの場合、どうすれば実際にポイントをもらうことができるのでしょうか。 開始当初よりも現在はかなりわかりやすく変更されていますので、以下その方法を解説していきます。 更新ありがとうポイントを専用サイトで申し込む方法 更新ありがとうポイントを入手するためには、 専用サイトより手続きを実施する必要があります。 簡単な手続きで受け取りができますが、ここでその獲得方法を 確認していこうと思います。 ちなみに、参考情報として、更新ありがとうポイントをもらえるユーザーは、すでに新たな二年契約期間に突入しているため、更新ありがとうポイントはもらえるものの、「 フリーコースを選ぶという選択肢は次の更新期間までない」という点には注意しましょう。 「フリーコースを選ぶ」という選択肢を与えられるのは、更新ありがとうポイントが付与される前月まで、つまり 解約金がかからない3ヶ月の間のみ、ということになります。 Google検索以外から更新ありがとうポイント獲得の専用サイトに入るためには、dポイントクラブのポータルサイトから辿る必要があります。 以前はなかなかわかりにくい場所にあったのですが、現在は比較的わかりやすいルートに変更されています。 dポイントクラブポータルサイトのトップページの、「ためる」という部分を選択します。 その中に、「更新ありがとうポイント」という項目が見つかりますので、それを選択すると、更新ありがとうポイントのサイトに入ることができます。 とりあえず以下、直接のリンクもつけておきます。 その専用サイトから、「お手続き画面へ」を選んで先に進みます。 更新ありがとうポイントは、 dポイント(期間・用途限定)の3000ポイントとなっています。 条件を満たしている状態であれば、「申し込む」を選ぶと手続きを実施することができます。 更新ありがとうポイントを「特番」で申し込む 更新ありがとうポイントの新しい申し込み方法として、専用の獲得ダイヤルからの申し込みが可能になっています。 方法としては、更新ありがとうポイントの条件を満たしている携帯電話から、下記の専用の獲得ダイヤルに電話し、自動音声ガイダンスに沿って操作することで、更新ありがとうポイントの獲得ができます。 注意点としては、発信者番号通知機能を「通知」にしておく必要がありますので、もし普段から「非通知」にしている人は気を付けましょう。 専用獲得ダイヤルは「*8118」です。 WEB上の操作に抵抗がある場合には、こちらの方があるいは簡単かもしれません。 実際に、私の更新ありがとうポイント取得月に、専用ダイヤルを試してみました。 するとすぐに、「 ドコモの更新ありがとうポイント獲得ダイヤル」につながります。 自動音声で契約内容を確認してくれ、すぐに「 申請の手続きが完了しました」というアナウンスが流れ、完了しました。 実に簡単です。 初期の頃から考えれば、かなり取得しやすくなっていますので、対象期間に入ったら、手続きを忘れることがないようにしておきましょう。 更新ありがとうポイントの獲得期間と利用期間は同一 更新ありがとうポイントの特徴として、 獲得期間と利用期間が分けられていません。 つまり 期間内に早く獲得すれば利用期間は長くなりますし、遅く獲得すれば利用期間は短くなります。 これもなんだかおかしな話ですが、そういうルールなので仕方ありません。 獲得期間に入ったらできる限り早く獲得し、使い切ることができなかった、ということがないように利用期間には余裕を持たせたいところです。 dポイントのお得な利用方法は、「 」の記事内でも解説しています。 子供二人に更新ありがとうポイントをもらえる年だった場合、合計で年間9000ポイントがお得になる計算です。 これは非常に大きいです。 期間・用途限定ポイントという弱点はあるものの、うまく利用していけばまったく問題ありません。 シェアパック++ のコラボもかなりのお得感がありますが、それに加えて更新ありがとうポイントおよび子育て応援プログラムを併用すれば、最高にお得になります。 格安スマホと比較すると料金的にはどうしても分が悪いドコモですが、最近はおよびによってかなりお得に利用することができるようにもなりました。 それに加えて更新ありがとうポイントや子育て応援プログラムなど、 お得な特典をしっかり獲得していくことで、総合力ではやはりドコモが有利、と言えるような形にもできます。 とにかくもらえるものは、確実にもらえるようにしていきましょう。 いつも参考にさせていただいています。 最近、AndroidからiPhoneへ機種変更をしました。 教えていただいた通り、d CARD GOLDへ入会後 ドコモオンラインショップで手続きをし 疑問点に思った点もチャットで相談して解決したと思い 契約を完了したのですが 「更新ありがとうポイント」を本日申し込もうとしたところ 以下の表記が出て、申請手続きできませんでした。 お手続きできませんでした 申し訳ございません。 下記いずれかの理由によりお申込み手続きが完了できませんでした。 申込み対象期間外 お申込み期間は、2年定期契約更新期間終了の翌月1日から6か月目の末日となります。 申し訳ございませんが、お申込み期間内にお申込みをお願いします。 契約プラン・コース対象外 ずっとドコモ割コース(「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」の2年定期契約)をご契約で、申込み対象期間内のお客様がお申込みいただけます。 もし、ご存知のことがおありでしたら、お教え願えないでしょうか?.

次の

ドコモ 「更新ありがとうポイント」をもらう方法と無駄のない使い方とは?

更新 ありがとう ポイント

2年契約を更新すると3,000point獲得!しかし手動なので忘れたら0point 更新月以外に解約をすると解約金のかかる2年契約ですが、次の2年が確定したらポイントの受け取り対象になります。 ただ、いつでもポイント付与されるかというとそうではないので期間と指定プランには注意しましょう。 回線ごとに2年契約の更新時期は異なるため家族で乗り換えを行った方以外は基本的に時期がずれます。 指定プラン対象のポイント付与なので全契約者対象ではない• カケホーダイプラン• カケホーダイライトプラン• シンプルプラン• データプラン• ドコモ光 いずれかのプランかつ2年縛り該当者でないと受け取り出来ません。 最近のガラホ(見た目は2つ折りガラケーだが、中身がandroid)は対象プランしか契約できないので問題はありません。 受取期間に注意!SMSやハガキで通知されますが忘れたらポイント受け取りは出来ません! 更新月の翌月から6か月以内に申し込みをしないと受け取り、使用はできません。 その場合の通知は3回あります。 何度かにわたり通知があるので、受け取り忘れがあってもショップやインフォメーションセンターでの対応は出来ないので注意しましょう。 更新月なら解約金なしで解約、他社乗り換えが可能です。 受け取り方はwebか電話で!ドコモショップで手続きは出来ません 受け取りは「」から手続きできます。 ドコモ光を契約されている方は「」から受け取りましょう。 該当回線のスマホからホームページに飛べば受け取りは簡単です。 SMSから同じサイトに飛べるので、非常に簡単です。 メッセージを消してしまった場合はハガキのQRコードからも飛ぶことは可能なのであわてないようにしましょう。 特に暗証番号の入力もないのでダイヤルを覚えておけば確実に獲得可能なので一番楽な方法です。 ドコモショップで手続きは出来ないが手伝いはしてくれる? ユーザー側のスマホ操作やダイヤルを使って獲得になるため、店頭での手続きは基本的に出来ません。 ハガキとスマホを持っていけば操作案内でポイントの獲得は出来ますが、ハガキだけ持って行っても手続きは出来ないので注意しましょう。 ルーター等のSMS使用不可端末はdアカウントが必要です。 発行の手伝いまでは出来てもネットに繋がる端末が無ければ受け取り不可なのも注意です。 まとめ 家族で安いプランを一度組んでしまえば他社に乗り換える必要もないですし、ポイントも獲得できる。 そういう仕組みが出来上がってる場合は有効に使えるポイントなので獲得忘れしないように注意が必要です。 もちろん、月々の料金が高くて乗り換えを検討している方は3,000円分のポイントのために2年契約を継続しないほうが賢明です。 フリーコースへの切り替えや、更新期間中に乗り換えをしたほうが有意義です。

次の