なんじぇいまとめ。 オリックス : まとめてんじぇい(なんJまとめ)

「World is mine」←これなんて訳す?: みじかめっ!なんJ

なんじぇいまとめ

ヤクルト山田哲人内野手(25)が19日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、20%減(7000万円)の2億8000万円でサインした。 今季は143試合でフルイニング出場をするも、レギュラーに定着した14年以降、打率2割4分7厘、130安打、24本塁打とここ4年で最低の数字となった。 「今年の成績というのは年俸にあった数字じゃない。 歴史的大敗もしましたし大減俸は当たり前と納得してはんこを押しました」とした。 今季を振り返り「今年はあまり感情がなかった。 今年に関しては緊張せずに、ただ単に野球をしてた」とモチベーションの低下があったとする。 来季に向けては「3回目のトリプルスリーを達成したいですし、早く来年になってほしいという気持ちが強い。 早くやりたい。 なぜか分からないけど、やる気に満ちあふれています」と巻き返しを誓った。 (金額は推定).

次の

「World is mine」←これなんて訳す?: みじかめっ!なんJ

なんじぇいまとめ

今季の田中は、実はDeNAのチーム内であるポジションを担っている。 その名も「ダッグアウト・キャプテン」。 5月上旬に1軍に呼ばれた際、ラミレス監督から直接打診を受け、数日後の試合前の円陣でナインに正式に伝えられた。 「チームメートにアドバイスする権限を与える。 若い選手の相談に乗ってほしい」というのがラミレス監督の要望だった。 今年5月で36歳になった田中は、12球団最年少クラスで構成されるDeNAの1軍において、 ロペスの1歳上にあたり最年長になる。 東京ヤクルトから移籍2年目はキャンプ、オープン戦と2軍生活が続いていたが、真摯な準備を絶やさず、チーム全体に目配りを効かせた振る舞いが首脳陣の耳にも届いていた。 将来にも必ず役立つ経験だから、と指揮官は田中に伝えた。 最初は1軍昇格したベテランへの短い期待の言葉だった。 しかし、数日後の練習中に「やっぱり正式に肩書を付け、みんなの前で紹介したい」と転じたという。 今回、ラミレス監督がチームマネジメントする上で田中の力を頼った形になる。 開幕ダッシュに陰りが見えたチームは、貯金を使い果たしてBクラスに落ちていた。 その経緯を、青山道雄ヘッドコーチが述懐する。 そこには首脳陣の田中に対する、どこか特有な信頼が透けて見えた。 「もちろん、いち選手の立場として頑張ってほしいけれど、どこかでわれわれ指導する側の力にもなってほしいというような気持ちもある。 彼も役割を分かってくれていると思う。 頼りにしていますよ」。 「状況によると思う。 人によっては頑固で、誰の意見も聞きたくない、自分のやり方でやるという人もいれば、 調子が悪くなると誰かのアドバイスを求めているそぶりをする人もいる。 そういう人には話しかけたりとかをする」 (続けて) 「頑固な選手もいて、アドバイスもいらないし自分の力でスランプを脱すると。 それは悪いとは思わない。 ただ、それで結果が出なければ他の人を使うというだけ。 「よく話しかけてきたりする。 彼はオープンな性格で、今までこうしてきたが、今はこうしているという話をしている。 「調子のいい時はあまり考えずに、早いカウントでもいい球が来れば積極的に振っていったと思うが、 調子が悪くなるといろいろ考えて簡単な球でも見送りだして、悪い球に手を出すという繰り返しがスランプにつながる。 「基本的には同じような考え方でやっているつもり。 それぞれがプロセスを踏んでいる。 ソトに関しては、ヤフオクのソフトバンク戦の3戦目で使わなかったが、そういうことをする時は、前の日に先発じゃないと本人に言う。 大和に関しても前日に話をした。 「腰痛でプレーはできないということなので抹消した。 まだ詳細は分かっていない。 チーフトレーナーなどからも報告はない」.

次の

なんJ まとめアンテナ

なんじぇいまとめ

ツルネでした 京都アニメーション放火殺人事件で、殺人や現住建造物等放火などの疑いで逮捕された青葉真司容疑者(42)=鑑定留置中=が 「京アニ作品の『ツルネ-風舞高校弓道部-』の場面の一部と自分の小説が似ている」という趣旨の供述をしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。 京アニによると、盗作の事実はなく、京都府警は青葉容疑者が一方的に恨みを募らせ事件に及んだとみている。 捜査関係者によると、青葉容疑者は京アニの人気作品と同ジャンルの「学園もの」の小説を同社に応募。 身柄確保時から一貫して「(京アニに)小説を盗まれた」と供述し、京アニ作品の名前を複数挙げていた。 同社は応募された小説は形式面に不備があり、一次審査で落選していたと説明している。 同社代理人弁護士は、応募作品の中身が京アニの目に触れる前に選考から除外されていたため、そもそも似る余地が全くないとしている。 捜査関係者は「独創的な設定とは言いがたく、一方的な言いがかりにすぎない」とみている。 「ツルネ」は弓道部に入った男子高校生が、仲間とともに部活動に打ち込む青春を描いた物語。 二〇一八年十月からテレ... 中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

次の