消毒アルコール。 新型コロナウイルス感染症対応に伴うアルコールの取扱い等について

アルコール消毒買えない人へ。手指に使えるエタノール殺菌代用。|気になる調べ隊!

消毒アルコール

写真:朝日新聞社/時事通信フォト 新型コロナウイルスの感染予防に万全を期したい気持ちはあれども、マスクと同じく、いまだになかなか手にできないのがアルコール消毒液だ。 消毒液は、なぜこんなにも足りないのか。 (ダイヤモンド編集部 新井美江子) いつまでたっても全く足りない! 花王がついに通常の20倍の消毒液生産へ 2月は平時の約2倍、3月は同2. 5倍——。 日本全体でそれほど生産が増えているというのに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の爆発で一向に供給が追い付かないでいる製品がある。 というのも、消毒液は「もともとそんなに市場が大きい製品ではなかった」(経済産業省関係者)。 そのため、数倍レベルに生産量を増やしたところで今のコロナ禍の下では「焼け石に水」(ドラッグストア幹部)なのだ。 例えば「ビオレu 手指の消毒液」などを生産する花王は、既存の自社設備や製造委託先の設備などをフル稼働させることで、2月は2019年の通常月と比べて2倍、3月は同3倍の消毒液を生産した。 しかしそれでも全く足りず、他製品を生産していたラインを消毒液向けに転用するなど、消毒液を生産できる全ての工場での対応を決めた。 4月9日には、こうした措置によって、4月後半からは実に同20倍以上の生産量を確保すると発表。 まずは政府の要請に従う形で医療機関や介護施設等の需要から対応するものの、「何とか一般家庭向けにも振り向けられるようになる」(花王)としている。

次の

アルコール消毒液が大増産でも店頭に並ばない意外な理由

消毒アルコール

新型コロナウイルスの感染拡大で「アルコール消毒液」が多用される中、体質的にアルコールを苦手とする人たちが苦しんでいます。 消毒液に触れた手にかゆみを感じたり、発疹が出たり、重い場合には呼吸困難に陥る恐れもあるようです。 これらの症状が出る人は「アルコール過敏症」「アルコールアレルギー」であるとも言われていますが、どのように対応すればよいのでしょうか。 アヴェニュー表参道クリニックの佐藤卓士院長(皮膚科・形成外科)に聞きました。 考えられる3つのパターン Q. アルコール消毒液で、皮膚に異常が発生するのはなぜでしょうか。 アルコール過敏症は、お酒が飲めない『アルコール不耐症』のことをいいます(ここでいう『アルコール』はエタノールのこと)。 アルコールを飲むと、顔や体の皮膚が赤く火照ったり、頭痛、動悸(どうき)、吐き気、嘔吐(おうと)などの症状が出たりする人ですが、消毒用アルコールに触れることでも、皮膚の発赤やかゆみが出現することがあります。 原因は、アルコールの分解に関わる酵素の活性が遺伝的に低いことです。 人間が摂取したアルコールは、肝臓でアルデヒドという物質に変化しますが、このアルデヒドがさまざまな症状をもたらします。 アルデヒドは、アルデヒド脱水素酵素により無害な酢酸となり、最終的に二酸化炭素と水に分解されます。 アルコール過敏症は、アルデヒド分解酵素の活性が遺伝的に弱いか欠けていて、原因となるアルデヒドの分解がゆっくりであるため、症状が出やすくなります。 アルデヒド脱水素酵素は皮膚にも存在していて、皮膚についたアルコールは皮膚で分解されます。 アルコール過敏症の人がアルコールに触れると、アルコールの分解過程でアルデヒドが皮膚にたまり、毛細血管を拡張させるため、赤みやかゆみの症状が出るようになります。 ただ、アルコール過敏症の人でも、皮膚に症状が出ない人もいます。 酵素の活性の程度によると考えられます」 Q. アルコールアレルギーの人は、どのようにして発症するのでしょうか。 佐藤さん「アルコールアレルギーの場合は、アルコールがアレルゲン(アレルギー原因物質)となり、体内で過剰な免疫反応が起こり、さまざまな症状を引き起こします。 発赤やかゆみが出る軽度の接触皮膚炎から、全身のじんましん、呼吸困難やアナフィラキシーショックといった重篤な症状が現れる可能性もあります。 アレルゲンの量に関係なく、少しでもアルコールに触れたら、じんましんや呼吸困難などが現れる可能性があります。 なお、アルコールアレルギーとアルコール過敏症は同じものではありません。 アルコール過敏症の場合は、アルコールに触れる量が多くなるほど症状が強くなります」 Q. 「アルコールの刺激で物理的な接触性皮膚炎を起こしている場合」はどのような原因なのでしょうか。 お酒に強い人でも症状が現れるのですか。 佐藤さん「皮膚に接触した刺激物質が皮膚の中に侵入して炎症を起こすと、皮膚炎(かぶれ)が生じます。 原因となる刺激物質は、日用品、化粧品全般、植物、食物、金属、医薬品などさまざまです。 これはお酒に強い弱いに関係なく、また、アレルギーにも関係なく症状が起こり得ます」 Q. 医療機関を受診すべき目安はありますか。 佐藤さん「(1)(2)(3)のいずれの場合でも、アルコール消毒を頻繁に使用して湿疹になり、悪化した場合は、皮膚科を受診して治療を受けた方がよいでしょう」 Q. アルコール消毒液で手が荒れるなどして、「もしかしたらアルコール過敏症かもしれない」「アルコールアレルギーかもしれない」と思った人が、自己診断する方法はありますか。 佐藤さん「アルコール過敏症かどうかは、自宅でできる簡易的なパッチテストが目安になります。 消毒用アルコール数滴を染み込ませたばんそうこうを7分間、上腕の内側に貼り、剥がして10分後に肌の色を見ます。 はがした直後に肌が赤くなっていれば、お酒が飲めないタイプ、10分後に赤く変化した場合は、お酒が弱いタイプの可能性があります。 ただし、『アルコールアレルギー』の診断は、皮膚科やアレルギー科で検査を受けた方がよいでしょう」 もし、皮膚に症状が出たら… Q. アルコール消毒液で皮膚症状が出た場合の治療法は。 特に、呼吸困難になった場合はどうするのか、教えてください。 佐藤さん「残念ながら、原因となるアルコール過敏症やアルコールアレルギーを改善する治療法はありません。 アルコールやアルコールを含んだものを避けることが大切です。 アルコール過敏症の人が消毒液を触って症状が出た場合は、水道水でよく洗い流した後、保湿クリーム等を塗って保護し、湿疹が出た場合はステロイドの軟膏(なんこう)を塗るなどします。 アルコールの刺激で物理的な接触皮膚炎を起こした場合も、同様の治療となります。 アルコールアレルギーでショックを起こしたり、呼吸困難になったりした場合は、命に関わる状態ですので、直ちに救急車を要請して救急病院に行くべきです」 Q. 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、アルコール過敏症やアルコールアレルギーの人は、手指の消毒をどのようにすればよいのでしょうか。 佐藤さん「アルコール消毒の主成分であるエタノールがダメな場合の代替薬として、まず『イソプロパノール』が挙げられます。 イソプロパノールはエタノールと同等の殺菌力がありますが、やや刺激が強いため、肌荒れしやすい欠点があります。 その他、殺菌力が強いものとして『ポビドンヨード』(商品名『イソジン』など)がありますが、色(褐色)がついていて、ヨウ素独特の臭いがあり、ヨードアレルギーの人は使用できません。 その場合、エタノールより殺菌力は劣りますが、『クロルヘキシジン』『ベンザルコニウム塩化物』などを使用することになります」.

次の

新型コロナウイルス感染症対応に伴うアルコールの取扱い等について

消毒アルコール

No.1の方が書かれているように、マキロンなどの消毒薬の主成分は 塩化ベンゼトニウムまたは塩化ベンザルコニウムというものです。 セッケンが陰イオンの界面活性剤であることに対し、これらは陽イオンの 界面活性剤であるので逆性セッケンとも言われ、殺菌作用があります。 時代劇などによくありますが、刀で切られたときなどは焼酎を吹きかけて 消毒しています。 焼酎はエタノール濃度が20~50%くらいなのですが、 殺菌効果があります。 消毒用エタノールは殺菌効果が最も高い80%に 調整して売られています。 消毒ためにはどちらを使ってもかまいません。 消毒用アルコールにより強い消毒・殺菌効果があります。 しかし、エタノールやオキシドールの消毒には激しい痛みがともなうので、 新しい消毒薬としてマキロンが生まれたのです。 ということで、根性があればエタノール、根性がなけれなマキロンを使ってください。 A ベストアンサー 過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。 ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。 ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。 そこで,動物細胞には過酸化水素を分解して無毒の酸素と水に分解する酵素があります(これが hero1000 さんがお書きのカタラ-ゼです)。 さて問題の泡(これが酸素であるのは皆さんがお書きの通りです)が出る出ないですが,次の様になります。 細菌や血液中の金属イオン等と Fenton 反応を起こした場合:上記の様に酸素が出来ませんので泡は出ません。 カタラ-ゼによって分解された場合:上記の様に酸素の生成による泡が出ます。 単に過酸化水素が分解した場合:inorganicchemist さんがお書きの反応によって酸素が発生し泡が出ます。 以上のようになりますので,むしろ泡が出ない時の方が殺菌作用を示しているといえます。 過酸化水素は,細菌中の金属イオンと Fenton 反応と呼ばれる反応によって,ヒドロキシル・ラジカル(HO・)とヒドロキシル・アニオン(HO-)に分解します(kajurum さんがお書きの反応も一種の Fenton 反応です)。 ここで出来たヒドロキシル・ラジカルは非常に強い酸化作用を持っており,その作用によって殺菌作用を示します。 ところが,過酸化水素は動物細胞内の酸化反応の過程でも生じてしまいますので,有毒なヒドロキシル・ラジカルを生じる可能性があります。 そこで,動物細胞には過酸化水素を分解し... A ベストアンサー リンデロンは、ステロイド剤に抗生物質のゲンタマイシンを添加したもの。 ゲンタシン軟膏はゲンタマイシンが主成分でステロイド剤が入っていません。 殺菌効果の抗生物質ゲンタシン軟膏に、即効性の消炎作用をもたせたものがリンデロン-VGだと思ってください。 ステロイド剤はテキメンの効果がありますが、副作用や習慣性や後遺症など問題が多くあり、他の薬と併用の禁忌の場合もよくあります。 だから長期使用に向かず、短期間で一気に完治させる必要がある。 なので、ニキビとか、慢性鼻炎とか、長期間の使用が考えられるときは、ゲンタシン軟膏が処方されます。 使い分けの目安ですが、一時的な傷や強いかゆみを抑えたい時はリンデロン-VG。 虫さされや火傷、切り傷、ヘルペスなど。 あせもやとびひなど化膿や患部の拡散を抑えたいときには、ゲンタシン軟膏が殺菌力が高く効果的です。 ただし、あくまで自己責任。 医師の指導のもと使ってください。 A ベストアンサー 私たちの答えは素人さんからの同情の答えとは違い、口当たりは良くない答えの恐れがありますが、此の状態で言えることを記載します。 しかし発熱も同じですが、長引くことがありますし、生き物ですし、転移してしまうかも知れません。 これらの身体状態と侵入微生物の状態を見極めるのが医師です。 専門家は目先の問題も勿論ですが、全体の治癒するまでの段階を考えて、最良の答えを導き出すものです。 途中で素人さんが下手な事をしたり、治療を中断すると拗らせてしまう事に成ります。 特に原因が原因ですから、多分普段の健康維持にも気を使っていないでしょうから(専門家から見ての事です)、免疫機能も低く、感染症などに対しての知識も無い状態だと、疑問は直接に医師に聞き、専門家の答えを<書き留め>て、指示に従うべきです。 此の場合で危険な状態なら、医師が其の傷の周りに各種の注射をするはずですし、点滴で薬剤も入れているはずです。 これも程度問題と体質や状態との兼ね合いで決めます。 ビタミン剤・ミネラル剤などは多めに摂取しましょう。 実際に面接している医師で無いと、どの程度の知識があるのか不明なので、言葉が足りなくなると(直接面談でも同じですが)勝手な解釈をして(医師側から見ると)しまうので、言葉だけでのここではこれ以上のアドバイスは無理です。 尚、動悸が出るとか、それ以上に腫れる場合は医師に今以上の積極的な治療をして欲しい旨を伝えましょう。 私たちの答えは素人さんからの同情の答えとは違い、口当たりは良くない答えの恐れがありますが、此の状態で言えることを記載します。 しかし発熱も同じですが、長引くことがありますし、生き物ですし、転移してしまうかも知れません。 これらの身体状態と侵入微生物の状態を見極めるのが医師です。 専門家... A ベストアンサー エタノールは昔エチルアルコールと呼ばれていたアルコールの一種です。 お酒に入っているアルコールと思ってください。 アンモニア水は水酸化アンモニウムの水溶液です。 オキシドールは過酸化水素の水溶液です。 いずれも傷口の消毒に使われたりします。 全部殺菌消毒に使えると言う事ですね。 エタノールは有機溶剤としても使えるので、有機系インクを落とすのにも役立ちます。 油汚れなども落としますが、引火性が強いので、くれぐれも火のそばでは使わないでください。 オキシドールは漂白作用があります。 アンモニア水は強めのアルカリ性です。 酸性汚れには強い見方ですが、独特のにおいがあります。 使い終わったら酢などで中和させたほうがいいかも。 アルカリが強いので、買ってきたものをそのまま素手で使うのはやめましょう。 下記サイトの石鹸ライフのパートナーたちというところ参照になさってください。 live-science. html.

次の