目 が 腫れる。 まぶたや目が腫れる原因は何?

アイメイクをした翌日に瞼が腫れる

目 が 腫れる

まぶたが腫れる原因 まぶたの腫れを治すには、 まぶたの腫れの原因を知る必要があります。 なぜならば、まぶたの腫れの原因によって、 治すための対処法が変わってくるからです。 主に「まぶたが腫れる」原因として 考えられるのはこの2つです。 原因1.ものもらい まぶたや目の腫れで真っ先に思いつくのが、 この「ものもらい」です。 地域によって呼び方は変わりますが、 まぶたの裏にできものができ、目がゴロゴロしたり、 目の腫れが特徴的な病気です。 しかし、ものもらいと一言で言っても、 実はものもらいには 霰粒腫(さんりゅうしゅ)と麦粒腫(ばくりゅうしゅ) の2種類があり、それぞれで原因が異なります。 霰粒腫(さんりゅうしゅ) まぶた裏にあるマイボーム腺という器官に 脂肪がつまることが原因で、炎症を起こします。 痛みはなく、まぶたにやや硬いしこりができます。 麦粒腫(ばくりゅうしゅ) まぶたにある分泌腺や毛穴に 細菌が入ることが原因で化膿し腫れ上がります。 まばたきをしたときに痛みを伴います。 原因2.むくみ 目の周りは皮膚が薄いため、 むくみが出やすい場所です。 血行不良により、むくみが起こり、 まぶたや目の周りが、全体的にふっくらと腫れあがります。 むくみの原因となる「血行不良」を起こす、 主な要因はこれです。 ・塩分の過剰摂取 ・睡眠不足 ・水分のとりすぎ ・運動不足 血行不良によりむくみが発生しますが、 その原因を特定するのはとても困難です。 なぜならば、 人それぞれの生活習慣に影響することが多く、 一概には言い切れませんが、とりわけ、 塩分の過剰摂取は、むくみにつながる大きな要因です。 また、疲れなどで体の代謝を低下し、 老廃物をためこむような状態は、むくみがでやすい状態といえます。 スポンサーリンク まぶたの腫れを治すには では、それぞれの原因ごとに治す方法を解説します。 まずは、ものもらいです。 ものもらいを治すには、 ズバリ眼科での治療が一番です! <麦粒腫の場合> 細菌による麦粒腫には、点眼液や軟膏が処方されます。 これは、これ以上の化膿をとめるための処置となります。 およそ1週間程度で回復しますが、 治療をしても治らない場合には 切開して排膿することもあります。 <霰粒腫の場合> 霰粒腫の場合は、温めることで治癒が早まります。 一日数回、温湿布を使うことで1ヶ月ほどでなくなります。 続いては、むくみです。 むくみの場合は、ほとんどが生活習慣に影響されるため、 生活習慣の改善が必要となります。 睡眠をよくとること。 水分や塩分の過剰摂取に気を付けること。 適度にカラダを動かすこと。 体質的にむくみやすい方は、むくみにくい体質づくりを することが根本的な解決につながるので、 これらを、十分に気を付けるようにしましょう。 とはいえ・・・こんなとき、 朝起きて、まぶたが腫れてる! 目がむくんでる! すぐに何とかしたい! という方のために、 次章では「すぐにできるむくみケア」を紹介します。 むくみによる腫れをすぐに治したい 朝起きたら、びっくり! まぶたが腫れてむくんでるぅ! というときに、 できるだけ早くむくみを解消する方法です。 冷やすというのが、一般的なむくみケア! として知られていますが、 実は一番効果的なのは、 温冷刺激です。 温める、冷やすを交互を繰り返すことで、 血管の収縮を促し、血液の流れを良くしていきます。 血行不良が原因で起きた「むくみ」は、 血流を良くしてあげることで解消するということです。 では、簡単にできる温冷刺激のやり方です。 濡らしたタオルを電子レンジで1分ほどチンでもOK! 次は、冷たいタオルで目を冷やす。 水に濡らしたタオルや、ペットボトルや缶でもOK! とにかく、 「温める」と「冷やす」を交互に繰り返します。 かんたんにできるまぶたの腫れ対策! ぜひ、お試しあれ! また、 頻繁にまぶたが腫れてしまう… 朝は顔全体がむくみ気味… 夕方になるといつも足がパンパン… という「むくみやすい体質」の方も いらっしゃるかと思います。 マッサージはしていても、 体質自体の改善は、そうカンタンなことではありません。 そこで、そんな方にオススメなのが、 むくみサプリの「すらりな」〜 サプリ系は効果に個人差があるので 絶対とは言えません。 が、かな〜りお得に安くお試しできるので、 むくみ持ちの方は、 十分に試してみる価値はあると思います! これであのパンパン足、顔パンパン、 むくみ取りマッサージから 解放されるならコスパ良すぎです。。。 まぶたの腫れを目立たなくする では続いて、 まぶたの腫れを隠すメイクアドバイスです! むくみの速攻ケアには、温冷刺激と言いました。 では、ものもらいの速攻ケアは? ものもらいによる腫れを、 自分自身で速攻ケアするのは、残念ながら不可能です。 眼科でしっかりと診察、治療を行い、 腫れがひどい場合には、眼帯などが必要になります。 ですが、 そこまでの腫れではないという場合に、 アイメイクをちょっと工夫することで、 目立たなくすることはできます。 そのアイメイクのやり方とは、 色に気を付けることです! アイメイクに、ブラウンやブルーなどの ダーク系の色を入れると、目に立体感が生まれ、 まぶたの腫れを隠す効果が得られます。 逆に、アイメイクに明るい色を使ってしまうと、 「目の腫れを強調」してしまうことになってしまうので注意です! さらに、 ハイライト風にパール入りパウダーを 目の下の部分にひと塗り。 これで、まぶたの腫れを 目立たなくするアイメイクの完成です。 アイメイクの色に気を付けるだけでも 腫れた感じを抑えことができますので、ぜひやってみて下さい! まとめ まぶたの腫れの大きな原因は2つ。 ものもらい、また、むくみ。 それぞれの原因と治し方を紹介しましたが、 いかがでしたでしょうか? ただし、大きな原因は2つですが、 「結膜炎」など、同じようにまぶたの腫れが症状として 現れる病気は他にもあります。 安易な自己判断はせずに、眼科での診察を受けた後に、 自分で出来る予防策や、セルフケアを行っていくようにしましょう。 普通に見えているのが当たり前ですが、 いざ、目に異常がでると、毎日の普通のことが本当に困難になります。 もちろん、まぶたが腫れたままじゃ、 外に出ることも、人に会うことも億劫になってしまいます。 まぶたの腫れの原因を知り、 正しい対処を行って、少しでも早く 腫れが治まるといいですね。

次の

アイプチでまぶたが腫れる原因と治し方

目 が 腫れる

一般的にはまぶたの腫れを指す「目の腫れ」ですが、まれに眼球自体が腫れている場合もありますので注意しなければなりません。 ・麦粒腫 ものもらい 麦粒腫 ものもらい でもまぶたが腫れるだけではなく発赤し、痛みが伴います。 ・霰粒腫 目に脂を出すマイボーム腺が詰まることによる炎症で起きる霰粒腫。 その多くの症状はまぶたの腫れだけで、痛みは伴いません。 また、まぶたの腫れの下にあるしこりは次第に大きくなります。 しこりが小さければ自然に消えてしまうのですが、多くの場合は切開して内容物をかき出す必要があります。 高齢者の方で、何度も繰り返し発症するようでしたら、霰粒腫ではなく目のガンである恐れがありますので要注意です。 ・その他の原因 その他にも、ヘアカラー剤や化粧品などによるアレルギーの場合や、帯状疱疹が顔面に生じた場合にも、まぶたが腫れることがあります。 また、外傷を負った後など、まぶたの腫れだけではなく物が二重に見えたり、ものが見えにくく視力が低下したように感じられた場合には、骨に異常がある可能性がありますので直ちに眼科を受診するようにしましょう。 その多くは花粉などが原因となっているアレルギー性結膜炎によるものですので、1~2日ほどで自然に治癒します。 ただし、痛みや痒みが伴うようでしたら受診するようにしましょう。 また、眼球自体が突出することを眼球突出といいます。 片方の目の場合だと、球後 目の奥 に、腫瘍や出血、あるいは炎症などの異常が見られる場合が多いです。 ただし急に突出してきた場合には特に要注意です。 すぐに受診するようにして下さい。 両目の場合だと、内分泌疾患であるバセドウ病などが原因として考えられます。 特に眼球突出の他にも動悸、発汗の異常や手足の震えなどをバセドウ病の特徴的な症状が見られる場合には内科を受診しましょう。 以上が目やまぶたの腫れの原因になります。 上記のように、様々な病気の可能性が考えられますので、異変を感じたらすぐに受診するようにしましょう。 子どもがものもらいになったら? ものもらいはどの年代でもかかってしまう病気です。 気がついたら大切な子どもの可愛い顔にものもらいが・・・。 そうなってしまった場合のケアをご紹介します。 ものもらいが悪化することで、膿が溜まって大きく腫れあがります。 重症化すると切開して膿を出さなければならなくなるので早めの受診が必要です。 気づいたら出来るだけ早く眼科にかかりましょう。 さらに、ものもらいだと思っていたら結膜炎だったりすることもあるので自己判断はやめましょう。 普段から外に出て遊んでいる子どもであれば、無意識に汚れた手で眼をこすり、ものもらいの原因である黄色ブドウ球菌といった雑菌が入ってしまうこともあるでしょう。 目に雑菌が入ってしまうと、ものもらいの悪化や他の疾患を引き起こしてしまうことがあります。 手にはたくさんの菌がついているので、家に帰ったらまず石鹸で手洗いをさせるように親が注意して見守る必要があります。 そのため、子どもの食事や子どもが早く眠ることができるように環境を整えてあげることがよいでしょう。 ビタミンAには目の粘膜を正常に保つ働きと、免疫力を高めて感染に対する抵抗力を強める働きがあります。 食事はバランスよく食べるのが基本ですが、レバー、ウナギ、鶏肉、ほうれん草、小松菜、人参、南瓜といったビタミンAが多く含まれる食事が効果的です。 抵抗力の弱い子どものものもらいは、親が注意して予防や治療をする必要性があります。 そのためには親がものもらいの知識をきちんとつけた上で、くれぐれも自己判断をせず、早めに眼科にかかりましょう。 目にものもらいの出来物ができた時にはどうすればいいの? 目に何か出来ものができていると、皆様は真っ先に「ものもらい」だと判断することでしょう。 しかし、「ものもらい」と俗に呼ばれているその出来物には麦粒腫 ばくりゅうしゅ と霰粒腫 さんりゅうしゅ の二種類があることをご存知でしょうか? 種類が違えば治療法も異なります。 痛みや腫れが解消されても、しこりが残っている場合は、1ヶ月以上と長い期間継続してお薬を服用することもあります。 こうした治療法でも中々治らないといった酷い症状の時には、手術で切開します。 もちろん手術ですから、糸で縫合したり、傷口が塞がるのにも時間がかかってしまい、また傷跡が残る可能性もありますから、なるべく最終手段として使いたいものですね。 また、何度も何度も繰り返し発症する場合などには、漢方薬での体質改善を行うこともであります。 抗生物質が効いてくれれば、おそらく1週間から10日で完治します。 痛みを伴い赤く腫れているときには、血の巡りが良くなっていることから、お薬の成分も患部に届きやすいのでしょう。 目にものもらいができていると自覚すれば、まずは市販薬で治療される方が多いかと思います。 しかし、使用して3日経っても症状に変化が見られない場合は霰粒腫である化膿性が高いのでただちに眼科を受診して下さい。 霰粒腫の場合ですと、1週間ほどの薬の服用で「痛みはとれたけどしこりが残ったまま」という状態になりますが、その後は腫れが引き血の巡りが腫れている頃ほど良くはないので、処方薬の使用期間が1ヶ月以上と長引くことが多いです。 さらに、点眼薬と併せて飲み薬を服用しても症状が改善されない場合には手術を検討します。 手術を施した場合ですと、切開した傷口が落ち着くまでにおよそ1~2週間、なるべく跡が残らないように内側から手術をしますが、やむを得ず外側から切開し、糸で縫合した場合は約1週間後に抜糸、治療までに2~3週間ほどかかることが多いです。 また、ものもらいはウイルス性結膜炎 はやり目 などとは違い、人に感染する恐れはありませんのでご安心下さい。 目にできもの?~麦粒腫と霰粒腫の違いとは~ 目にできものができると「ものもらいかな?」と思われる方が多いのではないでしょうか? 実はその「ものもらい」には2種類あることをご存知でしょうか? こちらではその2種類、麦粒腫 ばくりゅうしゅ と霰粒腫 さんりゅうしゅ についてご紹介します。 自覚症状は「目がゴロゴロする」というものですが、症状が進行するにしたがって ・かゆみがある ・腫れている ・まぶたが熱く感じる ・赤みを伴っている ・痛みがある といったことが症状として現れ、実際、まぶたなどの眼の粘膜上に膨らみが見られるようになります。 さらに、細菌感染ででき、化膿することもあります。 治療方法としては、点眼薬と内服薬や軟膏を塗布し、症状が悪化し化膿している場合には、手術で切開して膿を出してしまうこともあります。 ただし、無菌性のしこりが特徴的な霰粒腫ですが、時に細菌感染による炎症によって痛みを伴う腫れになる場合 化膿性霰粒腫 もありますので、ご注意下さい。 麦粒腫や霰粒腫などのものもらいの治療にあたり、処方される点眼薬はきちんと医師の指導に従って点眼するようにして下さい。 また、症状が消えたからといって自己判断で点眼薬や内服薬の使用をやめてしまうと、細菌が完全に退治されていない間は再発の危険があるだけではなく、耐性菌 その薬が効かなくなってしまった菌 が生まれる原因にもなりますので、医師の指示通りにきちんと薬を使用し続けるようにしましょう。 ashinari. php].

次の

目頭の腫れに悩む人必見!赤く腫れる5つの原因

目 が 腫れる

朝起きたらまぶたが腫れている・・まぶたの腫れは痛みやかゆみでつらいだけでなく、見た目にも憂鬱なもの。 原因も対処法もわからず、腫れがおさまるのを待つだけの方も多いのではないでしょうか。 まぶたが腫れる原因はさまざまあります。 腫れの原因によっては、市販薬で症状を改善させることができるのです。 ただし、目や目のまわりは繊細な部位でもあるため、市販薬を使用しても症状が改善しない・悪化する場合は、速やかに眼科を受診しましょう。 市販薬が有効なまぶたの腫れの原因を紹介します。 目や目のまわりの乾燥 目が乾燥するドライアイやまぶたの皮膚の乾燥は、目やまぶたのかゆみから腫れにつながります。 まぶたの皮膚は他の皮膚に比べて薄く、かゆみでこすってしまうととても腫れやすい部位でもあります。 まぶたにも使えるかゆみを抑える塗り薬や軟膏が有効です。 ものもらい 目に細菌が繁殖したり、目のまわりの分泌腺が詰まってしまうとものもらいができます。 ものもらいは症状が進行するとかゆみや痛みをともない、さらにまぶたの腫れを引き起こすこともあります。 ものもらいを治す目薬を使用しましょう。 関連記事 アイメイクなど化粧品の刺激 アイシャドウやアイラインなど化粧品に含まれる成分の刺激でまぶたが腫れてしまうことがあります。 また、まぶたに小さな傷があったときに化粧道具が不衛生だと、傷から細菌が入り込み炎症を起こして腫れることがあります。 かゆみや炎症を抑える塗り薬が有効です。 花粉に対するアレルギー反応でまぶたが腫れることがあります。 アレルギー反応が原因となる場合は、まぶたの腫れに目のかゆみをともなうことがほとんどで、目が充血しまぶた全体が腫れあがります。 アレルギー症状を抑える目薬などが有効です。 腫れの原因や症状によって、塗り薬を塗るのか目薬をさすのか使い分けていきましょう。 花粉が原因で起こるまぶたの腫れに いわゆる花粉症の症状として目やまぶたが腫れている場合は、アレルギー症状を抑える目薬などを使用して目の腫れを改善していきましょう。 外部から侵入した細菌による炎症やかゆみを抑える効果があります。 結膜炎に効果的なスルファメトキサゾールと、炎症やかゆみを抑えるアズレンスルホン酸ナトリウム、クロルフェニラインマレイン酸塩が配合されています。 ソフトコンタクトレンズ着用中は使用できません。 痛みやかゆみ、赤みをともなわないまぶたの腫れは、むくみである可能性が高くなります。 塩分の多い食事や運動不足、体の冷え、疲れ、寝不足によってむくんで腫れている場合は、市販薬では改善できません。 生活習慣の見直しや休養が大切になります。 まぶたのむくみに温冷療法 まぶたのむくみやかゆみには温冷療法が効果的です。 熱めのお湯につけたタオルをしぼるか、濡らしたタオルを電子レンジで30秒ほど温めると簡単にできます。 タオルが1枚しかない場合などは洗面器に冷たい水を張っておくと良いでしょう。 これを2~3回繰り返しましょう。 温冷療法は顔の滞っていた血流を促進する効果があり、まぶたの腫れにも効果があります。 また、まぶただけでなく顔全体のむくみにも効果があるため、むくみが気になる日は試してみてください。 まぶたの腫れは痛みやかゆみをともなうため、早めに市販薬などで対処していきましょう。 特に原因がないのに毎日まぶたの上が腫れている場合や、市販薬を使用しても効果がなかった場合は別の病気が原因となっているおそれがあります。 まぶたの腫れが長引く場合は、できるだけ早く眼科を受診しましょう。

次の