出汁 キーマ カレー。 おうちで出汁キーマ|ひとみ (カレー)|note

【スッキリ】だしキーマカレーの作り方、ミシュランシェフ伊東亮哉さんの大阪スパイスカレーレシピ(5月28日)

出汁 キーマ カレー

周辺の地図を見ると、腰が抜けるほど寺が密集するエリア「四天王寺前夕陽丘」 そんな街に、しっくりなじみすぎる名前のカレー屋あり。 スパイスカレー王国の大阪にて、「出汁キーマ」という、気になる食べ物で評判のお店。 あたしゃスパイスカレーはちと苦手なので、ここは以前からめっちゃ気になってまして。 ランチは2種類のスパイスカレーと、「日替わり定食」&「オムライス」のみ。 お出汁を求めて来たあたくしは、迷わず「出汁キーマ」を発注!! 「マイルド」なんて書かれちゃね。 てか油っこいから苦手かも。 ハラペーニョの酸っぱ辛をチョイスした方が楽しめたかもなぁ〜。 カイワレやタマネギ等の、たっぷりの生野菜も楽しめ、かなりお腹がふくれる、 予想外のガッツリランチ。 夕飯時になっても全くお腹が減りませんでしたw 「一番好きなカレーは?」と聞かれると、「ウチのカレー」と即答する、 カレーに関しては守備範囲外のあたくしですが(タイカレーは暑苦しく語るけどw) 素材の持ち味を生かしすぎた「煮物」に近いカレーは味気ないし・・・ スパイスがバリバリの、いわゆる「大阪スパイスカレー」は、たまに地雷があるし。 でもね、虹の仏さんの「慈悲深い味」とでも言いましょうか、素材を生かしつつ、 程よくスパイシー、程よくコッテリなカレーは、かなりストライクな感じでした!! このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 虹の仏 関連ランキング:カレーライス 四天王寺前夕陽ケ丘駅、恵美須町駅.

次の

虹の仏の伊東亮哉シェフ直伝!出汁キーマカレーのレシピ【スッキリ】

出汁 キーマ カレー

「虹の仏」伊東亮哉シェフのだしキーマカレーのレシピ! 材料 ニンニク ショウガ プラックペッパー 適量 塩 合いびき肉 トマト 1個 タマネギ カレー粉 ガラムマサラ 出汁 昆布 10g 厚切りカツオ節 30g 大判煮干し 15g 水 300ml 作り方 1.だし素材の下処理をします。 煮干しの頭をとります。 背中から半分に開いて、内臓(はらわた)をとります。 (雑味がでないようにします。 ) 2.水300mlを鍋に入れて、沸騰させだし素材を入れます。 火を止めて、余熱でしっかりだしをとります。 3.タマネギを3mm角の粗みじん切りにして、トマトは1cm角にカットします。 4.鍋に油大さじ4を入れます。 5.鍋にブラックペッパーを入れて熱を入れていきます。 6.5の鍋に、3のタマネギとトマトを入れていきます。 (タマネギの香りと甘みを油で揚げることにより引き出します。 酸味が飛んでトマト本来の旨さが引き出されます。 8.7にカレー粉小さじ5~6とがムラマサラ小さじ1を入れます。 弱火で香りがたちのぼるまで炒めます。 9.合いびき肉500gを8の鍋に入れて炒めます。 10.2の濃厚なだしを、9の鍋にひき肉が浸る程度少しずつ入れていきます。 11.塩を小さじ1加えます。 (塩で肉の旨みを凝縮させます。 ) 12.さらにだしを加えて熱を入れます。 (だしの量は、計300mlです。 ) 13.ニンニク大さじ1とショウガ小さじ1を最後に加えて完成です!(風味とコクをだすために最後に入れます。 ) 「スッキリ」伊東亮哉シェフのプロフィールは? 店主の伊東亮哉さんは、和食やイタリアン、フレンチなどを経験して腕を磨いてきた料理人です。 - 2018年 5月月15日午前12時17分PDT カレーと仏像が大好きだそうです。 リランカで食べたカレーの美味しさに衝撃を受け、2012年に『虹の仏』をオープン、カレーを提供しはじめたそうです。 趣味はカレーの食べ歩きで、ランチだけで3軒巡ることもあるというカレー好きです。 夜の営業では全ての皿にカレーを取り入れた「夜のカレーコース」を始めるなど他にはないカレーを追求し、大阪の人気店として注目を集めるまでになりました。 「スッキリ」「虹の仏」の場所や営業時間は? 住所:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-23 アクセス:地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘駅4番出口より徒歩2分 四天王寺前夕陽ケ丘駅から241m 営業時間:[火、水] 11:30~14:00 18:00~21:00 ラストオーダー [金、土] 11:30~14:00 18:30~22:00 ラストオーダー [月、日、祝] 11:30~14:00 いずれも売り切れ次第終了 日曜営業 定休日:木曜日 まとめ:「スッキリ」だしキーマカレーのレシピ!「虹の仏」伊東亮哉シェフが伝授! ここでは、「スッキリ」で伊東亮哉シェフが伝授した、おうちでつくるキーマカレーのレシピについてまとめました。 ぜひ参考にしてみてください!.

次の

「スッキリ」だしキーマカレーのレシピ!「虹の仏」伊東亮哉シェフ伝授で森アナ調理!

出汁 キーマ カレー

天王寺区のミシュランガイド掲載店、四天王寺の「食堂 虹の仏」。 リーズナブルに美味しいものがいただけるミシュランビブグルマンに2年連続選ばれているスパイスカレーが評判のお店。 看板の「の」が虹になっているのがオシャレ。 スパイスと厳選素材で丁寧にとったお出汁の融合「出汁キーマ」は必食です。 朝の情報番組「スッキリ」の企画で、伊東シェフがリモートでTV出演、遠隔でご家庭で作るスパイスカレーを伝授されました。 ご覧になった方も?TV放送の後、全国のたくさんの方が「食堂 虹の仏」伊東シェフ伝授の出汁キーマに挑戦されたようですよ。 ルウを使わず、スパイスを中心にした食材を使い自由な発想で作るスパイスカレー文化が発達している大阪。 そのなかでも、やはり「食堂 虹の仏」の出汁キーマはキラキラと七色の光を放っています。 実際に食べてみて本当に美味しく、唯一無二のものだと思いました。 一口目はそれぞれの味を楽しんで、好みで混ぜて食べ進め、最後は全部混ぜで。 ダシキーマと日替わりで本日のカレーがあります。 こちらでは「あいがけ」はありませんが、ミニサイズのカレーを追加OK。 トッピングや食後にさっぱりするヨーグルトなどなど。 プチプライスで付けることができますよ。 出汁キーマをオーダー。 追加で本日の「ほうれん草とししとうのチキンカレー」、ヨーグルトを。 スパイスの奥行きを感じながらも、マイルドな味わい。 古代米のご飯、お豆やレンコン、ココナッツのふりかけなどなど混ぜて味変も楽しみます。 こどもからお年寄りまでが食べられるようなマイルドで美味しい出汁キーマに古代米のご飯。 添えらる色々な野菜のお惣菜は日によって変化があるとのこと。 食堂と言っているだけあって、老若男女に愛される、毎日通っても飽きずに、お客様の健康も気遣うような優しさを感じます。 お近くでよく行く方もいらっしゃると思いますが、「食堂 虹の仏」は遠くても食べに行ってみたいと思うステキなお店です。

次の