ヒルドイド種類。 ヒルドイドの使い方を間違えるとアトピーは悪化するが効果や特徴を押さえれば味方になる!

ヒルドイドクリーム・ヒルドイドソフト軟膏・ヒルドイドローションの違い・使い分け・副作用は?

ヒルドイド種類

刺激性がないヒルドイド系保湿剤が絶対的に良いのか? と考えがちです。 次に、ヒルドイド系・尿素配合保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 ヒルドイド系保湿剤のメリット・デメリット ヒルドイド系保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 ヒルドイド系保湿剤のメリット ヒルドイド系保湿剤の最大のメリットは、 刺激性がないことでしょう。 顔にも塗ることができますし、子供さんも嫌がることなく塗らせてくれることでしょう。 ヒルドイド系保湿剤のデメリット 特別ないように思います。 どのような薬にも当てはまりますが、肌に合わないことはあるかもしれません。 尿素配合保湿剤のメリット・デメリット 尿素配合保湿剤のメリット・デメリットを紹介します。 尿素配合保湿剤のメリット 尿素の特に良いところは2点あります。 ・角質を柔らかくしてくれる ・ヒルドイド系より安い 安いけれど、保湿作用はしっかり 冬場になると、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしがガサついて割れたり、手指が割れたりすることがあると思います。 尿素はガサつく原因の角質を柔らかくしてくれるので、このような症状を改善してくれます。 また、尿素はヒルドイド系保湿剤よりも安価です。 尿素配合保湿剤は安いですが、保湿作用はしっかりしています。 尿素配合保湿剤は、手が届きやすい保湿剤と言うことができます。 乾燥肌によるかゆみがあり、ひっかき傷などがある部位に尿素配合保湿剤を塗ると、チリチリしたような刺激を感じます。 刺激性があるので、顔 特に目の周り に塗ることも控えた方がいいでしょう。 また、小さいお子さんには使いにくい場合があるかと考えています。 刺激性があるので、そのチリチリした感覚を子供さんが嫌がる可能性があります。 ただし、そのチリチリした刺激感は数分もすれば感じなくなります。 そのため、刺激性の問題をクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値が高い薬だと考えます。 ヒルドイド系or尿素配合保湿剤?まとめ ここまで、ヒルドイド系or尿素配合保湿剤どちらを選べばよいか紹介してきました。 ヒルドイド系保湿剤には刺激性がありません。 刺激性がないので、顔や小さな子供にも使いやすいという面で大きなメリットがあります。 一方で、尿素には角質を柔らかくする作用があり、ヒルドイド系よりも安価であるというメリットもあります。 刺激性があることをクリアできれば、尿素配合保湿剤は十分に使用価値がある保湿剤と言うことができます。 カテゴリー•

次の

【美肌効果がすごい!】ビーソフテンローション、ヒルドイドローションの違いと種類を検証しました!

ヒルドイド種類

この記事の目次• ヒルドイドの本製品とジェネリック 冬の乾燥肌がひどいときにかかりつけの皮膚科でお医者さんに行き、ヒルドイドを処方してもらいました。 ヒルドイドローション• ヒルドイドソフト軟膏• ビーソフテンローション(ジェネリック) 以上の3種類を比較してみました。 ヒルドイドローション まずはヒルドイドローション。 ボトルちっちゃい。。。 乳液状ですが、かなりゆるめで伸びの良いのテクスチャです。 この写真の量あれば、顔中濡れそうなくらい。 普段の乳液代わりに使うか、結構水分量が多そうなので化粧水なしでこれだけでもいいかも。 においはありません。 ヒルドイド軟膏 そしてヒルドイドソフト軟膏。 ムヒくらいの大きさのチューブです。 結構固い。 そして伸びはそれほど良くなく、重いテクスチャです。 でも嫌なべたつきは感じません。 製薬会社も塗り心地頑張って良くしてくれてるんですね。。 ネットで調べたヒルドイドソフト軟膏の口コミとして、アイクリームとして使っているという人もいました。 なるほどすごく効きそうですが、この場合は、目の粘膜に付かないように充分注意が必要ですね。 こちらもにおいはありません。 ビーソフテンローション ビーソフテンローション。 こちらがヒルドイドのジェネリックになります。 とろみのある化粧水です。 めちゃくちゃ吸収がよく、乾燥した季節だと塗ったそばから浸透してしまう感じです。 冬だと少し物足りないですね。 ビーソフテンローションは、べたつく季節に使うのに適しているものかなと思います。 においはありません。 通販で買えるヒルドイドのジェネリック 日本のメーカーのヒルドイドを買うには医師の処方箋が必要ですが、海外メーカーの ヒルドイドクリームはビーソフテンという名称でジェネリック一般薬として通販で購入できます。 さらに。。。 知らなかった・・・。 海外メーカー品と聞くとちょいと心配なので調べてみたのですが、製造元は「OLIC Ltd」というタイの製薬会社でした。 とりあえず中国ではなかったので少し安心。 で、この「OLIC Ltd」さんは、日本のジェネリック医薬品を作っている「富士製薬工業」さんという製薬会社の傘下の会社らしいです。 ようするにタイにある日系企業ということですね。 余談ですが、今回見つけたヒルドイドを個人輸入できるショップで販売していたプラセンタがめちゃくちゃ良さそうなんですよ。。。 ヒトプラセンタって、日本では医療用としての利用しかできないけど、プラセンタのなかではとても安全性も効果も高いんです。 これが一本400円台で買えるなんて。 ヒルドイドの主な効果・効能は保湿ですが、血流を改善し肌の新陳代謝を高める作用があるので、シミやシワへを改善する効果が期待できます。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドには、使用感や基材の違いにより、4種類のお薬があります。 ヒルドイドクリーム0. ヒルドイドソフト軟膏0. ヒルドイドローション0. ヒルドイドゲル0. ネット上でアンチエイジングに効くとして話題になっているのは、この3種類を指しています。 ちなみにヒルドイドゲルは、ケガの痛みや腫れの治療などに使用されます。 ヒルドイドの副作用 ヒルドイドは塗り薬ですので、命に関わるような重篤な副作用はありません。 93%ですので、ほとんど副作用の心配がないお薬といえます。 わずかに起きる可能性のある副作用としては、発疹、発熱、痛み、かゆみなど、皮膚上の一時的なものですので、ヒルドイドの使用を止めればほとんどが改善します。 ただひとつ注意が必要なのは、ヒルドイドは血栓を溶かし血流を良くする作用があるお薬ですので、血友病などの出血性疾患がある方は使用できません。 また、粘膜への使用は禁止されています。 もし顔に塗る場合は、目の粘膜に入らないように注意が必要です。 ヒルドイドのジェネリック医薬品 ヒルドイドのジェネリック医薬品で有名なのは、 「 ビーソフテン」 です。 こちらも処方箋が必要なお薬ですので、入手するには病院の診察を受ける必要があります。 ヒルドイドの成分「へパリン類似物質」とは ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似ている、つまり「類似」している成分です。 (そのまんまですね) 体内の成分に似ているため、とても安全性が高いのが特徴です。 ヘパリン類似物質には 「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の働きがあり、乾燥肌の改善にとても効果があります。 一般的な保湿成分として、ワセリン、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などがありますが、これらはどれも表皮まで、あるいは角質層までしか届かないのに対し、ヘパリン類似物質は角質層のさらに奥の 基底層まで届きます。 このため、他の保湿成分が肌表面だけの保湿であるのに比べ、ヘパリン類似物質は肌の内側から乾燥を改善する成分であると言えます。 ヒルドイドとジェネリック比較まとめ ヒルドイドローション、ヒルドイドソフト軟膏、ビーソフテンローションを実際に使ってみて、効果、使い心地ともに私が一番気に入ったのは ヒルドイドローションです。 保湿の実力は本当にすばらしいヒルドイドちゃんたち。 病院に行く時間の無い方は試してみるのもいいかもしれません。

次の

ヒルドイドソフト軟膏は顔に使うとベッタリ!じゃあこう使ってみよう

ヒルドイド種類

ビーソフテンローションとヒルドイドローションって?? 一度は名前を聞いたことがあると思います。 ヒルドイドローションについて 色々載せていきます。 そもそもヒルドイドローションとは? ヒルドイドローションとは一般診療の皮膚科や小児科で処方される保湿剤のことです。 よくアトピーの方や乾燥肌で処方されることが多いです。 小さい頃に小児科で処方してもらった。 っという方も多いのではないでしょうか? ヒルドイドとビーソフテンの違い! 出典:持田製薬公式HP ビーソフテンはヒルドイドの後発品で ジェネリックになります。 基本的には同じもので同じ成分です。 成分が同じでも配合の量などが違うので、テクスチャーが違います。 ビーソフテンローションを 化粧水の代わりに、 ヒルドイドローションを 乳液の代わりに使用することができます。 ジェネリックとは? 「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」は、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、 新薬と同じ有効成分、同じ効き目の価格の安いお薬です。 引用元:日新薬品株式会社hpより つまり同じもので同じ成分です。 ジェネリックの為、 ビーソフテンローションの方が値段が安いです。 ヒルドイドの主成分は?? 主成分はヘパリン類似物質です。 ヘパリンとは? ヘパリンは人間の体内に存在するムコ多糖類の一種で、 ムコ多糖類は人間の細胞の周りで、水分をしっかりと蓄える働きをする物質です。 ヘパリンの成分に似せて作ったのもがヘパリン類似物質です。 ヘパリンの効果 保湿、血行促進、抗炎症作用があり このため、皮膚科でアトピーの薬としても処方されてきました。 ヘパリン類似物質について小林製薬さんのHPに書いてあったので リンクを貼っておきます。 ヘパリン類似物質は、乾燥肌治療成分として、50年以上使われてきた成分です。 ヘパリン類似物質とは、体内にある「へパリン」という物質と似た成分で、 「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌に優れた効果があります。 この3つの働きは、肌の内側から新陳代謝をうながすため、 一時的な保湿とは違い、乾燥肌の根本的な解決に繋がる成分だということが分かります。 引用元:小林製薬株式会社hpより ヒルドイドの効能 1. 保湿 肌のシワやたるみの原因は肌の乾燥によるものと言われています。 これは加齢と共に増加していくので、 高年齢になればなるほど保湿成分の多い美容液やクリームなどを使用するわけですが、 一説によるとヒルドイドの保湿力は3万円の美容液よりも高いと言っている皮膚科医もいるようで、そのような発言からもヒルドイドには 非常に高い保湿力があるとされています。 血行促進 血行がスムーズになると末端まで酸素や栄養が行き届きやすくなり、 新陳代謝が活発になります。 シミやくすみを減らし、 若々しい肌を保ちます。 また血行を良くしてくれるので、 美しいバラ色の頬を作ってくれます。 抗炎症作用 乾燥肌やアトピーにヒルドイドが処方されることが多いのは、 抗炎症作用によってお肌にうるおいを与え、 血行をよくして肌の再生を促し、炎症を鎮める働きがあるからです。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドの種類 現在、ヒルドイドには3種類あります。 ヒルドイド クリーム こヒルドイドクリームが最初に血液凝固剤として使用されていたものです。 薬っぽいステロイドのチューブによく似た塗り薬です。 ヒルドイドソフト 軟膏 このうち、ヒルドイドクリームが最初に血液凝固剤として使用されていたものですね。 通常処方されるローションやソフトではなく、いかにも薬っぽいステロイドのチューブによく似た塗り薬です。 ヒルドイド ローション このうち、ヒルドイドクリームが最初に血液凝固剤として使用されていたものですね。 通常処方されるローションやソフトではなく、いかにも薬っぽいステロイドのチューブによく似た塗り薬です。 顔用のスキンケアに使うには クリームと ローションがおすすめです。 ビーソフテンの種類 1. ビーソフテンクリーム こちらは重めのクリームになります。 ヒルドイドクリームとは若干テクスチャーが変わり、のびがいいてす。 乾燥が酷い箇所や冬場のお手入れにもおすすめです。 ヒルドイドクリームはスキンケアでいう クリームの役割を果たしてくれます。 お風呂上がりに、こちらのクリームをたっぷり塗って ヒルドイドパックにするのもおすすめ。 翌日お肌がふっくらしてくれます。 ビーソフテンローション こちらは化粧水のようなローションです。 ヒルドイドローションは かなり保湿力が高いです。 使い心地もとっても軽いです。 ビーソフテン泡タイプ(ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0. 2016年の12月9日に発売したそうです。 正式名所は【ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0. とにかく 伸びがよく、しっとり感も抜群。 かなり優秀です。 勿論、全身使えるので足や腕や乾燥が気になるかかとなどにもおすすめです。 注意点としては、容器は振らないこと。 そのまま振らなくても泡で出てきます。 かなり優秀なので、ぜひ使って見てほしいです。 ビーソフテンローション、ヒルドイドローションはどこで買えるの? 医療品なので処方箋がないと買うことができません。 皮膚科などを受診する必要があります。 また、皮膚科を受診したからと言って必ずヒルドイドが処方されるわけではありません。 ヒルドイドを処方してほしいと伝えると大抵は処方して貰えるようです。 ビーソフテンローション、ヒルドイドローションの値段は?.

次の