ロマサガrs イベント周回。 ロマサガRSマクロの使い方

スタイル考察 SSイベントシエロ

ロマサガrs イベント周回

ロマサガRSの育成で一番大変なのが、 HPを上げることだと個人的に思います。 これまでの経験で腕力等の能力値は、それなりの周回数で 上限付近 上限ではない)に到達できます。 しかしHPはそうはいきません。 「 HP800台超えはかなりしんどいぜ」 と思っているプレーヤーさんも多いのではないでしょうか。 ところが、上位勢のプレーヤーさんのボックスを見ると、HP920付近のキャラが同じくゴロゴロいます。 「何かHPを簡単に上げる裏技でもあるんか?」 と思います。 ということで今回は、HPを効率よく上げるたった1つの方法をご紹介します。 HPを上げるために近道は存在しない 結論から言うと、HPを簡単に上げる裏技は存在しません。 どこを周回しても効率は一緒。 単純に周回数がものをいう世界です。 最大の指標はプレーヤーランク まだまだデータ不足ですが、わたしの知人7人に 現在のプレーヤーランクとHP900以上のキャラが何人いるかをアンケートしました。 その結果が以下。 プレーヤーランク HP900以上のキャラ数 800台 33&29キャラ 700台 18キャラ 600台 7&5キャラ 500以下 0&0キャラ もちろん ・お気に入りのキャラをとことん使う ・いろいろなキャラを満遍なく使う。 といったプレースタイルの違いで、結果は多少変わってくるかと思います。 HPの高さは周回数で決まる ただ1つ言えるのは、高ランクのプレーヤーほど周回数が多いということ。 仮にランク500の人と、ランク600の人を比べると、 周回数は10000周近く変わってきます。 (メインストーリー周回の場合) これがランク600とランク700の人であれば、 約13000周は違うでしょう。 さすがに万単位の周回をして何も上がらないことはないので、運の良しあしは周回するほど排除されていきます。 ちょっと効率よく上げるコツ 周回数が前提ではありますが、少しだけHPアップの効率を上げる方法をご紹介します。 HPの上限に注意する HPを上げる効率はどこでも一緒。 と前述しましたが、 各クエストにはHPの上限というか壁が存在します。 例えば、VH9-1-4ではHP790が目安です。 周回していれば、これ以上も上がりますが非常に上がりにくく効率が落ちます。 一応、各クエストの上限は知っておいた方がよいかと思います。 (以下の記事に掲載しています。 HPが上限(壁)に達したキャラは1枠分無駄に使っています。 財宝の穴のように期間限定でとにかく周回数だけを稼ぎたい場合を除き、壁に達していないキャラ5名で戦闘するのが良いと思います。 ピックアップキャラを優先して編成 新ガチャのピックアップキャラだったり、イベント関連のピックアップキャラだったりは、成長率が2倍~になっています。 例えばHPを100上げたい場合、最短でも100周必要なところが最短50周で済みます。 HPが2上がるということは、本来必要な周回数が半減しているのと同義だと思っています。 まとめ 結局HPを簡単に上げる裏技は存在せず、地道に周回数を重ねていく以外は方法がなさそうです。

次の

【ロマサガRS】フレイムタイラント攻略と周回おすすめ場所|炎を司る者【ロマサガリユニバース】

ロマサガrs イベント周回

育成周回におすすめな場所まとめ 育成周回で有名なおすすめクエストやイベントを網羅している。 初心者用・中級者用・上級者用に分けているので、それぞれ自分にあった場所を見つけて周回しよう。 育成周回用のイベント 期間限定イベント イベントの 武闘会と 修行者の間は初心者〜中級者までお世話になる育成イベント。 期間限定イベントなので、開催していないことももちろんあるが、 定期的に復刻するので復刻時に参考にしてほしい。 スタミナ消費が5でさらにラウンド1のみ。 1回の戦闘時間がかなり短い最高の育成場所だ。 ステータスも 旧上限値 VH6話までで上がるステ限界値 までは上がる。 それ以上あげる場合はVH7話以降で育成しよう。 戦闘力1万台のプレイヤーは中級を、ある程度育った人は上級1や上級2を周回するのが理想。 1と2では大きな差は無いとされている。 表の戦闘力やHPはあくまでも目安。 上級2でHP800まで上げることも可能だが、HP710以降は上昇もかなり緩やかになるので、無課金プレイヤーがここでHP800まで上げるのは現実的には不可能に近い。 必要戦闘力に関しても、結局周回に必要な全体アタッカーが数人いれば他のパーティキャラの戦闘力が低くても勝てる。 あくまでも目安だ。 武闘会では 個別戦闘力6000超え、 パーティ戦闘力30000超えが1つのゴール地点と見ていいだろう。 BP11のスキルは1回覚醒させる必要があるぞ。 全体的にまだステータスが低い場合 パーティ戦闘力1万ちょっとの人 は、遺跡三光石を利用して、まずは土台をしっかりと固めてからだ。 武闘会攻略• 運営が「HP700以下の育成に最適!!」と言っている通り、武闘会と似たような設定になっている。 詳細はこちらの記事を参考にどうぞ。 初心者の周回場所 まずはプレイし始めでそこまで進めていない人向けの周回場所を紹介する。 頂きの扉は ロマサガRSをやり始めた初心者が絶対に周回しなければいけない場所だ。 なぜならめちゃくちゃ強い、ゲキ強スタイルの SSルージュがドロップ報酬で手に入れられるからだ。 確率はめちゃくちゃ低いが螺旋回廊ガチャ以外で唯一手に入れられる方法がここの周回、通称「水龍周回」。 とにかく全力オートで勝てれば戦闘力はなんでもいい。 ルージュがドロップするまで周回するというのがポイント。 HPは350までは一定確率で上昇するので、この辺りになったらキャラを入れ替えて周回するといい。 また、ルージュを手に入れた後、ここでルージュをさらにドロップすると、SSルージュのピースに変換される。 1回で40個のピースになるので、イベントなどでメインクエストを周回する必要がある場合は、ここを利用するのも1つの手。 初心者だけでなく、中級者もルージュをLv50にするために訪れることになる。 10月25日現在、アプデで遺跡の上限値が上がっているという報告が多数あり、少なくとも 8〜10層で旧上限値 HP710のステータスベース45 を超えて育成が可能になりました。 11月5日のアップデートで 意図しないものだった事が発覚。 通常通りに戻ったので、この話はなかったことにしましょうw デイリークエストの 遺跡が実は序盤はかなり育ちやすい。 その中でも 三光石は毎日開催していて育ちやすいぞ。 メインクエストを進めながら、遠征チケットをガンガン使って育てていくと戦闘力も10000ちょっとまでは上がっていく。 そこからグッと上げていくのにオススメなのが 三光石の5層だ。 ここは パーティ戦闘力1万前半の人がめちゃくちゃお世話になる場所。 めちゃくちゃステータスが上がりやすい。 ただ5層を攻略できるようになるまでは2〜3層がオススメ。 最初は2〜3層を周回してパーティを強化していきながら5層にステップアップしたい。 三光石は属性攻撃が通るので、 術アタッカーが欲しいところだが、無くても一応戦える。 そして装備の進化に必ず必要となる三光石がA〜SSまでドロップするので、キャラ育成以外にも意味のある場所だ。 オーラムもドロップするのでお金も貯まっていき、まさに一石三鳥。 一方で 三光石の8層も育成しやすい 中級者向け。 HPやステータスを育てる…のももちろんそうだが、SSブルーやSSコウメイを利用してサクサク進んで、ラウンド3で他キャラのスキル3を使わせることによるスキルのランク上げがメイン。 HP710まで上げることも可能だ。 低い戦闘力 個別3000辺り のキャラのHPを育てる場合はH7-1-2やH7-1-3、VH4-1-5よりもかなり効率よく育成できる。 特にHP450あたりまでは上がりやすいので、育成が初期段階のキャラはここで上げるのもオススメ。 消費スタミナに対してのコスパが良い。 H7-1-2やVH4-1-5はたどり着くまで時間がかかるが、こちらは すぐに解放できる強みがあるぞ。 中級者の周回場所 ハードやベリーハードを周回できるようになってきた人向け。 旧ステータス上限値付近まで上げれる場所の中で、特に有名な周回場所を紹介しているぞ。 HPも600を超えても上がる。 他のステータスも考えると、それ以上は無理に上げる必要はないが、 HPに関しては710まで上げることも出来るので、育成2倍イベントの時に高速周回でHPを上げたいときにもオススメ。 ここのステータス上限の目安は旧上限値マイナス3 目安は素のステータス42 あたりまで。 敵の数が多いのでここも全体攻撃を使えるキャラを採用する必要がある。 最適スタイルは SSブルーorSSコウメイ。 ただ知力が100ほど必要なので、ブルーやコウメイの育成や装備が足りてない場合は、もう1人全体攻撃持ちのキャラを入れてあげれば解決だ。 ただしスタミナ消費が18とかなり重いこと、メインストーリー7話以降が追加されて旧ステータス上限値を突破できるようになったこと、 武闘会や 修行者の間のコスパが良すぎることから、以前と比べて周回している人はやや少なくなった印象。 それでも武闘会のイベントが終わってしまえばまた周回場所として戻る人もいるだろう。 また、SSテリーがドロップすることになったので周回する意義が増えた。 VH4-1-5の優れている部分は 重いスキルのランク上げがしやすいということ、そして 出てくる敵が比較的弱いということだ。 陣形で速度を調整して、 全力オートにして、ラウンド1を数名の攻撃で突破。 ラウンド2やラウンド3でBPの重いスキルを使って倒すという流れになる。 参考動画はこちら: 動画は過剰火力なため後ろ2名が動かなかったが、ここを周回する人たちの火力ならきちんと後ろ2名も技を使ってくれるぞ。 上級者前半の周回場所 旧ステータス上限値を突破できるVH7話以降の周回スポットを紹介している。 HP710以降の育成はここで紹介されている場所がおすすめだ。 旧ステータス上限突破も+3〜4までいける。 体術アタッカーとマヒを用意して周回したい。 ここでしっかり上げきってから次の段階に進むといい。 HPよりもステータスをある程度上げたら、とっととVH9話に進もう。 HPは710以降はなかなかサクサク上がらないので注意。 旧上限値突破後の最初の重点的な周回スポットだ。 旧ステータス上限+7まで育成可能。 ライトボーラーが非常に有効な場所で、ブルー・コウメイ・白薔薇姫・レオンなどを数名入れていればとにかく早く周回できる。 ライトボーラーや突アタッカーを採用しつつ、1名ヒーラーを入れておけば、敵のファングクラッシュでやられても復帰できるので安定しやすい。 周回し始めのときは事故で全滅もあるが、それ以上に楽に周回できるので、何度もココで育成していれば安定していくぞ。 1周あたりの時間が早いので、HPを上げるのに向いている。 まずはココでがっつりHPを上げていこう。 ここも斬属性が共通の弱点となっていて、縦一列範囲攻撃が刺さりやすい。 水鳥剣や円月斬、ぶった斬りが有効打になる。 縦一列攻撃を使える斬アタッカーで育成するときにはこっちがおすすめだ。 1324オール1ターン ジャスト1分動画 2倍期間のロマサガ3キャラを4人入れてるのがポイントです! こんな動画作ってないで周回しなきゃですね。 最後のカイザーアントが厄介なので、高火力の打アタッカーが必要になるが、それ以外はフラッシュファイアやライトボールで処理していける。 でたらめ弾も有効な場所だ。 全員斬弱点で共通しているのでVH13-2-4と同じ編成での周回が可能。 敵も縦一列に並んで出てくるのがポイント。 エレンやブラックなどの縦一列範囲攻撃持ちが非常に有効。 もちろんアセルスのミラージュステップは言うまでもない。 [突・ 熱・ 陽]属性が弱点の場所。 ライトボーラーと突アタッカーを育成したい時に便利な場所だ。 敵の催眠による眠り状態が面倒なので、陣形で素早さを上げると楽に周回しやすくなるぞ。 斬アタッカー有利で周回しやすい場所がここ。 ラウンド3でムドメインが出てくるため、SSルージュ2がいるとより楽に処理できる。 ただHPは低いので、全体攻撃2発で倒せるためそこまで意識する必要はない。 アセルスの「ミラージュステップ」やアイシャの「茜舞」を活用して周回しよう。 敵の攻撃が斬・突攻撃なので、斬アタッカー染めでの周回も安定して可能なのが嬉しいポイント。 ラウンド2からは縦一列攻撃が刺さるのでエレンの「ぶった斬り」が強い。 ラウンド2までは敵のHPが低いので他の属性のアタッカーでも周回しやすいのが特徴。 特にラウンド2では敵が9体編成なので、 ウンディーネの「スコール」を活用した周回がおすすめ。 それに「でたらめ弾」を合わせてうまく突破しよう。 ラウンド3のカイザーアントが厄介だがここまで来たらゴリ押しするしかないか。 ガチメンバーじゃないと事故るので注意。 ターン数的に5ターン 1-1-3 で周回できればOK。 陽属性攻撃or即死技でラウンド1の強鬼をワンパン• ラウンド2のマンティスゴッド2体を打or冷で1ターンキル• ラウンド3のアークウインガー2体を高火力攻撃or全体攻撃で殲滅 という流れで3ターン周回も可能。 ここは[突・ 冷・ 雷]が弱点で統一されている場所。 この属性をメインに、育成枠を1枠作って周回する。 どちらかと言えば 1軍を強化するために周回する感じになる。 軸となる引率アタッカーはクリスマスコーデリア。 もしくは気絶付与が狙えるデスやミリアムとなる。 管理人はクリスマスコーデリア・マドレーン・リズをメインに添えて周回。 陣形カラフルレンジャーズを採用。 器用さ枠と愛枠を自由に変えられるようにした。 カラフルレンジャーズは連携がガッツリ入りやすいが、 連携しても大丈夫なように編成するのがコツ。 動画では器用さ枠にアセルスを入れているが、 斬アタッカー2倍期間なので入れている。 おそらくラベールなんか入れてみると周回がしやすくなるだろう。 ここは斬属性弱点で共通しているので斬アタッカーで染める必要がある。 だた正直ブリトラをオートで安定攻略はかなり難しいので自信がある人だけ。 管理人はラバーソウル1個しか引けてないし安定しないのでVH1-2-3とVH1-1-4に逃げていますw ・ VH 1-2-5、1T目に4連携しても4Tでオートクリアできてます。 最終皇帝 男 の聖光と梅開きのBPを3に設定してるので、ほぼ確実に3T目にヴリトラに無明剣・連を撃ってくれます。 ただし敵が弱いのでかなり楽に周回できるメリットあり。 ここは斬属性弱点で統一されているので、斬アタッカーを数名連れていけばOK。 もちろんマドレーン・ビューネイ・ミルザ・茜舞アイシャがが刺さる。 この中から2名ほど採用しておけば育成枠の自由度も大幅に上がるぞ。 2章2話はここで最終調整となる。 ボスのナイトフラワー対策に素早さデバフ+こちらの陣形ラピストを採用することで花粉やソウルフリーズなど全体攻撃技の命中率を大幅に下げることが可能。 弱点属性は斬属性がメインだが道中には1体スケルトンも出るので注意。 火力メインで編成するなら新陣形のシグモイドフォームあたりで気絶と一緒に攻めるのがいいかも。 VH2-225 凡庸だけど速度は出てる はず 圧倒的な書不足なんだけど、 ミリアムにBP3のファイヤボール継承 ミルザの不動剣をBP13にしてR2の連携抑止 天地二段をBP6で4Tの火力確保 で完成かな ミルザのステが育ち切るまで粘着予定 — ishiguro FreeIshiguro ・ その他 ここまではかなり有名な場所を紹介してきたが、例えばVH9-1-4からVH11-2-1に行くまでに少し間があると感じる人もいるだろう。 そこで、VH10話からはより詳細に周回ポイント・スポットを個別記事で紹介しているので、もし気になる場合はこちらの記事も読んでみてほしい。 遠征について 遠征におけるHP上昇の上限値についてまとめている。 遠征にはそれぞれの行き先にステータスやHP上限が設けられているので注意しよう。 ジャングル・奥地 アップデートで遠征先に 「ジャングル・奥地」が追加された。 これによって 遠征だけでHPを 740まで上昇させることが可能になった。 HP740以降はいつも通り確率爆下げ。 遠征先 「ジャングル」ではHP690までだったことから、これによって一気に50も上げやすくなった。 つまり、準備さえ整っていれば一気にチケットを消費して、ジャングル奥地で740辺りまで上げた後、「VH9-1-4」「VH12-2-1」「VH13-2-4」など、効率よく周回できる場所に移行すればスムーズに強化できることになるだろう。 まぁ、チケットが数百枚飛んでいくので、イベントで大量にプレゼントされるチケットを貯めてブッパする感じになると思う。 海底洞窟 1周年のアップデートで新たに追加された遠征先が海底洞窟。 今回のHP上限値は 790となっている。 遠征チケットをがっつり使えばかなりのスピードでHPを強化することができるぞ。 どんな順番で育成していく? どのような順番で育成場所を選んでいくか。 またどの程度までHPを育成したら次に進むかを簡潔にまとめている。 HPの上限を 内に書いているのでそこからマイナス70くらいまで育てたら進んでいく感じ。 ぶっちゃけステータスがある程度上がればHPは低くても進んでOK。 武闘会or修行者の間がない場合• まずはメインクエストを攻略しながら 遠征で一気に上げる• 水龍周回や遺跡 三光石 3層• 外伝で調整• VH13-2-4で調整• 最初から遠征先で「ジャングル・奥地」「海底洞窟」などを選べるならそちらでHP740や790まで上げた方が早い。 武闘会or修行者の間がある場合.

次の

【ロマサガRS】かぶとの試練UH25周回のコツとおすすめパーティがこれ!

ロマサガrs イベント周回

フレイムタイラントイベントでやるべきこと イベント交換所で選択チケットを獲得 選択チケットを集めることで、限定イベント「魔剣アイスソードを奪え!」か「聖戦士ガラハドと共にいく」に挑戦できます。 どちらも、イベント限定でしか獲得できないため、期間中は優先してイベントを周回しましょう。 限定プラチナチケット• ミッションの達成条件には、RS1キャラを編成する必要があるので、イベント周回時は必ず連れていきましょう。 フレイムタイラントの攻略 打・冷属性キャラで弱点を突こう フレイムタイラント戦では、打・冷属性キャラを編成して弱点を突きましょう。 また、「セルフバーニング」でカウンター攻撃も行うため、冷属性や銃攻撃による間接攻撃であれば、対策が可能です。 中でも、1周年ウンディーネや1周年リズであれば、毎ターン水属性攻撃でHPを削りつつ、「生命の水」で回復も兼任できるので、攻守において活躍できるキャラです。 熱耐性防具で固めて被ダメ軽減 おすすめ防具 フレイムタイラントは、熱属性攻撃を主軸に攻撃を行うため、熱耐性防具で固めて被ダメを軽減しましょう。 耐性装備で挑むことで、「セルフバーニング」のカウンターや「火車」の全体ダメージを最小限に抑えられます。 おすすめの主防具として、ヒドラレザーやフィールドアーマーを、副防具は耐熱手袋やねじりヒドラを装備させるのがおすすめです。 ・冷属性攻撃で弱点を突ける• ・バブルやハンマーを駆使して継戦火力が高い• ・「生命の水」継承で回復も可能• ・BP2のスキルで常に弱点を突ける• ・「怒竜の咆哮」が開幕大ダメージ• ・回復継承でヒーラー兼任• ・氷雪剣で効率的にHP削りが可能• ・弱点集中でWeakダメージ上昇• ・攻撃時まれにHP回復で生存率アップ• ・間接攻撃でカウンター対策• ・B威力1~3回攻撃が強力• ・スキル回転の良いA威力スキル持ち• ・間接攻撃でカウンター対策• ・跳弾で継戦火力が高い• ・弱点集中で与ダメ底上げ• ・腕力と素早さデバフアビで被ダメ軽減• ・「サブミッション」継承でさらに腕力デバフ• ・打属性で敵の弱点を突ける• ・サブミッションで腕力デバフを狙える• ・アビで自己火力を大幅に強化• ・打属性で敵の弱点を突ける• ・開幕SSSスキルで一気にHPを削れる• ・サブミッションで腕力デバフを狙える• ・打属性で敵の弱点を突ける• ・攻撃時HP回復で生存率が高い• ・サブミッションで腕力デバフを狙える ヒーラー スタイル 詳細• ・水祭で味方全体の全ステ底上げ• ・『託す希望』で気絶時全体回復• ・継承で単体回復も可能• ・回復性能トップクラス• ・『回復呼吸』で継戦力が高い• ・『託す希望』で気絶時全体回復• ・骨砕きで腕力デバフも可能 炎全必要数: 310,000個 欠片全必要数: 293,500個 優先度 景品 炎 交換上限 高 選択チケット 800 125 低 黒の砂 750 30 低 黄の砂 750 30 低 赤の砂 750 30 低 紫の砂 750 30 低 緑の砂 750 30 低 橙の砂 750 30 低 青の砂 750 30 低 白の砂 750 30 低 オーラム 1,000 30 合計数 310,000 優先度 景品 欠片 交換上限 高 選択チケット 800 125 中 SSミリアムのピース 600 30 中 SSバーバラのピース 600 30 中 SSグレイのピース 600 30 中 SSアイシャのピース 600 30 中 SSジャミルのピース 600 30 中 SSアルベルトのピース 600 30 中 SSクローディアのピース 600 30 低 シルバーピース 450 150 合計数 293,500.

次の