支配 の 天秤。 【グラブル】闇ハイランダー編成は終末5凸できていないと弱い

【グラブル】アヌビスHL青箱確定ライン・ドロップ確率【アヌビス杖/支配の天秤/高級鞄武器】

支配 の 天秤

支配者の天秤は上級者向きの武器ですね。 ダメージ上限について話す必要がありますが、細かく説明すると長くなるので簡略化して説明します。 ハイランダー編成と呼ばれる状態にすることで(すべての装備を別の種類にする) ダメージ上限上昇(10%)とEX攻刃(20%)を得ることができます。 要するにダメージの減衰点を10%上昇させつつ弱めのEX武器として機能してくれます。 ダメージ上限の上昇はダメージ事態を上げるものではなく、運営の想定するこれ以上この攻撃ではダメージを出せないようにするシステムの上限を少し引き上げるものです。 なのでダメージを上限付近まで出せない人が使った場合 ・同じ武器が使えない ・どのみち上限付近までダメージが出せないので意味がない という状況になります。 基本的にはリミテッド武器(フェス限武器)の使える神石編成で組むのが基本です(上記した通りダメージを上限近くまで出さないと利点がないため) また、ハイランダー編成は終末武器の最終強化段階(現状最高難度コンテンツクリアで最終強化できる)を編成に組み込むことが効果を生かしきれる最低条件になります。 唯一十賢者カイムがいる土属性はカイムの加入さえできれば上記条件が緩和されます。 カイムはサブに置くことで天秤とおなじハイランダーを条件として攻撃力アップ、防御力アップ、ダメージ上限アップを付与してくれます。 そのため11本目の武器を装備できるのとほぼ同等なので、土は少し条件が軽いです(カイムの加入自体が初心者には厳しいですが・・・) なので初心者には使いなすのが厳しいです。 別の武器を検討することをお勧めします。

次の

【グラブル】支配の天秤ハイランダー編成 新時代の装備を完全解説!【VOICEROID実況(琴葉姉妹)】

支配 の 天秤

自発箱:2. MVP箱:0. 青箱:0. データの母数が多くないため必ずしも適切かどうかはわかりませんが、ここで分かる大事な情報は 自発箱が圧倒的に強いということです。 天秤を効率よくドロップさせるには 最優先は自発すること 例えばTwitter救援や連戦など、アヌビスと戦う回数を稼ぐ方法は色々あります。 でも僕の天秤ドロップはぜんぶ 自発箱とMVP箱でした。 前述のドロップ率データのように自発箱からの排出がいちばん高確率と思われます。 積極的に自発するのが一番の近道です。 自発してすぐ救援を出しても大丈夫 アヌビスは高級鞄の中では強敵なので、戦力不足で十分に戦えない人にとっては 「 貢献できないけど救援だけだしちゃって嫌われないかな?」 と不安に思う人もいるかと思います。 ですが、 アヌビスについてはぜんぜん大丈夫だと思います。 天秤は今もトップを走る重要な武器で、数日前の僕のように血眼で周回してる人も多いと思います。 Twitter救援を出すと一瞬で埋まりますし、一瞬で討伐してもらえます。 参加する側は MVP箱を狙うチャンスが、自発側は戦力がなくても 自発箱を得ることが出来るためWIN-WINの関係だと思います。 救援で MVP を狙うならTwitterではなくゲーム内救援 僕の体感としては 青箱から天秤を狙うのは困難です。 戦闘数を多くこなして青箱の回数で勝負するタイプと、ひとつひとつの戦闘でMVPを確実にとっていくタイプの戦い方があると思いますが、断然後者の MVP狙いの方が有効だと感じました。 しかし、 Twitter救援での戦闘は非常に高速です。 黄龍やメカニックの瞬間火力で青箱を目指す人が多く、MVPを狙いに行くのが難しいです。 一方、ゲーム内救援ならば人が急激に集まることがなく、戦力があれば順位箱を狙いに行くことが出来ます。 ただしアヌビスの救援が来るかどうか自体は運なので、入手を急ぐ人はどうしてもTwitter救援を頼らざるを得ません。 たまたま救援で見かけた際は積極的に参加するのがいいと思います。 Twitter救援を狙うなら早朝がオススメ どうしても急いで天秤を取りたい場合、Twitter救援に頼ることも必要になってきます。 そのときは、ライバルの少ない早朝だと戦いやすいです。 特に 朝4時台は、終わってないマルチをどんどん消化しなければならないユーザーがTwitter救援で火力を求めていることは多いです。

次の

支配星(ルーラー)|西洋占星術・ホロスコープ用語解説

支配 の 天秤

6周年記念武器交換チケット 【交換可能期限】2020年3月10日(火)19:00~2021年2月28日(日)23:59 1年間たっぷり悩める期限設定。 マジェスタスについて ・エピックウェポン第二世代武器 ・ルシHの難易度が激変するほどの高い防御効果を持つ堅守スキル ・1本でも使えるが2本目も編成に入る(ソロ攻略趣味の人は3本目も一応意味はある) ・ハデス編成限定 今回のラインナップではダントツで入手難易度(労力部分を含めて)が高い武器。 ティアマト・マリスHLは6人マルチで1日1回制限。 まず毎日の周回の回数を稼ぐ方法がとてもとても難しい。 さらに現状ではドロップ以外の交換方法が存在しない。 周回速度については魔法戦士限定ルームなど中にはさくさく狩れる戦法も存在しますが、MVPも欲しい強欲火マグナマンだった私は野良部屋で毎日汁チェインしてました。 ドロップについてですが、MVPの有無と日頃の行いと個人の運に大きく左右されます。 自分は毎日通って3ヶ月くらいかかった感じでした。 2本目は2週間かかりませんでした。 という武器ですが、加護的に ハデス編成限定の有用性です。 マジェスタス編成するなら両面にしとけって言われるくらいゴリゴリのハデス編成用武器です。 支配の天秤についてのあれこれ長い言い訳 ・エピックウェポン(アヌビス、第2世代武器) ・全属性でハイランダー編成が採用可能に ・強くなれるかどうかの評価はいろんな視点が混ざるのでとてもむずかしい 今回解説するのが一番むずかしい支配の天秤。 天上征伐戦、古戦場後半などなどの高防御の敵も同様に厄介。 必殺リミ武器が1本で済むのもお財布に優しい。 ほんとにござるかーって言われそうですが、火の古戦場ではマグナハイランダーは結構使ってる人いたんですよ本当に。 ということもありオメガ第二スキルや終末5凸の第三スキルにも渾身、背水を入れることで3本、4本の渾身(背水)スキルを並べるという戦法が多く取られます。 結果、神石のハイランダー編成を追求していくと自然に終末5凸を持っている事を前提条件として挙げてしまいがちです。 これが何を意味するかというと、終末5凸が遠い人からは縁の遠い話と感じてしまい、逆にマグナの終末5凸を作っちゃった人はヒヒイロカネ1個分の投資がある分、移行のハードルがあがって割にあわないという感想を持つ事が増えてしまいます。 といった感じで進行状況の人の視点が混在していて、色んな評価が飛び交っている状態です。 さらに細かい話をすると水属性だと技巧ハイランダーなどといったレアケがあったり、闇ソルジャーの神石ハイランダー編成では方陣と通常枠を考えると結局マグナ終末5凸を使う局面もあったりする。 なので、自分が作って純粋に強くなるかどうか、作った分見合う価値があるかどうかとったアドバイスを見分けるのはなかなかに大変だゾ。 という事で先輩諸兄達に適当にハイランダー強い?って聞いても適当な答えしか返ってこないことも多いです。 代わりに闇ソルジャーハイランダー・・・?っていうのをやってみたいんですけど強いですか?ってある程度具体的な目標とか目的を挙げて聞いたらすごくノリノリの長文で答えてくれると思う。 とても強い第11本目の刺さってる感じになるので終末4凸だろうが、現状より強くなる可能性はとても高い。 ・複数の渾身、背水スキルが並べやすい 終末4凸だけどオメガ武器はあるって時に発生するケースあり。 闇属性ならグラーシーザー、オメガ、セレ爪、ケル銃、リボンなどで終末武器がなくてもかなりの背水の捻出が可能。 アヌビスHLからの入手難易度も、マジェスタスの次くらいの評価なので、将来投資含めて取得するのは個人的にはとてもおすすめです。 古戦場などイベントが差し迫ってるなら話は別 ・本数が重要になるマグナ2武器(テュロスビネット、グリム琴、ゴブロ斧などなど) ・開催が不定期な六道武器、ブレイブグラウンド武器でキーパーツになりそうな武器(ダンテ琴、コロゥ剣、デモン・アドヴォケイト、ウシュムガル、ヴィントホーゼなど多数) 次回古戦場は4月に水有利で開催。 テュロスビネットは必殺スキル効果持ちで2100万選手権への影響度は大きい。 ヴィントホーゼは持ってるかどうかでクリュサオル編成の最短手数が出来るかどうかが決まってしまう。 といったイベント限定入手組にも重要度の高い武器は存在。 チケットを温存して、困った時に今すぐ必要なものを取る。 というのもアリアリのアリ。 お前なら初心者時代すぐ終わるからもっと背伸びしろとか言われる事もあると思う、個人指導大事。 メイン装備が出来て、奥義効果強くてスキルも便利、という基準で選定、コロゥ剣は他に光EX武器が入手出来そうという事でギリギリ除外。 レガリアシリーズ(マグナ2武器) 現状人気が高く、本数を必要としているのはこの4本。 装備によっては3本(中には5本)必要なグリム琴、ゴブロ斧など数が必要なマグナ2武器もあったり、最終上限解放素材にはマグナ2のマグナアニマという時間とエレメント泥棒が存在する。 ただのEX武器として使うなら代用枠も多い。 ブレイブグラウンドに比べるとかなり定期的に開催されている印象もある。 (オールド)オベロン、コルタナ、ナラクーバラも最終上限解放次第では復権or面白い用途が出てくるかも。 ただし今年に入ってからのアプデで大幅に入手難易度は緩和されている。 オールド武器もその気になれば交換だけで2ヶ月に1本ペースで作成が可能。 流石にチケット切るのはもったいないと思う。 評価は属性毎に当たり外れのムラが大きい。 第一と第二で評価が全然違う属性も。 最注目アイテムの天秤は長々書いたので上述を参照。 第2世代武器はドロップ以外の入手方法が存在しないこと、そしてドロップが青箱、赤箱に限定されているという事で一定の戦力がないと掘る事すらできない。 その他の武器としてはカー・オン杖が水古戦場で便利に使える可能性が存在。 取るものねーって言う人はこれ結構ありかもしれない。 また、ウニウス(風)、不毀の篭手(光)など限定で4本以上大量に染める編成が存在。 ハードルの高さ故に目指している人も少ないですが、1本貰えるのはとても嬉しい。 風のヴィントホーゼなどは肉集めに非常に重大な影響がある武器ですが、それでも古戦場前に復刻はされませんでした。 という事で、この先の復刻ペースについては本当に予想が付かない。 撃滅戦の二属性同時開催が落ち着いたら途端にブレイブグラウンド開催が来る可能性もある。 交換するなら本当にイベントでどうしても必要って差し迫った時にはしたいところはある。 ティアマト・マリス武器(その他表記) 今回チケットでは「その他」カテゴリーになっていますが、対象は「ティアマト・マリスHL」でドロップする武器二種となります。 なんといっても注目されているのは「マジェスタス」の方。 ハツオイイルハルはゼピュロスマンがゼピュロスマニアに進化してから初めて手をだすくらいの武器なので今回は完全にドン無視しました。 ごめんね。 現状では入手労力的に一番高いのは間違い無いと思う。

次の