乳児湿疹 お腹。 【医師監修】乳児湿疹の原因と正しいケア方法|湿疹のタイプ別に見る赤ちゃんへの対処法

赤ちゃんの湿疹がお腹に出る6つの原因とその対処法をご紹介!

乳児湿疹 お腹

1歳までの赤ちゃんは肌が安定せず、よく湿疹ができてしまいます。 初めてのママはどうすれば良いか悩むことも多い「乳児湿疹」について、種類や原因、ケアの方法をまとめました。 乳児湿疹とは? 乳児湿疹とは、新生児期~乳児期にかけて現れる湿疹の総称です。 生後6か月までの湿疹は原因の特定が難しいので、肌トラブルをすべてまとめて『乳児湿疹』と呼んでいます。 カサカサしているもの、ジュクジュクしているものなど、種類がいくつかあり、顔や体、手足などあらゆるところに現れます。 赤ちゃんは肌が荒れやすい 大人に比べると、赤ちゃんの皮膚は薄くバリア機能も弱く、様々な肌トラブルが起こりやすい状態です。 少しの刺激で赤くなってしまったりします。 中でも乳児湿疹、乳児アトピーと呼ばれる湿疹には、いくつかの種類・原因があり、多くの赤ちゃんは一度は経験するようです。 乳児湿疹は生後2週間頃から現れやすくなり、多くの場合は1~2歳までに自然に治ることが多いです。 症状だけ見ても、どの種類の湿疹か分かりにくいので、おうちでケアをしても治らないようなら、小児科や皮膚科に診てもらうと安心ですね。 (白いニキビもあります)肌を清潔に保っていれば、生後1~2か月くらいで自然に治ります。 原因 新生児の時期は、母親からの女性ホルモンにより皮脂の分泌が多く、皮脂が毛穴に溜まりやすくなるのが原因と考えられます。 悪化しないように、かきむしったり、外部からの刺激は与えないように気をつけましょう。 ケア方法 入浴の時には、石鹸をよく泡立ててたっぷりの泡で、顔や体をやさしく洗います。 すすぎでは、お湯を含ませたガーゼでやさしくふき取って、流してください。 洗い残しは悪化の原因になることもあるので、しっかり洗ってあげてください。 乳児脂漏性湿疹 生後2~3か月頃までに、もっとも多くみられます。 皮脂腺の多い顔面や頭、耳の周りなどにできやすく、赤く腫れたり、ジクジクしたものやかさぶた状のものなどさまざまな症状がでます。 原因 新生児ニキビとほとんど同じです。 新生児の時期は、母親からの女性ホルモンにより皮脂の分泌が多く、皮脂が毛穴に溜まりやすくなるのが原因と考えられます。 悪化しないように、かきむしったり、外部からの刺激は与えないように気をつけましょう。 ケア方法 入浴の時に、石鹸をたっぷり泡立てて、やさしくしっかりと洗いましょう。 ゴシゴシ洗うのは肌が傷つくのでやめましょう。 かさぶたのようなものは、入浴前にベビーオイルやワセリンなどでふやかしておくと、取れやすくなります。 肌を傷つけないように、赤ちゃんの爪は常に短く切ってあげましょう。 また、肌にふれるものはこまめに交換して清潔にしてあげてください。 乾燥性湿疹 生後3か月を過ぎると皮脂の分泌が低下し、肌が乾燥し始めます。 乾燥に耐え切れず、肌が炎症を起こしてカサカサして赤い湿疹ができます。 乾燥して外気に触れると起こりやすいので、お腹や背中、頬や手足などに多く見られます。 原因 生後2~3か月頃までは、皮脂が大量に分泌されていますが、その時期が終わると気皮脂分泌が低下します。 肌が乾燥すると、バリア機能が弱まってしまうので、ちょっとした刺激でかぶれやかゆみが現れます。 ケア方法 肌を清潔に保ち、肌を保湿して乾燥を防げば自然に治るのが一般的。 肌全体に、特に乾燥しているところは念入りにクリームやワセリンを塗ってあげてください。 赤み、かゆみがひどいときは小児科、皮膚科を受診しましょう。 入浴時はたっぷりの石鹸の泡でやさしく洗ってください。 赤ちゃんがかいてしまわないように爪は常に短くしましょう。 アトピー性皮膚炎 顔や頭などによくでき、赤くて痒みを伴う湿疹です。 乳児脂漏性湿疹と症状が似ていますが、何度も繰り返すことが多いです。 首周り、ひざ裏など他の部位にも広がり、長く続きます。 原因 遺伝的にアトピー体質を持っている可能性があります。 また、ダニ、ハウスダスト、特定の食べ物などによって引き起こされていることもありますので、原因についてはハッキリと明らかにはされていないようです。 ケア方法 アレルゲンが特定できない限り、刺激を与えないように心がけ、肌を清潔に保つようにしましょう。 どんな時にアトピーの症状が現れるのか考え、悪化する原因を未然に防ぐことが大切です。 病院を受診し、検査を受けてアレルゲンを調べてもらうのも良いと思います。 食物アレルギーによる湿疹 アレルゲンとなる食べ物を口にすることで湿疹や皮膚のかゆみ、全身に赤い発疹などが出ます。 また、呼吸困難や下痢などの症状が出ることも。 赤ちゃんは大人に比べてバリア機能が弱いため、初めて口にするものには特に気をつけましょう。 原因 牛乳や卵、小麦、大豆などがアレルゲンになることが多いようです。 アレルゲンになるものには個人差があります。 ケア方法 アレルゲンになる食べ物が判明したら、消化器官が発達する1歳を過ぎるまでは、その食べ物は控えたほうが良いでしょう。 アレルゲンに対する耐性を作ることも大切なので、医師に相談しながら1歳を過ぎてから様子を見て少量ずつ食べさせてみると良いでしょう。

次の

お腹と背中に乳児湿疹!原因と症状は?治療方法は?〈写真付〉

乳児湿疹 お腹

目次 乳児湿疹とは何か。 その種類と原因。 赤ちゃんの肌はとてもデリケート。 乳児湿疹は、「あせも」「アトピー性皮膚炎」「赤ちゃんニキビ」「食べ物アレルギー」など、 実は赤ちゃんにできる湿疹をまとめたものです。 生後2週間ほどから現れ、その多くは1~2歳頃までには自然に治ります。 乳児湿疹はこれら湿疹の総称のため、その症状もいろいろ! 年齢や湿疹の種類で、でる場所や状態などは少し違いますが、 そのほとんどは、よだれやおっぱい・ミルク、 汗などで汚れや皮膚と皮膚が重なっているところが多く、主に顔や身体にできます。 乳児湿疹で多い「脂漏性湿疹」 なかでも「脂漏性湿疹」ですが、赤いぽつぽつとした湿疹のひとつで、 最初はほっぺたなどにぷつ、とひとつでていただけなのに、 いつのまにかそれらがくっついて皮膚全体が赤くなっていたりします。 次第に顔や頭などに黄色いかさぶたのようなものができたり、 フケのようなものがみられてきます。 かゆみがある場合もありますが、脂漏性湿疹の場合はあまりかゆみはなく、 そのかわり黄色いジクジクで見た目が悪いため、 自己判断で何かを塗って悪化してしまうことが多いようです。 湿疹の主な原因 なぜこうした湿疹ができるかというと、生まれたばかりの赤ちゃんは、 まだお母さんのお腹にいたときにもらったホルモンの影響を受けています。 それにより皮脂が過剰に分泌されているため、肌の表面や毛穴に詰まってしまい、 これが原因となっています。 長引く脂漏性湿疹…どうやったら治るの? 脂漏性湿疹の黄色いかさぶたですが、これは過剰に分泌された皮脂の塊でできます。 そのため、普通に洗顔してあげたとしてもなかなかおちず、こすってしまったりして、 きれいにするつもりが赤くなってしまったりします。 そんな脂漏性湿疹の皮脂汚れの落とし方を紹介します! ベビーオイルを活用しよう! 脂漏性湿疹の黄色いかさぶたの落とし方ですが、ベビーオイルを塗ります! ベビーオイルを塗ってふやかして30分ほどたってからお風呂にいれてあげると、 あら不思議!こすらずにするっとかさぶたが落ちます! 大人の手も雑菌が多いため、綿棒で塗ってあげてください。 私は鼻の中や耳のかさぶたにも塗りました。 これは黄色いかさぶたの脂分とベビーオイルの油分が反応しあうため、 汚れが浮いて、簡単に落とすことができるんです! 軽くふいて落とした後はいつもどおり、 赤ちゃん用の泡せっけんを使って優しく洗ってあげてください。 お風呂上りは、湿疹まわりには保湿剤を塗らず、様子を見ましょう。 自分の判断・間違った知識はNG!私の体験談。 はじまりは小さな湿疹 実は私の赤ちゃんも病院から退院するころに、少し湿疹がでていました。 あまり気にしていなかったのですが、里帰りの実家で過ごしているうちにどんどん湿疹が…。 はじめはアレルギーかな?とか、環境の変化がお肌に影響しているのかも、と思っていました。 心配で、ネットで検索した方法をためすことに… 不安で調べてみると乳児湿疹とのことで、 治し方も「清潔」「保湿」の2つがあげられていたため、 お風呂で顔を石鹸で洗い、ローションなどで保湿をしていました。 しかし、まったく治る気配なし。 むしろ悪化して広がったりジクジクしてる…。 赤ちゃんはかゆそうではなかったのですが、黄色いかさぶたもたくさんできてきて、 ご機嫌な赤ちゃんとは一方、可哀想に思って病院へ行くことにしました。 自分の判断で悪化した湿疹 病院に行って先生に診断してもらうと、「脂漏性湿疹」と診断されました。 顔を乳児用泡石鹸で洗って、ローション塗っていることを伝えると、 生まれたばかりの赤ちゃんはお母さんのホルモンバランスの影響で脂肌ぎみのため、 過剰に保湿する必要はない、とのことでした。 それこそ、脂漏性湿疹は皮脂の過剰分泌のため、保湿することでより悪化してしまったみたいです…。 受診した際に、ステロイドの軟膏が処方されました。 ステロイド、と聞くと少し不安になりますよね。 飲み薬ではなく軟膏のため、医師の処方を守って使用すれば何の問題もありません! しかし軟膏ですが、一時的に湿疹を抑えているだけになります。 まずはきれいにして様子を見ることが一番です。 心配なときはすぐに病院を受診しよう 可愛い赤ちゃんの肌に湿疹ができると、とても心配になりますよね。 実は乳児湿疹のほとんどは、お母さんの母体のホルモンの影響を受けなくなる、 約1か月経ったころには落ち着くといわれています。 私の赤ちゃんも1ヵ月健診を受けてすぐに乳児湿疹はあっという間にきれいになくなりました! 湿疹の種類によりますが、自己判断で対処してしまうと赤ちゃんが可哀想なことになりますので、 しばらく様子を見て治らなければ、 まず自己判断で対処する前に、 心配なときはすぐに病院を受診するなどしましょう!.

次の

赤ちゃんの発疹は何が原因?新生児~1歳に赤い発疹が出たら?

乳児湿疹 お腹

4ヶ月の赤ちゃんです。 お腹全体に赤い湿疹がでてきたので小児科に行ったら柔軟剤かぶれと言われ塗り薬を出されました。 キンダベートです。 でも塗っててもあまり改善されないので皮膚科に行ったら柔軟剤かぶれとかではないと言われ、他の塗り薬を処方されました。 ほっぺや足、背中なども部分的にガサガサしてきています。 耳に近い頭皮や耳周りも痒いみたいで掻きます。 プロペトを塗ってマシになったりしますがアトピーではないかと心配でなりません。 行き付けの小児科、皮膚科、乳児検診での医者などみんな診断がばらばらです。 単なる乾燥か乳児湿疹ならいいんですが心配でたまりません。 血や膿みなどはありませんがアトピーによくある耳切れになりそうで、耳切れ=アトピーではないかもしれませんが可能性が高そうで… うちの子は始め乳児湿疹と言われていましたが、 生後半年過ぎにはアトピーと診断されました。 食物アレルギーもあって、卵の白身にアレルギーでした。 実際、皮膚科でも0才の子の湿疹は乳児湿疹なのか乾燥なのか アトピーなのか判断が難しいようです。 うちの子もいろんな診断がつきましたよ。 どちらにしろ、この時期はひたすら保湿するのがいいと思います。 我が家では、病院で処方された保湿剤ではなく、「無添加の保湿剤」に変えました。 「肌潤糖(はだじゅんとう)」という保湿剤です。 口コミでかなり評判がよかったので使用したのですが これは大当たりでした。 朝とお風呂の時に塗るのですが、しっとりして 乾燥が和らぐことによって痒みが軽減され、 寝付きやすくなりました。 仕組みは化粧品などにも使われている砂糖の吸水力を使って 肌の保湿力をアップするというものです。 子供用のアトピーサイトで紹介されていました。 無添加保湿剤(下の方) 娘も肌が弱く乾燥による湿疹と言われ現在も通院中です。 最初の病院でもらった薬が合わなく、アレルギー科のある皮膚にも結構詳しい先生のいる小児科を受診したら、アトピー寸前でかなり悪化していると言われてしまいました。 娘は稀かもしれませんが、ただの乾燥って思っていたらアトピー寸前と言われびっくりしてしまいました。 現在はアズノールとキンダベートを混ぜたも塗り、痒み止めのシロップで大分落ち着きました。 最初は薬が合うかわからないため週1で通院し、大分落ち着いてきてから月1の通院になりました。 ただの肌荒れって簡単に済ませたらだめだよって言われました。 アトピーの原因にもなるし、娘は悪化=アトピーになるってことだからって言われています。 肌はこじらせたら大変ですし、きちんとした病院を見つけてあげたほういいと思います!

次の