つばにゃん twitter。 エゴサーチとは?Twitterでエゴサーチする方法とそのメリット・デメリット

Twitter of 👑みんなのつばにゃん👑 (@tsuba_niko2)

つばにゃん twitter

Twitter(ツイッター)は「ミニブログ」とか「マイクロブログ」というカテゴリに分類されるそうですよ。 知ってました? さて、ネットに詳しくない人でも知ってるくらい有名になったTwitter。 ブロガーの人ならまずアカウント持ってますよね。 ブログとの親和性も高く、ブログの更新をツイートでお知らせしている人も多いでしょう。 そしてブロガーならぜひ知っておきたいのが「エゴサーチ」と呼ばれる検索行為です。 ざっくり言うと、「自分のブログやツイートがどのような反応を得たのか検索する行為」のことです。 今回ご紹介するのは、Twitterでエゴサーチする方法です。 これをやっておくことで、今後のブログ運営に大きな影響を及ぼすといっても過言ではないですよ! Twitterでエゴサーチする方法 まあやる・やらないの判断は皆さんにお任せするとして、ここではTwitterでエゴサーチする方法をご紹介します。 特にアプリなどは不要です。 Web版Twitterの基本的な機能でできます。 まず、Twitterにアクセスします。 この検索ワードがキモです。 例えば、ブログ記事に関するツイートが見たいなら、ブログのドメイン名(うちの場合、「love-guava. com」)を入力します。 ただし、そのままだと自分のツイートも含まれてしまいます。 それを除外するのが「-from: アカウント名 」という記述です。 つまり、「love-guava. com」が含まれたツイートのうち、「 loveguava」がツイートしたものを除外して検索するのは以下の記述になります。 love-guava. com -from:loveguava これで検索結果が(あれば)ズラーっと出てきます。 これを応用して、自分に関連しそうなワードで検索すれば反応が見れますよ。 なお、検索条件は保存できます。 保存した検索は、Web版はもちろん、公式スマホアプリやサードパーティ製アプリ(対応しているもののみ)でも同じ条件で検索できるようになります。 エゴサーチのメリット エゴサーチのメリットは次のようなものが考えられます。 自分(の記事)に興味のある人を見つけられる 自分や自分の記事について言及しているということは、多少なりとも自分に興味を持ってくれているということです。 せっかくコメントをくれているのなら、それをきっかけに会話してみると良いですよ。 新たな繋がりを持てるチャンスです。 ただし、初対面の場合はあまり馴れ馴れしいと鬱陶しがられるかもしれないので気をつけてください。 新しい人・ブログを発見できる 例えばブログ記事に言及してくれた人は、そのテーマやジャンルに関心が高かったり、その人自身もブログなどを持っている場合が多いです。 その人のブログを見て「あ、これなかなか面白いな」って感じで思わぬ発見があったりします。 反応を見て更なるブログ運営に繋げられる ブログ記事に関するツイートは、読者の素直な意見が書かれています。 それを見て、「こちらの意図した内容が伝わっていないなー。 今後はもう少し詳しく書こう」とか、「ツッコミが来てるな。 これについてのアンサー記事書くか」といったことを思いつきます。 改善やブログネタなどのブログ運営に繋げられるんですね。 言わば「無料で添削されてる」ようなものかも。 これは大きなメリットです。 エゴサーチのデメリット 一方、エゴサーチには以下のようなデメリットも考えられます。 エゴサーチを嫌っている人がいる Twitterで非公開にもしてないツイートなんて誰でも見れるにもかかわらず、自分のツイートを検索されることを嫌っている人もいたりします。 「エゴサするやつはキモい」と思ってる人ですね。 有名ブロガーを批判している人に多い気がします。 考えは人それぞれなので別に批難する気はありませんが、そういう人は無視するのが一番です。 話しかけないでおきましょう。 誹謗中傷されてるツイートを見つけてしまう エゴサーチして見つかるコメントは良い物ばかりではありません。 根拠のある反対意見などはともかく、人格否定や意味不明な罵詈雑言などの誹謗中傷コメントもあったりします。 これを見て気分を害するなら、エゴサーチはオススメしません。 誹謗中傷ツイートを見ても「あー、わけわからんこと言ってるやつがいるなー。 ふーん」とサラッと見過ごせるくらいの精神力がある場合にやりましょう。 まとめ というわけで、Twitterでエゴサーチする方法とメリット・デメリットについて書きました。 一度やってみるといいですよ。 思わぬ人から言及されてるかもしれませんよ!? <関連記事>.

次の

【首里城に落書き】へずまりゅうの本名+年齢↓撮影者=つばにゃん

つばにゃん twitter

「へずまりゅう」が首里城の寄せ書きに落書き 「へずまりゅう」の炎上について「J-CASTニュース」は次のように報じています。 首里城公園内に設置された メッセージボードが、 心無い書き込みにより撤去されたことが2020年6月26日、分かった。 同ボードには、 昨年(2019年)10月に焼失した首里城正殿の復興に向けての応援メッセージが多数寄せられていた。 しかし、 動画共有サイト「ユーチューブ」の投稿者を名乗る 男性が、 落書きのような行為をする動画が拡散していた。 動画では、 メッセージボードいっぱいに、 寄せ書きの上から自身の名前とみられる サインを書き殴る様子が映っている。 動画をめぐっては批判が相次いだものの、 男性は意に介さず 「募金をしたから問題ない」 との趣旨の返答を繰り返している。 男性は過激動画をたびたび投稿しており、 今回もその延長とみられる。 (2020年6月26日配信) 上記の通り、「へずまりゅう」は首里城の復興を願って設置されたメッセージボードに 落書きしていたのです。 問題の動画がこちらです。 へずまりゅうが首里城復興の寄せ書きをめちゃくちゃに… 本当にありえない。 へずまりゅうの同行者は自称配信業の つばにゃんと言う方です。 つばにゃんがお金を支払い へずまりゅうを沖縄に呼び このようなことをさせてます。 ふわっちと言う配信サイトで 「あたしは悪くない」 「ペンを貸した首里城側が悪い」 と繰り返して言っていました。 一緒にいて止めないこの方も同罪だと思います。 動画を撮ったのは、 配信サイト「ふわっち」の 「最強つばにゃん」と言う方です。 この方も多数の迷惑や犯罪行為をしてます。 どうか、 このつばにゃんって方も調査願います。 ただ、この「つばにゃん」も反省の言葉を口にすることはなく、罪の意識はゼロのようです。

次の

エゴサーチとは?Twitterでエゴサーチする方法とそのメリット・デメリット

つばにゃん twitter

「へずまりゅう」が首里城の寄せ書きに落書き 「へずまりゅう」の炎上について「J-CASTニュース」は次のように報じています。 首里城公園内に設置された メッセージボードが、 心無い書き込みにより撤去されたことが2020年6月26日、分かった。 同ボードには、 昨年(2019年)10月に焼失した首里城正殿の復興に向けての応援メッセージが多数寄せられていた。 しかし、 動画共有サイト「ユーチューブ」の投稿者を名乗る 男性が、 落書きのような行為をする動画が拡散していた。 動画では、 メッセージボードいっぱいに、 寄せ書きの上から自身の名前とみられる サインを書き殴る様子が映っている。 動画をめぐっては批判が相次いだものの、 男性は意に介さず 「募金をしたから問題ない」 との趣旨の返答を繰り返している。 男性は過激動画をたびたび投稿しており、 今回もその延長とみられる。 (2020年6月26日配信) 上記の通り、「へずまりゅう」は首里城の復興を願って設置されたメッセージボードに 落書きしていたのです。 問題の動画がこちらです。 へずまりゅうが首里城復興の寄せ書きをめちゃくちゃに… 本当にありえない。 へずまりゅうの同行者は自称配信業の つばにゃんと言う方です。 つばにゃんがお金を支払い へずまりゅうを沖縄に呼び このようなことをさせてます。 ふわっちと言う配信サイトで 「あたしは悪くない」 「ペンを貸した首里城側が悪い」 と繰り返して言っていました。 一緒にいて止めないこの方も同罪だと思います。 動画を撮ったのは、 配信サイト「ふわっち」の 「最強つばにゃん」と言う方です。 この方も多数の迷惑や犯罪行為をしてます。 どうか、 このつばにゃんって方も調査願います。 ただ、この「つばにゃん」も反省の言葉を口にすることはなく、罪の意識はゼロのようです。

次の