子ども センター まあ ち。 ものづくりチャレンジ大作戦 まあちで子ども達が体験 ものづくりの学校、企業が参加

子どもセンター「まあち」開所式

子ども センター まあ ち

町田市内で5館目となる子どもセンター「まあち」が4月30日(土)、町田地区・中町の税務署裏の線路沿いにオープンする。 既存のセンターの経験を活かし、また地域住民の意見を反映し、基本計画に基づく新しい試みも導入した。 市内で一番広いセンターの誕生に、町田地区の子どもたちや保護者は期待を寄せている。 子どもセンターは0歳から18歳までの子どもとその保護者が利用でき、放課後や学校が休みの日に、自由に遊んだり、のんびりしたりできる施設。 また子育ての支援の場として、親子での遊びや子育てに関する情報の発信も行っている。 同センターは1973・6平方メートルと市内で一番広い延床面積に地上2階建の構造。 カラフルに色分けされた館内には、中高生らがバンド練習などができる音楽スタジオ、一面鏡張りのダンスシアタールーム、ステージ付きでスポーツだけでなく様々な発表なども行える広い体育館、自由に料理ができるクッキングルームやいろいろな工具を揃えた工作ルーム、試験勉強など学習ができるコーナーなど、地域の子どもたちの声を反映させたスペースが作られた。 ほかのセンターにはないカフェも併設。 「乳幼児のママさんが子どもを見ながらリラックスできるように。 カフェと共同した事業展開も考えています」と栗原尚子館長は説明する。 また広々としたウッドデッキや光庭は館内にいながら安全に外での遊びができる。 2階のテラスからは線路を走る電車が通るところが見え、「電車好きの男の子たちにはたまらないスポットになるかも」と栗原館長。 子ども委員会が活躍 「まあち」の名称は町田地区の小学3年生以上の子どもたちからなる「子ども委員会」が名付け親。 同委員会は、同センターでのルールについて話し合いや、イベントの企画、実施を行うなど、利用するみんなが楽しめるセンターを作るために活動していく。 開館時間は午前10時〜午後9時まで。 保護者同伴でない小学生は午後6時まで。 休館日は毎週火曜日、祝日の翌日、年末年始など。 オープニングイベント 30日のオープン当日、町田地区子どもセンター委員会(大人と子ども)が主催の開館イベントが開催。 地域の子どもたちや地元団体によるダンス、コーラス、和太鼓、バンド、吹奏楽などのステージ発表に、空き缶タワーなどのゲーム、パンケーキ作りや工作コーナー、スタンプラリーも開催。 またフライドポテトやわたがし、玉こんにゃくなどの模擬店(有料)も出店する。 午前11時〜午後3時。 入場無料。 「駐車場がなく、駐輪場も限りがあるため、なるべく徒歩でお越しください」と栗原館長。 問合せはまあち【電話】042・794・7360へ。

次の

子どもセンターまあち(町田地域)/まちだ子育てサイト

子ども センター まあ ち

もくじ• 】は、 東京都町田市中町にある子育て支援施設の1つです。 小田急線の町田駅から、徒歩8分と少し歩きますが、ほぼ直進でたどり着きます。 子どもセンター【まあち】は、 ま ちだで あそぼう ちゃれんじしようの頭文字を取った名前。 対象は、0歳~18歳。 子どもがたちが集い、遊べる施設になっています。 小学生だけでなく、乳幼児とその保護者や中高生の居場所としての機能を拡充した、新しいコンセプトを持つ施設を目指しているということで、小さな子しか入れないスペースがあったり、きちんと線引きされていて、元気に走り回る小学生がいても、安心して幼児を遊ばせることができます。 線路沿いをぐんぐん進んで、歩道橋の下を通り抜けたら見えてきます。 プレイスペースをはじめ、読書(漫画もあるよ!)や勉強をして過ごせるコーナー、工作や調理ができる部屋、バンドやダンスの練習ができるスタジオ、扉で仕切られた乳幼児室などがあります。 授乳室や親子トイレなども完備です。 工作・調理などのプログラムも豊富な様子。 過去のプログラムの様子は、2階に上がる階段の壁に掲示された写真を見るとわかります。 子ども主体のプログラムが豊富で、小学生以上の子どもたちにとっても、すごく良い施設だなあ、という印象です。 子どもセンターまあちの利用方法 入口付近にベビーカーを置くスペースがあります。 まず、靴を脱いであがります。 写真を撮った日は、8月下旬の平日で、お昼頃。 下駄箱がぎっしりです。 夏休み期間ということで、小学生や中学生がたくさん利用していましたが、 普段の平日であれば、学校が終わる時間までは、乳幼児がメインで比較的空いているので、ゆったりと過ごすことができます。 カウンターで、受付をします。 その日1日だけの利用でもOKですし、今後継続的に通うようであれば、利用登録カードを発行してもらいます。 もちろん 無料!! 入館の際と、帰宅時にカウンターでカードを渡します。 おもちゃの貸し出しなどを行う際にも、カードが必要になります。 「カードを渡して、受け取る」というアクションをpocoにもやらせるようになりました。 最近、スタッフさんに、ばいばいができるようになって、うれしい限り! ここのスタッフさんたちは、つかず離れずの距離感で心地よいです。 ちょっと前に、おしゃべりに夢中になってるママさんグループの横で、あぶない行動を取っていた子どもに、カウンターから駆け寄ってきて注意を促している姿を見ました。 過剰に注意はしないけど、見守ってくれているんだなーと思いました。 基本的には、持ち込みもOK。 ごみなどは、各自持ち帰りになります。 ロッカーは100円を入れて使うタイプです。 2階の体育館は、平日は午後2時くらいまでが乳幼児さんが使える時間になっています。 2時ちょっと前にお片付けがはじまった日や、3時くらいまで空いていた日もあったので…そのあとの予定によって変動しているのかもしれません。 幼児用の滑り台があったり。 ボールプールがあったり。 車のおもちゃなどもあります。 たまーにmocha夫も行きます。 フラフープやっているところ。 まあちの夏休み期間の様子 8月末はすごく混んでいました!今まで数回行ったけれど、こんなに混んでいるのははじめて。 小学生が多かったからかな。 でも、夏休みにここで遊んでくれてるなら安心。 夏は乳幼児さん向けの水遊びイベントもあるみたい!お近くのかたはぜひ行ってみてくださいね! おもちゃの貸し出しや読書コーナーもあるまあち 2階にはおもちゃを貸してくれるカウンターもあります。 プラレールに電車を走らせたい場合は、カウンターで登録カードを渡して、電車のおもちゃを借りるシステムです。 シンプルなレールの日もあった。 笑 個別に遊べる「おままごとセット」。 こちらもカウンターで貸し借りして、好きなところで遊ぶことができます。 まあちには、おままごとセットがあちこちにあるので、pocoは大喜びですべてのおままごとを制覇します。 電車好きも満足!ロマンスカーが見られる まあちは線路沿いにあえいます。 2階からは、ロマンスカーを見られる特等席もあり、新しいロマンスカーが通る時間まで壁に掲出されているんです。 写真はロマンスカーじゃないけれど、こんな風に見えますよ。 ということで。 このほかにも、椅子やテーブルがあって持ち込んだご飯やおやつを食べたり、読書を楽しんだりもできます。 工作や調理ができる部屋も2階にあります。 2階への移動は基本的には階段ですが、エレベーターもあるので安心です。 子どもセンターまあちの1階はどうなってるの? さて。 1階にもたくさん遊ぶスペースがあります。 乳幼児さん向けスペース。 ボールプール(床がかたいのでダイブとか絶対しちゃだめ!笑)や、滑り台(思ってるよりスピードでるから注意!)、幼児向けのおもちゃがあります。 夕方になるとピアノの練習をしている高校生?がいたりします。 この前、ものすごく上手な男の子がいて、びっくり! 滑り台大好き!! (2019. 18)久しぶりに行ったらボールプールや新しいおもちゃが増えていましたよ!写真のは手作りかな?? ほかにも、1階には完全に扉で仕切られている乳幼児限定ルームもあります。 ハイハイの赤ちゃんや、まだ歩けない子も、ここなら安心。 ベビーベットが2つ置いてあるので、寝かせることもできます。 おままごとキッチン。 かなり充実しているので、ここだけでも十分遊んでいられます。 この日は、結構混んでいたけれど、普段の平日はここまでではありません。 夕方になれば、さらに遊びやすくなります。 こんなんもあるよ。 2人でよく、ぐるぐる回ります。 目が回ります。 おもちゃもたくさんありますが、音が出ないもの中には。 寄付なのかな?知育系のおもちゃや絵本、パズルなどもあるので、楽しめると思います。 ほかには、子ども用のボルダリング壁になっていたり、テラスに出てあそぶことができます。 テラスには裸足で出ることができますが、熱い日や雨風の強い日は利用制限がかかります。 テラスにテーブルを持ち出して、お昼を食べることもできるので、涼しくなったら気持ちいいはず! お昼持参かまあち内の親子カフェでランチができる せっかく行くなら、午前中から行って、お昼ご飯を食べて1日コースで遊びたいところ。 (本音:わざわざ電車に乗っていくので、もったいないから遊びつくしたい。 ) 海老名のららぽーと内にもある親子向けのカフェ【アラウンドテーブル】が、町田のまあち内にも出店しています。 子ども用のうどん。 おあげがキツネさんになっています。 ほかにも、うさぎさんのカレーもあります。 お友達と行ったときは、乳幼児ルーム内にテーブルを広げて、並んで食べました。 折りたたみのテーブルがいくつか置いてあり、どこでも好きなところで食べることができます。 ただ、ここの場所はダメだよ!というエリアもあるので、ルールをしっかり守って利用しましょう。 ランチで利用しなくても、おやつの時間や大人の休憩タイムにコーヒーを飲んだりするのにも、ちょうどよいと思います。 何度かカフェ利用もしましたが、お昼時は混雑し、提供までの待ち時間がかかってしまうので、お弁当も持参してみました。 お弁当も同様に、好きなところにテーブルを出して食べたり、1階のテーブルや、2階のテーブルを利用して食べることができます。 おにぎりだけ持参して、フライドポテトやからあげをオーダーしてもいいし、ママの息抜きにも上手に活用できたらいいのでは、と思います。 追記:2019. 18新メニューやタピオカドリンクが登場 町田駅前の周辺には、タピオカのお店が続々とオープンしているらしんですが、まあち内のカフェにもタピオカドリンクがありました!ほかにも新メニューや新システムが増えており、次回は頼んでみたいな!(今回は行く途中でお昼を調達してしまった!) 親子のセットメニューなどが加わって、お得感があります、スイーツ系も充実しているので、おやつタイムをここで過ごしてから、おうちに帰るのもいいかも。 まとめ 町田市民ではないのですが、電車に乗ってでも行く価値があるなと思っています。 mochaは、行けば1日遊んでいることができます。 子どもとがっつり遊ぶぞ!という意気込みで挑むからいられるのかもしれませんが、夕方になると小学生や中学生の利用者も増えるので、幼児は少し気をつけて見ていないといけません。 夏は涼しく、雨の日でも遊べるのがポイント!ママ友さんにもたくさん紹介して、一緒に遊びに行っているスポットでもあります。 こういった施設がもっともっとたくさんできると、すごく助かるなーと思ったのでした。 ぜひ、お近くのかたは遊びに行ってみてくださいね~。 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• 16 カテゴリー• 117• 14 プロフィール.

次の

札幌市子ども発達支援総合センター”ちくたく”について/札幌市

子ども センター まあ ち

町田市内で5館目となる子どもセンター「まあち」が4月30日(土)、町田地区・中町の税務署裏の線路沿いにオープンする。 既存のセンターの経験を活かし、また地域住民の意見を反映し、基本計画に基づく新しい試みも導入した。 市内で一番広いセンターの誕生に、町田地区の子どもたちや保護者は期待を寄せている。 子どもセンターは0歳から18歳までの子どもとその保護者が利用でき、放課後や学校が休みの日に、自由に遊んだり、のんびりしたりできる施設。 また子育ての支援の場として、親子での遊びや子育てに関する情報の発信も行っている。 同センターは1973・6平方メートルと市内で一番広い延床面積に地上2階建の構造。 カラフルに色分けされた館内には、中高生らがバンド練習などができる音楽スタジオ、一面鏡張りのダンスシアタールーム、ステージ付きでスポーツだけでなく様々な発表なども行える広い体育館、自由に料理ができるクッキングルームやいろいろな工具を揃えた工作ルーム、試験勉強など学習ができるコーナーなど、地域の子どもたちの声を反映させたスペースが作られた。 ほかのセンターにはないカフェも併設。 「乳幼児のママさんが子どもを見ながらリラックスできるように。 カフェと共同した事業展開も考えています」と栗原尚子館長は説明する。 また広々としたウッドデッキや光庭は館内にいながら安全に外での遊びができる。 2階のテラスからは線路を走る電車が通るところが見え、「電車好きの男の子たちにはたまらないスポットになるかも」と栗原館長。 子ども委員会が活躍 「まあち」の名称は町田地区の小学3年生以上の子どもたちからなる「子ども委員会」が名付け親。 同委員会は、同センターでのルールについて話し合いや、イベントの企画、実施を行うなど、利用するみんなが楽しめるセンターを作るために活動していく。 開館時間は午前10時〜午後9時まで。 保護者同伴でない小学生は午後6時まで。 休館日は毎週火曜日、祝日の翌日、年末年始など。 オープニングイベント 30日のオープン当日、町田地区子どもセンター委員会(大人と子ども)が主催の開館イベントが開催。 地域の子どもたちや地元団体によるダンス、コーラス、和太鼓、バンド、吹奏楽などのステージ発表に、空き缶タワーなどのゲーム、パンケーキ作りや工作コーナー、スタンプラリーも開催。 またフライドポテトやわたがし、玉こんにゃくなどの模擬店(有料)も出店する。 午前11時〜午後3時。 入場無料。 「駐車場がなく、駐輪場も限りがあるため、なるべく徒歩でお越しください」と栗原館長。 問合せはまあち【電話】042・794・7360へ。

次の