亜鉛 が 含ま れる 食べ物。 【亜鉛に関しての総合情報サイト】亜鉛を含む食品|亜鉛で元気|ノーベルファーマ株式会社

亜鉛|亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

亜鉛 が 含ま れる 食べ物

コーヒーに限らず、味を感じにくくなったという場合は、亜鉛不足が原因かも。 なぜ亜鉛が重要なの? 亜鉛が味覚にとってなぜ重要なのか? その説明をするために、まず味覚そのものについて簡単に解説します。 味を感じるメカニズム• 口の中で食品が咀嚼されて、味物質が出る。 味蕾(みらい)という味細胞(みさいぼう)の集まりで、その味物質を感じとる。 感知された味物質が味蕾から脳へ伝達されて、酸味や苦味などの味を感じる。 簡単にいうとこのような構造になっています。 味蕾に味細胞という味を感じ取るための細胞が集まっている。 味覚には味蕾という物が大事な役割を持っていますが、 味蕾は短命という特徴があります。 10日ほどのサイクルで新しい細胞が作られて、全く新しい味蕾に生まれ変わります。 生まれ変わりの際に新しい味細胞を作るわけですが、 その新しい細胞を作る時に必要となる栄養素が亜鉛です。 この亜鉛が不足すると、味細胞を新しく作ることが出来ず、味蕾が新しく作られない状態になるということです。 そうなってしまうと、味を感じ取るための味蕾の働きに影響が出て、味覚障害が起こってしまうというわけです。 なので、 味覚という感覚器官を正常に機能させるためには、亜鉛が重要になるわけです。 亜鉛不足の原因は? 亜鉛不足の原因は、やはり 食生活の乱れが大きな要因です。 ファーストフードやコンビニ弁当ばかり食べている人は要注意です。 これらの食品には、亜鉛がほとんど含まれていないため十分に摂取することが出来ないですし、 添加物の多い食品には亜鉛の吸収を妨げてしまうものもあります。 また、過度なダイエットも亜鉛不足の原因となります。 亜鉛は 食べ物・飲み物から摂取して補うことが必要なので、口に入れるものが重要です。 バランスの取れた食生活を行うことで亜鉛とその他の栄養素も取ることが一番の方法です。 亜鉛不足になると1番最初に味覚に影響が出ると言われています。 適切な食生活で亜鉛をしっかり摂取して、美味しく食べ物、飲み物を楽しみましょう。 ちなみに 一日の亜鉛摂取量は成人男性で11g・成人女性で8gになります。 参考: 食べ物から亜鉛を取る 亜鉛を多く含む食べ物 味覚をしっかりと機能させるために重要なのは亜鉛であることが分かりましたね。 それでは、どうやって亜鉛を取っていけば良いのでしょうか? ここからは亜鉛を多く含む食べ物をご紹介していきます。 文部科学省が「」というサイトで以下のようなランキングを出しています。 今回はそのデータを参考にさせていただきました。 亜鉛含有量が多い食べ物ランキングTOP20 順位 食品名 成分量 100 gあたり mg 1 25. 4 2 18. 3 3 15. 9 4 14. 5 5 11. 9 6 11. 8 7 10. 3 8 9. 3 9 8. 8 10 8. 7 11 8. 4 12 7. 9 13 7. 8 14 7. 7 15 7. 6 16 7. 5 17 7. 3 18 7. 2 18 7. 2 20 7. 0 20 7. 0 参考: 魚介類は亜鉛が多く含まれる。 特にカキ!! 表を見て分かるように、上位勢はほとんどが魚介類になっています。 特にカキに亜鉛が多く含まれています。 皆さんもご存じの通り、カキは「海のミルク」と言われるほど栄養価が高く、亜鉛も豊富に含まれています。 カキには亜鉛の他にも、 鉄分も豊富に含まれており、貧血予防にも効果的です。 カキは好き嫌いがはっきり分かれるイメージがあるので、 カキが苦手な方は、6位・11位・12位カツオ・さば・いわしなどの魚介類にも 亜鉛が多く含まれているのでそちらを食べると良いでしょう。 牛肉にも多く含まれる。 9位・15位・16位には牛肉がランクインしています。 加工されている・焼いている状態でも亜鉛が多く含まれていることが分かります。 牛肉はカキに比べると、比較的多くの人に好まれる食べ物ですし、 スーパーに行けば必ず売っているので、一番亜鉛が取りやすい食品と言えるのではないでしょうか。 豆類も手軽でオススメ 14位を見てもらうと、「カボチャ」がランクインしています。 カボチャは、特に カボチャの種に亜鉛が多く含まれています。 ナッツ感覚で食べらるので、手軽に亜鉛を摂取することが出来ます。 サラダやシリアルに入れたりすると、より簡単に食べられます。 豆類では、 カシューナッツにも亜鉛が多く含まれています。 安価で味も良く、手軽に亜鉛を取ることが出来ます。 乳製品も食事に取り入れやすくてオススメ 乳製品ではチーズやヨーグルトなどがオススメです。 チェダーチーズが特に亜鉛が豊富に含まれています。 焼いた牛肉にチェダーチーズをトッピングすれば、1日に必要な亜鉛の半分程が摂取できます。 ヨーグルトは朝食やおやつにピッタリの食べ物です。 乳製品はお腹にも良いので亜鉛摂取以外の点でも体に良い食品です。 どちらも簡単に手に入り、かつ食べやすいのがオススメポイントです。 以上のようなものが亜鉛が多く含まれている食品になります。 人間に必要な栄養素は亜鉛だけでなく、様々なものがありますので、 全体のバランス考えて摂取するようにしてください。 味覚という観点から行くと、このような食べ物が良いですよーということです。 まとめ• 味覚には亜鉛が重要• 亜鉛不足は味覚障害の原因に。 亜鉛不足にならないように、適切な食生活。 亜鉛が多く含まれている食べ物は魚介類や牛肉・乳製品。 今回は味覚についての内容でした。 コーヒーと直接的な関連性はなかったかもしれませんが、 コーヒーも豆ごとの味わいの違いを楽しむのが一つの醍醐味でもあります。 せっかく美味しいコーヒーを飲むなら、精一杯楽しみたいですよね! 皆さんも亜鉛不足には気を付けて、精一杯美味しい物を取り入れましょう。

次の

亜鉛の多い野菜ランキングTOP10 | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

亜鉛 が 含ま れる 食べ物

亜鉛とは【zinc】 亜鉛とは、成人の体内に2g(2000mg)存在している成分で、主に骨格筋や骨などに含まれる成分ですが、特に亜鉛を多く含む臓器として、皮膚、肝臓、腎臓、前立腺などの臓器に存在する成分です。 亜鉛は、様々なタンパク質の合成に関わる酵素の材料として利用されます。 亜鉛の特長として、人体に必要とされる必須ミネラル13種に含まれていますが、人間の体内では亜鉛を作り出すことはできません。 必須ミネラルとは、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、リン(P)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、クロム(Cr)、モリブデン(Mo)です。 亜鉛は食事から摂取する必要があり、亜鉛が不足すると、たんぱく質やDNAの合成がうまく行えなくなり、成長障害が起こりやすくなるため注意が必要です。 【PR】亜鉛サプリ 亜鉛の役割 亜鉛の役割は、数百におよぶ酵素タンパク質の構成要素として、様々な生体内の反応に影響を与えています。 成長・発育を促す 亜鉛は、タンパク質と合わせて体内に摂取することで、全身の新陳代謝がより活性化されると言われています。 特に成長期にある子供にとって、新陳代謝が活発となる時期であることもあり亜鉛の必要量が増加する傾向があります。 髪や肌を健康に保つ 髪の毛や肌、皮膚はタンパク質からできているため、亜鉛を摂取することでタンパク質の代謝がよくなり、髪の毛や皮膚において、健康的に保つ効果があると言われています。 亜鉛を積極的に摂取することは、美肌効果や、健康的な髪の毛の育成にもつながります。 抗酸化作用がある 亜鉛は体内のビタミンAの代謝を促します。 ビタミンAには、抗酸化作用があり、亜鉛によって抗酸化作用が活性化されることで、過酸化脂質の害を防ぐとされています。 結果として、亜鉛を摂取することは、アンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果が期待されています。 免疫力の向上 亜鉛を摂取することで、免疫力が向上し、風邪などの感染症にかかりにくくなると言われています。 亜鉛を摂取することで、ビタミンAの代謝が促され、その結果として、のどの痛みや鼻水、鼻づまりなどの症状を緩和する効果が期待されています。 病気を引き起こす細胞に対して攻撃を行う白血球にも亜鉛が含まれているため、病気や傷などの回復を早める効果も期待されています。 味覚を正常化する 私達は食事を行う際に、舌にある「味蕾(みらい)」という器官で味を感じ取ることができます。 味細胞は非常に短い期間に、細胞を生まれ変わらせるため、亜鉛はこの味蕾の中の味細胞の働きを保つために充分に摂取する必要があります。 生殖機能の改善 男性の前立腺に亜鉛は多く存在しており、主に精子を作るために亜鉛が必要になります。 亜鉛は生殖機能の改善に役立つ働きがあります。 うつ状態の緩和 感情を制御したり、記憶力を保つには「神経伝達物質」が正常に働く必要があります。 うつ状態とは脳の機能が低下することで、神経細胞の刺激伝達がスムーズに行われないためと考えられています。 亜鉛が体内に十分にあると、精神的な安定や脳の機能を高めることができ、結果的に鬱状態の緩和効果があると言われています。 亜鉛が不足すると髪の毛に悪影響がある? 亜鉛が不足することで、タンパク質やDNAの合成がうまく行えなくなり、成長を阻害する可能性があります。 髪の毛もタンパク質から生成されているため、亜鉛が不足することで、健康な髪の毛が育ちにくくなる恐れがあります。 また、亜鉛が体内から不足すると、味覚を感じにくくなる味覚障害を引き起こす可能性があります。 その他に亜鉛不足が原因となるものとして、貧血や食欲不振、生殖機能の低下、慢性的な下痢、脱毛、免疫力の低下、低アルブミン血症、神経感覚障害、認知機能障害などを引き起こす恐れがあると言われています。 亜鉛の重要さから、亜鉛をサプリメントなどで過剰摂取すると、今度は銅の吸収阻害による銅欠乏や、吐き気、嘔吐腎障害、免疫障害、消化管過敏症、上腹部痛、HDLコレステロールの低下、低銅血症、下痢などを引き起こす恐れがありますので亜鉛は過剰摂取にも注意が必要です。 牡蠣 生 (13. 2mg)• 豚肉 レバー (6. 9mg)• ほや(5. 3mg)• 牛肉 肩 (4. 9mg)• かに缶(4. 7mg)• 牛肉 肩ロース (4. 6mg)• 牛ひき肉(4. 3mg)• 3mg)• たいらがい(4. 3mg)• 牛肉 ひれ (4. 2mg)• たまご 卵黄 (4. 2mg)• はまぐりの佃煮(4. 2mg)• 牛肉 ミノ (4. 2mg)• 牛肉 もも (4. 2mg)• たらばがに(4. 2mg)• ローストビーフ(4. 1mg)• コンビーフ缶(4. 1mg)• 牛肉 もも (4. 0mg)• いかなご(3. 9mg)• 毛がに(3. アマランサス(5. 8mg)• 焼きふ(2. 2mg)• オートミール(2. 1mg)• とうもろこし 玄穀 (1. 7mg)• スパゲティ 乾麺 (1. 5mg)• マカロニ 乾麺 (1. 5mg)• もち(1. 4mg)• コーンミール(1. 4mg)• ライ麦パン(1. 3mg)• 大麦 押麦 (1. 2mg)• 白玉粉(1. 2mg)• 肉まん(1. 1mg)• 上新粉(1. 0mg)• クリームパン(0. 9mg)• パン粉(0. 9mg)• おこわ 赤飯 (0. 8mg)• ごはん 玄米 (0. 8mg)• 食パン(0. 8mg)• ロールパン(0. 8mg)• フランスパン(0. 8mg)• イングリッシュマフィン(0. 8mg)• 小麦粉 強力粉 (0. 8mg)• ごはん 七分つき米 (0. 7mg)• ごはん はいが精米 (0. 7mg)• コッペパン(0. 7mg)• あんぱん(0. 7mg)• デニッシュパン(0. 7mg)• ナン(0. 7mg)• ごはん 精白米 (0. 6mg)• カップ麺 ラーメン (0. 6mg)• ビーフン 乾麺 (0. 6mg)• クロワッサン(0. 6mg)• ぶどうパン(0. 6mg)• コーンフラワー(0. 6mg)• 餃子の皮(0. 6mg)• ピザクラスト(0. 6mg)• あんまん(0. 6mg)• インスタントラーメン(0. 5mg)• チョココルネ(0. 5mg)• ホットケーキ(0. 5mg)• 小麦粉 中力粉 (0. 5mg)• しゅうまいの皮(0. 5mg)• 春巻の皮(0. 5mg)• はと麦(0. 4mg)• そば ゆで (0. 4mg)• そうめん 乾 (0. 4mg)• カップ麺 焼きそば (0. 4mg)• コーングリッツ(0. 4mg)• 小麦粉 薄力粉 (0. 3mg)• てんぷら粉(0. 3mg)• 中華めん ゆで (0. 2mg)• 中華めん 蒸し (0. 2mg)• コーンフレーク(0. 2mg)• うどん ゆで (0. 凍り豆腐 乾 (5. 2mg)• えんどう豆 塩豆 (3. 6mg)• きな粉(3. 5mg)• だいず 乾 (3. 2mg)• ひよこ豆フライ(2. 7mg)• フライビーンズ(2. 6mg)• 油揚げ(2. 4mg)• あずき 乾 (2. 3mg)• ゆば 生 (2. 2mg)• だいず ゆで (2. 0mg)• 納豆(1. 9mg)• ひよこ豆 ゆで (1. 8mg)• がんもどき(1. 6mg)• えんどう豆 ゆで (1. 4mg)• 納豆 ひきわり (1. 3mg)• 1mg)• あんこ こしあん (1. 1mg)• いんげん豆 ゆで (1. 1mg)• 豆腐 焼き (0. 8mg)• 紅花いんげん ゆで (0. 8mg)• おたふく豆(0. 8mg)• 金山寺みそ(0. 7mg)• あんこ つぶしあん (0. 7mg)• 豆腐 木綿 (0. 6mg)• おから(0. 6mg)• うずら豆(0. 6mg)• 豆腐 絹ごし (0. 5mg)• 豆きんとん(0. 5mg)• 豆乳(0. 3mg)• はるさめ 緑豆・乾 (0. 1mg)• はるさめ 芋・乾 (0. 煮干し(7. 2mg)• たたみいわし(6. 6mg)• いかなご(3. 9mg)• ふかひれ(3. 1mg)• かつおぶし(2. 8mg)• うなぎ かば焼 (2. 7mg)• うなぎ きも (2. 7mg)• いわし みりん干 (2. 3mg)• あんこうのきも(2. 2mg)• いわし 油漬 (2. 1mg)• ししゃも(2. 0mg)• わかさぎ(2. 0mg)• さより(1. 9mg)• いわし 丸干 (1. 8mg)• さば 水煮缶 (1. 7mg)• いわし 焼き (1. 6mg)• 身欠きにしん(1. 3mg)• あゆ 焼 (1. 2mg)• しらうお(1. 2mg)• しらす干し(1. 2mg)• めざし(1. 2mg)• いわし 生 (1. 1mg)• にしん(1. 1mg)• ほっけ 生 (1. 1mg)• あじ 焼 (1. 0mg)• かれい 子持ち (1. 0mg)• さば(1. 0mg)• さわら(1. 0mg)• たら でんぶ (1. 0mg)• あじ 干物 (0. 9mg)• ふぐ(0. 9mg)• ほっけ 開き (0. 9mg)• あなご(0. 8mg)• かつお(0. 8mg)• かれい(0. 8mg)• さんま(0. 8mg)• あじ 生 (0. 7mg)• かじき(0. 7mg)• さんま 開き (0. 7mg)• はまち 生 (0. 7mg)• ぶり(0. 7mg)• ツナ缶 水煮 (0. 7mg)• あんこう(0. 6mg)• いさき(0. 6mg)• かます 焼 (0. 6mg)• さけ 生 (0. 6mg)• にじます(0. 6mg)• はたはた(0. 6mg)• スモークサーモン(0. 5mg)• すずき(0. 5mg)• たい 生 (0. 5mg)• たい 焼 (0. 5mg)• たちうお(0. 5mg)• たら 生 (0. 5mg)• ひらめ(0. 5mg)• まぐろ 脂身 (0. 5mg)• かれい 干し (0. 4mg)• かわはぎ(0. 4mg)• きす(0. 4mg)• 塩さけ(0. 4mg)• しめさば(0. 4mg)• たら 塩 (0. 4mg)• まぐろ 赤身 (0. 4mg)• むつ(0. 4mg)• めばる(0. 4mg)• ぎんだら(0. 3mg)• きんめだい(0. 3mg)• ツナ缶 油漬 (0. かき(13. 2mg)• するめ(5. 4mg)• ほや(5. 3mg)• かに缶(4. 7mg)• わかさぎの佃煮(4. 4mg)• たいらがい(4. 3mg)• かに たらばがに・殻付 (4. 2mg)• はまぐりの佃煮(4. 2mg)• 干しえび(3. 9mg)• かに 毛がに・殻付 (3. 8mg)• たらこ(3. 8mg)• いかなごの佃煮(3. 6mg)• しゃこ(3. 3mg)• かに ずわいがに・殻付 (3. 1mg)• えびの佃煮(3. 1mg)• あさりの佃煮(2. 8mg)• めんたいこ(2. 7mg)• ほたて ひも付 (2. 7mg)• さざえ(2. 2mg)• すじこ(2. 2mg)• いくら(2. 1mg)• しじみ(2. 1mg)• うに(2. 0mg)• いか 焼 (1. 9mg)• 粒うに(1. 9mg)• 伊勢えび(1. 8mg)• 8mg)• ほたて 貝柱 (1. 8mg)• ほっき貝(1. 8mg)• いかの塩辛(1. 7mg)• はまぐり(1. 7mg)• たこ(1. 6mg)• とりがい(1. 6mg)• いか 生 (1. 5mg)• 車えび(1. 4mg)• ブラックタイガー(1. 4mg)• 大正えび(1. 4mg)• 桜えび ゆで (1. 4mg)• 数の子(1. 3mg)• ばいがい(1. 3mg)• ほたるいか(1. 3mg)• 削り節の佃煮(1. 3mg)• つぶがい(1. 2mg)• あさり(1. 0mg)• 甘えび(1. 0mg)• 芝えび(1. 0mg)• みる貝(1. 0mg)• あみの塩辛(0. 8mg)• あわび(0. 7mg)• つみれ(0. 6mg)• 魚肉ソーセージ(0. 4mg)• さつま揚げ(0. 3mg)• ちくわ(0. 3mg)• かまぼこ(0. 2mg)• かにかまぼこ(0. 2mg)• なると(0. 2mg)• はんぺん(0. 1mg)• くらげ(0. ビーフジャーキー(8. 8mg)• 豚レバー 肝臓 (6. 9mg)• 牛肩ロース 輸入 (5. 8mg)• 牛肩肉 輸入 (5. 0mg)• 牛肩肉 和牛 (4. 9mg)• 牛肩ロース 和牛 (4. 6mg)• 牛リブロース 輸入 (4. 4mg)• 牛ひき肉(4. 3mg)• 牛ひれ肉 和牛 (4. 2mg)• たまご 卵黄 (4. 2mg)• 牛もも肉 輸入 (4. 1mg)• コンビーフ缶(4. 1mg)• ローストビーフ(4. 1mg)• 牛もも肉 和牛 (4. 0mg)• サラミ(4. 0mg)• 牛ランプ 和牛 (3. 8mg)• 牛レバー 肝臓 (3. 8mg)• 牛リブロース 和牛 (3. 6mg)• 子牛ばら肉(3. 6mg)• 牛ランプ 輸入 (3. 4mg)• マトン(3. 4mg)• 鶏レバー 肝臓 (3. 3mg)• 牛サーロイン 輸入 (3. 1mg)• 牛ばら肉 和牛 (3. 0mg)• 牛ばら肉 輸入 (3. 0mg)• レバーペースト(2. 9mg)• 牛サーロイン 和牛 (2. 8mg)• 牛ひれ肉 輸入 (2. 8mg)• 牛たん 舌 (2. 8mg)• 鶏砂ぎも(2. 8mg)• 豚肩ロース(2. 7mg)• 牛ミノ 胃 (2. 6mg)• 豚ひき肉(2. 5mg)• 鶏はつ 心臓 (2. 3mg)• 生ハム(2. 2mg)• 牛はつ 心臓 (2. 1mg)• 豚ひれ肉(2. 1mg)• 豚もも肉(2. 0mg)• 豚たん 舌 (2. 0mg)• 鶏もも肉 皮なし (2. 0mg)• 豚ばら肉(1. 8mg)• フランクフルト(1. 8mg)• ベーコン(1. 8mg)• うずら卵 生 (1. 8mg)• うずら卵 水煮缶 (1. 8mg)• 豚ロース(1. 6mg)• 鶏もも肉 皮付 (1. 6mg)• ハム ボンレス (1. 6mg)• ショルダーベーコン(1. 6mg)• ポーチドエッグ(1. 5mg)• かも(1. 4mg)• ウインナー(1. 4mg)• 牛大腸(1. 3mg)• 焼豚(1. 3mg)• たまご 生 (1. 3mg)• たまご ゆで (1. 3mg)• ピータン(1. 3mg)• 牛肉 小腸 (1. 2mg)• 鶏手羽肉(1. 2mg)• ベーコン ロース (1. 2mg)• ハム ロース (1. 1mg)• 豚足(1. 0mg)• フォアグラ(1. 0mg)• 鶏むね肉 皮なし (0. 7mg)• 鶏ひき肉(0. 7mg)• 鶏むね肉 皮付 (0. 6mg)• 鶏ささみ(0. 6mg)• たまご豆腐(0. 6mg)• 鶏軟骨(0. 3mg)• たまご 卵白 (0. 味付けのり(3. 7mg)• 焼きのり(3. 6mg)• カットわかめ 乾 (2. 8mg)• あおのり 乾 (2. 6mg)• ひじき 乾 (1. 8mg)• あおさ 乾 (1. 2mg)• とろろこんぶ(1. 1mg)• こんぶ 乾 (1. 0mg)• わかめ 素干し (0. 9mg)• のりのつくだ煮(0. 9mg)• 塩昆布(0. 7mg)• こんぶつくだ煮(0. 5mg)• もずく(0. 3mg)• 塩蔵わかめ 塩抜 (0. 2mg)• めかぶわかめ(0. 2mg)• ところてん(0. 0mg)• かんてん(0. パルメザンチーズ(7. 3mg)• 脱脂粉乳 粉 (3. 9mg)• プロセスチーズ(3. 2mg)• カマンベールチーズ(2. 8mg)• 加糖練乳(0. 8mg)• チーズ クリーム (0. 7mg)• アイスクリーム 高脂肪 (0. 5mg)• カッテージチーズ(0. 5mg)• 普通牛乳(0. 4mg)• 加工乳 低脂肪(0. 4mg)• 加工乳 濃厚(0. 4mg)• 脱脂乳(0. 4mg)• 生クリーム 植物性 (0. 4mg)• 4mg)• 4mg)• 4mg)• 4mg)• 乳酸菌飲料 乳製品 (0. 4mg)• アイスクリーム 普通脂肪 (0. 4mg)• アイスクリーム ラクトアイス・普通脂肪 (0. 4mg)• アイスクリーム ソフトクリーム (0. 4mg)• ホイップクリーム 植物性 (0. 3mg)• 3mg)• アイスクリーム アイスミルク (0. 3mg)• 乳飲料 コーヒー(0. 2mg)• 生クリーム 乳脂肪 (0. 2mg)• 2mg)• 乳酸菌飲料 殺菌乳製品 (0. 2mg)• 乳飲料 フルーツ(0. 1mg)• ホイップクリーム 乳脂肪 (0. 1mg)• アイスクリーム ラクトアイス・低脂肪 (0. 1mg)• シャーベット(0. 1mg)• ヨーグルト 飲料 (0. 切干大根 乾 (2. 1mg)• そら豆(1. 9mg)• かんぴょう 乾 (1. 8mg)• とうがらし(1. 5mg)• えだまめ(1. 3mg)• しそ(1. 3mg)• たけのこ(1. 2mg)• グリンピース(1. 0mg)• しその実(1. 0mg)• とうもろこし(1. 0mg)• パセリ(1. 0mg)• ヤングコーン(0. 8mg)• ごぼう(0. 7mg)• たらの芽(0. 7mg)• にんにく(0. 7mg)• ほうれん草(0. 7mg)• ゆりね(0. 7mg)• アスパラガス グリーン (0. 6mg)• あしたば(0. 6mg)• コーン缶(ホール)(0. 6mg)• さやえんどう(0. 6mg)• バジル 生 (0. 6mg)• モロヘイヤ(0. 6mg)• エシャロット(0. 5mg)• オクラ(0. 5mg)• ふきのとう(0. 5mg)• 芽きゃべつ(0. 5mg)• リーフレタス ちりめんちしゃ (0. 5mg)• わらび(0. 5mg)• カリフラワー(0. 4mg)• コーン缶(クリーム)(0. 4mg)• サニーレタス(0. 4mg)• 葉しょうが(0. 4mg)• ズッキーニ(0. 4mg)• スナップえんどう(0. 4mg)• ぜんまい ゆで (0. 4mg)• つまみ菜(0. 4mg)• つるむらさき(0. 4mg)• なの花(0. 4mg)• みょうが(0. 4mg)• アスパラガス ホワイト (0. 3mg)• かいわれだいこん(0. 3mg)• かぼちゃ 西洋 (0. 3mg)• こねぎ(0. 3mg)• こまつな(0. 3mg)• さやいんげん(0. 3mg)• ししとうがらし(0. 3mg)• ながねぎ(0. 3mg)• にら(0. 3mg)• にんにくの茎(0. 3mg)• ブロッコリー(0. 3mg)• もやし 大豆 (0. 3mg)• レッドキャベツ(0. 3mg)• れんこん(0. 3mg)• かぶ 葉 (0. 2mg)• かぼちゃ 日本 (0. 2mg)• きくの花(0. 2mg)• キャベツ 生 (0. 2mg)• きゅうり(0. 2mg)• 2mg)• クレソン(0. 2mg)• サラダ菜(0. 2mg)• しゅんぎく(0. 2mg)• じゅんさい(0. 2mg)• せり(0. 2mg)• セロリ(0. 2mg)• だいこん 葉・ゆで (0. 2mg)• たまねぎ(0. 2mg)• ちんげん菜(0. 2mg)• ミニトマト(0. 2mg)• なす(0. 2mg)• 米なす(0. 2mg)• にがうり(0. 2mg)• にんじん(0. 2mg)• はくさい 生 (0. 2mg)• はくさい ゆで (0. 2mg)• パブリカ 赤ピーマン (0. 2mg)• ピーマン(0. 2mg)• ふき(0. 2mg)• もやし 緑豆 (0. 2mg)• レタス(0. 2mg)• わけぎ(0. 2mg)• うど(0. 1mg)• かぶ 根 (0. 1mg)• キャベツ ゆで (0. 1mg)• しょうが(0. 1mg)• だいこん 根 (0. 1mg)• とうがん(0. 1mg)• トマト(0. 1mg)• みつば(0. 1mg)• ラディッシュ(0. 1mg)• たけのこ しなちく (0. アボガド(0. 7mg)• プルーン 乾 (0. 5mg)• 缶詰 さくらんぼ(0. 5mg)• ラズベリー(0. 4mg)• 干しぶどう(0. 3mg)• いちご(0. 2mg)• いちじく(0. 2mg)• オレンジ(0. 2mg)• 干し柿(0. 2mg)• ざくろ(0. 2mg)• バナナ(0. 2mg)• びわ(0. 2mg)• メロン 白肉腫 (0. 2mg)• メロン 赤肉種 (0. 2mg)• ライチ(0. 2mg)• 缶詰 もも(0. 2mg)• いよかん(0. 1mg)• 柿(0. 1mg)• キウイフルーツ(0. 1mg)• きんかん(0. 1mg)• ぐみ(0. 1mg)• グレープフルーツ(0. 1mg)• さくらんぼ 国産 (0. 1mg)• さくらんぼ 米国産 (0. 1mg)• すいか(0. 1mg)• すもも(0. 1mg)• なし(0. 1mg)• 西洋なし(0. 1mg)• なつみかん(0. 1mg)• パインアップル(0. 1mg)• はっさく(0. 1mg)• パパイヤ(0. 1mg)• ぶどう(0. 1mg)• ブルーベリー(0. 1mg)• マンゴー(0. 1mg)• みかん(0. 1mg)• もも(0. 1mg)• ゆず 果皮 (0. 1mg)• ゆず 果汁 (0. 1mg)• ライム 果汁 (0. 1mg)• レモン 全果 (0. 1mg)• 缶詰 西洋なし(0. 1mg)• 缶詰 パインアップル(0. 1mg)• 缶詰 みかん(0. 1mg)• かぼす 果汁 (0. 0mg)• りんご(0. ドライイースト(3. 4mg)• カレー粉(2. 9mg)• 酒粕(2. 3mg)• オイスターソース(1. 6mg)• 粒入りマスタード(1. 4mg)• みそ(1. 1mg)• こしょう 黒 (1.

次の

亜鉛の7つの効果と食べ物についてを管理栄養士が徹底解説

亜鉛 が 含ま れる 食べ物

もしかすると、あなたの不調の原因は「亜鉛不足」なのかもしれません! しかし、そんなあなたも亜鉛のことを知って、亜鉛を含む食品を摂ればもう安心です! 亜鉛不足からくる症状という悩みを抱えていると毎日が憂鬱ですが、そんな悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせますし、長生きすることもできますので、亜鉛不足チェックを行ない、亜鉛を含む食品を摂取していきましょう! 【目次】• 亜鉛とは 亜鉛は、たんぱく質の合成や骨の発育などに欠かすことのできない必須ミネラルです。 *亜鉛は、新陳代謝を良くし、免疫力を高め、たんぱく質やDNA、RNAの合成に関係し、マグネシウムと同様に100種類近くもの酵素に関与している。 カルシウムなどと同様ぜひ摂って欲しいものの一つ。 亜鉛が不足すると、味覚障害や発育不全、機能性障害などを引き起こすといわれています。 また、亜鉛はデトックスサプリとしても注目されています。 亜鉛は、有害物質を捕まえて、毒性を抑え、排泄させるたんぱく質の誘導役でもあります。 亜鉛は、普通に食事をしていれば不足する心配はないのですが、実際は、食品を加工する過程で失われることが多く、インスタント食品やファーストフードに偏った食生活、極端なダイエットをしていると不足しがちです。 亜鉛を含む食べ物・食品 亜鉛は、食品では特に肉類、魚類、穀物に多く含まれています。 [亜鉛を摂ることのできる食品]• うなぎ• 牛肉(もも肉)• チーズ• レバー(豚・鶏)• 大豆製品(納豆・きな粉・豆腐)• カシューナッツ• アーモンド• 赤米 亜鉛の1日の必要摂取量は、15mg。 牡蠣ならわずか2粒で16mgですので、一日分が補えます。 微量ミネラル・亜鉛 微量ミネラルとは、現代の栄養学の中で、注目されている分野の一つ。 ミネラルには、20種類近くの必須ミネラルがあり、私達の食事は、特に微量ミネラルが不足しています。 多量ミネラル:比較的多量に必要とされる。 カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、リン 微量ミネラル:微量であっても欠かすことの出来ない。 鉄、銅、亜鉛、マンガン、クロム、セレニウム、ヨウ素、モリブデン、リチウム、バナジウム、コバルト、ニッケルなど 亜鉛不足チェック方法 次のような症状が出ていたら、あなたは亜鉛不足かもしれません。 当てはまるものが多い人は要注意。 食生活を振り返るきっかけにして下さい。 肌荒れ・シミが目立つ 亜鉛が減ると、細胞の分裂や再生が上手く行なわれなくなり、肌が荒れてきます。 やそばかすも目立ってきます。 爪が変形・変色したりする 亜鉛が減ると、たんぱく質の合成が上手く出来なくなるため、爪の伸びが遅れたり、伸びても割れやすくなります。 お酒に弱くなった アルコールを分解するアルコール脱水酵素は亜鉛がないと働かず、そのため、二日酔いもおこしやすくなります。 抜け毛が多い 亜鉛不足で、髪の毛の成長が遅くなったり、細くなって、切れ毛や抜け毛を起こすことがあります。 立ちくらみ 亜鉛不足が慢性化すると、が起こりやすくなり、血圧調整がうまくいかず、立ちくらみが起こることがあります。 亜鉛の欠乏で、夜盲症になるほか、網膜の光を感じる能力が弱くなり、その結果、目が疲れやすくなります。 また、亜鉛の血中濃度の低下との関連が研究されています。 年をとるにつれて、亜鉛が含まれている食品(魚介類、穀類など)の摂取量が少なくなるとともに、腸の亜鉛を吸収する力が低下してしまうことから、亜鉛不足になりやすいといわれています。 欠乏すると生殖能力の低下を招きます。 女性の卵子には亜鉛が豊富に含まれていて、欠乏するとしにくくなる()ほか、生理不順も多くなります。 特にともなれば、亜鉛不足がホルモンバランスをさらに乱れさせて症状を悪化させてしまうことにもありえます。 亜鉛が減ると記憶力も衰えます。 最近、運動選手の疲労と亜鉛との関係が注目されています。 筋肉中の亜鉛が減ると、筋肉の収縮力が弱まり、疲労が強まります。 また、の人はの作用が十分でないため、細胞が十分な量のブドウ糖を血液中から取り込むことができず、その結果、体のエネルギーが不足し、疲れやすくなります。 でインスリンを作る際には、亜鉛が欠かせず、また、亜鉛にはインスリンの働きを持続させる働きもあります。 風邪をひきやすい 亜鉛が減ると、免疫の司令塔であるT細胞がうまく働かなくなり、カゼをひきやすくなります。 亜鉛不足で、味覚障害を起こします。 味覚障害(味覚異常)とは、味を感じるセンサーである味蕾(みらい)に異常が生じるために起きます。 新陳代謝に不可欠なミネラルである亜鉛が不足すると、味覚センサーが鈍ってしまうために、味覚障害が起きてしまうようです。 若い人の間で味覚障害が増えている理由として、食生活の乱れがあります。 ファストフードや加工食品に含まれている食品添加物には、亜鉛の吸収を妨げる作用を含むものがあるそうです。 また、若い女性の食べない系ダイエットや一品ダイエットなどを行うと、栄養が偏ってしまうため、亜鉛不足になることも原因にあるようです。 まずは一度試してみませんか? ||.

次の