生 きくらげ 処理。 「生」きくらげの下処理方法|日本きくらげ株式会社|note

生きくらげ生産販売のさくらの杜

生 きくらげ 処理

ダイエットに効果があると話題になっている「きくらげ」ですが、毎日食べるのは大変ですよね。 でも、粉末になったきくらげパウダーなら、いつものお料理に加えるだけなので、無理なく毎日きくらげを食べることができます。 きくらげパウダーを簡単にご家庭で作る方法や食べ方の他に、ダイエットに効果があるといわれているきくらげの栄養について紹介します。 きくらげ、中国では昔から漢方として使用されているんですよ。 きくらげは食物繊維やビタミンD、ミネラルが豊富に含まれており、体の調子を整えてくれます。 また、低カロリーなのでカロリーを気にする人には嬉しい限りです。 そんな栄養豊富なきくらげは粉末にすることで、どんな料理にも簡単に混ぜて使うことができとても便利です。 作るのが大変!という方は、通販で粉末のきくらげも販売されています。 きくらげパウダーの使い方 きくらげパウダーの使い方はとても簡単です。 普段作っている 料理にスプーン1さじ程度のきくらげパウダーを加えるだけです。 乾燥きくらげのように水で戻す必用もありません。 しかしきくらげパウダーは乾燥きくらげを粉末にしている状態なので、火を通す料理の時に加え、必ず加熱して使います。 一日食べる量は小さじ1杯程度 約5g です。 食べ過ぎるとお腹がゆるくなるので、気をつけてくださいね。 きくらげ粉末は本当に色々な料理に使えます。 炒めものや煮物に加える、ハンバーグに一緒に練り込む、揚げ物の衣に混ぜる、お味噌汁やスープに入れるなど使い方も豊富です。 スポンサーリンク きくらげパウダーの効果 きくらげパウダーのダイエットに効果があると言われている成分について紹介します。 きくらげには「食物繊維」が豊富に含まれています。 その食物繊維は、食物繊維といえばごぼう!というくらい有名なごぼうの約3倍もあります。 食物繊維には「水溶性」と「不溶性」に分かれていますが、きくらげにはそのどちらも含まれています。 主に「水溶性」は水に溶ける食物繊維で、胃腸の中の移動がゆっくりなので満腹感が続きお腹が空きにくくなります。 また、糖質の吸収をゆるやかにしてくれ、血糖値の上昇も抑える働きがあります。 「不溶性」は水に溶けにくい食物繊維で、食べると水分を吸収して膨らみ、腸を動かして便秘改善の効果があると言われています。 ゆっくり食べることで満腹感が得られ、食べすぎも防いでくれます。 きくらげには食物繊維が豊富に含まれていることで、便秘解消・食べ過ぎ防止・肥満の予防に効果的です。 きくらげには「カリウム」も含まれています。 食物繊維と違ってカリウムの効果は思い浮かびにくいですよね。 カリウムは体の中の余分な塩分を排出してくれる働きがあるので、むくみを改善してくれます。 むくみを放っておくとセルライトができてしまったり太ってしまうので、むくみはその都度解消していかなければいけません。 きくらげには、カリウムが含まれていることで、むくみを改善したり高血圧の予防もすることができます。 きくらげ粉末 まとめ 栄養豊富なきくらげには、生きくらげ、乾燥きくらげ、きくらげパウダーの3種類があります。 生きくらげや乾燥きくらげは知っていても、きくらげパウダーは聞いたことがないという人も多いと思います。 きくらげは天日干しして乾燥きくらげにすることによって、栄養価が高まると言われています。 その栄養価が増えた乾燥きくらげを更にパウダーにすることで、その栄養を逃すことなく色々な料理で摂取することができるのは嬉しいですね。 健康に良いからと毎日きくらげを食べるのは大変ですが、粉末のきくらげならお料理に混ぜて簡単に摂取することができるので便利ですよ。

次の

「生」きくらげの下処理方法|日本きくらげ株式会社|note

生 きくらげ 処理

日本きくらげでは 農薬や薬品は一切使用しておりませんが、生きくらげはきのこ類のため必ず熱処理が必要です。 お刺身やサラダなどでいただくときは安全にお召し上がりいただくためにも 「必ず」さっと湯どうしをしてからお使いください。 炒め物や煮物、揚げ物にお使いいただくときは調理過程で加熱されるため 湯どうしは不要です。 新鮮な生のきくらげが手に入ったら鮮度の良いうちに下処理をして、美味しくお召し上がりください。 石附 いしづき を取り除く 生きくらげにはおがくずが付いていることがあります。 はじめに流水で生きくらげについた、おがくずや汚れを洗い流してください。 表面の白い粉はカビではなく、 新鮮なキクラゲの胞子ですので、安心してお召し上がりいただけます。 湯どうしする 石附を取り除いたきくらげを沸騰したお湯で 10秒〜30 秒ぐらいかるく湯どうししてください。 流水にとる 湯どうししたきくらげを網に取り流水で粗熱を取ってください。 キッチンペーパーなどで丁寧に水気を取り除いていただければ下処理は完了です。 調理する お刺身やサラダなどお好みの調理法で、美味しくお召し上がりください!! 美味しい日本きくらげは、オンラインショップでお買い求めいただけます。

次の

信州生まれの希少な生キクラゲに注目!|農畜産物|長野県のおいしい食べ方

生 きくらげ 処理

生きくらげと乾燥きくらげの違いは? 乾燥きくらげも水で戻せば、生きくらげと同じなのではと思われがちですが、実は違いがあるのです。 そこで、食感、保存、栄養の観点からお話ししたいと思います。 食感の違いは? <乾燥きくらげ> よく中華料理で見かけるきくらげは、こちらです。 コリコリとした歯ごたえと弾力の良い食べごたえが特徴です。 <生きくらげ> こりっとした食感は控えめで、どちらかというとプリプリとした瑞々しい歯ごたえと、程よい弾力が特徴です。 例えるなら、フグの皮に近い食感でしょうか。 保存方法や保存期間の違いは? <乾燥きくらげ> 乾物ですので、未開封なら常温で保存が可能です。 おおよそ1年ほど日持ちがします。 開封した場合は、ジップロック等の保存袋に入れて冷暗所に保存し、なるべく早く食べ切るようにして下さいね。 <生きくらげ> 収穫してから一度も乾燥させていない生鮮食品です。 冷蔵庫での保存をお勧めします! その際、余計な水分は腐敗を早めますので、くしゃくしゃにした新聞紙やキッチンペーパーにくるんでから保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すると良いでしょう。 おおよそ20日ほど日持ちしますよ。 買ってきたパックのまま保存した場合、1週間程度しか持たないので、その一手間で持ちが変わります。 更に冷凍すれば、3ヶ月は持ちます!ラップにくるで保存袋に入れ、なるべく空気を抜いてから冷凍して下さいね。 栄養の違いは? 実際には、乾燥きくらげも生きくらげも同じ量なら栄養価は変わりません。 ただ、乾燥することで細胞壁が壊れ、生の状態よりも栄養素が吸収しやすくなるのです。 その点で、乾燥きくらげの方が栄養価が高いといえますね。 100グラム中のエネルギーは、約171キロカロリーと低めです。 食物繊維はゴボウの3倍あり、不溶性のものが約73グラム、水溶性のものが約6グラムと豊富です。 ビタミンDも約128マイクログラムと非常に多く含まれています。 その他、ビタミンB2、カルシウム、マグネシウム、鉄分、カリウム、亜鉛など栄養豊富で、今注目されています! ちなみに食物繊維は、生活習慣病、食べ過ぎ、糖尿病の予防、整腸作用があり、便秘やダイエット効果もあるといわれています。 ビタミンDは、骨を丈夫にして、骨粗しょう症の予防や免疫効果を高め、ガンの予防にも役立ちます。 その他ミネラル類も体の調子を整えてくれますよ。 豊富な栄養価に加え、低カロリーなので、ダイエットに一役かってくれそうですね。 Sponsored Link 生きくらげって生のまま食べても大丈夫なの? 生きくらげは、先にお話した通り一度も乾燥していない状態のものです。 流通経路、輸送技術が発達し、何より国内生産が増えたことにより取り扱えるようになりました。 しかし、やはりそのままですと食中毒の危険性がないとはいえません。 熱湯で30秒~1分ほどくぐらすことをお勧めします。 ただし、これは刺身や酢の物、サラダで食べるときの場合に限ります。 炒め物や揚げ物にする、スープなど熱い汁物に入れる場合は、調理過程で火が通りますので、湯通しする必要はありません。 乾燥きくらげって戻したらそのまま食べて大丈夫なの? 現在、日本国内で流通している乾燥きくらげは、中国産のものが主です。 安心できる商品なら、水で戻しただけで刺身等で食べることができますが、基本的には一度湯通しすることをお勧めします。 まとめ 乾燥きくらげと生きくらげの違いについてお話ししてきました。 どちらも栄養価が高く、低カロリーですので、積極的に普段の食事に取り入れてみたいですね。 ぜひ食べ比べてみて、食感の違いを確めてみてはいかかでしょうか。

次の