山本 陽子。 田宮二郎は山本陽子と不倫関係だった?嫁は?息子は?

沖田浩之と山本陽子…20歳差カップルの交際から破局まで

山本 陽子

山本陽子のプロフィール 本 名 :山本陽子(やまもとようこ) 生年月日:1942年3月17日(77歳) 出生地 :東京府東京市中野区 身 長 :155cm 職 業 :女優 ジャンル:テレビ・映画・舞台 活動期間:1964年 — 著名な家族:山本 亜希子(姪・女優) 山本陽子の経歴 昭和17年東京都中野で生まれた。 4人兄弟だった。 戦争真っ最中であり昭和20年に五日市方面に疎開した。 疎開時は3歳なのでよく覚えてないそうですが、ひとつエピソード。 疎開先で鶏に追いかけられて怖くて逃げまわったそうです。 その時の恐怖がトラウマになり、今でも鶏肉が食べれないそうです。 その後国分寺に移り住み、普通のサラリーマン家庭で育つ。 こども時代は大人しい女の子だったそうです。 高校卒業後 証券会社に就職。 当時の女性らしく結婚に憧れていたそうです。 しかし1963年に知人が日活に山本の応募書類を送ったところ合格して、第7期日活ニューフェイスとして芸能界入りに入ったと言われています。 しかし本人の写真や面接も無しで合格しますかね?今のように簡単に写真が撮れる時代でなかった。 不思議な話です。 映画の神様は山本陽子をしっかりと銀幕の世界に導いてくれたのでしょうか。 山本陽子のデビュー「赤いハンカチ」 昭和の20年代の生まれなら誰でも知っている、石原裕次郎の大ヒット曲と映画、「赤いハンカチ」この映画が記念すべき陽子さんのデビュー作品です。 ただ、主役ではなく女中の役でした。 綺麗な女中さんでした。 主役はもちろん、石原裕次郎 相手のヒロインは麻丘ルリ子。 1964年公開、日活青春映画の全盛期時代でした。 日活に入社したての頃は通行人とか、その他大勢の役ばっかりだったそうです。 それがこの 「赤いハンカチ」で初めて名前が台本にあがったそうです。 陽子さん嬉しかったそうです。 (裕次郎と浅岡ルリ子 スタッフ 監督:企画:児井英生 監督:舛田利雄 脚本:小川英、山崎厳 、舛田利雄 キャスト 三上次郎:石原裕次郎 平岡(石塚)玲子:浅丘ルリ子 石塚武士:二谷英明 石塚家の女中:山本陽子 この「赤いハンカチ」で風向きが変わり、数多くの日活映画に出演することになった。 多い時は年間10本も出演しています。 1年で10本とは現代では考えられないです。 山本陽子の若い頃の画像が綺麗 本人の知らないうちに日活ニューフェィスに合格するくらいなので、若いころは それは綺麗な女優さんであります。 もちろん現在でも綺麗であります。 山本陽子と田宮二郎 田宮二郎は「1935年(昭和10年)生まれで山本陽子とは7歳年上でした。 1960年代から1970年代にかけて活動した、一時は大映の看板俳優として活躍した。 分け合って大映を退社後はテレビ界で活躍した俳優です。 その田宮二郎と山本陽子の不倫は有名でした。 人気ドラマ「白い影」で田宮と共演した陽子は役柄そのまま恋愛関係に発展、陽子31歳の頃でした。 役柄の白衣から匂い立つような色気がありました。 田宮には元女優の奥様 藤由紀子さんがおりました。 不倫関係中に田宮は躁うつ病を発病した、そのためか 猟銃で自殺という衝撃的な最期を迎え、陽子との関係も自然と終わった。 山本陽子と沖田浩之 少年時代に原宿の歩行者天国で竹の子族として踊っていた、沖田浩之。 その後芸能界デビューして、武田鉄矢の「3年B組金八先生」のツッパリ役で人気が出た。 陽子とは沖田ははドラマ「愛を裁けますか」(1982年・TBS系)で共演後、急に親しくなったようです。 陽子42歳、沖田21歳頃でした。 沖田が陽子の部屋に泊まることもあったそうです。 でも大女優との結婚にはさすがに至りませんでした。 沖田はその後結婚 順調に俳優を続けていましたが、 1999年3月27日に自宅で首吊り自殺を図り死去、36歳でした。 奥様と二人の子供を置いて突然の自殺でした。 山本陽子と熱海マンション 若い頃から活発でお酒、車、麻雀など一通りに遊んできた陽子さん。 ドラマで良く演じた役は着物の似合う日本的な女性ですが、 実際は恋も遊びも積極的な現代的な女性であります。 でも流石に70歳過ぎた頃から大人しくなったのか、 都内の自宅を処分して熱海に移住したそうです。 ただ女優は引退したわけではなく、仕事があるときは都内まで通勤しているとか。 通勤中や熱海では誰も山本陽子と気づかないそうです。 まとめ:時事ネタ次郎 大女優の山本陽子さん、今もって独身を貫いています。 これだけの美女が独身とは! 若い頃からドラマを見ているネタ次郎としてはため息がでますな。 ほんまに色気がある いい女であります。 いつまでも元気で女優業頑張ってくださいな。 期待しております。 検索 カテゴリー• 15 アーカイブ アーカイブ 固定ページ• カチモリパチスロ常勝メソッド.

次の

山本陽子の現在は熱海に移住?第二の人生を満喫していた!結婚は?

山本 陽子

山本陽子のプロフィール 名前 山本 陽子 生まれ 1942年3月17日 職 業 女優 出 身 東京都中野区 学 歴 國學院高等学校卒業 趣 味 日本画制作、ゴルフ、麻雀 韓国ドラマ鑑賞、車の運転 高校を卒業した後、野村證券に勤務してが、知人が日活に山本陽子さんの応募書類を送ったところ見事採用となり第7期の日活ニューフェイスとなり芸能界デビューを果たします。 映画では吉永小百合さんなどの人気に押されなかなか芽が出なかったそうですが、テレビドラマに転向してからは日本的で清楚な美貌で人気を集めたそうです。 テレビドラマで印象的だったのは、10年ほど前に会ってた米倉涼子主演の『黒革の手帖』ですね。 松本清張の長編小説をドラマ化したものでした。 しかし、巨額の金を横領し、銀座のクラブのママに転身した女性銀行員の原口 元子を演じてました。 その時の米倉涼子がクラブ経営を学ぶために、行員時代からアルバイトをしていた「燭台」のママを山本陽子さんが演じてました。 山本陽子さんも1982年版の『黒革の手帖』では、女性銀行員の原口元子役を演じてたんですよね~。 米倉涼子が演じたクラブのママも、いつも綺麗な着物を着こなしとっても美しく、 ドラマの内容も面白かったですが、今回はどんな衣装で登場するのかというのもドラマ鑑賞の楽しみの一つでした。 私は1982年版は観たことないですが、クラブのママを演じてた山本陽子さんも絶対きれいだったと思います。 いつか放送してほしいですね~。 その他、山本陽子さんが活躍された映画やドラマは数え切れないほどありここには書ききれません。 2010年の世界最長記録として『ワールド・レコーズ』に認定されたそうです! すごいですね! 42年も同じ人が務めているCMってないですよね?もっと面白いことに歴代の「山本海苔」のイメージモデルをされた方が皆さん、「山本」という名字なのです。 山本陽子さんの前は「山本直純」「山本富士子」が起用されてたそうです。 プライベートでは日本人女性として初めてポルシェ911を所有したことでも有名だとか。 山本陽子さんとポルシェ似合ってますね。 スポンサード リンク 山本陽子の今現在 70代になって居住を東京から熱海に移して暮らしています。 友達の多い山本陽子さんは、熱海の家にも友たちの為に買い物や料理、布団の準備など全て自分でこなしているそうです。 大女優の人は料理や雑用はやらないイメージでしたが、山本さんは違うんですね。 友人も、大スターが訪れるわけではなく、一般人の友人もたくさんいるそうです。 そういう面でも近親感が湧いてきますね。 プライベートでも仕事でも充実した日々を送っているようですね。 旦那や子供は? 結婚歴や現在の旦那さんを調べてみましたが、山本さんは結婚されたことがなく現在も独身とのことです。 おこさんもいらっしゃらないそうですよ。 女優業が忙しくて、結婚する暇がなかったのかもしれませんね。 昔の歴代彼氏の真相! 山本陽子さんの恋愛は波乱万丈だったと言えます。 2人の男性との恋愛が有名です。 一人は「白い巨塔」で共演した田宮二郎さん。 この人とは不倫関係でした。 長い間不倫関係を続けていたそうです。 以前に紹介された田宮二郎さんの奥様の話によると 73年からドラマ「白いシリーズ」など活躍の場をテレビに見出していくが、ドラマ内容は似通った御都合主義のメロドラマばかりで、田宮が精神をすり減らすのは明らかだったからだ。 心労が田宮の身体を蝕み、異変が表面化していく。 現場で異常な言動を重ね、家庭内でもささいなことで激昂するようになったのだ。 旧知の精神科医・斎藤茂太に診断されたのは「うつ病」だった。 さらにその病に乗じるように田宮に怪しい人物たちが接近してきた。 「まともな状態であれば田宮もそうした話に乗ることはなかったと思う。 精神が壊れていく過程にあって、ありもしない詐欺話にのめり込んでいったのです」 そして、12月26日、「白い巨塔」の最終回の試写を幸子夫人と一緒に観た2日後、自ら命を絶ったそうです。 また息子の柴田光太郎さんは父が亡くなった原因をロンドンで受けた秘密手術だとも語ってます。 「父はあくまで田宮二郎というスターのイメージにこだわった。 かつらを着けたり、薄毛のままで映画やテレビに出るようなことは、決してうけいれられなかったんでしょう」 「当初は頭皮に錐のようなメスで穴を開け、直接、毛髪を埋め込むものだったと聞いています。 でも、それだとすぐに毛が抜けてしまう。 それで後から額に真一文字に特殊な糸を埋め込んで、その糸に毛髪を通すように固定する方法に変えたのです。 ところがこれは激痛を伴うものだったらしく、以来、父は偏頭痛に悩まされるようになった。 父は30代の頃から精神が不安定に陥りましたが、死ぬまで続いた偏頭痛がその症状を悪化させ、最終的に自ら命を落としただと思います」(一部修正してます) 植毛手術の後遺症の偏頭痛が精神疾患を悪化させたと言っています。 今となっては真相は闇の中ですね。 もう一人の恋愛相手が20歳年下の沖田浩之さんです。 彼が22歳、山本さんが43歳の時だったそうです。 こちらは不倫ではありません。 2人の初共演はドラマ「愛を裁けますか」で山本が高校教師、沖田が教え子役だったのが出会いだったとか。 沖田さんが山本さんのマンションに出入りしていたことから交際が発覚したそうです。 初めは交際を否定してましたが、85年のドラマ「二度目のさよなら」で山本演じる人妻が14歳年下の青年(沖田)の子どもを身ごもるという役を演じてお互いだんだん恋愛に発展していったようです。 しかし最終的には沖田さんの母親からの反対、沖田さんの浮気などから破局しました。 沖田さんもこの交際から10年後に自ら命落としてしまったのでした。 愛した男性が二人とも亡くなってしまうなんて山本さんも苦しかったと思います。 おすすめ• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ: 子育て• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ: 最近の投稿• テレビ• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ: アーカイブ• 31 カテゴリー• 最近のコメント• に より• に より• に 佐藤 将行 より• に 日野 より• に より.

次の

山本陽子

山本 陽子

山本陽子のプロフィール 本 名 :山本陽子(やまもとようこ) 生年月日:1942年3月17日(77歳) 出生地 :東京府東京市中野区 身 長 :155cm 職 業 :女優 ジャンル:テレビ・映画・舞台 活動期間:1964年 — 著名な家族:山本 亜希子(姪・女優) 山本陽子の経歴 昭和17年東京都中野で生まれた。 4人兄弟だった。 戦争真っ最中であり昭和20年に五日市方面に疎開した。 疎開時は3歳なのでよく覚えてないそうですが、ひとつエピソード。 疎開先で鶏に追いかけられて怖くて逃げまわったそうです。 その時の恐怖がトラウマになり、今でも鶏肉が食べれないそうです。 その後国分寺に移り住み、普通のサラリーマン家庭で育つ。 こども時代は大人しい女の子だったそうです。 高校卒業後 証券会社に就職。 当時の女性らしく結婚に憧れていたそうです。 しかし1963年に知人が日活に山本の応募書類を送ったところ合格して、第7期日活ニューフェイスとして芸能界入りに入ったと言われています。 しかし本人の写真や面接も無しで合格しますかね?今のように簡単に写真が撮れる時代でなかった。 不思議な話です。 映画の神様は山本陽子をしっかりと銀幕の世界に導いてくれたのでしょうか。 山本陽子のデビュー「赤いハンカチ」 昭和の20年代の生まれなら誰でも知っている、石原裕次郎の大ヒット曲と映画、「赤いハンカチ」この映画が記念すべき陽子さんのデビュー作品です。 ただ、主役ではなく女中の役でした。 綺麗な女中さんでした。 主役はもちろん、石原裕次郎 相手のヒロインは麻丘ルリ子。 1964年公開、日活青春映画の全盛期時代でした。 日活に入社したての頃は通行人とか、その他大勢の役ばっかりだったそうです。 それがこの 「赤いハンカチ」で初めて名前が台本にあがったそうです。 陽子さん嬉しかったそうです。 (裕次郎と浅岡ルリ子 スタッフ 監督:企画:児井英生 監督:舛田利雄 脚本:小川英、山崎厳 、舛田利雄 キャスト 三上次郎:石原裕次郎 平岡(石塚)玲子:浅丘ルリ子 石塚武士:二谷英明 石塚家の女中:山本陽子 この「赤いハンカチ」で風向きが変わり、数多くの日活映画に出演することになった。 多い時は年間10本も出演しています。 1年で10本とは現代では考えられないです。 山本陽子の若い頃の画像が綺麗 本人の知らないうちに日活ニューフェィスに合格するくらいなので、若いころは それは綺麗な女優さんであります。 もちろん現在でも綺麗であります。 山本陽子と田宮二郎 田宮二郎は「1935年(昭和10年)生まれで山本陽子とは7歳年上でした。 1960年代から1970年代にかけて活動した、一時は大映の看板俳優として活躍した。 分け合って大映を退社後はテレビ界で活躍した俳優です。 その田宮二郎と山本陽子の不倫は有名でした。 人気ドラマ「白い影」で田宮と共演した陽子は役柄そのまま恋愛関係に発展、陽子31歳の頃でした。 役柄の白衣から匂い立つような色気がありました。 田宮には元女優の奥様 藤由紀子さんがおりました。 不倫関係中に田宮は躁うつ病を発病した、そのためか 猟銃で自殺という衝撃的な最期を迎え、陽子との関係も自然と終わった。 山本陽子と沖田浩之 少年時代に原宿の歩行者天国で竹の子族として踊っていた、沖田浩之。 その後芸能界デビューして、武田鉄矢の「3年B組金八先生」のツッパリ役で人気が出た。 陽子とは沖田ははドラマ「愛を裁けますか」(1982年・TBS系)で共演後、急に親しくなったようです。 陽子42歳、沖田21歳頃でした。 沖田が陽子の部屋に泊まることもあったそうです。 でも大女優との結婚にはさすがに至りませんでした。 沖田はその後結婚 順調に俳優を続けていましたが、 1999年3月27日に自宅で首吊り自殺を図り死去、36歳でした。 奥様と二人の子供を置いて突然の自殺でした。 山本陽子と熱海マンション 若い頃から活発でお酒、車、麻雀など一通りに遊んできた陽子さん。 ドラマで良く演じた役は着物の似合う日本的な女性ですが、 実際は恋も遊びも積極的な現代的な女性であります。 でも流石に70歳過ぎた頃から大人しくなったのか、 都内の自宅を処分して熱海に移住したそうです。 ただ女優は引退したわけではなく、仕事があるときは都内まで通勤しているとか。 通勤中や熱海では誰も山本陽子と気づかないそうです。 まとめ:時事ネタ次郎 大女優の山本陽子さん、今もって独身を貫いています。 これだけの美女が独身とは! 若い頃からドラマを見ているネタ次郎としてはため息がでますな。 ほんまに色気がある いい女であります。 いつまでも元気で女優業頑張ってくださいな。 期待しております。 検索 カテゴリー• 15 アーカイブ アーカイブ 固定ページ• カチモリパチスロ常勝メソッド.

次の