グラブル 進境 複数。 【グラブル】ルシファーHLを野良共闘でクリアしたので実際に使った編成紹介と実戦レポート

【グラブル】ネーレウスの杖の進境は終末武器と共存可能…両面ヴァルナの技巧パなら恩恵は大きい?更なる水の杖パ推し

グラブル 進境 複数

SSR武器の上限解放段階を一段階上げることができるアイテム「ダマスカス鋼」。 月末のシナリオイベントやコラボ等で入手できる「ダマスカス骸晶」10個と交換で入手することができますが骸晶(通称カスカス)は十天衆の最終解放などでも必要になってくるため無暗に交換することができません。 しかも在庫数に制限があるのでいくらカスカスを集めてもダマスカス鋼を無限に入手することは不可能。 先日にした金剛晶と並んで非常に入手難度が高い貴重なアイテムです。 一応こちらは ゴールドムーン20個と交換という形でいくらでも入手することが可能ですけど、それには相当な額の課金が必要になるのであまり現実的ではありません。 今日はその入手難度が高い貴重アイテム「ダマスカス鋼」をどのSSR武器に使うべきかまとめていきたいと思います。 また所持していない武器に関してはスキル等を見た上でのエアプ評価となることをご了承ください。 リミテッド武器 基本的に ダマスカス鋼はリミテッドキャラクターを解放する武器(通称リミテッド武器)に使うのがお勧めです。 というかそれ以外の武器に使うのはかなりもったいないです。 間違ってもイベント武器等に使ってしまわないように注意しましょう。 同一のリミ武器を複数凸るのはリスクがある 支配の天秤入りの通称ハイランダー編成(10本全て異なる武器で埋める編成)が登場したことで同一のリミ武器(フォールンソード等)を複数積み込む編成が型落ちになるケースが出てきています。 コスモス4凸等で同一武器を大量に積みこむ編成もテコ入れされてはいますが、依然としてハイランダーが非常に強力な属性(土や闇等)もあるので同一のリミ武器を大量に作るのはそれなりにリスクがあるということを事前に認識しておいたほうがいいでしょう。 属性内優先度と総合お勧め度の説明 属性内優先度=他属性のことは考慮せず同属性のリミ武器内での優先度 総合お勧め度=他属性の武器との比較を含めた上でのダマ投入のお勧め度 今は 闇一強状態なので、闇以外の属性の総合お勧め度に関しては基本属性内優先度より1ランク下げる形にしています。 エデンと同じ別枠乗算の渾身持ちの武器なので1本入れた際の伸びが非常に大きいのが特徴。 以前はイクサバを大量に積んだアグニス持ちがあらゆるマルチでMVPを取っていました。 しかし光や闇の台頭で今は以前のようにマルチでMを取ることが難しくなり、相対的にイクサバの優先度も以前に比べると下がってきています(闇属性との相対比較)。 マグナとの差は依然として大きいが、さすがに1本だけだと完成マグナに勝つのは難しいようなので、アグニスに移行するなら最低2本は欲しいところ。 両面なら絶拳2本だけでクリ率を90%にできるので、イクサバと絶拳の混成編成も強力そうです。 片面なら3本目を入れるという選択肢もあるが、他にも技巧武器が複数ある火で3本目の絶拳を作るのはコスパ的に微妙か。 青ヴァルナにミュル1本入れるだけでそこそこの強さにはなったのでコスパは悪くないと思いますけど、正直ミュルにダマを入れたことを今になって少し後悔もしています。 数に限りがあるダマを使う武器として考えた場合、後々後悔する可能性があるので今はお勧めできないです。 杖パ技巧編成は古戦場の100HELLソロで剣豪を上回る速度を出すなど非常に強力な編成の模様。 ただし必殺と違って 技巧は非有利相手にまったく役に立たないのでコスパという点ではイベント周回に使いまわせるブルースフィア等と比べて劣ると言わざるを得ません。 現在の水属性において最強編成である技巧編成で入ってくる武器ではあるものの、今は水属性の立ち位置自体が非常に微妙なので、後述のガリレオ・サイト同様今はダマ投入も現物重ねも控えて様子見することをお勧めします。 アーク2本だけでも両面なら90%前後クリが発生するので、作るなら1本ではなく一気に2本作ってしまいたいところ。 ただしつよばはだと前半の4属性モードで技巧が無意味になり、グランデHLは片面優勢なのでヒヒ掘りコンテンツではあまり使えないか。 HPが上がるのでルシHやバブHL等の高難度ではエデンよりアークのほうが編成優先度が高くなっています。 優先度も以前に比べるとかなり落ちています。 ただメイン武器として非常に優秀な武器ではあるのでダマ1個で作れるなら一応アリか(今からダマ3個入れるのは非推奨) 第二スキルの三手も他のリミ武器に比べると現状型落ちなので2本以上作る必要はほぼ皆無。 2本あれば奥義上限UP(英傑)の最大値に到達するので編成するのは最大でも2本まで。 アーカーシャでライジングフォースを運用するなら最優先で作っておきたい武器。 ただ今のアーカーシャはレスラー全盛で相対的にライフォが弱体化してるので、ウン・ハイル作成の優先度も少し下がったか。 奥義火力とHPを大きく上げられるので高難度マルチ攻略やフルオートでは頼もしい武器。 今の闇属性は全盛時代を迎えているので、ハデスを持っているならダマ投入して作るのは大いにあり。 サプで取れる武器にダマを突っ込むのはちょっと心理的なハードルが高いとは思いますが、サプチケのみだと完成する頃には環境が変わっている可能性も高いので、闇全盛の今のうちにダマを使って早めに完成させておいたほうがいいのではないかと思います。 ただプレデターの登場以降、アーカーシャ等でコルルの出番が減ってきており以前に比べると優先度は少し落ちるか。 堅守武器編 堅守スキル付きの武器を2~3本入れることで耐久面が飛躍的に向上するのでルシHのような攻撃が痛いマルチで重宝します。 ただ無課金でも入手できる属性が複数あることを考えると、ダマを投入する心理的ハードルはかなり高い。 土属性は武器を10本バラバラにするハイランダー編成が強力で反逆スキルも1本分しか効果を発揮しないので、2本以上作る意味はほぼ皆無。 ダマ優先度まとめ 神石編成をやるなら優先的に作っておきたい武器 ・ イクサバ ・ ブルースフィア ・ 一期一振 ・ 虚無ノ哭風 ・ エデン ・ グラーシーザー フルオートや高難度で有用な武器 ・ ケラク ・ 絶拳 ・ 八幡薙刀 ・ リユニオン ・ サティフィケイト ・ アーク ・ バブ・エル・マンデブ ・ シューニャ 神石編成を極めるなら作っておきたい武器 ・ エーケイ・フォーエイ(ハイランダー) ・ スカイエース ・ ウンハイル ・ ブルトガング ・ 宿無し ルシH等の高難度ソロを目指すなら欲しい武器 ・ ドス ・ ディアドリックハート ・ メテオラ ・ エンシェントバンテージ ・ ブラビューラ 今は現物重ねもダマ投入もせずに様子見しておきたい武器 ・ 太歳精弓 ・ ガリレオ・サイト ・ フォールン・ソード 作るならダマより現物を重ねて作りたい武器 ・ 悪滅の雷 ・ ベネディーア ・ クリムゾンフィンガー ・ ミュルグレス ・ 刃鏡片 ・ エターナル・ラヴ ・ ガンバンテイン ・ 聖布の槍 ・ タミン・サリ ・ パラゾニウム 無課金微課金だと神石編成は1属性(多くても2属性)やるので精一杯だと思うので、これと決めた属性ができるまではダマは貯蓄しておくことをお勧めします。 ダマは貴重なのでくれぐれもご利用は計画的に。

次の

【グラブル】ルシファーHLを野良共闘でクリアしたので実際に使った編成紹介と実戦レポート

グラブル 進境 複数

火属性の終末の神器「絶対否定の大鎌」を5凸してペンデュラムでスキル付与もしてきたので、性能について見ていきます。 2020年6月の火有利古戦場の直前に何とか仕上げてきました。 今までは4凸の状態で使用していましたが、やっと重い腰を上げてファーさんHARDに挑戦して5凸とスキル付与を行いました。 なお同時進行でアストラルウェポンの「ソル・レムナント」も古戦場に備えて準備してたりします。 (一応間に合った) ただ、武器Lv上げに使う蒼瑠璃の杯が0個になりました。 今回に限らず古戦場直前には毎回0になっていたりしますけどねー ということで今回は5凸とスキル付与まで行った「絶対否定の大鎌」の性能を確認していきます。 〇先ずは終末の神器について ・各属性にマグナ向けとオプティマス向けがそれぞれ在り、計12種が存在します。 マグナは【永遠拒絶の~】、オプティマスは【絶対否定の~】 ・スキル枠が3つ存在して、第1スキルは最初から【神威】が解放されています。 第2、第3スキルは【ペンデュラム】を使用して付与していくことになります。 ・第2スキルは武器Lv120、第3スキルは武器Lv200で解放されます。 ・奥義の追加効果は付与したペンデュラムによって追加効果が変更されます。 ・編成の際には複数の終末の神器を同時に装備することが出来ません。 またドラゴニックウェポンと終末の神器もどちら1つしか装備出来ません。 上限解放については特殊な武器なのでダマスカス鋼等を使用することは出来ません。 出来ないけど素材としてヒヒイロカネを要求してくるけどね。 〇性能について ・武器Lvは200、スキルLvは20まで上昇させることが可能。 ・奥義の基本効果は属性に応じて刻印の付与。 ・第1スキルが属性とマグナorオプティマスに対応した神威。 ・第2スキルは各種上限UP効果 ・第3スキルは渾身・背水・進境等で、どれも加護に強化される効果。 それも上昇が高い効果が。 ・第3スキル「隆盛のペンデュラム」で進境、奥義には自属性追撃効果。 それでは本題です。 (1回目と5回目) もしく天上征伐戦の天上のトロフィーでショップで交換。 〇 第2スキル用で「ガンマ・ペンデュラム」 ・スキルは「ガンマ・リベレイション」。 効果はダメージ上限上昇、奥義には味方全体の奥義ゲージ上昇量UP。 ・素材はダークネス・マテリアル:5個 〇 第3スキル用で「隆盛のペンデュラム」 ・スキルは「紅蓮の進境」。 効果は経過ターンに応じて火属性キャラの火属性攻撃力上昇(大)、奥義には味方全体に自属性追撃。 絶対否定の大鎌の性能 ステータス ・属性:火 ・武器種:斧 ・HP:277 ・攻撃力:3870 ・装備制限:終末の神器とドラゴニックウェポンは、いずれかひとつだけ装備可能。 奥義ダメージ自体も高め。 ここはドラゴニックウェポンと同じですね。 ドラゴニックウェポンだとこの枠は加護に関係のない効果です。 所々で追撃げ出ているのは5凸したソル・レムナントの効果ですね。 奥義の自属性追撃効果も効果時間が長く強いですね。 画像引用元:グランブルーファンタジー 人気記事• 6周年で新しく実装された「六竜討伐戦」、今回は土属性【六竜討伐戦「金」】のガレオンを風属性マグナ編成で攻略して... 6周年で実装された「六竜討伐戦」、今回は闇属性【六竜討伐戦「黒」】のフェディエルを光属性マグナ編成で攻略してき... 6周年で新しく実装されたマルチバトル「リンドブルムHL」を水属性ヴァルナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていき... 六竜討伐戦の風属性【六竜討伐戦「翠」】のイーウィヤを今度は火属性マグナ編成で攻略してきたのでまとめていきます。...

次の

【グラブル】永遠拒絶の槍で風マグナの弱みを消す

グラブル 進境 複数

新武器シリーズ「終末の神器」の1つである風属性のルシファー武器『永遠拒絶の槍』で、風マグナ編成の弱みである[HPが低い]という点を大きく補えることがわかりました。 実際にこの『永遠拒絶の槍』を編成した場合にどれくらいHPが伸びるか、また火力はどうなるのかについて解説します。 永遠拒絶の槍の性能 風属性の槍。 Lv150時攻撃力は2865と高め。 ルシファー武器は編成内に1つまで装備可能です。 奥義追加効果は追加した第二スキルに応じて変動 奥義「アポカリプス・スコール」の追加効果は、自分で選んで追加できる第二 と第三 スキルによって変わります。 たとえば『奥義上限上昇』の第二スキルを付けた場合は、奥義効果に『味方全体の奥義ゲージ上昇量UP』が追加されます。 共通の奥義効果である『味方全体に狂風の刻印』効果は、現在では基本無意味な効果です。 攻撃UPのスキル効果は、ティア拳と同じ攻刃量。 同Slv時。 方陣スキルなので、召喚石『ティアマト・マグナ』の加護が乗ります。 スキル2と3は自分で選べる 4凸時にスキル2が、5凸時にスキル3が付与可能となります。 スキル2には• 通常攻撃のダメージ上限上昇• 奥義のダメージ上限上昇• アビリティのダメージ上限上昇• チェインバーストダメージ上限上昇 の4種類があります。 これらはオメガ武器の第二スキルと種類が同じで、効果量も同じ様です。 オメガ武器と同時編成する場合、同じスキル内容のものは片方しか効果が反映されない点には注意が必要です。 例:どちらも奥義上限を付けている場合は、片方の奥義上限効果しか発揮されない。 オメガ武器とルシファー武器でそれぞれ異なる第二スキルのものを同時に編成する場合には、両方の効果が発揮されます。 例:奥義上限オメガと通常上限ルシ武器を同時に編成した場合、奥義上限と通常上限が両方UPします。 5凸は現在非常に困難なのでとりあえず割愛しますが、ルシファー武器は4凸まででも十分強力なので作成する価値は大いにあります。 永遠拒絶の槍を編成した場合のHP増加量 永遠拒絶の槍を編成すると具体的にどれほどHPが増加するか確認します。 永遠拒絶の槍なし まずは永遠拒絶の槍を編成しない場合のHPを見ておきます。 オメガ剣• ゼノサジ武器• バハ武器• 天司武器 の一般的なマグナ編成の構成。 両面ティアマト・マグナ。 Rank210までの味方全体HPUPLB取得済みという条件です。 最もHPの多い主人公で約22100。 最も低いモニカで約15500となっています。 ゼノサジ武器の代わりに永遠拒絶の槍を入れる ゼノサジ武器を抜いて永遠拒絶の槍を編成した場合。 最も高い主人公が約31400。 低いモニカが約22500。 永遠拒絶の槍なしと比べた場合、7000~9000ほどHPが上昇しています。 バハ武器の代わりに永遠拒絶の槍を入れる 次はバハ武器を抜く代わりに永遠拒絶の槍を編成する場合。 主人公が約28800。 モニカで約20600。 永遠拒絶の槍の編成による火力の変化 例えば画像のような編成に永遠拒絶の槍を入れる場合、特にHPを多くしたい時はEX武器を抜く、火力を重視したい時はバハ武器を抜くのが良いです。 ティア銃を減らすとHPが減った時の火力が大幅に下がるためおすすめしません。 こちらは残りHP量の推移に伴う火力の変化を表すグラフです。 それよりも僅かに火力が高い赤い線はゼノサジ拳の代わりに永遠拒絶の槍を編成した場合。 最も火力が高い青の線はバハ武器の代わりに永遠拒絶の槍を入れた場合のもの。 いずれにしても永遠拒絶の槍を編成することによりわずかながら火力も上昇するという事がわかります。 また、第二スキルで任意のダメージ上限を上昇させることができるため、実質的な与ダメージはさらに多くなります。 永遠拒絶の槍は是非作成したい 従来の風マグナにもHPを上昇させる手段はありましたが、火力を大きく犠牲にする必要がありました。 しかし、永遠拒絶の槍によって火力を上げながら最大HPも大幅に上昇させることができるようになりました。 最大HPの低さというのは強力な風マグナ編成の唯一ともいうべき弱点であったので、永遠拒絶の槍の登場によってこの弱みが消えた形となります。 最大HPの多さは古戦場HELLなどの特に高難易度クエストに挑む際には重要となってきますから、ぜひ作成して編成に組み込みたいところです。 作成はそれほど難しくない 永遠拒絶の槍を4凸して第二スキルを付けるまでの必要素材は画像の通りです。 属性エレメントは重いものの、総じて見るとアルバハHLを倒す必要のあるオメガ武器よりも作成のハードルは低めであるように感じます。 ダーク・ラプチャー ルシファー を攻略する必要はありますが、アルバハNとそれほど難易度は変わらない印象でしたので、積極的に作成を目指すと良いです。 guraburukouryakusinannjo.

次の