ザイフ。 結局、Zaif(ザイフ)は危険だった!?今回のハッキング事件を徹底解明して、安全な取引所を選ぼう!

Zaif(ザイフ)で取引履歴と年間取引報告書をダウンロードする方法

ザイフ

運営会社概要 ・会社名:株式会社フィスコ仮想通貨取引所 ・住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-11-9 ・設立:平成28年4月12日 ・代表取締役:八木隆二 ・資本金:5,000万円(令和2年1月10日時点) Zaifは豊富な仮想通貨とトークンを取引できることが特徴です。 また、手数料も安いため、初心者にも非常にとっつきやすい取引所。 リスク分散のために仮想通貨取引所はいくつか持っておくのが基本ですが、 まずは開いておきたい取引所の1つと言えるでしょう。 なんと、 ビットコインの現物取引にかかる手数料は 0%。 入出金にかかる手数料については以下の通りです。 積立投資ができる「Zaifコイン積立」 Zaifは珍しく、 仮想通貨の積立『Zaifコイン積立』ができる取引所です。 『Zaifコイン積立』は毎月一定額が指定の銀行口座から引き落とされ、自動でその分の仮想通貨を購入してくれるサービス。 買う手間を省くことができる、買うタイミングを考える必要がないなど多くのメリットがあります。 また、毎月一定額買い続けるのは 「ドル・コスト平均法」という投資手法の1つでもあるんです。 ドル・コスト平均法とは 「ドル・コスト平均法」は、 毎月一定額を買い続ける投資手法です。 おなじ「金額」を買い続けることで、相場が下がった時にはたくさん、上がったときには少しだけ買うことができます。 これにより 平均購入単価の平準化を図ることができ、価格変動リスクを抑えることになるのです。 このような買い方をすることで、 価格が上下しても長期的に安定して利益を得られるローリスクの運用が可能となります。 『Zaifコイン積立』はこんな人に向いています。 どのタイミングで買っていいかわからない• いちいち売買するのが面倒くさい• ローリスクで長期間の資産運用がしたい 信用取引ができる レバレッジ最大7. 77倍・追証なし 一定の証拠金でレバレッジをかけた取引ができる Zaifでは信用取引を利用することができます。 日本円をはじめとしてBTC、XEM、MONAを担保として預けることで、預けた額の最大4倍までの取引が可能となります。 「空売り」で下げトレンドでも利益を出せる 現物取引と異なり、信用取引では「売り」から入り「買い」で利益を確定させることもできます。 例えばビットコインの場合。 証拠金を担保にしてBTCの相場が50万円のときに取引所から1BTCを借りて「売り」ます。 その後、BTCの価格が40万円に下がったところで1BTCを買い戻し取引所に返す。 これで10万円の利益となりました。 このように、 売りから入る 「空売り」という ことで相場が下がっているときも利益を出すことができるのです。 追証が不要 FXなどでよく聞く「追証」。 追証とは損が膨らみ、当初担保として預けていた分から、さらに追加で担保金の請求が行われることを言います。 Zaifの信用取引にはこの追証が存在しません。 大きな損失を出してしまった場合でも、もともと入れていた金額以上のものを失うことがないということです。 その代わり、 信用取引で利益がでた状態で決済した場合のみ、利益に対して0. 7%程度の手数料が徴収されます。 この手数料の徴収によって、追証のないサービスの提供が可能になっているんですね。 ハイリスク・ハイリターンの信用取引ですが、これならリスクを最小限に抑えることができます。 「ビットコインAirFX」は現物取引感覚で最大レバレッジ4倍の取引ができる Zaifには 「ビットコインAirFX」という、現物取引感覚でレバレッジをかけて取引をできるシステムがあります。 「レバレッジをかけるんだったら、上で紹介している信用取引と同じなのでは?」 と思ってしまいますが、少し信用取引とは異なります。 損失が出た場合、信用取引のように証拠金を超えて口座残高から徴収されることがない• 対象はビットコイン BTC のみ また、先物取引にも似ていますが、 期限到来による決済がなく、また 先物価格ではなく現物価格と似た価格で取引ができます。 つまり現物取引により近い条件でレバレッジをかけて取引をすることができるということですね。 ビットコインの将来的な上昇に自信を持ち、より大きな勝負をしかけたい人にピッタリの取引手法です。 クレジットカードを使うメリットは、 すぐに仮想通貨を買うことができるということ。 例えば土曜日にビットコインの価格が急落して、買うチャンスだとしましょう。 土曜日なので銀行振込は行うことができず、また取引所にも十分な日本円がない。 こんなときに クレジットカード購入であれば曜日や時間帯に関係なく取引ができて売買のチャンスを逃すことがありません。 一方でデメリットは 手数料が高いということです。 手数料が高いことを差し引いてでも、 「今すぐに買えば利益がでる」と確信をもってスピーディーに取引をしたい人・場合には有効な手段となります。 豊富なトークン Zaifでは仮想通貨の他に、 ブロックチェーン技術を使って発行した独自のコイン「トークン」を取り扱っているのが特徴です。 そしてトークンの種類も 11種類と豊富。 メジャーな仮想通貨では物足りないという方にピッタリです。 Zaifでの取扱トークン• ZAIF ザイフ• XCP カウンターパーティー• BITCRISTALS ビットクリスタルズ• SJCX ストレージコインX• FSCC フィスココイン• PEPECASH ペペキャッシュ• CICC カイカコイン• NCXC ネクスコイン• JPYZ ゼン• CMS:ETH コムサ<ERC20トークン>• CMS:XEM コムサ<Mosaic> テックビューロによる万全の管理体制で安心して取引ができる ブロックチェーン技術がいくら優れたものでも、 取引所の管理体制がしっかりしていないと様々なリスクが伴います。 経営者や従業員が不正をしてしまったり、セキュリティが不十分で勝手にログインされてしまったり…。 こういったリスクを最小限に抑えるため、 Zaifの運営会社であるテックビューロはセキュリティへの取り組みに力を入れています。 預かっている暗号通貨の社内管理強化• ユーザー情報・バックアップデータの管理徹底• 取引所システムインフラの堅牢性強化• ユーザーからの預かり金と経営資金の分離• 開発チームへの人材投入によるリスク管理の強化• Zaifの運営会社であるテックビューロはプロジェクト第1弾として、COMSAトークンのセールを日本時間2017年10月2日14時~2017年11月6日14時まで実施しました。 このCOMSAのトークンセールに参加すると独自トークン「CMS」を購入することができます。 そして今後 COMSAのプラットフォームを使ってICOを行う際に発行されるトークンの購入に「CMS」を利用することができ、さらに 5%以上のプレミアムボーナスが付与されていることが約束されているんです。 ざっくり言うと 「CMSを買っておくと今後COMSAを使って行われる資金調達で発行されるトークンを実質割引で おトクに 購入できるよ」ということ。 2017年10月2日までにメールアドレスを登録した人のみがCOMSAトークンセールに参加することが可能となってますので登録はおはやめに。 出金制限設定で不正出金を防ぐことができる 最近、取引所へのハッキングなど物騒なニュースも増えてきました。 Zaifでは、万が一ハッキングされても 不正に自分の仮想通貨を出金されないように「出金制限」をかけることができます。 出金制限をかけることで登録したアドレス以外に送金ができなくなる仕組みです。 設定方法はカンタン。 そこで 「出金先アドレスを『制限する』」に変えて利用したい送金先アドレスを登録するだけ。 取引所としてのセキュリティ対策はもちろんですが、自分の資産はしっかり自分で守りたいですね。 Zaif ザイフ のデメリット アプリやウェブ画面の操作性が良くない Zaifで少しもったいないと思うのが、ウェブもアプリもあまり使い勝手が良くないというところですね。 例えばウェブの取引画面がこちら。 BTCの取引画面なのですが、 他の通貨の相場が一覧で見れないんですよ。 なので左上の通貨選択ボタン 画面赤枠 から通貨もしくはそのトークンの取引ページに行く必要があるんです。 数多くのトークンを揃えている点がZaifの魅力なのですが、いちいち個別の管理画面に行くのは面倒くさいですよね…。 スマホアプリの方もウェブ版とそれほど変わりません。 長期保有ならそれほど気になりませんが、 1日に何回もトレードしたい人には少し不便です。 アルトコインの取扱いは少なめ 豊富なトークンに対し、 Zaifで取引できるアルトコインは多くありません。 BTC:ビットコイン• XEM:ネムコイン• BCH:ビットコインキャッシュ• ETH:イーサリアム 2017年10月2日より取扱い開始 たとえば大手の仮想通貨取引所である「」はビットコインとアルトコイン合計で10種類の仮想通貨が取引できます。 これに比べると見劣りしてしまいますね。 他の大手取引所で取りこぼした銘柄をZaifがうまく拾っているというイメージですね。 サーバーが不安定 Zaifはサーバーが不安定なところがあり、時々サイトに接続できなくなります。 ログインすらできない状況だと、やはりZaifに資産を預けている身としては非常に不安になってしまいますよね。 Zaifの運営会社であるテックビューロは今後、 サーバーダウンを回避するために開発リソースの増員や、 復旧作業を最短にするためのバックアップ等の事前準備などの対策を行うとアナウンスしています。 本人確認書類の到着がおそい 2017年4月の「改正資金決済法」により、登録した住所への本人確認書類の郵送が完了しないと仮想通貨取引所は取引をできません。 この 本人確認書類の郵送が、Zaifは遅いです。 評判を聞いているど、1~2週間くらいかかります。 今すぐ取引をはじめたい場合は、Zaifでもとりあえず申し込んでおいて、「」など対応の早い取引所もひらいておいた方がいいですね。 本人確認を待っているあいだに買おうと思っていた通貨が暴騰したらとんでもなく悔しいですから。 笑 Zaif ザイフ の評判・口コミ TwitterでZaif取引所の評判を見てみると、 手数料の安さや積立投資に魅力を感じる人が多いようです。 また、 顧客対応が良いというのは安心して利用できるという点で大きなポイントですね。 その反面、 使いづらいという意見がありました。 これからウェブ版やアプリが使いやすくなることに期待しましょう。 というわけで を購入するなら手数料の安い日本の取引所 がおすすめです。 問い合わせにも翌日には必ず返答をくれますし、回答も具体的で補足説明もあり丁寧。 Coincheckと比較すると使いづらいよなぁ。。 でも、 coincheckやbitflyerなどの大手では取り扱っていない商品 トークン やサービス 積立 などかゆいところに手の届く取引所になっています 2つ目、3つ目のサブで利用すると最もそのメリットを生かすことができるでしょう。

次の

【なぜ出金できない!?】Zaif(ザイフ)から仮想通貨を出金する方法とその注意点

ザイフ

(画面上のメニューにあるアカウントからでも可能です) 取引画面が表示されるので、画面右上の「アカウント」をクリックします。 アカウント画面が表示されます。 アカウント画面の下にある「取引履歴CSV」をクリックします。 取引履歴CSVダウンロード画面が表示されるので、ファイル名をクリックしてファイルをダウンロードして下さい。 ファイル名の横にはZIPファイルのパスワードが記載されています。 パスワードはZIPファイルを解凍する際に使用します。 他の年の取引履歴をダウンロードしたい場合は、画面の「他の年を選択」から、対象の年をクリックします。 例として2017年を選択すると、2017年の取引履歴がダウンロードできます。 ZIPファイルの解凍方法 ZIPファイルをダウンロード後、ファイルを解凍します。 今回はWindows10でZIPファイルを解凍する方法を例に説明します。 対象ファイルを選択して右クリックでメニューを開き、「すべて展開」をクリックします。 パスワードが聞かれるので、取引履歴ダウンロードが面に記載のパスワードを入力してファイルを解凍します。 ZIPファイルが解凍されると、対象のCSVファイルを開くことができます。 お得に買うのにおすすめの取引所!• そこで、今回は例としてExcel2010で取引履歴のCSVファイルを開く方法を解説します。 まずはExcelを開き、セルの位置がA1になっていることを確認して下さい。 そして、画面上のメニューにある「データ」をクリックします。 次にデータタブのメニューにある外部データ取り込みの「テキストファイル」をクリックします。 ファイルのインポート画面が表示されるので、対象のファイルを選択して「開く」をクリックします。 テキストファイルウィザードが表示されるので、「次へ」をクリックします。 次にCSVファイルはカンマ区切りのため、区切り文字のカンマにチェックを付けます。 カンマにチェック後、「次へ」をクリックします。 次にデータ形式を文字列でインポートするため、キーボードの「Shift」を押しながら、データプレビュー画面の右端(今回は図の赤枠のコメント部分)をクリックして範囲を選択します。 プレビュー画面で選択された範囲が黒色に表示されるのを確認し、列のデータ形式の文字列をチェックします。 列のデータ形式に文字列をチェック後、「完了」をクリックします。 データ取り込みのポップアップが表示されるので、「OK」をクリックします。 図のように、取引履歴をExcelで確認できます。 必要に応じて罫線を引いたり、ヘッダーに色をつければ見やすく加工できます。 各通貨の取引価格一覧のダウンロード方法 Zaifでは、各通貨の取引価格一覧をダウンロードすることもできます。 取引履歴CSVダウンロード画面の下にある「各通貨の取引価格一覧」をクリックします。 各通貨の取引価格一覧画面が表示され、各通貨ペアの日足CSVデータをダウンロードできます。 ダウンロードしてExcelで確認すると、図のようになります。 最後に 今回はZaifの取引履歴のダウンロードと確認方法を解説しました。 CSVファイルのダウンロードまではできたけど、 ファイルを開いたら文字化けしてしまったという方も多いんじゃないでしょうか。 そんな方は、今回ご紹介した方法で確認して見て下さい! 尚、仮想通貨取引所は用途別に以下がおすすめです。 気になる方はぜひチェックしてみて下さいね。

次の

【2019年最新】ザイフ(zaif)の評判とメリット・デメリット【仮想通貨

ザイフ

ザイフの評判と特徴 積立型のコイン購入が可能 積立対応の通過 BTC ETH XEM ザイフには、積立型のコイン購入が可能で、銀行口座から毎月固定額を自動引き落とすかたちで、希望の金額を積み立てをすることができます。 買付けは自動的であるため、買い付けのタイミングを図ったり取引所の注文を管理したりという手間がかかりません。 ハードウェアウォレットを販売 ザイフは、安全にビットコインを保管できるハードウェア型ウォレットを販売しています。 PCやウェブだけの管理ではなくウォレットでもビットコインを管理することが可能です。 ハードウェア型ウォレットは、秘密鍵のファイルを悪意あるソフトウェアから守る、そんな利便性の高い役割も兼ねています。 ザイフのメリット 取引手数料がマイナス ザイフは、他の取引所と比較しても手数料が安いです。 特にビットコインとモナーコインの現物取引にかかる手数料は-0. 信用取引が可能 Zaifでは信用取引を利用することが可能で、日本円をはじめとしてBTC、XEM、MONAを担保として預けることで、預けた額の最大7. 77倍までの取引ができます。 ザイフのデメリット アルトコインの取扱いが少ない ザイフではアルトコインの取扱いが多くありません。 アルトコインを幅広く購入したいという人には少しさびしいかもしれません。 現在ザイフでは5種類のアルトコインを取り扱っていて、コインチェックでは13種類のアルトコインを取り扱っているため、少し見劣りしてしまいます。 サーバーが不安定 ザイフは、サーバーが不安定なところがあり、時々サイトに接続できなくなることがあります。 ザイフに資産を預けている身としては、サイトにアクセスできないと非常に不安になります。 サーバーダウンを回避するために開発リソースの増員や、復旧作業を最短にするためのバックアップ等の事前準備などの対策をアナウンスしているので、今後の展開に期待できます。 ザイフのおすすめ理由 リスクが少なく、投資が楽である積立投資がやはり1番の魅力で、どれだけ投資していいかわからない初心者の人には、積立投資が非常におすすめです。 顧客対応も良いので、安心して投資ができる点もザイフの魅力です。 ザイフの登録方法 アカウントの作成 ザイフトップページ右上「無料会員登録」から登録画面へアクセスすると、メールアドレスを入力することになります。 メールを確認しURLを開く 自動返信メールに記載されているURLにアクセスをして、パスワードを登録することですぐに利用が可能になります。 基本情報を入力 登録が終了したら、お名前・フリガナ・生年月日・国名・ご住所・ご連絡先電話番号・使用言語などの基本情報を入れて下さい。 本人確認 携帯電話番号で認証 携帯電話番号を入れて送信し、携帯にSMSに送られてくる電話番号認証コードを入力します。 本人確認に使える証明書 ご本人確認資料は以下より1点 ・運転免許証 ・パスポート(日本国が発行する旅券) ・個人番号カード ・住民基本台帳カード(顔写真あり) ・各種健康保険証 ・共済組合会員証(カード型健康保険証) ・各種健康保険証(紙型健康保険証) ・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等) ・各種福祉手帳 ・印鑑登録証明書 ・住民票の写し ・在留カード ・特別永住者証明書 もちろん、入力住所と証明書の住所が相違していた場合は承認されません。 身分証の住所変更が済んでいない方は、先に住所変更が必要です。 アップロードした本人確認書類が承認されれば、入金・仮想通貨の売買が可能になります。 ハガキを受け取る 本人確認のハガキを受け取った時点で本人確認完了となります。 完了後は全機能を使用できるようになり、コインや日本円の出金も可能となります。 本人確認前はサービスの閲覧とアフィリエイトの利用のみ行うことができます。 2段階認証設定 2段階認証とは 二段階認証は簡単に言うと2重のパスワード設定です。 メールアドレスとパスワードだけでログインできてしまっては、不正ログインによる仮想通貨の盗難の可能性が高まります。 二段階認証は、スマホで設定をするとメールアドレスとパスワードだけでなく、スマホアプリで2番目のパスワードが表示されるようになります。 ワンタイムパスワード 別名トークン と呼ばれていて、30秒ごとにパスワードが変わっていく仕組みです。 ログインする時はメールアドレスとパスワード、スマホアプリに表示されるワンタイムパスワードを入力して初めてログインできるため、大切な資産を守るためにも、かならず二段階認証を行いましょう。 2段階認証は絶対に行いましょう!それだけで各段にセキュリティ性が高まります。 ザイフのログイン方法 ザイフトップページ右上の「ログイン」をクリックし、ログイン画面で登録したメールアドレスとパスワードを入力するとログイン可能です。 ザイフの入金や送金方法 日本円を入金する場合、日本円入金ページへ行き入金したい金額をリクエストします。 リクエストが完了すると振込口座が表示されるので、名義名書式でお振込んでください。 振込が完了すると、アカウントに反映しお取引が開始できます。 ザイフの手数料 取引手数料 手数料 現物 信用 AirFX 先物 取引 -0. 0001BTC XEM 2XEM〜 MONA 0. 001MONA トークン 0. 00420BTC BCH 0. 001BCH ETH 0. 01ETH〜 CMS XEM 5XEM〜 CMS ETH 0. 01ETH〜 セキュリティ確保に必要なこと 1. SNSアカウントは使わない 2. 英数記号の3種混合パスワードを使う 3. ブラウザにパスワードは保存しない 4. 二段階認証は絶対 5. SNSアカウントはハッキングされやすく、盗まれた情報をもとに仮想通貨口座が狙われてしまいます。 必ず複雑なパスワードを用意して突破されないようにしましょう。 できるだけ、 20文字以上の英数記号の3種混合パスワードをでの作成をおすすめします。 また、ブラウザにパスワードは保存しないようにしましょう。 アカウントハッキングによる情報流出の恐れがあります。 2段階認証は絶対 多くの取引所に採用されている「2段階認証」は絶対に行ってください。 二段階認証は、必要最低限の自己防衛手段であり、これを行わずしてアカウントを盗まれた報告例は国内でいくつも挙がっています。 取引所登録を終えたら必ず認証作業を行いましょう。 チャットや掲示板でリンクを踏まない 各取引所や板などでは、コインチェックなどを模したコピーサイトURLが大量に張られています。 フィッシングサイトと言われるネット詐欺の常套手段であり、クリックしてしまうと、パスワードや秘匿性の高い情報が盗まれます。 気になる文言があった場合でも、絶対にリンクは見ない、踏まないを心がけてください。 モナコインやビットコインキャッシュ、イーサクラシックやライトコインなどでも大きく違いがあります。 投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします.

次の