ジムニー ボンネット 開け 方。 こほ の 趣味の部屋: ジムニー JB23 リアゲート・ポケット + 余談

ルノー・トゥインゴのボンネットの開けかたに驚愕!【動画】

ジムニー ボンネット 開け 方

・運転席の足元周辺 もっともオーソドックスなのが運転席の足元付近にあるものです。 給油口を開くレバーと並んであるものが多いので、マークを確認してから引きましょう。 レバーが固いものもあるので「ボンッ!」と音が鳴るまで引きましょう。 ・助手席側のダッシュボードの中 僕が乗っているジムニーや一部の車種などは助手席のダッシュボード内にボンネットオープナーが配置されています。 ダッシュボードを開けて、上の方に引っ張ることのできるレバーが見えると思いますので、それを音が鳴るまで引いてください。 ・サービスマニュアルの確認 どうしてもボンネットオープナーが見つからない場合は、ダッシュボードなどに入れてあるサービスマニュアルを確認しましょう。 必ずどこかにボンネットの開け方が記されているはずなので、それを確認した方が手っ取り早いかもしれません。 隙間から中をのぞくと真ん中らへんにレバーのようなものが見えると思います。 それをボンネットの隙間に手を入れて左右のどちらかに動かしながら、ボンネットを上にあげると、開くことができます。 ・レバーが無い場合 一部の外車では半開きのボンネットから覗いてもレバーが無い場合があります。 その場合は、ボンネットオープナーをもう一度引いてみましょう。 1回目で半開き、2回引くと完全開放といった車種があります。 スポンサーリンク ・ボンネットステーで固定する ボンネットは重く、作業中に落としてしまうと大怪我にもつながります。 そのため、ボンネットを開けたエンジンルーム内にはボンネットステーという、ボンネットを開けたまま固定することができる棒が付いています。 ボンネットステーは手前の方に固定されているか、左右のどちらかの端っこに固定されていると思います。 その棒を取り外して、ボンネットに空いている穴に引っ掛けます。 車種によってはボンネットにたくさん穴があり、間違った穴に引っ掛けると固定が甘くて、ボンネットが落ちてくるようなこともあるので注意が必要です。 フック状のボンネットステーはしっかりと引っかかるまで入れ込みましょう。 ボンネットの閉め方 ボンネットを閉める際は片手でボンネットを保持したまま、ボンネットステーを外し、元の場所に固定します。 そのままボンネットを高さ30cmくらいの位置まで下ろし、手を離しましょう。 閉まれば隙間がないか確認します。 半開き状態の場合はもう一度ボンネットを開けて、次は少し勢いを付けて閉めましょう。 勢いが強すぎると故障やへこみの原因になるため注意しましょうね。 軽く閉めてから上から押すのもいいのですが、押さえたボンネットがへこんでしまう可能性もあるので注意が必要です。 閉めた後も隙間がないか、がたつきが無いかなど一応確認しておきましょう。 ボンネットを開ける際に注意すること ボンネットを開ける場面は色々あると思いますが、たとえば洗車や整備のついでにエンジンルームの清掃やエンジンオイルの確認、ウォッシャー液の補充をしようとして開けようとした際、ワイパーを立てていたことを忘れていて、ワイパーが折れてしまったり、ボンネットに傷がついてしまったりする場合があります。 初歩的なミスですが意外と多い事例でもあるので気を付けましょう。 お子さんがいる場合はボンネットを閉めるときに車に近づかないように注意しておかなければなりません。 エンジンルームをのぞき込んでいたり、手を置いていたりすると大怪我につながります。 閉めるときに置いていなくても閉まる直前に手を入れてしまったりすることもあるので、近付けさせないことが無難です。 まとめ ボンネットの開閉はボンネットオープナーの場所さえ分かれば、誰でも簡単に行えますが、意外と事故が起きやすい作業です。 特にボンネットステーの固定をしっかり行うことと、閉める時の挟まれ確認は実施するようにしましょう!.

次の

ジムニー外装

ジムニー ボンネット 開け 方

マニュアルにはヒューズボックスの位 置と内部の図があるのみで、不親切に も開け方が書かれていないのです。 シガライターのヒューズはダッシュボ ード部分にあるのですが、これがまた アクセスしにくいのです。 体をひねっ て頭を入れてやっとです。 特に近いと ころに目のピントが合わない人は大変 です。 このボックスの蓋は引っ張れば取れました。 しかし、この手の小さいヒューズの交換は初めてで、指で抜こうとしても爪が剥がれそうで止めました。 この時点では何らかのロック機構があるのかも知れないと思っていたのです。 マニュアルにヒューズ抜きがエンジン ルームにあるヒューズボックスの中に あると書いてあったので、そちらのヒ ューズボックスを開けることにしまし た。 蓋が矢印の爪で止まっています。 この爪から外そうとすると片方を取る と反対側が猛烈にきつくなりはずれま せん。 工具で無理矢理という方法もあるので すが、爪が折れたら蓋が閉まらなくな り雨中走行不可になってしまいます。 指が痛くて泣きそうになります。 蓋の反対側を見てみると、なにやら金 具があるのですが、押しても引いても びくともしません。 蓋の蝶番のようにも見えます。 ここで諦めました。 結局、ヒューズを買いに行ったホーム センターのお兄さんに外し方を聞いた ら、「ただ、引っ張るだけですよ」と のことだったので、ラジオペンチで強制的に抜き、無事ヒューズ交換できました。 しかし、今後エンジンルームのヒュー ズが飛んだらどうするかという心配が 頭の片隅にずーっと残っていました。 ディーラーに電話で聞いても「爪を外 せばパカッと取れますよ」との答で、 こちらの苦しい事情が理解できていな いのです。 ネットで調べても、それらしいものは 見つかりません。 誰も苦労していない のか? で、意を決して再トライ。 爪の片方を外して、ボックスをひねりながらもう全身の力をこめてもう片方の爪をこじったら、パカッと開きましたよ。 疲れたー。 確かに、ヒューズ抜きが入ってました。 まあ、ラジオペンチで抜くよりはスム ーズに抜けそうですが、そこまでする 必要があるのかと。 ただ、車に工具が無い場合は役に立つ でしょう。 工具を積んでない人がヒュ ーズ交換できるのかという疑問もあり ますが。 これがヒューズですが、軽自動車用だ からこんなに小さいんですかね。 小さすぎて抜きにくいんです。 話は蓋に戻りますが、蓋を観察すると 後ろの蝶番と思った金具が、シーソー 式の爪になっていることが判明しまし た。 画像の様に金具のずっと奥を押すと、 爪がはずれて本体側とのロックが解除 できる構造だったのです。 ただ、爪を動かすためにはずっと奥に 指を入れないとストロークが稼げない ため、ただ全体を押しただけではロック解除にならないのです。 説明が難しいですが。 爪を押して蓋を上に上げると簡単にパ カッと蓋が開くことが出来ました。 まあ、一件落着なんですが、このトラ ブルの原因はマニュアルにあると思い ます。 ボックスの位置をイラストで示すなら 開け方も書いておくべきでしょうが。 林道なんか走ってトラブったら本当悲 惨でしょう。 ただ、ネットで開け方が見つからなかったと言うことは、皆さん普通に開けてるんでしょうか? そうとは信じたくないですが・・・。

次の

ボンネットの開け方や閉め方は?国産車や外車の操作方法を確認

ジムニー ボンネット 開け 方

コンテンツ• ジムニー歴代車一覧 1970~1972 初代ジムニー発売「空冷エンジン」360cc LJ10 1~2型 1972~1976 「水冷エンジン」これによりJEEPと同じ登坂力35゚となる。 バンタイプ追加 LJ20 1~3型 1976~1981 「軽新規格(550CC)ジムニー55」 SJ10 1~4型 1977 排気量は800cc。 「エイト」の愛称で親しまれた。 SJ20 1~3型 1981~1987 「初のフルモデルチェンジ」 トランスミッションは4速MTのみ。 SJ30 1~5型 1982~1984 SJ-30を基にF10Aエンジン(1000cc)を搭載。 195SR15タイヤを標準装着 15インチホイール(5. 7mmの6穴仕様。 SJ40 1~2型 スポンサーリンク SJ-40のピックアップトラック。 16インチホイール(5穴ホイール) SJ40T 1984~1987 エンジン(1300cc)を搭載。 普通車ジムニー初の5ナンバー登録(乗用)車が登場。 1985年12月 パノラミックルーフ追加。 JA51 1~2型 1986~1990 4サイクルエンジン「ターボ車・5速マニュアルトランスミッション追加」 1987年11月 インタークーラー装着車登場 JA71 1~4型 1990~1995 「軽自動車新規格(660CC化)」 1991年11月「ワイルドウインドリミテッド」パワーステアリング初装備。 1992年7月 3型となり3速AT車が設定された。 JA11 1~5型 スポンサーリンク 1993~1995 電子制御1300ccジムニー。 samurai譲りのワイドトレッド・オーバーフェンダー・フロントグリル付き JB31「シエラ」 1995~1998 サスペンションにコイルスプリングを採用。 「乗用タイプ追加」 後に4ナンバー車は消滅することになる。 JA22には、ジムニー史上初のDOHCとなるK6Aエンジンが搭載された。 同時に高速時の静粛性向上のため、トランスファー・ハイレンジのハイギアード化も進んだ。 1型をもって、軽モデルとしてはJA71-3型からの設定であった、パノラミックルーフ車が廃止された。 フロントウィンドウが幌モデルでも倒せなくなる。 JA12 JA22 1995~1998 特別仕様車「SIERA」のみ発売。 JB32「シエラ」 1998~2000 ジムニーワイド1300cc。 久しぶりのフルモデルチェンジ 4速AT車はロックアップモードを持ち JB23 用4速ATとは異なる。 JB33「ワイド」 1998~現在 「軽新規格(ワイド)」660cc。 幌やバンモデルは無く、5ナンバーワゴンのみの設定となる。 パワーウィンドウや集中ドアロック(1型 XA は非装着)、エアバッグとABS(1型はセットオプション)なども装備もされた。 2000年9月 2WD FR モデルの「ジムニーL」を追加設定。 2002年1月 4型にマイナーチェンジ。 2WDモデル廃止。 JB23 スポンサーリンク 2000~現在 エンジンを M13A 型へ変更した JB43W は、当初、ジムニーワイドの名称のまま販売される。 2002年1月 3型で「ジムニーシエラ」に改名。 JB43「ワイド」「シエラ」 ジムニーJA11とJA12、22の違いは? ジムニーの角ばったデザインで平成生まれのジムニーはJA11、JA12、JA22となります。 ということでこの3つの型式の違いを比較してみましょう。 同じジムニーでもコイルですから乗り心地は改善されていますし、同じ速度ならエンジン回転は低いです。 そしてフルトリム内装です。 ただし、本格的なオフロードを走るならJA11でしょう。 これはギヤ比の差と足が捩れる地形でのサスペンション形式の違いによるものです。 内装はJA11でも5型あたりの後期でしたらフルトリムですし、オークションで内装を格安で仕入れて取り付ける方法もあります。 スポンサーリンク JA12とJA22の違い JA12が4ナンバー、JA22が5ナンバー エンジンがJA12がF6A、JA22がK6A リヤシートがJA12が 一体式JA22が分割式 パワステがJA12が油圧式、JA22が電気式 などが代表的です。 JA12はJA11を乗り心地をちょっと良くした感じですかね。 つまり JA12、JA11はオフロード重視 JA22は街乗りに移っていく過程の車ということですね。 まとめ ジムニーの中古車はマニアが多いため、20年以上前の車でも100万円以上する車が多くあります。 その多くはカスタムされたもので、個性的な車に仕上がっています。 よく女性ドライバーも見かけますし、小さくてかっこかわいいのが人気になっているのではないでしょうか。 私的には全然街乗りでいいと思います。 古いと故障も多いと聞きますが、ジムニーが好きならメンテナンス費も何とかなるでしょう。

次の