カントン包茎 セックス。 カントン包茎とは|上野クリニック

【画像付き】真性包茎とは?プロが教える原因とリスク

カントン包茎 セックス

包茎には完全包茎(真性包茎)、不完全包茎(仮性包茎)、カントン包茎の3種類があります。 必ずしも手術が必要というわけではありませんが、カントン包茎で包皮が陰茎を圧迫して亀頭の細胞が壊死するリスクがあるような場合には、緊急に手術を行う必要があります。 カントン包茎や真性包茎では、容易に包皮を剥くことができないために衛生面での心配があります。 痛みでセックスが困難だったり、性生活に支障をきたしたりすることもあり、また、精神的にコンプレックスになっているようなケースもあります。 真性包茎は不妊と関係するといもいわれています。 こうした観点からQOL(生活の質)に影響があるようなら、手術による治療で問題解決することをおすすめするケースがあります。 手術方法について 身体への負担が少ない日帰り手術で行います。 所要時間は30分程度で、吸収糸で縫合しますので、抜糸の必要もありません。 事前の説明も含め1時間程度ですべての処置が終わりますので、手術後すぐにご帰宅いただけます。 標準術式 局部麻酔で行います。 陰嚢中央部を3、4mm切開し、精管を剥離して取り出し、精管を縛った後に切り離します。 術後処置と経過 手術後、睾丸や下腹部に軽い痛みを感じることがあります。 シャワーは手術翌日から、入浴は1週間後から可能です。 手術後、1ヵ月は避妊が必要です。 しばらくは精液に残った精子が含まれてしまうためで、1ヶ月後以降に精液検査を行い、精子が出ていないことを確認します。

次の

【泌尿器科の専門医が解説】嵌頓(カントン)包茎の手術で知っておくべき知識

カントン包茎 セックス

もしかして自分は包茎ではないか…と、いろいろと情報を拾っていると、カントン包茎という文字を目にして、「外国から伝わった包茎?」などと思い、いったいどんな包茎なんだろうと思われていませんか。 そこで、今日の記事では、カントン包茎の説明とその見分け方、基本的なカントン包茎の治し方3つなどをお伝えしていますので、ぜひ知っておいてください。 カントン包茎とは カントン包茎とは、平常時には手で剥けば何とか亀頭を露出させることができますが、勃起時は、亀頭に対して包皮口が狭いため、無理に剥いたりすると、包皮口が亀頭を締めつけて、ドーナッツ状に大きく腫れあがり、元に戻らなくなる包茎のことです。 この元に戻らなくなることを「カントン(嵌頓)」といいます。 1-1. カントン包茎になる原因 亀頭が狭い包皮口に締め付けられた状態を放置して、カントン包茎に発展するパターンが多いようです。 剥き癖を付けようと自力で頑張るわけですが、その頑張りが逆に仇となってしまいます。 カントン包茎になれば亀頭や包皮が膨れたり変色したりします。 1-2. 軽度のカントン包茎は自力で治せることがある 軽度のカントン包茎は、包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)とも呼ばれています。 軽度のカントン包茎とは、亀頭への締め付けがあっても何とか元に戻せる状態の包茎のことです。 この場合は後で詳しくお伝えしますが、自力で治せる可能性もあります。 1-3. 重度のカントン包茎は緊急手術が必要です 重度のカントン包茎は亀頭が包皮輪によって強く締め付けられて激しい痛みが生じます。 亀頭の血流が悪くなり鬱血した状態を放置すれば、細胞組織を壊死させてしまう恐れもあります。 この場合は緊急に手術する必要があります。 カントン包茎かどうかの見分け方 ここでは、ペニスの勃起状態と平常状態を比べて、カントン包茎かどうかの見分け方をお伝えしていますので、実際に試してみてください。 2-1. 勃起時も平常時も亀頭が露出しない ペニスが勃起してても平常時の大きさでも全く亀頭が露出しない。 見分け結果=真性包茎 2-2. 勃起時は亀頭を露出できるが平常時に戻らない 勃起時にはかなり窮屈ではあるが亀頭を露出できる。 しかし平常時は痛みを感じて元に戻らない。 見分け結果=カントン包茎(重度) 2-3. 勃起時は窮屈だが亀頭を露出でき平常時は戻ってしまう 勃起時には少し窮屈ではあるが亀頭を露出できる。 平常時は包皮が元に戻る。 見分け結果=カントン包茎(軽度) 2-4. 勃起時はすんなりと亀頭を露出でき平常時は包皮を被る 勃起時はスムーズに亀頭を露出できるが、平常時は元に戻り亀頭が包皮で覆われる。 見分け結果=仮性包茎 2-5. 勃起時も平常時も亀頭が露出している ペニスが勃起してても平常時でも完全に亀頭が露出している。 見分け結果=包茎でない カントン包茎の見分け方とその度合いを一覧表にまとめてみました。 【見分け方の一覧表】 勃起時のペニス状態 平常時のペニス状態 見分け結果 亀頭が全く露出できない。 亀頭が全く露出できない。 真性包茎 かなり窮屈ではあるが亀頭を露出できる。 痛みを感じて元に戻らない。 カントン包茎 (重度) 少し窮屈で亀頭を露出できる。 窮屈感があるが元の戻せる。 カントン包茎 (軽度) 窮屈感なしで亀頭を露出できる。 スムーズに元に戻る。 仮性包茎 完全に亀頭が露出している。 完全に亀頭が露出している。 包茎ではない 【度合いの一覧表】 度合い ペニス状態 治し方 重度 亀頭がうっ血して包皮も腫れている。 包茎手術 中度 包皮を剥いたときに時々元に戻らなくなる。 包茎手術・包茎矯正グッズ 軽度 包皮を剥くときに亀頭に圧迫感がある。 包茎矯正グッズ・自力 2-6. 真性包茎との明確な違いは2つ 一般の人にとっては、カントン包茎と真性包茎の違いが分かりにくいと思いますので、その明確な違いを2つお伝えします。 一方 真性包茎は、勃起時も平常時も全く亀頭を露出できない包茎なので、常に包皮口が亀頭先にあるので、そもそも締め付けようがありません。 そのため、いくら包皮口が亀頭に対して広くても包皮を剥くことができません。 一方 カントン包茎は、亀頭に対して包皮口が狭いので剥きにくいのです。 基本的なカントン包茎の治し方3つ この項目では、カントン包茎が治せる可能性が高い順にその3つの方法を挙げています。 3-1. 包茎手術でカントン包茎を治す 【まずは背面切開法で包皮口を広げる】 背面切開法とは、狭い包皮口を広げるために包皮の背面に縦の切れ目を入れて包皮口を広げる手術方法のことです。 性行為に支障があるカントン包茎や真性包茎を性行為ができる仮性包茎の状態にする手術ともいえます。 よって包皮を切り取ることはしません。 切開する長さを決める 亀頭冠の位置を確認して包皮背面に線をつけて切開する長さを決めます。 包皮背面を切開する 包皮をペニス先端方向に引っ張って亀頭を傷つけないようにして包皮を切開します。 包皮口の広さを確認する 実際に包皮口を広げてみて亀頭がキチンと露出するかを確認します。 【続けて亀頭直下埋没法で包皮を切除する】 亀頭直下埋没法とは、包皮小帯(いわゆる裏すじ)と呼ばれる性感帯を温存しつつ狭い包皮口(包皮外板と包皮内板)を切取って、カリ部分で切った箇所を縫合するという手術方法のことです。 現在最も施術数が多い包茎手術の方法です。 包皮外板の切開線を決定する 包皮の上から亀頭を指で感知しながら、亀頭冠に沿って1周ぐるりとラインを引きます。 このラインよりやや先端が実際の切開線になります。 皮膚質によって切開線位置を調整する 皮膚が厚い、硬い、収縮性が少ない場合は、この切開線をやや先端側にします。 また、埋没型の包茎や勃起気味、先細り型のペニスの場合は、逆に亀頭冠より多少根元ぎみにします。 決定した切開線に従い包皮外板を切除する 特殊な鉗子で包皮をつまんで引っ張り亀頭の上部で切除します。 勃起した状態を想定した上で、引っ張りあげて亀頭の上で切るわけですから包皮の切りすぎはありません。 包皮内板の切開線を決定する 包皮内板を動かすと、冠状溝にちょうど引っ掛かって亀頭がかぶさらない位置が見つかります。 これが上側の切開点Aになります。 次にペニス下側の切開点Bを決めます。 ペニス下側にある包皮小帯全体が残る位置が切開点Bなります。 この点Aと点Bを結んだラインが包皮内板の切開線になります。 決定した切開線に従い包皮内板を切除する 上記図のように切開線に従って包皮内板を切り取ります。 十分な止血後、包皮を縫合する 十分に止血した後、包皮を縫合すれば完了です。 【包茎手術 のメリット・デメリット】 メリット ・すぐにカントン包茎が治る。 ・同時に皮余りの仮性包茎も治る。 ・傷痕も目立たない。 ・重度のカントン包茎でも効果が高い。 デメリット ・数十万円の費用が掛かる。 【コラム】子供がカントン包茎だったら 第二次性徴期前の子供でしたら、とりあえず、そのまま様子を見ることがいいかもしれません。 なぜならば第二次性徴期でカントン包茎が解消される可能性もありますし、また小さな子供でしたら包茎手術を受ける際に全身麻酔のリスクが伴うからです。 ただし、包皮口が狭すぎて排尿に支障が出るなどのカントン包茎でしたら包茎手術を受けたほうがいいでしょう。 その手術方法は、大人のものと違い、将来の成長を考慮して包皮を切除せずに行なうようです。 詳しくは医師に相談してみてください。 3-2. 包茎矯正グッズでカントン包茎を治す 出典 キトー君で包皮口が広げられている状態を20分~30分は持続させます。 これを1日2回行うのがベストです。 20分~30分も手で持続させるのは大変なので、付属のストッパーを使えばグリップを握り続ける必要はありません。 早ければおよそ2週間でカントン包茎が治るようですが、もちろん個人差があることは承知してください。 【 キトー君のメリット・デメリット】 メリット ・1万円程度の少額費用で済む。 デメリット ・人によってはカントン包茎が治るまでに数年掛かる場合がある。 ・皮余りの仮性包茎は治らない。 ・力加減が難しいので包皮口を切ってしまうことがある。 ・必ずカントン包茎が治る保障はない。 ・毎日、手間と時間が必要になる。 ・重度のカントン包茎ではほとんど効果がない。 3-3. 自力でカントン包茎を治す ここでは、入浴時に自分の手指を使ってカントン包茎を治す方法をお伝えしています。 まずは入浴時に少しずつ包皮口を広げる 決して無理に広げないように気を付けましょう。 強く広げすぎると包皮口が切れて出血してしまいます。 もしも勃起してしまったら 深呼吸をして気分を落ち着かせ、勃起が鎮まるのを待って再び指で包皮口を広げるか、もしくは勃起したままの状態で、亀頭の先だけ露出するように包皮をペニス根元方向に引っ張ります。 この際は絶対に無理に引っ張ってはダメです。 ここまでの作業を毎日最低1か月は行いましょう。 また包皮口を広げる前にペニスと手指はしっかりと洗浄して清潔にしましょう。 【注意】亀頭を勃起させる際はエロ動画などを見て100%勃起させましょう。 その理由は中途半端な勃起だと、痛みを伴わない包皮口の広さが実感できないからです。 中途半端な勃起で確認すると、包皮口の伸びが足りずに亀頭がうっ血状態になり、最悪の場合は緊急手術が必要になることもありますので気を付けましょう。 【 自力で治す方法のメリット・デメリット】 メリット ・費用が全く掛からない。 デメリット ・人によってはカントン包茎が治るまでに数年掛かる場合がある。 ・皮余りの仮性包茎は治らない。 ・やり方が難しいので場合によっては全く効果がないこともある。 ・必ずカントン包茎が治る保障はない。 ・毎日、手間と時間が必要になる。 ・軽度のカントン包茎しかできない。 カントン包茎を治すために掛かる費用目安 私がネットで調べて見つけることができたカントン包茎を治す方法ごとの費用目安をお伝えしています。 あくまでに目安として参考にしてください。 特に包茎手術は自由診療か保険診療かによって大きく金額が異なります。 カントン包茎の度合い 治す方法 金額目安 重度~中度 包茎手術 25,000円~400,000円(保険治療も含む) 中度~軽度 包茎矯正グッズ 10,000円~15,000円 軽度 自力で手指 0円 4-1. 保険治療になる3つの条件 一般的に下記のうち1つでも当てはまれば保険治療になるといわれています。 痛みで性行為や日常生活に支障をきたしている。 亀頭包皮炎などを繰り返し起こしている。 包皮口が狭くて絞約され亀頭や包皮が腫れている。 ただし、保険治療になるかどうかの判断は医師によって大きな差があるといわれていますので、直接医師にその判断を仰ってみましょう。 ネットで見つけたカントン包茎の画像集 ここでは、ネット上で私が見つけたカントン包茎の写真3つを掲載しています。 実際に自分のペニスがカントン包茎かどうかを見比べてみましょう。 5-1. 無理に剥いたカントン包茎の写真 出典 平常時のカントン包茎の写真です。 仮性包茎と比べると、包皮の出口が狭いので剥きにくさはありますが、それでも亀頭を露出させることはできます。 しかし、勃起して亀頭が膨張すると、完全に露出させることはできなくなってしまいます。 6-1. カントン包茎のままでSEXはできるの?結婚できるの? 軽度のカントン包茎で痛みを伴わなければSEXはできるでしょう。 当然結婚にも問題はありません。 一方 重度の場合は、痛みや腫れでSEXや結婚どころではありません。 また中度の場合は性行為中に誤って包皮が反転して重症化することもあり、最悪の場合、亀頭が壊死するケースもあります。 また性病感染のことも考えれば結婚前には包茎手術を受けることを強くお勧めします。 6-2. カントン包茎必ず包茎手術をしなければならないの? 重度なら間違いなく包茎手術をしなければならないでしょう。 中度~軽度の場合でも性行為中に痛みを感じたり、繰り返し亀頭包皮炎など起こしているならば、やはり包茎手術を受けるべきと言えます。 基本的にカントン包茎には手術が必要と考えていいと思います。 なぜならば、恥垢が溜まりやすいカントン包茎のまま、性行為をすることはガンや病気がうんぬん以前の問題です。 深刻な場合は、相手女性に対する思いやりや衛生面からも包茎手術を受けるべきでしょう。 6-3. カントン包茎でもオナニーはしていいの? もちろんオナニーをしても構いませんが、性行為中と同様に反転して重症化することもありますので、皮オナニーは控えたほうがいいかもしれません。 オナニーは亀頭だけを刺激する方法がいいでしょう。 6-4. カントン包茎でも風俗店に行ってもいいの? 私が調べた限りではカントン包茎の人は入店禁止という風俗店はありませんでした。 電話で問い合わせをしても「どうぞご来店ください。 心よりお待ちしております。 」と言われたので、堂々と風俗店へいきましょう。 ほとんどそのような気持ちにならないと思いますが、痛みや腫れがある重度のカントン包茎の人は、当然風俗は控えたほうがいいでしょう。 6-5. カントン包茎は遺伝するの? 医学的には直接的な遺伝は認められていません。 つまりカントン包茎の父親だから必ずその息子もカントン包茎になるわけではありませんが、親子ですからある程度は体質や体型は似てきます。 その意味では、包茎に特別な遺伝関係があるわけではありませんが、体質や体型によりカントン包茎になりやすい傾向が多少あるかもしれません。 6-6. カントン包茎だと皮膚炎を起こすって本当? これは本当です。 亀頭包皮炎は包皮内板と亀頭の間に恥垢が溜まり、それに菌が感染して発症します。 亀頭部分や包皮が赤くなり痛みや排尿痛が起こります。 特に再発の可能性がある場合や何度も炎症を繰り返している場合は、包茎手術を受けるのが一般的です。 6-7. カントン包茎はガンになるって本当? 基本的にカントン包茎だからガンになることはありませんし、包茎とガンの因果関係も医学的にも認められていません。 しかし何事も程度の問題です。 カントン包茎でも恥垢が溜まりやすい人は、長年放置すると陰茎ガンや突形コンジロームといった病気の誘因になる可能性があります。 カントン包茎の割合は成人男性の約1%と言われていますので、あなたがカントン包茎である確率は極めて低いのですが、万が一の場合は、この記事がお力になれると思います。

次の

包茎でも風俗は楽しめるのか【真性/仮性/カントン】種類別に解説!

カントン包茎 セックス

1. カントン包茎の見分け方は? 次にカントン包茎の見分け方を紹介していきましょう。 (1-1)どんな状態をカントン包茎というの? 入り口が狭い包皮によって 亀頭がしめつけられて包皮を戻せなくなっている状態をカントン包茎と言います。 (1-2)カントン包茎を見分けるには「しめつけ」に注目! まずは、今後の理解を深めるためにペニスの各部分の名称を確認しますね。 ペニスの各部分には、陰茎(竿の部分)、亀頭(先端の少し膨らんでいる部分)、カリ(亀頭と陰茎の段差部分)、包皮(亀頭を包み込んでいる皮)、包皮輪(包皮の入り口)という名前がついています。 カントン包茎だと、包皮をむこうとすると狭い包皮輪によって亀頭がしめつけられて痛みを感じてしまいます。 カントン包茎は「包皮輪が狭い」という特徴があげられますが、どれくらい包皮輪が狭いかによっても症状の度合いに違いがあらわれます。 例えば包皮輪が少し狭い程度であれば、通常時は問題なく包皮をむけますが、勃起して亀頭が大きくなると包皮輪がひっかかって亀頭がしめつけられ、包皮をむけなくなってしまいます。 また、通常時に包皮をむいて 亀頭を露出した状態で勃起すると、亀頭の根元部分がしめつけられて、痛みを感じてしまいます。 ・亀頭が締め付けられ痛みを感じる 包皮輪が極端に狭い場合は、勃起時はもちろんですが通常時も痛みやしめつけのせいで包皮をむいて亀頭をすべて露出するのが困難です。 それでも、包皮は伸び縮みするので、無理やり包皮をむけばなんとか亀頭をすべて露出できる場合もあります。 ただし、無理やり亀頭を露出すると、狭い包皮輪によって亀頭の根本部分がしめつけられてしまいます。 亀頭と陰茎の境目にはカリがあるため、包皮を戻そうとしてもカリの段差にひっかかって思うように戻せなくなります。 そして、包皮にしめつけられている状態が長引くと 亀頭と包皮がうっ血して膨れ上がってしまい、さらに包皮は戻しづらくなり、最悪の場合は 亀頭が壊死してしまう場合もあるのです。 これは重度のカントン包茎だといえますね。 あわせて読みたい ・亀頭と包皮がうっ血して膨れ上がった状態 問題はどのようにしてカントン包茎を見分ければ良いかという点ですよね。 単純な話、亀頭をすべて露出してみて亀頭の根本がしめつけられ、 痛みや亀頭と包皮のうっ血という症状が確認できれば、重度のカントン包茎です。 ただし、亀頭と包皮が鬱血した状態になると自分では包皮を戻せなくなってしまうので、緊急手術が必要になります。 そのため、痛みやしめつけを無視して 無理に包皮をむこうとするのは、絶対にやめましょう。 この記事はあなたがこういった緊急手術をする羽目にならないための記事でもあります。 それなのに、自分がカントン包茎かどうか確認するために無理に包皮をむいて、その結果カントン包茎の状態になってしまっては本末転倒ですからね。 そうなってくると「結局どうすればカントン包茎かどうか見分ければ良いのか?」という疑問が出てくるわけですが、ここでは「 包皮をむいたときに包皮輪によるしめつけ、痛み、違和感がある場合には、カントン包茎の可能性がある。 」と覚えておきましょう。 また、包茎手術を行っているクリニックの「ABCクリニック」のホームページでは包茎のセルフチェックが行なえます。 真性包茎や仮性包茎と比べると判断が難しいカントン包茎ですが、このセルフチェックを利用すると自分の包茎の種類も判断しやすくなるので一度使ってみると良いでしょう。 ABCクリニック 「5分でわかる!包茎セルフチェック」 (1-3)真性包茎と仮性包茎の違いは? せっかくなので、包茎の種類としてはカントン包茎よりも有名な真性包茎と仮性包茎との違いも説明しますね。 ・真性包茎とカントン包茎の違い 真性包茎は、通常時、勃起時ともに包皮がむけずに亀頭を露出できないペニスのことです。 カントン包茎だと痛みやしめつけが伴っても、頑張れば亀頭を露出できます。 2つの包茎には 「どう頑張っても亀頭をすべて露出できない」「頑張れば亀頭をすべて露出できる」という違いがあるといえるでしょう。 なぜ真性包茎のように亀頭をすべて露出できない状態になってしまうのかというと、 「癒着」と「包皮輪の狭さ」という2つの原因が考えられます。 生まれたときのペニスの亀頭と包皮は癒着しているため、男性は全員が真性包茎です。 しかし、成長するにつれペニスが大きくなり思春期に自分でペニスをいじるようになると癒着がはがれていき、最終的には包皮をむけるようになります。 それでも中にはペニスが大きく成長しなかったり、自分でペニスをいじることが少ないせいで大人になってからも亀頭と包皮が癒着したままで、真性包茎になってしまう人がいるのです。 そして、「包皮輪の狭さ」が原因で真性包茎になる場合もあります。 亀頭と包皮輪が癒着していなくても、包皮輪が狭ければ亀頭にひっかかってしまい、やはり亀頭をすべて露出できないので真性包茎となってしまいます。 真性包茎とカントン包茎の違いについて説明してきましたが、実は真性包茎からカントン包茎になってしまう可能性も十分にありえます。 あなたも気づいたかもしれませんが、「包皮輪が狭い」というのは、真性包茎だけでなくカントン包茎を引き起こす原因でもあります。 基本的に包皮輪がせまい真性包茎は、皮をむこうとしても包皮輪が亀頭にひっかかって亀頭を露出することはできません。 しかし、包皮輪は伸び縮みするものなので中には「ほどほどの力ではむけなくても、思いっきりの力ならむける」といった真性包茎もあります。 「思いっきり力を入れて包皮をむくことなんてないよ…。 」と思うかもしれませんが、「どうしても真性包茎を改善したい!」「明日は初めてのセックスだから、なんとしてでも真性包茎を改善したい!」といった強い思いから、思いっきり包皮をむいてしまう人もいるのです。 真性包茎の包皮を思いっきりむいて、仮に亀頭がすべて露出したとしましょう。 この場合、亀頭が露出しても包皮輪は狭いままなので、亀頭の根元部分は狭い包皮輪によってしめつけられてしまいます。 この状態はまさにカントン包茎に当てはまる状態ですよね。 このように基本的に「真性包茎」と「カントン包茎」というように分けて考えられてはいますが、 真性包茎の延長線でカントン包茎になってしまうこともあるのです。 ・仮性包茎との違い 仮性包茎は通常時、勃起時ともに痛みやしめつけを感じずにすんなり包皮をむけて、亀頭をすべて露出できるペニスのことです。 カントン包茎も通常時、勃起時ともに包皮をむいて亀頭をすべて露出できることがありますが、その場合には包皮輪の狭さが原因となる痛みやしめつけを感じます。 このように包皮をむこうとしたときに包皮輪の狭さによる 「痛みやしめつけ」を伴うかどうかが仮性包茎とカントン包茎の違いだといえます。 ただし、真性包茎での説明と同じように仮性包茎の延長線でカントン包茎となってしまうケースも中にはあります。 成人をむかえるあたりまで身長が伸びるように、ペニスも少しずつ成長していきます。 また、中には成人を超えてからでもサプリメントやトレーニングといった努力をして、ペニスを成長させる猛者もいます。 例えば高校生の頃は仮性包茎だったとしても、年令を重ねる内に亀頭のサイズが大きくなれば、大きくなった亀頭に対して包皮輪が狭くなってしまい、勃起時に包皮輪をむこうとすると痛みやしめつけを感じるカントン包茎になってしまうことがあるのです。 カントン包茎と真性包茎、仮性包茎の違いをそれぞれ説明してきましたが、場合によっては真性包茎と仮性包茎の延長でカントン包茎になってしまうこともあります。 このようにカントン包茎は他の包茎と比べると、見分けるのが難しい包茎だといえます。 (1-4)「無理やり」が原因になることも そもそもどうしてカントン包茎になってしまうのか、その原因も気になるところですよね。 まず本来の意味のカントン包茎の状態になってしまう原因としては、包皮を無理やりむいてしまうことがあげられます。 例え包皮輪が狭くても、なにも力を加えていない状態なら亀頭がしめつけられることはまずありません。 しかし、包皮輪が狭いせいでいつまでも亀頭をすべて露出できないというのは、男として恥ずかしいですよね。 そのため、痛みやしめつけがあっても無理に包皮をむいてしまう人もいます。 包皮は多少であれば伸びるものですから、無理をすれば亀頭をすべて露出できる可能性はありますが、こうなると亀頭の根本部分が狭い包皮輪によってしめつけられてしまい、カントン包茎になってしまうのです。 もしあなたが包皮をむこうとして包皮輪による 痛みやしめつけを感じるならば、絶対に無理やりむくことだけは避けてください。 無理やり包皮をむこうとすることがカントン包茎の状態になってしまう原因ですが、元をたどれば包皮輪が狭いことがカントン包茎の特徴ですよね。 包皮輪が狭くなる原因としては、ペニスをいじる頻度が低かったことが考えられます。 思春期になると多くの男性が性に目覚めて、ペニスを頻繁にいじるようになります。 この ペニスをいじるという行為を何度も繰り返すことによって、もともと狭かった包皮輪も少しずつ広がっていくのです。 ただし、真性包茎との違いの部分でも話したように、生まれたときは亀頭と包皮が癒着しているため、癒着が残っている状態でペニスをいじり包皮をむこうとすると癒着がはがれるたびに痛みを感じてしまいます。 中には、この痛みが嫌で思春期にペニスをいじる頻度が少なくなってしまう人もいるのです。 そうなるといつまで経っても包皮輪が広がらず、カントン包茎になってしまうのです。 2. カントン包茎で困ることは? 次にカントン包茎だとどんな点で困ってしまうのかを説明します。 (2-1)亀頭部の壊死 カントン包茎で困るのは、真性包茎とや仮性包茎と違うのが 亀頭部が壊死してしまう可能性があることです。 もちろん、カントン包茎だからといって、すぐに亀頭部が壊死することはありません。 しかし、カントン包茎だと、次のような順序で亀頭部が壊死してしまう可能性があるのです。 まず包皮輪が狭くても、平常時の亀頭が大きくなっていない段階であればなんとか包皮をむくことはでき、包皮をむいても特に問題は起こりません。 では包皮をむいた状態で勃起するとどうなる試したことはありますか? 勃起すれば陰茎や亀頭は平常時よりも大きくなるのが普通ですよね。 そのため、平常時よりも包皮輪による亀頭の根元部分のしめつけが激しくなって、包皮を元に戻せなくなってしまいます。 この締め付けにより亀頭と包皮の血液とリンパ液の流れが滞ってしまい、さらに亀頭と包皮の肥大化が進み、 包皮を戻せない状態となってしまうのです。 この状態を放置しておくと亀頭は壊死してしまい、使い物にならなくなってしまうのです。 ・亀頭と包皮が腫れ上がって元に戻せない状態 このように包皮が亀頭の根元部分にひっかかってしまったら、とにかく 包皮をもとに戻すことが大切であり、もししめつけによってさらに亀頭や包皮の肥大化がすすみ、自分では包皮を元に戻せなくなったらただちに手術や治療が必要となります。 包皮輪の狭い人が勃起していないときに自分で意図的に包皮をむいて、その状態で勃起をするとカントン包茎の状態になってしまうことがあります。 しかし、このように自分で意図的に包皮をむかなくても、例えば自分が寝ているときに寝返りなどのふとした刺激で平常時に包皮がむけてしまい、さらにこの状態で無意識に勃起してしまい亀頭の根元部分がしめつけられてしまうことも十分に考えられます。 亀頭が壊死してしまいペニスが使い物にならなくなってしまうことほど、男性にとって怖いことはないですよね。 (2-2)セックス時の痛み ペニスはセックスをするために重要なものであり、包茎について語る場合にはセックスの話が欠かせませんよね。 残念ながら い、セックスが中断になってしまうこともあります。 やはり、女性には包皮がむけているペニスを見せたいと思いますよね。 しかし、カントン包茎の人は勃起時に包皮をすべてむくと、亀頭がしめつけられてしまうので、まずセックスをするときに無理にでも亀頭をすべて露出しようとするのはおすすめできません。 亀頭を露出せずに包皮がかぶった状態でも、セックスをすることは可能です。 しかし、この状態でセックスをすると、ピストン運動にあわせて包皮も前後運動してしまいます。 カントン包茎の人は包皮輪が狭いので、包皮が前後運動すると今度は亀頭の根元部分ではなく、亀頭そのものが包皮輪によってしめつけられてしまい、痛みをともなってしまいます。 また前後運動の際に亀頭によって包皮輪が無理に広げられてしまい、 包皮が裂けてしまうということも…。 さらに前後運動の力によって包皮がむけてしまい、 セックス中に亀頭がすべて露出されてしまうこともあります。 こうなるとやはり狭い包皮輪によって亀頭の根本がしめつけられ、最悪の場合 亀頭が壊死してしまう可能性もあるのです。 こうしてみると、カントン包茎の人にとってセックスは一苦労なうえに痛みや危険も伴いますから、カントン包茎のままでセックスに臨むのはおすすめできません。 (2-3)悪臭が漂う 悪臭の発生は、真性包茎や仮性包茎と共通するカントン包茎のデメリットです。 生活している中で体から垢が出るのと同じように、ペニスからも垢が出ます。 さらにこの垢に包皮に付着した尿や精子が混ざったものを「恥垢」といいます。 カントン包茎は、包皮輪がせまいせいで普段から亀頭が包皮におおわれており、この部分に恥垢が溜まりやすくなっています。 さらに湿った状態にもなっており、 たまった恥垢から悪臭が漂いやすいのです。 あなたも一度は自分のペニスについた白い恥垢の臭いを嗅いだことがあるでしょう。 自分の体からあんな臭いが発せられていると考えるとショックですよね。 カントン包茎でも、通常時であれば無理なく包皮をむける場合もあるため、お風呂に入ったときにしっかりと包皮をむいてたまった恥垢を洗い流すことで、悪臭の発生をある程度防げます。 しかし、包皮輪が狭く通常時でも包皮をむこうとすると痛みやしめつけがある人は、入浴時にも包皮をむきづらいので悪臭はひどくなってしまいます。 通常時でも包皮をむこうとして痛みやしめつけがある場合には、無理に包皮をむくとカントン包茎の状態になってしまう危険もあります。 そのため、無理に包皮をむかずに包皮の入り口からシャワーの水を流し込み、指で入り口をふさぎましょう。 そうすると包皮の中に水がたまり風船のようにふくらむので、膨らんだ包皮を軽く指で押してもみ洗いしてください。 これを数回繰り返すことで、亀頭と包皮の中にたまった恥垢をある程度落とせます。 ただし、やはりカリ部分にたまった恥垢はこの方法では落としづらいので、根本的に問題を解決するには、カントン包茎そのものを改善する必要があります。 あわせて読みたい (2-4)性病にかかりやすくなる 悪臭が発生するということは、亀頭と包皮の間で雑菌が多く繁殖しているということでもあります。 雑菌は性病の原因となるとウイルスや細菌にとってはごちそうであるため、カントン包茎の人は、 性病や病気にかかりやすいといわれています。 カントン包茎だと痛みがともなうためセックスができない場合が多いですが、中にはそれでもセックスができるという男性もいます。 しかし、あなたも知っているとおり性病はセックスをすることで相手に感染することもありますし、反対に相手から性病のウイルスや細菌をもらってしまい、自分自身が性病をうつされてしまうこともあります。 もちろん、カントン包茎だと必ず性病や病気を発症するというわけではありませんが、可能性が高い以上、「痛み」だけでなく、性病や病気の発症という観点からもセックスは控えるようにしたほうが良いでしょう。 カントン包茎の人が発症しやすくなる性病や病気をあげておくので、参考にしてみてくださいね。 HIV• クラミジア• 亀頭包皮炎• 陰茎がん• ケーラー紅色肥厚症 あわせて読みたい 3.カントン包茎は治療するべき? カントン包茎の見分け方やデメリットについて紹介してきましたが、一番知りたいのは「カントン包茎は治療するべきなのか」という点ですよね。 カントン包茎の治療の必要性、さらに治療方法について説明していきましょう。 (3-1)壊死の危険性を考えると治療するべき! カントン包茎は気頭部の壊死の危険性があるため、治療するべきです。 寝ている間に勝手に包皮がむけて勃起してしまい、包皮輪のしめつけによって亀頭や包皮が肥大化して包皮が戻せなくなって、 亀頭部が壊死する危険性があるからです。 またセックスのピストン運動が原因で同じような状態に陥ってしまう危険もあるのです。 (3-2)自力で治せる可能性もあるが、危険も伴う 自分で改善する方法は、通常時はあまり痛みやしめつけを感じずに亀頭を露出でき、勃起時になると多少の痛みやしめつけを感じる程度の軽度のカントン包茎には有効です。 この程度のカントン包茎であれば、包皮輪が極端に狭くはなっていないので、トレーニングや矯正グッズを使って包皮輪を少しずつ広げていけば、勃起時に包皮輪によって亀頭の根本がしめつけられることがなくなり、カントン包茎の危険を回避できる可能性があります。 トレーニングとしては、 入浴時に包皮を少しずつむいたり、指で包皮の左右や上下の端をつまみ、外側に引っ張るという方法が有効です。 また、指ではなく「キトー君」という矯正グッズで包皮を広げる方法もあります。 こうすることで、少しずつ包皮輪が広がっていき、いずれ勃起した状態でも包皮輪によるしめつけを感じなくなるのです。 ただし、トレーニングや矯正グッズを使っても効果が必ずあらわれる保証はなく、 効果があらわれるとしてもそれは数カ月後の話です。 キトー君をもっと詳しく また、勃起時だけでなく通常時でも包皮をむこうとすると強い痛みやしめつけを感じてしまう重度のカントン包茎だと、包皮輪がかなり狭いのでこういったトレーニングや矯正グッズでは効果を実感しづらいでしょう。 カントン包茎が改善されたかどうか自分で確認するためには、やはり包皮をむいて亀頭をすべて露出させてみる必要がありますよね。 勃起状態で亀頭をすべて露出させて痛みやしめつけを感じず、なおかつ包皮をすんなり戻せるのであればカントン包茎から、仮性包茎へとステップアップできた証明になります。 軽度のカントン包茎であれば、もともと包皮輪がそこまで狭くないので、試しに自分で包皮をむいてみても問題になることは少ないです。 しかし、重度のカントン包茎だとトレーニングや矯正グッズの効果を確認したい一心で無理に包皮をむいてしまうと、亀頭の根本がしめつけられて、包皮を戻せなくなってしまう危険もあります。 そのため、軽度のカントン包茎でなおかつトレーニングや矯正グッズを使い続ける根気があるならば、自力で治す方法を試しても良いかもしれませんが、重度なのカントン包茎の場合にはトレーニングや矯正グッズを利用している最中にカントン包茎の状態に発展する危険があるのでおすすめはできません。 (3-3)カントン包茎なら自力ではなく、手術がおすすめ! カントン包茎を改善したい場合には、根気と危険が伴う自力で治す方法ではなく、手術での治療をおすすめします。 手術の選択肢としては「泌尿器科」と「クリニック」の2つがあげられますが、それぞれの特徴を紹介しておきましょう。 《泌尿器科での手術》 もし、今まさにカントン包茎で包皮が戻せない状態になっている場合、 亀頭の壊死の危険もあるのですぐにでも泌尿器科へかけこみましょう。 カントン包茎の状態はあきらかに健康を害する状態なので、泌尿器科で緊急手術を受けた場合でも健康保険が適用となり、5万円程度の費用で手術ができます。 しかし、泌尿器科で行われる健康保険が適用される手術はあくまで、「ペニスが壊死する危険を回避し、その後同じようにカントン包茎の状態にならないようにするため」のものです。 つまり、術後の見た目はまったく考慮されていない手術なので、 仕上がりがツートンカラーになったり、縫い目が目立つといったデメリットがあります。 次に、カントン包茎だけど緊急の手術が必要ない場合に、泌尿器科に足を運んだ話をしましょう。 例えば、通常時は包皮をむいて亀頭をすべて露出でき、勃起をしても亀頭が少ししめつけられてわずらわしいだけなら、亀頭が壊死する危険は低くカントン包茎になりにくいと医師から判断されます。 受診した泌尿器科によっては「仮性包茎」と診断される場合もあります。 仮性包茎は健康を害する危険はないと判断されるため、この場合は泌尿器科では手術ができません。 例えば、通常時でも包皮をむこうとするとしめつけによる痛みを感じて、亀頭をすべて露出できない場合や、過去に一度おもいっきりむいてはみたが根本がかなりしめつけられて痛かったというようなペニスの状態の場合は、今後セックスをしたときや寝ているときにカントン包茎の状態になり亀頭が壊死する危険もありますよね。 そのため、この場合は泌尿器科で健康保険が適用される手術を受けられる可能性があります。 ただし、本当にカントン包茎なのかどうかは、医師の判断による部分が大きく、素人では判断が難しくなっています。 そのため、カントン包茎になっているならもちろんですが、包皮輪によるしめつけや痛みが気になっているなら自分で判断せず、一度泌尿器科で診てもらったほうが良いでしょう。 泌尿器科で診察してもらい、「健康保険が適用される手術ができますよ。 」となった場合は、手術の跡が残りやすく術後の見た目が考慮されない手術になるということは頭に入れておいてくださいね。 《クリニックでの手術》 クリニックでは、カントン包茎のペニスを治しつつ、 術後の見た目もきれいに仕上がるような手術を行ってもらえます。 ただし、クリニックでは健康保険が適用されないため、費用が20万円前後かかるのが一般的となっています。 費用は安いがペニスの見た目が悪くなる可能性が高い泌尿器科での手術を受けるか、費用は高いがペニスの見た目が悪くならないクリニックでの手術を受けるかはあなたの判断ですが、おすすめはクリニックでの手術です。 せっかく カントン包茎を治してもペニスの見た目が悪いと、今度は別のコンプレックスを抱えることになりますよね。 これを避けるためにもクリニックでの手術がおすすめなのです。 しかし、もし今まさに亀頭と包皮がふくれて痛みもかなり強いカントン包茎の状態になっているなら、クリニックでの手術はあまりおすすめできません。 なぜなら、包茎手術を取り扱っているクリニックの中には、余計なオプションを追加して高額な費用を請求するクリニックもあるからです。 もし、カントン包茎であなたが足を運んだクリニックが利益ばかりを重視するクリニックだったとしましょう。 クリニックは利益を少しでも利益をあげるために、カントン包茎を治療する手術に加えて、ペニスを増大する手術といったあなたには必要のない手術もすすめてくる可能性もあります。 すでに亀頭が圧迫されて危険が迫っている状態のあなたは、クリニックの医師に「ペニス増大手術もするべきですね。 」と言われたら「その手術はいりません!」と断れるでしょうか? 一刻もはやくカントン包茎の状態を改善してもらいたいがために、「お願いします。 」と返事をしてしまうかもしれませんね。 そうすると手術が終わった後に高額な費用を請求させることにもなりかねません。 実際にクリニックで包茎手術を受けた人の中には、こういった手口で高額な費用を請求された例もあります。 もちろん、すべてのクリニックがこういったことをおこなっているわけではありません。 もし、カントン包茎の状態になってしまい、手術をしてなおかつ見た目の仕上がりにもこだわりたいという場合には、こういった心配が少ない大手の「ABCクリニック」や「上野クリニック」を選ぶと良いでしょう。 一番良いのはカントン包茎の「状態」になってしまう前に治療してもらうことです。 カントン包茎の状態になる前なら、今すぐに緊急手術をする必要もないので、クリニックの医師からの手術の提案についても落ち着いて判断できますよね。 ABCクリニックをもっと詳しく 4.まとめ 最後にもう一度、カントン包茎の特徴をまとめておきましょう。 カントン包茎は包皮で亀頭の根本がしめつけられて亀頭と包皮が肥大化し、包皮が戻せない状態のこと• カントン包茎の状態を放置しておくと 亀頭が壊死する危険もある• 確実性と見た目を意識するなら、費用はかかるがクリニックでの手術がおすすめ カントン包茎は真性包茎や仮性包茎とは違い、「亀頭の壊死」という最悪のデメリットを持ち合わせています。 カントン包茎の場合、自分が意識して皮をむかなくても、セックスをしたときのピストン運動で包皮がむけて、亀頭が露出される可能性もあります。 こうなると痛みでセックスは中止になるわ、包皮でしめつけられて緊急手術が必要になるわと、最悪ですよね。 なので、こういった危険が起こる前に、あなたが自ら行動して、カントン包茎を改善するための行動を起こすことを願っています。 この記事を読んだ人はこちらの記事も関心を持っています。

次の