消化 器官 イラスト。 人間の消化器官 ストックイラストレーション

消化と吸収

消化 器官 イラスト

消化と吸収 消化とは食物中に含まれる大きな分子の栄養素を分解して小さな分子にすることである。 消化をすることで小腸で栄養素を吸収されやすくなる。 消化管を通る中で様々な消化器官から食物へ消化液を出すことで色々な種類の栄養素を消化できるようにしている。 消化酵素・・・消化液に含まれている物質で栄養素を消化することができる。 [すい臓] 消化液: すい液 消化酵素: アミラーゼ デンプンを麦芽糖にする トリプシン タンパク質を更にアミノ酸にする リパーゼ 脂肪を脂肪酸とモノグリセリドにする ペプチターゼ 分解されたタンパク質をアミノ酸にする。 ペプシンとトリプシンは実はタンパク質を分解しているだけ。 アミノ酸にはしていない。 胆汁を作る• アンモニアを尿素にする 解毒作用• よってこの後の大腸では消化はほとんど行われない。 [大腸] 大腸は消化された食物の残りから 水分を吸収し、排出作用を行っている。 ややこしいので図にまとめます。 小腸のつくり 小腸の内壁には多数のひだがありその表面には 柔毛という小さな突起でおおわれている。 柔毛 は小腸の内壁の 表面積を大きくすることで効率よく養分を吸収できる。 柔毛で吸収された養分は種類によって違う管で運ばれる。 先ほどの表を更にまとめた表を示す。

次の

内臓の位置・消化器官人体図[名称付き]【メディカルイラスト図鑑】無料の医療・美容素材集

消化 器官 イラスト

消化と吸収 消化とは食物中に含まれる大きな分子の栄養素を分解して小さな分子にすることである。 消化をすることで小腸で栄養素を吸収されやすくなる。 消化管を通る中で様々な消化器官から食物へ消化液を出すことで色々な種類の栄養素を消化できるようにしている。 消化酵素・・・消化液に含まれている物質で栄養素を消化することができる。 [すい臓] 消化液: すい液 消化酵素: アミラーゼ デンプンを麦芽糖にする トリプシン タンパク質を更にアミノ酸にする リパーゼ 脂肪を脂肪酸とモノグリセリドにする ペプチターゼ 分解されたタンパク質をアミノ酸にする。 ペプシンとトリプシンは実はタンパク質を分解しているだけ。 アミノ酸にはしていない。 胆汁を作る• アンモニアを尿素にする 解毒作用• よってこの後の大腸では消化はほとんど行われない。 [大腸] 大腸は消化された食物の残りから 水分を吸収し、排出作用を行っている。 ややこしいので図にまとめます。 小腸のつくり 小腸の内壁には多数のひだがありその表面には 柔毛という小さな突起でおおわれている。 柔毛 は小腸の内壁の 表面積を大きくすることで効率よく養分を吸収できる。 柔毛で吸収された養分は種類によって違う管で運ばれる。 先ほどの表を更にまとめた表を示す。

次の

内臓の位置・消化器官人体図[名称付き]【メディカルイラスト図鑑】無料の医療・美容素材集

消化 器官 イラスト

消化と吸収 消化とは食物中に含まれる大きな分子の栄養素を分解して小さな分子にすることである。 消化をすることで小腸で栄養素を吸収されやすくなる。 消化管を通る中で様々な消化器官から食物へ消化液を出すことで色々な種類の栄養素を消化できるようにしている。 消化酵素・・・消化液に含まれている物質で栄養素を消化することができる。 [すい臓] 消化液: すい液 消化酵素: アミラーゼ デンプンを麦芽糖にする トリプシン タンパク質を更にアミノ酸にする リパーゼ 脂肪を脂肪酸とモノグリセリドにする ペプチターゼ 分解されたタンパク質をアミノ酸にする。 ペプシンとトリプシンは実はタンパク質を分解しているだけ。 アミノ酸にはしていない。 胆汁を作る• アンモニアを尿素にする 解毒作用• よってこの後の大腸では消化はほとんど行われない。 [大腸] 大腸は消化された食物の残りから 水分を吸収し、排出作用を行っている。 ややこしいので図にまとめます。 小腸のつくり 小腸の内壁には多数のひだがありその表面には 柔毛という小さな突起でおおわれている。 柔毛 は小腸の内壁の 表面積を大きくすることで効率よく養分を吸収できる。 柔毛で吸収された養分は種類によって違う管で運ばれる。 先ほどの表を更にまとめた表を示す。

次の