ファイアー エムブレム ヒーローズ ブログ。 【ファイアーエムブレムヒーローズ】レビュー&評価と序盤攻略【FEH】

ファイアーエムブレムヒーローズ歯車日記

ファイアー エムブレム ヒーローズ ブログ

で「未チェック品で動くのが当たり前」というのが相当数あって驚愕した自身である。 そもそもジャンク品って そのままでは使用不可で、例えばパソコンだったらを交換したら直ったとか、電源ユニットを交換したら直ったとかメを交換したら直ったとかそういう類いだと思っていたので、 動くの当たり前 というbehaviorはさすがに「 ジャンクって辞書で1回でも引いたことある?」と言いたくなってしまう。 ヤヤコシーのはハドフでありがちな「ノータッチ品」であろう。 これは0円同然で買い取ってそのままジャンクコーナーに並べただけだから くじ引き感が強い。 しかしそれでも「動いて当たり前」からはほど遠いだろう。 というかハドフの看板にも「 ジャンクとは」って書いているはずだが? とりあえずのネタが出来たので書いた自身であったがなんつーか世の中のがむしろ後退していると思うのは自身だけではない気がするところである。 ninosan システムが安定しているなら Updateというのは禁忌も禁忌なのであるのだがの最新の説明に「stability」とか書いてあるもんだから更新のムラムラが収まらず結局実行してしまった。 上のAI Suiteからでも出来るらしいがその瞬間電源 or OSがハングアップしたらがご臨終するというので致命傷確率が上がる。 さらにUpdateの安定性もイマイチだというので面倒だがーを用意した。 手順は簡単でのzipファイルを解凍してーにコピーしてのアドバンスモードから実行するだけである。 速度も90秒くらいだろうか?あっさりであった。 ついでを見ていると「ポートの取り扱い」みたいなものがあって「毎回初期化する」というのがあった。 実はキーボードの認識がひどく不安定で機嫌が悪いときは3回連続認識失敗みたいなことがあったのだがとりあえずこの「毎回初期化する」でしばらく様子を見ようと思う。 てっきりポート?コが死亡したと思っていたのだがいやはやである。 ninosan というわけでi3 4170のパソコンを6000円(!)で買ったのでさよなら、 E6300のベンチを貼る。 CineベンチR15で2. 64倍となった。 それまでが正直を開くときもビミョーに引っかかっていたのでとにかく快適である。 クロックが高いせいなのかi5 3550よりも瞬発力がある気がする(気がするだけだろうが)あとWeb界隈を見ていて印象的だったのがIvy時代のi3よりも割とはやいと言うことである。 既に中古市場ではIvy以下は絶滅目前であるが性能を見るとなるほどという感である。 にしても 3100ってZEN 2最低でありながらマルチコアが1000を超えるそうでi7 4770よりはやいのは割と隔世の感があるところである。 ninosan デタラメに難しくはないのだが、キャラ制限が厳しく手こずっている人もいそうなので紹介する。 実際自身もレベル1でほっらかしであったのである。 その分ジェさんを補強する必要があるので槍殺しをつけた。 これくらいでOKである。 動きが変わるが大して問題ない。 初手は動画通りでOK、2ターン目の時点でジェさんの槍殺しでヒノカをもう倒してしまうこと。 斧を死線ガイアさんで倒してWalhartで守ってあげる。 あとは残ったタクミをみんなでして終わり。 ギャンレルさんに羽根20000使うのに抵抗ないならさっさと使った方が良いかもしれない。 でも死線ガイアさんが意外と強くて驚いた。 ninosan Web界隈にに関するサイトはいくつかあるがどれも良い意味で素人の攻略本みたいな感じで手作り感あふれているのだがここに来て突然ブクマを集めまくった記事があったのでそこで紹介されている姜葱醤を買った。 なおブクマの影響なのか既に品薄で「1人1つまで」という注意書きもあった。 中身は要するに アブラと創味シャンタンと生姜と葱を混ぜただけである。 そして今時 合成着色料がらしい。 に慣れている人なら余裕だと思うが嫌う人は嫌うと思うのでmentionする。 味はアブラが多いので想像以上に舌の上ではマイルドである。 もっと生姜の味がツンツンしているかと思っていた。 以前でフランス産を買った時辛いよりもとにかく酸っぱくて「 腐っているんじゃないか」と思ったのだが、フランス産では普通らしく「味覚が違うんだな」と思ったものであるが、この商品についてはむしろ日本人向けという感である。 塩分は100gで3g程度なので安心であるが前述のようにアブラ比率が高いので調子に乗ってドバドバ入れるとであーってことになりそうだ。 ちなみに235円。 安物のラーメンやスパゲティなどで「何か物足りない」時に入れると良さそうで高級麺とかのリッチな味には不要かもしれない。 ninosan.

次の

【ファイアーエムブレムヒーローズ】レビュー&評価と序盤攻略【FEH】

ファイアー エムブレム ヒーローズ ブログ

クエストや闘技場マップでの基本を抑えれば、ほとんどの マップを攻略することが出来ます! ということで、戦闘の基本を全て書き出しました。 いきなり全部マスターとはいかないですが、 徐々に出来る様になると思います。 スポンサーリンク ダメージ 相手のHPを先に0にすれば、こちらのHPが1でも大丈夫なのでダメージを受けないように頑張る必要はそこまでないです。 命中、回避、必殺というのは無いので、ランダムにダメージが変化することはありません。 攻撃力ー守備力 ダメージは攻撃力ー守備力or魔法防御で決まります。 攻撃力はステータスに3すくみの補正がかかります。 尚、杖キャラのダメージは半分になります。 端数は切り捨てです。 物理攻撃と魔法攻撃 物理攻撃(剣、槍、斧、弓、暗器)、魔法攻撃(魔道書、ブレス、杖)によって守備力か魔法防御かどちらになるか決まります。 兵種アイコンで攻撃属性がわかるということになります。 スキルで変動(増加)します 武器とAスキル)。 白は3すくみに入らないがスキル(武器)で不利になることがあります。 赤(特に剣)に強力なキャラが多いので相対的に青の価値が高く緑は低いです。 ダメージではないので、普段ダメージを受けにくい重装も簡単に倒せるでしょう。 重装以外のキャラには一撃で致命的なダメージを受けます。 重装は倒せない可能性があるので、重装特効か魔法攻撃キャラを用意したいですね。 余談ですが、味方に重装がいるなら、 魔法防御の高い(魔法攻撃に強い)キャラがいると安定します。 バフ バフはターン開始時に隣接キャラの能力アップ、アクションで能力アップ、ターン開始時にHPが50%以下なら能力アップ、 隣接キャラが戦闘する時能力アップ、自分から戦闘後隣接キャラの能力アップがあります。 持続する効果は次の敵のターン終了時まで有効です。 またターン持続する効果は重複せず、最大の効果のみが適応されます。 しかし、常に変化するものはステータス自体が変化します。 (武器、死線、獅子奮迅、各種能力アップ(速さ+1とか)など) また、戦闘中に上がるもの(〇〇の一撃や〇〇の紋章)は重複します。 余談ですが、これまでのシリーズにあるような支援効果というのはありません。 デバフ デバフはターン開始時に2マス以内のキャラの能力ダウン、戦闘後能力ダウンがあります。 戦闘後の効果は戦闘に参加したキャラもしくは周囲2マス以内の敵に影響します。 また、武器は攻撃が出来れば反撃・追撃で倒されても効果が発生するので注意です。 例えば、1体倒して残りの1体の攻撃に耐えられると思ったら、速さを下げられて、 追撃で倒されてしまうなんてことも。 早さと追撃 速さが相手より5上回れば追撃(もう一度攻撃)します。 単純にダメージが2倍になるようなもので、攻撃するにしても 耐えるにしても重要。 速さによって活躍出来る場が大きく変化するので、 ガチャで速さ低いと外れと言われるのはこのせいです。 ただしスキルによっては、追撃出来たり出来なかったりします。 なお勇者系の2回攻撃は追撃ではないです。 勇者系で追撃できれば、追撃も2回攻撃します。 2回攻撃 勇者系は自分から攻撃した時1回の攻撃が2回になります。 言い換えると反撃では1回のままです。 速さが-5される分追撃を受けやすく倒されやすいので注意です。 なお、追撃ではないので追撃も発生し、追撃も2回攻撃になります。 攻撃射程 剣、槍、斧、ブレスは攻撃射程1、弓、暗器、魔道書、杖は攻撃射程2 射程が違うと反撃出来ない、 射程の違う敵に攻撃して反撃させないようにしよう。 射程の同じ敵を誘って、反撃を行えるようにしよう。 AIは反撃出来ないキャラを優先的に攻撃してくるので、囮とすることもできます。 ただし、先に倒せるのも反撃出来ないと扱われるので、 一撃で倒されるキャラがいると囮より先に倒されるので注意しましょう。 HP HPが1でも残れば勝てます。 HPは杖系の回復スキルなどで回復できるので、 回復できればダメージを受けても戦えます。 つまり、杖キャラがいると便利です。 回復 HPを回復すれば戦いつづけられます。 リブローは射程2あるので、敵に攻撃されない位置から回復することができます。 ただし、隣接キャラへのバフが届かなくなるので、使い分けるといいです。 固まって戦う場合4人は戦いにいけないので1人回復に回るとバランスがいいです。 移動力と兵種 歩兵、飛行は2、重装は1、騎兵は3で固定です。 戦闘アイコンではマムクートと暗器使いが歩兵で弓・魔道書・杖にに飛行と重装が無い以外は どの兵種なのかは不明なのでそれぞれに対応出来る様にしておくと良いです。 反撃と先制攻撃 反撃は攻撃射程が一致するか、特定のスキルがないと発生しません。 反撃でも先に攻撃出来るスキル(待ち伏せとか)があるので注意です。 待ち伏せはHPが全快の時には発動しないので、減ってなければ大丈夫です。 守備力と魔法防御 物理攻撃なら守備力、魔法攻撃なら魔法防御を使います。 物理攻撃しか来ないなら魔法防御は使わないということです。 魔法攻撃かどうかは兵種アイコンでわかるので、対応しておくと良いですね。 攻撃力 物理攻撃も魔法攻撃も一緒です。 攻撃力を上げる支援スキルは万能と言えるでしょう。 回復スキルには関係ありません。 反撃可能スキル リョウマやタクミ、ヘクトルなどが持っているスキルです。 攻撃射程が違っていても反撃出来るので注意しましょう。 特に飛行で弓(タクミ)に攻撃する時ですね。 戦闘結果予測が見えたとき、「あれ?なんか倒される!?」とならないように注意です(涙) 闘技場ではリョウマ、ヘクトル、タクミ、ノノ、大人チキが持っているので要対策です。 追撃可能スキル 〇〇殺しスキルなどによって速さが低くても追撃ができます。 重装が追撃してくるんだけど!?とピンチにならないように注意しましょう。 属性優位で戦えばほぼ問題ないでしょう。 やはり属性優位は大事です(笑) 追撃不可能スキル 守備陣形や〇〇殺しなどがあります。 重装が守備陣形を持っていると1回の戦闘で倒せなくて厄介です。 移動スキル 回り込み、引き込み、体当たり、ぶちかまし、入れ替わりなど 味方を指定して移動するスキルです(攻撃と同時にはできません)。 ぶちかましで山や川を越えて移動したり、 入れ替わりで急に前にでてきて攻撃してきたりするので注意です。 来ると思ったら下がってしまうお茶目な敵のこともありますが(笑) また、戦闘後に移動するのもあります。 叩き出し、引き込み、入れ替えのBスキルになります。 とくに引き込みが厄介で、1体誘ったつもりが複数に叩かれて倒れるという使い方をされます。 (複数のマップで仕掛けられています) 奥義 発動すると様々な効果を発揮しますが、基本ダメージが増えるのが厄介です。 ただ、ダメージを減らす系(大盾など)は戦闘結果予測に出ないので注意です。 予測ではHPが0になると表示されていたのに、戦闘したら奥義発動で 3残って敵のターンで攻撃された、とかなります。 なお、戦闘開始前にダメージを与える奥義は「32+32」のように戦闘結果予測に 表示されます。 奥義の攻撃範囲は攻撃の位置にかかわらずマップに対して一定の範囲になります。 (上から攻撃したとか左から攻撃したとか関係無く、常に横5マスとかになります) 奥義カウント 攻撃したり、されたりすると1カウントです。 攻撃したり、されたりすると奥義発動可能状態になります。 5なら5回攻撃もしくは攻撃されると奥義発動可能状態になります。 杖系は回復行動も1カウントになります。 2だと攻撃反撃追撃で追撃に奥義が発動する形になるので強いです。 (キラーランス+月光とか) 奥義発動可能状態になると数字からアイコンに変わります。 地形と兵種 林は歩兵は2マス分、騎兵は入れず、重装、飛行は影響なしです。 川や海、山は飛行のみいけます。 カベは誰も入れません。 地形による戦闘への直接の影響は無いです。 相手が入れない地形を利用してうまく分断したりするといいですね。 飛行系はそういうのが得意です。 (でも弓で落されたり(笑)) 追加ダメージ 死の吐息、ペイン、獅子奮迅、など 戦闘後にダメージを受ける、与えるものはHPを0にできず、1残ります。 ペインは倒されても攻撃すれば倒されても追加ダメージが発生するので、 反撃や追撃で倒す時に注意です。 また、獅子奮迅は反撃出来なくてもダメージを受けるので 奥義「砕火」など戦闘開始前にダメージを与えるスキルも同様に1残ります。 HP1だと確実に待ち伏せが発動するので、注意です。 歌う、踊る 行動終了した味方を行動可能にするスキルです。 攻撃と同時には行えません。 1回の戦闘で倒せなかった時に再度行動させたり、 1回の移動で届かない敵を攻撃したりと、非常に 便利なスキルです。 逆に相手が持っていると、届かないと思った攻撃が 届いたり、耐えられると思ったのに耐えられなかったりして 厄介です。 ストーリーでも最初のうちは厄介なこともないので、 特に確認しなくてもいけますが、先に進むにつれて 出てくるので、少しずつ慣れていきましょう。 倒されるのが嫌なら、きちんと確認するのが吉です! ファイアーエムブレムヒーローズのダウンロードはこちら スポンサーリンク.

次の

ファイアーエムブレムヒーローズ プレイ中11: 雑談ブログ

ファイアー エムブレム ヒーローズ ブログ

【ファイアーエムブレムヒーローズ】はおなじみ ファイアーエムブレムシリーズのスマホゲームです。 シュミレーションRPGの元祖となったあのゲームが スマホで気軽に遊べるようになりました。 かつて一緒に戦った英雄達とまた楽しめますね! システム的にはかなり軽くなって びっくりするほどさくさく楽しめます。 なお原作と違ってキャラがロストしたりしないからって、 わざとピンチになって服ビリ絵を楽しんだりしないでくださいね(笑 ちゃんとキャラの詳細で見られますから! 1回のプレイが短時間で気軽にでき、ランダムマップや 他のプレイヤーのメンバーとの戦いがあって飽きにくいです! 初めてでもやりやすい内容になっているので是非遊んでみてくださいね。 ファイアーエムブレムヒーローズのダウンロードはこちら スポンサーリンク 目次• 序盤の進め方 序盤はスキルも少ないし適当にやっていてもある程度は進めます。 出撃メンバーの強化をしていきましょう! その方法は・・・ 英雄のレベルアップ スキルの取得・装備 ガチャ 覚醒 限界突破 があります。 〇英雄のレベルアップ 敵に戦闘でダメージを与えたり、杖で味方を回復したり、敵を倒すと経験値が入り、 一定量でレベルアップし、各種能力値とスキルポイント(SP)が上がっていきます。 レベルアップ時のステータス上昇は固定です。 (レベル毎の上昇は上がったり上がらなかったりしますが、何度やっても同じになります。 ) 戦闘で手に入る経験値は敵のレベルがキャラより高いほど多くなり、 最大で2倍になります。 ただし、逆に低すぎると1しか手に入りません。 また城を改装することにより経験値が増えます。 オーブが必要となりますが、 ある程度キャラが揃ったら最大(200%)まで上げて良いでしょう。 結晶を使って経験値を増やす事も出来ます。 結晶はミッションや 修練の塔で16時の更新のあとの最初の1回だけ手に入ります。 階層が高いほど良い結晶が手に入るので、最初はできるだけ高いのに 挑戦すると良いです。 〇スキルの取得・装備 SP(スキルポイント)を消費して新しいスキルを習得しましょう。 SPは主にレベルアップ(レベルが高いほどたくさん入る)、敵を倒す(経験値が1のときは入りません) 杖スキルで回復(マップ毎に回数制限があります)すると入ります。 スキルは攻撃力の上がる武器か回復力の上がる杖スキルを(装備もスキル扱いです) 習得していくのがいいでしょう。 後はメンバーのバランスを考えて 攻撃強化の必殺技を取ったり、補助スキルを覚えていきます。 スキルは装備と仲間に使うスキル、奥義、Aスキル、Bスキル、Cスキルにわかれていて それぞれ1つづつ使えるようにできます。 大体のスキルは使っていていいのですが、一部スキルには能力が下がるものも あるので場合によっては外すことも選択肢になるでしょう。 例えば、死線(防御が下がる)、獅子奮迅(戦闘後ダメージを受ける) 勇者の〇〇(早さが5下がる)、キラー系(攻撃力が低い) たたき込み(戦闘後相手を一歩下がらせる)、引き込み(戦闘後相手を自分の位置にし 自分は一歩下がる)、入れ替え(戦闘後相手と自分の位置を入れ替える) がこれに当てはまります。 〇ガチャ オーブを使って英雄を召喚します。 召喚をすると5個の色が選ばれてひとつを選択するのですが、 残った4つから引き続き選んでいくとオーブがお得になります。 5個全部選ぶと25個のところが20個になり、5個(1回分)お得です! 武器に色があると思いますが、これは3すくみと言われる有利不利の関係にあります。 赤が緑に強いという感じです。 具体的には攻撃力が20%増減します! そのため色が偏ると得意な相手はいいですが、 苦手な相手では苦戦してしまうので、連続で引く特には 手持ちキャラのバランスを考えておきましょう。 白は別枠で有利不利が発生しにくいですが、 スキルによって優位を取られることもあります。 〇覚醒 レベルが20以上のキャラは勲章と英雄の翼を消費してレアリティを上げる事ができます。 レアリティが上がると能力値が上昇し、新たなスキルを習得できます。 レベルは1になるので、一時的に能力値は下がりますが、レベルを上げれば 以前よりも強くなります。 尚、スキルとSPは引き継ぎます。 勲章は修練の塔やクエストで、英雄の翼は闘技場(闘技場クエスト含む) キャラの送還、あいさつで手に入ります。 〇限界突破 同じキャラを消費する事によって能力値とSPを増やす事が出来ます。 レベル上限とかは変わりません。 戦闘のコツ ポイントは3つです。 出撃メンバーの編成 移動力と攻撃距離 キャラのスキル 属性 〇出撃メンバーの編成 属性、スキル(主に武器)、移動力と攻撃距離を考えてメンバーを編成しましょう。 ストーリーや修練の塔ではあらかじめ相手の属性が分るので、 得意なメンバーを選びましょう。 闘技場では一人だけしか分りませんので、 バランスを考えていくことになります。 と言っても偏っていなければ良いでしょう。 相手の属性で分るのは剣、斧、槍、弓、杖、暗器、魔法(赤、青、緑)、竜までで、 歩兵、重装、騎兵、飛行のどれかはわかりません。 問題なのは重装で守備力が非常に高いので、魔法攻撃の出来る 魔法もしくは竜がいないと全くダメージを与えることが 出来ずに詰む事があります。 魔法攻撃(魔法とブレス)か重装特効スキル持ちをひとり 入れておくと良いでしょう。 〇移動力と攻撃距離 キャラの兵種は歩兵、騎兵、飛行、重装の4タイプで、 歩兵と飛行は移動力2、騎兵は3、重装は1で固定です。 攻撃距離は剣、槍、斧、ブレスが1で、弓、魔法、暗器が2です。 攻撃距離が1のキャラばかりだと、同じ敵に攻撃するのに 場所が無いということになってしまうので、 攻撃距離1と2が両方いる方がいいです。 移動距離は多い方がいいですが、最初は考えなくても大丈夫です。 特定の兵種にのみ攻撃力が倍になります。 特効には飛行特効、重装特効、騎兵特効、歩兵特効、竜特効 などがあります。 飛行と重装は多いので積極的に利用もしくは回避していきましょう。 〇属性 武器によって属性があり、色によって相性が決まります。 赤が緑に強いという感じです。 ポケモンと一緒w) 具体的には攻撃力が20%増減します。 かなりの差が出るので、相手の属性に合わせて 編成するとかなり楽になります。 まとめ シュミレーションRPGとしては1回のプレイ時間が短くて 気軽に遊べるゲームです。 気軽にとは言え、考えるところもあるのが面白いですね。 好きなキャラを頑張って活躍させるのも楽しいと思います。 思い入れのあるキャラがいるという方も始めての方も基本無料なので 是非遊んでみてくださいね。 ファイアーエムブレムヒーローズダウンロードはこちらから スポンサーリンク.

次の