石井 琢朗 巨人。 石井琢朗コーチの年俸・年収の推移?なぜ有能!巨人ファン!性格よし!

巨人・木村拓也コーチ死去?池山隆寛や石井琢朗などブログで「残念」の声(RBB TODAY)が気になる: ネタになるニュースと動画

石井 琢朗 巨人

今季限りでヤクルトを退団した石井琢朗コーチが、来季は巨人の1軍コーチとして指導に当たると各スポーツ紙で報じられている。 石井琢朗は、1998年に横浜を38年ぶりの優勝に導いたリードオフマンであり、球団史上最多安打数を誇るベイスターズの顔だった。 しかし、38歳の2008年に不振に陥ると、球団から引退勧告を受ける。 石井はそれを拒否して広島へ移籍。 4年間、現役を続けて2012年限りで引退した。 その後、広島でコーチに就任し、2016、2017年の優勝に大きく貢献した。 昨季からはヤクルトの打撃コーチに。 今季は高卒2年目の村上宗隆が36本塁打、96打点を挙げるなど、若手育成の手腕が高く評価されている。 その敏腕コーチを巨人が獲得することとなった。 石井はコーチとして、セ・リーグで3球団を渡り歩くことになる。 今年、ヤクルト退団が報じられると、横浜ファンから復帰を望む声も挙がっていたが、古巣へ戻ることはなかった。 野球担当記者が話す。 「遺恨が残るような退団の経緯でしたからね。 その後の他球団での貢献ぶりから考えると、石井が指導者として在籍していれば、横浜は今より強くなっていたかもしれません。 チームの顔がフロントと折り合わずに移籍して、そのまま移籍先で指導者になり、元の球団に戻ってこない例は多々あります」(以下同) 1977年、南海ホークスの野村克也選手兼任監督は解雇を言い渡されると、オフにロッテに移籍。 最終的には西武で引退した。 9年間に及ぶ解説者生活を経て、1990年にヤクルトの監督に就任。 4度のリーグ優勝と3度の日本一に輝き、長きにわたって低迷していたチームを立て直した。 その後も阪神、楽天の監督を務めたが、古巣であるホークスにカムバックすることはなかった。 「野村監督の退任した翌1978年から1997年までホークスは20年連続Bクラスでした。 その間、ホークスの顔だった野村氏がヤクルトの黄金時代を築いたことは皮肉でした」 ファンからすれば、生え抜きとして活躍したスター選手が監督やコーチとしてチームを率いる姿が望ましいだろう。 しかし、球界では最終的に引退した球団で指導者になるケースは多いが、古巣に戻る例は意外と少ない。 「横浜では金城龍彦も引退勧告の末にFAで巨人に移籍し、今年は2軍の打撃兼外野守備コーチでした。 巨人がよく戦力外になったベテランや峠の過ぎた選手をFAで獲得するのは、引退後を見越してのことでしょう。 昨年オフに獲得した、メジャー経験者である中島宏之や岩隈久志は、今シーズン活躍できませんでした。 来シーズンもどれくらい成績を残せるか不透明です。 しかし、仮に選手として上手くいかなくても、将来指導者として豊富な経験を伝えてくれればいいと球団は考えているのではないでしょうか。 巨人の補強は批判されることもありますが、将来のことまで視野に入れている。 巨人で、功労者が遺恨を残して移籍するケースがないとは言いませんが、少ないほうでしょう。 もちろん選手としても、巨人ブランドのまま引退したいという思惑はあるかもしれませんが、12球団の中では功労者を無下にしない部類に入ります。 今年の阪神の鳥谷敬や楽天の嶋基宏のように、球団史に残るような活躍をした選手には、本人が納得いくまで、その球団で現役をやらせてもいいと思います。 将来を見越した時、優秀な人材を他球団に流出することになり、結局球団が損をすることになるからです」 将来、石井琢朗がコーチ、あるいは監督として、横浜に復帰する日は来るだろうか。

次の

石井琢朗

石井 琢朗 巨人

提供 コーチとしてセ・リーグ3球団を渡り歩くことになる石井琢朗氏(写真:時事通信フォト) 今季限りでヤクルトを退団した石井琢朗コーチが、来季は巨人の1軍コーチとして指導に当たると各スポーツ紙で報じられている。 石井琢朗は、1998年に横浜を38年ぶりの優勝に導いたリードオフマンであり、球団史上最多安打数を誇るベイスターズの顔だった。 しかし、38歳の2008年に不振に陥ると、球団から引退勧告を受ける。 石井はそれを拒否して広島へ移籍。 4年間、現役を続けて2012年限りで引退した。 その後、広島でコーチに就任し、2016、2017年の優勝に大きく貢献した。 昨季からはヤクルトの打撃コーチに。 今季は高卒2年目の村上宗隆が36本塁打、96打点を挙げるなど、若手育成の手腕が高く評価されている。 その敏腕コーチを巨人が獲得することとなった。 石井はコーチとして、セ・リーグで3球団を渡り歩くことになる。 今年、ヤクルト退団が報じられると、横浜ファンから復帰を望む声も挙がっていたが、古巣へ戻ることはなかった。 野球担当記者が話す。 「遺恨が残るような退団の経緯でしたからね。 その後の他球団での貢献ぶりから考えると、石井が指導者として在籍していれば、横浜は今より強くなっていたかもしれません。 チームの顔がフロントと折り合わずに移籍して、そのまま移籍先で指導者になり、元の球団に戻ってこない例は多々あります」(以下同) 1977年、南海ホークスの野村克也選手兼任監督は解雇を言い渡されると、オフにロッテに移籍。 最終的には西武で引退した。 9年間に及ぶ解説者生活を経て、1990年にヤクルトの監督に就任。 4度のリーグ優勝と3度の日本一に輝き、長きにわたって低迷していたチームを立て直した。 その後も阪神、楽天の監督を務めたが、古巣であるホークスにカムバックすることはなかった。 「野村監督の退任した翌1978年から1997年までホークスは20年連続Bクラスでした。 その間、ホークスの顔だった野村氏がヤクルトの黄金時代を築いたことは皮肉でした」 ファンからすれば、生え抜きとして活躍したスター選手が監督やコーチとしてチームを率いる姿が望ましいだろう。 しかし、球界では最終的に引退した球団で指導者になるケースは多いが、古巣に戻る例は意外と少ない。 「横浜では金城龍彦も引退勧告の末にFAで巨人に移籍し、今年は2軍の打撃兼外野守備コーチでした。 巨人がよく戦力外になったベテランや峠の過ぎた選手をFAで獲得するのは、引退後を見越してのことでしょう。 昨年オフに獲得した、メジャー経験者である中島宏之や岩隈久志は、今シーズン活躍できませんでした。 来シーズンもどれくらい成績を残せるか不透明です。 しかし、仮に選手として上手くいかなくても、将来指導者として豊富な経験を伝えてくれればいいと球団は考えているのではないでしょうか。 巨人の補強は批判されることもありますが、将来のことまで視野に入れている。 巨人で、功労者が遺恨を残して移籍するケースがないとは言いませんが、少ないほうでしょう。 もちろん選手としても、巨人ブランドのまま引退したいという思惑はあるかもしれませんが、12球団の中では功労者を無下にしない部類に入ります。 今年の阪神の鳥谷敬や楽天の嶋基宏のように、球団史に残るような活躍をした選手には、本人が納得いくまで、その球団で現役をやらせてもいいと思います。 将来を見越した時、優秀な人材を他球団に流出することになり、結局球団が損をすることになるからです」 将来、石井琢朗がコーチ、あるいは監督として、横浜に復帰する日は来るだろうか。

次の

巨人、最大の補強は「石井琢朗コーチ」獲得 2020年のキーマンに: J

石井 琢朗 巨人

今季限りでヤクルトを退団した石井琢朗コーチが、来季は巨人の1軍コーチとして指導に当たると各スポーツ紙で報じられている。 石井琢朗は、1998年に横浜を38年ぶりの優勝に導いたリードオフマンであり、球団史上最多安打数を誇るベイスターズの顔だった。 しかし、38歳の2008年に不振に陥ると、球団から引退勧告を受ける。 石井はそれを拒否して広島へ移籍。 4年間、現役を続けて2012年限りで引退した。 その後、広島でコーチに就任し、2016、2017年の優勝に大きく貢献した。 昨季からはヤクルトの打撃コーチに。 今季は高卒2年目の村上宗隆が36本塁打、96打点を挙げるなど、若手育成の手腕が高く評価されている。 その敏腕コーチを巨人が獲得することとなった。 石井はコーチとして、セ・リーグで3球団を渡り歩くことになる。 今年、ヤクルト退団が報じられると、横浜ファンから復帰を望む声も挙がっていたが、古巣へ戻ることはなかった。 野球担当記者が話す。 「遺恨が残るような退団の経緯でしたからね。 その後の他球団での貢献ぶりから考えると、石井が指導者として在籍していれば、横浜は今より強くなっていたかもしれません。 チームの顔がフロントと折り合わずに移籍して、そのまま移籍先で指導者になり、元の球団に戻ってこない例は多々あります」(以下同) 1977年、南海ホークスの野村克也選手兼任監督は解雇を言い渡されると、オフにロッテに移籍。 最終的には西武で引退した。 9年間に及ぶ解説者生活を経て、1990年にヤクルトの監督に就任。 4度のリーグ優勝と3度の日本一に輝き、長きにわたって低迷していたチームを立て直した。 その後も阪神、楽天の監督を務めたが、古巣であるホークスにカムバックすることはなかった。 「野村監督の退任した翌1978年から1997年までホークスは20年連続Bクラスでした。 その間、ホークスの顔だった野村氏がヤクルトの黄金時代を築いたことは皮肉でした」 ファンからすれば、生え抜きとして活躍したスター選手が監督やコーチとしてチームを率いる姿が望ましいだろう。 しかし、球界では最終的に引退した球団で指導者になるケースは多いが、古巣に戻る例は意外と少ない。 「横浜では金城龍彦も引退勧告の末にFAで巨人に移籍し、今年は2軍の打撃兼外野守備コーチでした。 巨人がよく戦力外になったベテランや峠の過ぎた選手をFAで獲得するのは、引退後を見越してのことでしょう。 昨年オフに獲得した、メジャー経験者である中島宏之や岩隈久志は、今シーズン活躍できませんでした。 来シーズンもどれくらい成績を残せるか不透明です。 しかし、仮に選手として上手くいかなくても、将来指導者として豊富な経験を伝えてくれればいいと球団は考えているのではないでしょうか。 巨人の補強は批判されることもありますが、将来のことまで視野に入れている。 巨人で、功労者が遺恨を残して移籍するケースがないとは言いませんが、少ないほうでしょう。 もちろん選手としても、巨人ブランドのまま引退したいという思惑はあるかもしれませんが、12球団の中では功労者を無下にしない部類に入ります。 今年の阪神の鳥谷敬や楽天の嶋基宏のように、球団史に残るような活躍をした選手には、本人が納得いくまで、その球団で現役をやらせてもいいと思います。 将来を見越した時、優秀な人材を他球団に流出することになり、結局球団が損をすることになるからです」 将来、石井琢朗がコーチ、あるいは監督として、横浜に復帰する日は来るだろうか。

次の