共有する 類語。 共有の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

共有フォルダにおける everyone と guest の違い

共有する 類語

ネットワークにつながっている上のファイル、、などの周辺を、のコンピューターから利用する機能やサービス。 特に経由のサービスに限定して使うで、単に1つの機器やデータを複数のユーザーで利用する「」とは区別される。 共有されたファイルや機器は、あたかも自分のコンピューターのものと同じように使える。 では、共有を許可したやを用意して、その中のファイルをネットワーク上のユーザーが利用する。 こうしたフォルダーのことを、といい、のメンバー間でのファイルの受け渡しや公開などに使用される。 通常、共有フォルダーには、アクセス権を設定して利用する。 たとえば、ユーザーによるファイルの閲覧やのは許可するが、変更や削除を禁止することで、不正なアクセスや誤操作によるトラブルをに防げる。 ーなどの周辺機器は共有によって、1台の機器を離れた場所の複数のユーザーが利用できることから、低コストと効率化が図れる。 出典 ASCII. jpデジタル用語辞典 ASCII. jpデジタル用語辞典について の解説 一般に数人の者が一つの物を共同に所有する状態、いわゆる共同所有をさすが、厳密には、そのような共同所有のうち、団体的拘束の強い「総有」や「合有」といわれる型のものを除いた、比較的個人的色彩の強い型のものをいう。 民法ではこれを普通の型としている(249条~264条)。 共有関係は、複数の者が1軒の家を買った場合など、お互いの意思表示で発生する場合と、法律の規定に基づいて発生する場合(たとえば、他人の土地から、壺 つぼ を掘り出したとき、その所有者が不明である場合には、その壺は土地所有者と発見者の共有になる)とがある。 共有とは、一つの物全体のうえに数人の者が等しく所有権をもっていて、どこまでがだれの部分と決められない状態である。 そして、共有者が共有物のうえにもつ権利は持分 もちぶん あるいは持分権とよばれ、共有者間ではその持分の割合が決められる。 その割合は、共有者の意思表示によって、あるいは法律の規定によって定まる。 民法はその割合を等しいものと推定する(たとえば、3人が同額を出し合って1軒の家を買った場合には、おのおの3分の1ずつとなる。 民法250条)。 共有者は、その持分の割合に応じて共有物全部を使用することができるが(同法249条)、そのかわり、共有物の管理費や税金などもその割合で負担する(同法253条)。 共有物の管理は、原則として各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決める(共有物の利用方法、改良行為など)。 しかし、共有物の現状を維持しようとする保存行為(たとえば、共有物をかってに使っている他人に対して所有権に基づき妨害の排除を請求するなど)は、各共有者が単独でもできるし(同法252条)、共有物自体を処分したり変更したりする場合には全員の合意を必要とする(同法251条)。 共有者はいつでも共有物の分割を請求することができる。 分割しないという契約をすることもできるが、その契約も5年を超えることはできない(同法256条)。 分割は共有者全員で相談のうえで決めれば、どのように分けてもよい。 現物で分割しても、売却して代金を分けても、また、1人が現物をもらい、ほかの者に価格の一部を与えることもできる。 分割の請求に、ほかの共有者たちが応じなかったり、分割の方法について意見が一致しなかったりした場合には、裁判所に訴えて分割してもらうことができる(同法258条)。 分割が終われば、そのときから、各共有者は自分に割り当てられた部分の単独の所有者となる。 [高橋康之・野澤正充].

次の

IPC$ , admin$ , c$ の違いとは

共有する 類語

「共感」の意味は? 共感には 「人と感情を共有する」 と言う意味があります。 そこには人が持っている 喜怒哀楽のすべてが含まれています。 強い意志を持って同調する場合だけでなく、 何となくそう思う という感じ方も共感に含まれます。 人が他人に共感する事はいたって普通の事ですが、 まれに共感が欠如している人がいます。 これは成長過程で発達神経が阻害されて 起こりうる病気の一種であり、 自閉症や反社会性パーソナリティ障害などの 特徴ともなっています。 また、男性と女性には 共感性に違いがある事がわかっています。 女性は非常に高い共感性を持っていますが、 男性の共感性は女性ほど高くはありません。 「共感」の種類は? 共感には2つの種類があります。 この2つに共通している事は 「人の内側を理解しようとする事」です。 情動的共感は頭で理解する事が優先され、 認知的共感は心で理解する事が優先されます。 このように同じ「共感」でも 全く違った理解の仕方がされる事がわかります。 では、本題である共感には どのような類語があるのか見てみましょう。 「共感」の類語は? 共感の類語はたくさんあります。 早速見ていきましょう。 同感は自分が主体として使われる事が多く、 共鳴は人を主体として使われる事が多いです。 使う言葉によって 少しずつ違った意味合いになるので、 適切な言葉を選べるようになりましょう。 また、 たった1つの単語だけでは 言い表せない類語もあります。 「共感」と言う言葉自体に 少し硬いイメージを受けますが、 上記の言葉に置き換える事で クッションを付けて会話する事ができます。 「共感」は誰もが持っている感情です。 その為、ビジネスやプライベートの 会話でも使われる事が多いです。 共感の類語である同感や共鳴を始め、 他のくだけた言い方も日頃みんなが 意識せずに使っている言葉だと言えます。 少し気にして会話をしてみて下さいね。

次の

「共有する」という言葉の使い方について教えてください。Aさんが送った...

共有する 類語

情報を伝える事や その情報の事を指して使われる他に、 集まりや行事への出席や参加を促す場合に 使われる事が多くあります。 例えば、 「高校の同窓会の案内が届いた。 」 などと使います。 相手が特定でも不特定でも、 ある事柄についての情報を 知らせる時に使われます。 主に公の行為に対して使われていましたが、 現在は一般的に使われています。 例えば、 「配達予定日を前もって通知致します。 」 などと使います。 ある人から受けた命令や 連絡事項・考えなどを別の人に 取りついで伝える時に使われます。 例えば、 「対応が遅れたのは情報の 伝達に問題があるからです。 」 などと使います。 その他にも、 情報を知らせる事を意味する 「報知」「告知」「拡散」「連絡」「啓蒙」 「アナウンス」 広く知られている事を意味する 「馴染み」「公」「明るみ」 なども類語です。 今回は「周知」の類語を紹介しました。 こういった言葉は、 仕事をする上でお知らせをする事や 連絡を取り合う事は頻繁に行われます。 それだけに様々な 「情報を伝える事を意味する言葉」 が使われる事になります。 ここで紹介した言葉だけでなく、 様々な言葉の意味や使い方の違いに 注意して使い分けるようにして下さいね。

次の