浦和競馬場の天気。 浦和競馬場の3時間天気 週末の天気【競馬・競艇・競輪場の天気】

【地方競馬】浦和競馬場のコース解説|稼げる穴馬と攻略ポイント

浦和競馬場の天気

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• ホテル・ブランド• 人気の設備・サービス• 人気の周辺施設• さいたま市の人気カテゴリ• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 空港周辺• 大学周辺• さいたま市の人気カテゴリ• さいたま市で検索数の多いキーワード• 7年前に初めて馬場内に入れる機会がありました。 競馬場の出入り口に看板が立てかけられていて、開催日以外の日は期間を区切って馬場内に入れる記載があります。 数年前までは毎年夏に花火大会があり、友人の部屋から見えたことがあります。 先日、通り抜けの途中で利用したのですが、以前とあまり変わっていませんでした。 内馬場は芝が敷かれているので天気が良いと芝の緑が綺麗です。 ただ、風が強いと芝に寝そべるのは砂が飛んできて思わず起き上がってしまいます。 回りを住宅やあまり広くない道に囲まれているので、広場として気軽に利用できる場所です。 北側の駐車場隣りのスペースに家が10件近く新しく建っていました。 二階からは馬場が見渡せますね。 入場料無料で良いな~(笑) 地元密着感があって何だかほっこりしました。 馬券は買ったこと.

次の

浦和競馬場の1時間天気 週末の天気【競馬・競艇・競輪場の天気】

浦和競馬場の天気

コンテンツ• 浦和競馬場の思い出 浦和競馬場入場門 さきたま杯2012の時に撮影しました。 この年は東京競馬場で日本ダービー2012も観戦して、そのまま滞在して現地観戦してきました。 浦和競馬場旧2号スタンド 校舎跡なんでしょうか?改修予定を聞いてますが、今後どう変わるんでしょうかネ。 浦和競馬場3号スタンド 指定席はその横の3号スタンド内にあります。 浦和競馬場指定席 指定席で観戦しました。 最初に値段聞いたときに、「南関はえらい高いなぁ~」ってビックリしましたが、値段に相応する豪華設備です。 浦和競馬場パドック 観客席と近い地方特有のパドックが私は大好きです。 植込みの手入れなんかはさすが南関です。 浦和競馬場売店 お祭りの出店のような雰囲気でした。 浦和競馬場名物 浦和競馬場名物だそうです。 とても美味しかったです。 JRAより複雑なクラス分けを解説 JRAと類似したピラミット型 JRAクラス分け JRAの競馬は上の画のようなピラミット型になっています。 厳密にはOPクラスってのはなくて、条件戦を卒業した馬は下のクラスでは出れないシステムになっております。 地方競馬クラス 地方競馬もJRA競馬同様、ピラミット型になっております。 クラス内クラスの存在で少ない能力差 JRAのピラミッドと一番違うのが、 クラス内にクラスがあることです。 東京大賞典2017当日番組表 赤丸で囲ったところがクラスになりますが、C3一二となっております。 これは Cクラスが1>2>3と分かれてて、更にココから 一>二>三>四……と分かれております。 数字は小さい方が上のクラスになります。 一番の違いは昇級のシステム JRA競馬の場合、昇級の基準は勝ち星になります。 近い将来500万下・1000万下ではなく1勝クラス・2勝クラスに変わるそうですが、個人的にはどうも違和感を感じています。 どちらにしても、勝てば昇級、2着なら現級にとどまるシステムに変更はありません(重賞2着馬の本賞金加算は例外)。 地方競馬の昇級はレースで1着になるのはもちろんとして、下級クラスの2着・3着でも、 獲得賞金加算で昇級することができます。 ダイヤモンドダンス 上の画は、執筆時(2018年10月)笠松で現役を続ける9歳馬ダイヤモンドダンスのデビュー直後の戦歴。 大井デビューでしたが2・3着を繰り返し、賞金加算により未勝利で東京ダービーに出走し、しかも4着に好走した、 地方競馬の昇級システムの象徴のような馬もいます。 浦和競馬場のコースを攻略する 浦和競馬場コース図 1周1200mの左回りコース、見どころは3コーナーにある仕掛けどころの攻防。 1600mで開催されるレースでは、この3コーナーからスタートするため、「日本一難しいスタート地点」と評する中央競馬の騎手もいるほどの難コースです。 800m 浦和競馬場800m枠別データ2018 データはを参考にさせて頂いております。 向正面2角側スタートです。 最初のっと言うか唯一のコーナーまで約300mとたっぷり保たれています。 コーナーに入る直前にいわゆるラスト3Fとなることからスピードに乗り難く、最後の直線は約200mと南関最短もあって、データからも 内枠先行有利が顕著に現れています。 1300m 浦和競馬場1300m枠別データ 正面スタンド前真ん中付近のスタートです。 最初のコーナーまで約200mの2ターンのコースです。 コーナーが急なこともあり、ロスなく回れる内枠有利が定説ですが、そこまで意識する必要はなく、 枠差のないフラット扱いで問題ありません。 むしろ重要なのは脚質で、向正面の直線は約300mで、コーナー手前でラスト3Fを迎えます。 ここでも急コーナーで減速を余儀なくされ、最後の直線は約200mと南関最短ゆえ 逃げ・先行馬有利が顕著です。 1400m 浦和競馬場1400m枠別データ さきたま杯、テレ玉オーバルスプリントが行われるコースです。 正面スタンド前4角側スタートで、最初の直線は約300mとしっかり保たれてます。 1300mを100m延長しただけのコースですが、単純計算で1. 5倍保たれてることからスピードに乗れる分、角度がつく外枠有利が定説ですが、ここでも強い意識は不要で 枠差のないフラット扱いで問題ありません。 最後の直線は約200mと南関最短でもあり、 逃げ・先行有利は明らかです。 1500m 浦和競馬場1500m枠別データ 正面スタンド前4角ポケットスタートです。 100m近くコーナーを走って最初の直線は約300mとしっかり保たれてますが、ここで脚を使わされると後半持たない馬が出てきます。 コーナーで馬が集中することから外枠有利が定説ですが、内枠は逆にロスなく回れるメリットもあり、 枠差のないフラット扱いで問題ありません。 向正面の直線も約300mと短く、最後の直線も約200mと南関最短でもあり 逃げ・先行有利は明らかです。 1600m 浦和競馬場1600m枠別データ 3角付近のポケットスタートです。 スタート後いきなりコーナーになることから、後方脚質馬は圧倒的に不利で、大きな距離ロスを喰らいます。 頭数が増えれば内外の距離差も大きくなることから 圧倒的に内枠有利なデータです。 最初のコーナーが約200m、最初の直線が約300m、急コーナー後2回目の直線は約300mで、3角手前がラスト3F。 最後の直線は約200mと南関最短で、前記の通り 逃げ・先行有利は明らかです。 1900m 浦和競馬場1900m枠別データ 向正面3角側スタートです。 800m・2000mのスタート地点より100m前に位置します。 施行数が少なくデータから傾向は掴めませんが、最初の直線は約200mと短くスピードに乗り難いことから、 内枠有利と考えてよさそうです。 約1周半で3ターンのコースゆえ、 逃げ・先行馬有利は顕著なコースです。 2000m 浦和競馬場2000m枠別データ 浦和記念が行われるコースです。 向正面2角側スタートで800mと同位置、1900mより100m後ろに位置します。 最初の直線は約300mと保たれており、 枠差のないフラットが定説です。 最後の直線は約200mと南関最短で、 逃げ・先行馬有利は顕著なコースです。 穴馬券を獲るための心得 浦和記念2017楽天競馬総票数 上の画はの払戻画面です。 赤丸で囲った部分は投票数で、単純に100を掛けた数字が投票金額になります。 この日は交流重賞の浦和記念が行われた日で若干売上が多いんですが、通常の平日朝のレースでも単勝で200万以上売上があります。 そこはさすが人口も含め、他の地方競馬と一線を画した感否めない南関競馬です。 ご存知の通り、競馬の馬券は売上から手数料を主催者が引いて、残りを的中者で山分けするシステムです。 売上が少なければ払い戻される金額も少なくなるのは当然で、その辺りは把握した上で、券種を選ぶのは大切です。 私は感覚的に 売上が100万あれば勝負に値すると考えています。 朝一のレースなんかでたまに枠複や枠単が100万を下回ることがありますが、 浦和競馬場ならほぼ全て券種が勝負馬券に該当します。 ちなみに管理人は、地方競馬は楽天競馬で投票するようにしてます。 南関東4場を含む地方競馬全場の投票がPC・スマホ・ケータイから可能です。 基本的に逃げ・先行馬有利• 直線は南関最短でスピードに乗り難いコース• 穴は転厩や初距離の条件替り• 得に初浦和馬は他コースと全く異なる適正を示すケースもあり要注意 以上、 【地方競馬】浦和競馬場のコース解説|稼げる穴馬と攻略ポイントを終わりたいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました。 コラボ指数・・・特段変更なし• 殿堂馬・・・後半4レース的中率高い6頭無料公開• 城戸の穴馬・・メインレース複勝率高い5頭無料公開 まとめると 指数上位6頭+殿堂馬6頭+城戸の穴馬5頭 が無料で見れるという事ですね 無料で見れる予想がボリュームUPし過ぎでしょ?! これって凄いお得じゃないですかぁ~? さっそく今週から試してみようと思います。 もう予想はココで充分になりました。 ありがとうございます.

次の

浦和競馬場の1時間天気 週末の天気【競馬・競艇・競輪場の天気】

浦和競馬場の天気

浦和競馬必勝法のポイントは逃げ馬を積極的に買う事です。 浦和競馬は南関東4競馬場の中では最も直線の短い競馬場です。 そのため逃げ馬の逃げ切りや逃げ粘りが多数発生する事が特徴的なので、差し・追い込みの馬はなかなか活躍出来ません。 つまり先行力のある強い馬に乗せてもらえるかどうかは騎手にとっても勝敗を分ける要因になりやすいと言う事です。 最後の直線が短いと言う事ももちろんですが、浦和競馬場のコースはどの距離設定もスタートゲートの位置から、最初コーナーまでの距離が短い事もあり、逃げを打てるほどスタートやダッシュが他の馬より秀でている馬は良いポジションを確保しやすいのです。 浦和競馬場独特の騎手の傾向 南関東の競馬場は大井競馬場での開催では大井競馬所属の騎手が多く活躍し、川崎競馬の開催では川崎競馬所属の騎手が多く活躍します。 そして、船橋競馬の開催では船橋競馬所属の騎手が多く活躍するのですが、どういう訳か浦和競馬開催時でも浦和競馬所属の騎手はそれほど目立った活躍がありません。 他の競馬場所属のジョッキーがリーディング上位になる事が多いのです。 競走馬の方を見ても、浦和所属の競走馬よりも他の競馬場の所属馬の方がやはり馬券的にも信頼度が高く、浦和の馬はそれだけで軽視される事も多いです。 浦和競馬の馬のレベル 昔は浦和競馬所属の馬はお世辞にも強いとは言えませんでした。 事実、地方競馬の重賞勝ち馬を見てみると、南関4場の中では浦和競馬所属馬が最も勝率が低いのです。 しかし、最近の浦和競馬所属馬はかなり侮れない存在になっています。 よくよく考えてみれば浦和競馬場は南関4場の中でもっとも開催日数が少ないわけで、さらに浦和競馬開催時にも他場の馬も出走して来るわけですよ。 地元浦和の開催日数が少なくて、さらに地元で他場の馬に勝ち星をさらわれていたのでは、調教師も騎手も馬主もやってられません。 他場で勝てなきゃいけないし、地元で他場の馬を負かさなければならないわけです。 もしかするとそうした厳しい環境が、浦和競馬所属馬の能力の底上げにつながっているんじゃないでしょうか。 浦和競馬必勝法につながる情報は以下のコース分析・特徴の記事にも書いてあるので、そちらもあわせてお読みください。 私からのプレゼントです! 累計1万900名以上が読んだ無料レポート 『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます! このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…• 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?• 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!• 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話• 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!• 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話• 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは? などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。 興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。 1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします! (届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。 ) 登録フォーム.

次の