仁王2 ステ振り 大太刀。 【仁王2】最強候補「刀」のおすすめステ振りや武技・スキルなど│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【仁王2】最強候補「大太刀」のおすすめステ振りや武技・使い方など│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王2 ステ振り 大太刀

大太刀のステータスの振り方について 大太刀を使う場合、基本的には火力補正の入る 武のステータスに振ることになる。 ただし、武を伸ばしても気力は増えず、体力の上昇も微々たるものなので、同じく火力補正が入る心や剛のステータスにも振っておくことを推奨する。 リーチ、威力に優れた武器だが、攻撃のモーションが長く隙も大きい。 そのため、敵の攻撃を受けてもいいように重鎧を装備する方が立ち回りが安定する。 大太刀の必要ステータスに剛と武があるので、重鎧の装備条件を簡単に満たすことができるのも、相性の良さに拍車をかけている要因だ。 大太刀を使う場合のステータス振り例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 15 25 40 剛 15 20 20 武 26 61 87 技 5 5 5 忍 5 5 5 呪 5 5 5 霊 11 11 20 武器は大太刀のみ、防具は重鎧を前提としたステ振り例。 大太刀の主な対応ステータスは武のため、気力や装備重量を補強するために心や剛にも多少振る必要がある。 心は気力上昇効率がいい15Pまでは早い段階で振っておき、最終的には40Pまでは上げておきたい。 40P以上になると気力の上昇幅が少なるので、武をカンストさせてから上げていくようにしよう。 剛も多くの重鎧が装備可能になる15Pまでは早い段階で振っておきたい。 剛はHPも伸ばせるので、総合的な耐久力は高くなるというメリットもある。 心と剛の準備が終わったら、本格的に武を育てていき火力をガンガン上げよう。 体はHP上昇効率がいい10P止め推奨。 霊は守護霊の効果を解放するために、それなりに育てた方が効率よく進められる。 初期守護霊をそのまま使うのであれば11P(禍斗は10P)で十分。 これ以外の守護霊を使う場合は、欲しい効果が発揮するまで育てよう。 二刀と大太刀は、心と武が共通ステータスになっており、その中でも心をメインで育成したい。 心を育てると気力の最大値も上がるというメリットもある。 あとは、メイン武器の大太刀の火力を上げるために、武にもある程度はステータスを振っておこう。 「信じるのは大太刀のみ!」育成例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 15 15 53 剛 5 5 5 武 37 87 99 技 5 5 5 忍 5 5 5 呪 5 5 5 霊 10 10 10 防具を付けず、 純粋に大太刀の火力だけを追い求めた極端な育成例。 精霊は、攻撃力と気力回復に優れた禍斗を使用。 禍斗の効果を最大限発揮できるように霊に10Pだけステータスを振っておく。 体はHP上昇効率がいい10Pまで、心は気力の上昇効率がいい15P振ればOK。 あとは、武にステータスを全振りして、ひたすら火力を追い求めたい。 武がカンストしたら心を強化していき、さらなる高みを目指そう。 この育成例の場合、 最初に選ぶ守護霊は武が上がる禍斗が適任だ。

次の

【仁王2】大太刀の特徴とおすすめのステ振り|スキルと武技一覧

仁王2 ステ振り 大太刀

「武」は装備の重さ上限や体力、残心初期量などに影響があるが、 気力は全く伸びないので他のステータスも合わせて振っていく必要がある。 最初は 「心」にはステータスの伸び幅が大きい15までを目安にステ振りすると良い。 「心」は大太刀の攻撃力を上げられる点も嬉しい。 重防具の特殊効果用に剛 重防具の特殊効果を発動するために、「剛」にステ振りをするのもおすすめ。 序盤は1〜2上げるだけで発動でき、 特殊効果にはステータスを大きく上昇させる効果もある。 「剛」は大太刀の攻撃力も上げられるが、あくまで 防具に効果発動に必要な分に合わせて振っていくのがおすすめ。 もちろん無理に振る必要はないが、 振りたいなら必要分を考えながらどちらも10までを目安にすると良い。 プレイしていて体力が足りないと感じたときに都度振っていこう。 アムリタに余裕があるとしても、できる限り 伸び幅が大きい10までに留めたいところ。 サブ武器の補正に合わせるのもアリ 大太刀のステ振りが進んだら、サブ武器の補正に合わせてステ振りを進めてもOK。 大太刀用の「武」「心」「剛」が無駄になりにくい武器は下記4種が該当するが、特に 刀は癖がなく大太刀の弱みである気力消費や受け性能をカバーできるためおすすめ。 大太刀と相性が良い武器種.

次の

【仁王】新武器「大太刀」の強い武技!ステ振り画像+ボス戦動画あり

仁王2 ステ振り 大太刀

もくじ• 刀の特徴 刀は 攻撃の振りが速く、小回りが利くので、隙が少ないバランスの取れた武器です。 初期武器で選ぶと「心」が上がるため、最初から刀を使っている方も多いと思います。 武技には「居合系」や「カウンター系」もあり、多彩な攻め方ができるの利点ですね。 カウンター系の守護霊を選んでいない場合は、刀でカウンターを決めるのも選択肢の一つ。 ガード状態で気力回復速度を上昇させるスキルもあり、ガードメインでの戦い方が強いです。 そして、 刀で最も優れているのは、「心」を上げることで攻撃力が上がるという点。 心は気力に関わってくるため、刀を強くすると同時に気力も上げられるのは便利。 豊富な気力を利用し、ガンガンコンボを決めていきましょう! おすすめのステ振り 刀は「心」で攻撃力が上がっていくので、 「心」に最優先で振っていきます。 次に中装の特殊効果のために、「武」も上げていきます。 気力が高ければ高いほど、敵と戦いやすくなりますしね。 どんな武技・スキルを習得すべき? 刀は どの構えも使いますが、メインで使うのは中段の構えです。 中段は攻撃が速く、攻撃範囲が横に広いので隙が出来にくいですね。 おすすめの武技は 「剣気、居合、逆波、足蹴」が使いやすいです。 居合は、能刀状態から強力な一撃を繰り出す技で、敵に気付かれていない場合は積極的に使います。 剣気は、周囲に剣気を放って敵をひるませる武技で、敵に隙を作る際に重宝しますね。 逆波は、敵の攻撃を受ける直前にガードすると、攻撃を弾き返し敵の体勢を崩す武技で、こちらも非常に重宝します。 常時発動スキルは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨、鎧通しの法」がおすすめ。 奥義「殺人剣」は『刀で背後から攻撃した際のダメージが増加する』ので、居合との相性抜群です。 まとめ 刀はまさに侍の武器なので、最も仁王の雰囲気には合いますね! 刀が使いにくいアクションゲームは無いと言っても過言では無いですし、迷ったら刀から使いましょう。 見た目も格好いいですしね。

次の