楽天 モバイル サービス エリア。 「楽天モバイル」実力は!?「AQUOS sense3 lite」で実測チェックも

通信・エリア

楽天 モバイル サービス エリア

基地局数は、現時点で3000を超えた 実際、無料サポータープログラムで楽天モバイルの回線を使ってみると、東京都内の屋外は、エリアがかなり広がっていることが分かる。 山田氏も「屋外については、ほぼつながる状況になっているのではないかと思っている」と自信をのぞかせる。 屋内はauローミングに頼ることも多いが、完全に「圏外」になってしまう場所は思いのほか少ないという印象だ。 急ピッチでエリアを拡大できたのは、楽天グループ総出で用地の確保に動いたことも大きいという。 山田氏は「執行役員まで入れると役員が何十人といるが、それぞれに担当エリアを割り振り、例え楽天証券の役員にもビルのオーナーを見つけてくださいということをやっている」と明かす。 無料サポータープログラムを2万人拡大する根拠は、「総合的に判断した」(同)と明確には示されなかったが、エリアやネットワークの厚みが一定のしきい値を超えたということなのだろう。 東京、大阪、名古屋では、10月時点よりエリアが拡大している ただ、ユーザーのライフラインとして見ると、まだ不安も残る。 2019年12月には早くも通信障害を起こしており、対策を施したばかりだ。 ユーザー数が一気に5倍になれば、楽天モバイル側の想定を超えた負荷がかかり、別のトラブルが発生する可能性もある。 山田氏も「2万人となると、『コーナーケース』と呼ぶ一般的ではない使い方も増えると思っている」と語る。 裏を返せば、ユーザー数が増えたとき、ネットワークを安定的に運用できるのかを実地で確認するのも、無料サポータープログラムを拡大した狙いといえそうだ。 楽天Linkは、RCS(リッチ・コミュニケーション・サービス)を使った統合コミュニケーションサービス。 大手3キャリアが採用する「+メッセージ」と同じ規格を利用したサービスだが、+メッセージでは音声通話機能が除外されている。 規格にはRCSを採用。 コアネットワークとアプリが連動することで、音声通話やSMSも扱える これに対し、楽天Linkでは、通話やSMSも含め、全て同一アプリ内で扱うことが可能。 音声通話もデータ通信の上で行うため、auのネットワークにローミングで切り替わった際にも通話が切断されない。 データ通信限定になっている国際ローミング時にも、音声通話やSMSを利用できる。 +メッセージと同様、回線の種別は問わないため、Wi-Fi接続でも利用可能。 自宅や職場などが圏外の場合でも、Wi-Fiにさえつながっていれば電話やSMSの着信を逃さないのは大きなメリットだ。 特に楽天モバイルの場合、屋内のエリア化がまだ十分ではないため、その補完にもなる。 楽天Linkの開始は、無料サポータープログラムの拡大に踏み切るための重要なピースだったといえる。 山田氏は、「通信の中心になるように育てていきたい」と語る。 データ通信上で、音声通話やSMSの送受信が可能。 データ通信のみの提供だった国際ローミング時にも、これらのサービスを利用できるようになった。 Wi-Fiで音声通話やSMSを扱えるため、圏外対策にもなる ただし、同じRCSでもドコモ、au、ソフトバンクの+メッセージとは相互接続を行っておらず、他社とメッセージをやりとりする際には、SMSが利用される。 技術的な規格は同じだが、その上のレイヤーのサービスが異なるため、スタンプなどの送受信もできない。 他キャリアや海外キャリアと相互接続する「可能性はある」(同)としながらも、現時点での予定は「まだ白紙の状態」だという。 他社との接続については、今後の展開を期待したい。 屋内エリア対策については、フェムトセル(小型基地局)が導入されることも発表された。 ただし、こちらの提供時期は未定。 フェムトセルは小型とはいえ、基地局であることに変わりはなく、自由に移動したり、電源を切ったりできないなど、管理に手間がかかるため一気にエリアを拡大するのは難しいが、自宅で電波が入らない場合の解決策にはなりそうだ。 関連記事• 楽天モバイルが4月にMNOサービスの本格スタートを明言。 それに先だって、無料サポータープログラムの2次募集を開始した。 この記事では、同プログラムの現況と、MNOサービスの本格スタートに向けた取り組みを簡単にまとめた。 楽天モバイルのMNOサービスにおける「無料サポータープログラム」が2次募集を開始。 1次募集で落選した人を優先する形で、先着で最大2万人を対象に受け付ける。 【追記】• 楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」が、全国6店舗の楽天モバイルショップで先行販売されている。 おサイフケータイが使えるスマホとしては世界最小かつ最軽量(自社調べ)で、eSIM専用端末であることも特徴だ。 楽天モバイルが、MNOサービスを試せる「無料サポータープログラム」の2次募集を開始した。 今回は抽選ではなく「先着」2万人が対象となり、前回落選した人は、優先的に契約することができる。 契約のメールが届くのを待とう。 楽天モバイルは、10月からのサービスインを事実上見送り、5000人のユーザーを対象にした「無料サポータープログラム」を開始。 三木谷浩史社長は「高品質のネットワークだ」と自信を見せるが、大手3社の幹部は冷ややかに見る。 エリアだけでなく、料金の面でも不安要素が残る。

次の

「楽天モバイル」実力は!?「AQUOS sense3 lite」で実測チェックも

楽天 モバイル サービス エリア

楽天モバイルの山田善久社長は、自社回線と提携エリアのユーザー間の不公平感をなくすため、基地局の前倒し設置で自社エリアを広げていくと強調。 顧客目標としては「早期に300万人を目指す」と語った。 現在、携帯電話事業は、KDDI、の3社が独占している。 楽天は携帯事業者から通信網を借りる格安携帯事業(MVNO)を手掛けてきたが、完全仮想化という新しいネットワークシステムの利用に加え、電子商取引や銀行などグループで展開する70以上のサービスとの相乗効果も狙い、市場シェアの獲得に挑む。 KDDI広報担当の原田俊廷氏はブルームバーグの電話取材で、「顧客の利便性が高まる競争は歓迎する。 長きにわたって培ったノウハウを生かし、これまで通り顧客の満足度向上に努めていく」と話した。 ドコモとソフトバンクからはコメントを得られていない。 料金プラン• プラン料金:1年間無料、2年目以降は月額2980円(税別)• 国内エリア:• 楽天回線エリアは完全データ使い放題• 提携エリアはデータ容量2ギガ• 通話は楽天回線エリア、提携エリアともにかけ放題• 海外エリア:• データ容量2ギガ• 通話は海外から国内がかけ放題• 国内・海外から海外へは月額980円• 事務手数料3300円 大手3社の通信料金は、単純比較はできないが、データ容量の最上位プランでドコモが7150円(利用可能データ量30ギガ、定期契約なし)、KDDIが7650円(上限なし、継続利用による料金割引未加入時)、ソフトバンクが7480円(50ギガ、基本プランとデータプランの合算)だ。 菅義偉官房長官は3日午後の記者会見で、楽天の料金プランについて「海外の主要事業者と比べても相当に安い水準となっているのではないか」と発言。 その上で、競争の促進を通じ、「利用者にとって分かりやすく、納得できる料金サービスを速やかに実現できるようにしたい」とも述べた。 楽天は昨年10月の本格参入を目指していたが、通信網の稼働の確認に時間が必要としてした。 代わりに、試験運用のため利用者を限定した無償サービスを提供している。 今回の本格サービス開始に伴い、MVNOサービスの新規受け付けは4月7日に終了することも明らかにした。 同社は2026年3月までに2万7397基の基地局を全国に整備し、人口カバー率96%を目指すが、2月時点の設置数は東京23区、名古屋市、大阪市を中心に3490にとどまる。 自社エリア外はローミング契約に基づいてKDDIの設備を利用する。 従量課金制を採用し、1ギガ当たり約500円のローミング料金を支払うため、早期に全国整備が進むと負担は軽くなる。 投資が先行するモバイル事業の営業赤字は、昨年10-12月期(第4四半期)で266億円と1年前の5. 5倍に拡大。 楽天の広瀬研二副社長兼最高財務責任者(CFO)は、先行投資によりモバイル事業単体で今期は相当の赤字を計上するが、3年程度で黒字化できる見込みと語った。 いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は、今回の料金プランで大手3社の牙城を崩すのは「かなり難しい。 シビアな戦いになる」と指摘。 価格競争が始まる中、「通信の質が問われる」ようになり、基地局整備や無料サービス負担を吸収するだけの顧客を一気に獲得するのは簡単ではないとみている。

次の

【楽天料金・速報分析】使い放題は楽天エリアのみ。au接続だとたったの2GBまで(三上洋)

楽天 モバイル サービス エリア

先ほども紹介したように、 「楽天モバイル」が提供するプランは「UN-LIMIT(アンリミット)」のみ。 「UN-LIMIT」のプラン料金は 月額2980円(税別、以下同じ)です。 「UN-LIMIT」プランには2年契約などの契約期間の縛りは無し また、「UN-LIMIT」プランには 2年契約など契約期間の縛りは有りません。 1年間無料キャンペーンを使用して、 他社への乗り換え(MNP)を行った場合でも契約解除料はかかりません。 要するに、 「UN-LIMIT」 を 利用のための月額基本料金は2980円のみということです。 「UN-LIMIT」の通話とデータ通信について順に紹介していきます。 楽天モバイル「UN-LIMIT」の通話サービス 海外66の国と地域でのデータ通信(2GB/月)も可能です。 海外66の国と地域は以下のとおりです。 楽天モバイル「UN-LIMIT」を使える機種• AQUOS R5G• OPPO Reno3 A• HUAWEI nova 5T• OPPO A5 2020• Galaxy S10• AQUOS sense3 plus• AQUOS sense3 lite• Xperia Ace• Galaxy A7• OPPO Reno A 128GB• arrows RX• HUAWEI P30 lite• Reno 10x Zoom• AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• HUAWEI nova lite 3• AQUOS sense2 SH-M08• OPPO AX7• OPPO Find X• AQUOS sense plus SH-M07 2019年9月以前発売の製品はアップデートで対応 なお、楽天モバイルで2019年9月以前に発売の製品の一部はソフトウェア・アップデートでの対応となります。 ちなみに、 楽天モバイルではスマートフォンをSIMロックフリー仕様で提供します。 「OPPO Reno A 128GB」を使って「UN-LIMIT」の開通手続きを解説 楽天回線対応機種以外のスマートフォンで試す際には、楽天モバイルのAPN情報が必要となることがあります。 「」に設定のポイントも含めて詳しくまとめているので、必要な方はご利用くださいね。 では、実際にどのような手順でデータ通信ができるかも分かりにくいですよね。 「」に試す手順をまとめているので、よかったら参考にしてみてくださいね。 サービス開始に向けて複数のキャンペーン 冒頭に述べたように楽天モバイルでは 「UN-LIMIT」プランを1年間無料で使えるキャンペーンを実施しています。 無料で楽天モバイルの「UN-LIMIT」プランを1年間体験できるので明らかにお得なキャンペーンです(キャンペーン特典はおひとり様1回のみ)。 楽天モバイルでは「UN-LIMIT」プラン開始に合わせて、1年間無料キャンペーン以外にも多数のキャンペーンを実施しています。 2020年6月の実施キャンペーン内容の一覧は以下のとおりです。 以上、楽天モバイル「UN-LIMIT」プランを解説しておきました。 楽天モバイルの攻めの姿勢を大いに感じるプラン内容になっています。 なんと言っても 月額2980円が1年間無料というだけでメリットは非常に大きいです。 サブ回線としての利用もオススメ 楽天モバイル「UN-LIMIT」は、1年は実質無料で使うことも可能です。 楽天回線エリアが限定的な状況が不安な方は、 メイン回線をそのままに、サブ回線として試してみるのもアリでしょうね。 サブ回線でうまく機能すると判断できれば、 メイン回線のデータプランを最低限の容量に変更してコストを下げることも可能かと。 ぜひ、楽天モバイル「UN-LIMIT」が気になる方は公式ページをチェックしてみてくださいね。

次の