艦これ ss。 艦隊これくしょん~艦これ~ : あやめ速報

【艦これSS】曙「11月17日は潮の誕生日か…」加賀「私も…」

艦これ ss

まあ、はじめましてということで。 vip2ch. vip2ch. 73 ID:ioXaNxM5O とてもやる気のあるところ申し訳ないが、依頼してから続きとか書くと作業人が困るからやめてくだしあ。 html化依頼は「もうこのスレには書きません」宣言なので、依頼して消されるまで書くよ!は許されないのだわ。 vip2ch. 10 ID:o0JN5HNhO 何があったか知らないけど感情を文に出すもんじゃないよ せっかく読み手がこんなにいっぱいついてくれてんのに見る人によっては反感持たれるし、敵増やしてもいい事ないし。 vip2ch. 29 ID:3ZbtNtyG0 響提督 激寒 のテンプレ 追加して置きますね。 78 ID:ViY1TXzc0 あの、いまさらですが自分に対する中傷とか、煽りはやめてもらえませんか? どうしてちょっとしたことをいつまでもずるずると持ってくるんですか? んは何を言いたいのかわかりませんけど私のことが嫌いならスレを開いたり、レスを残したりしなければいいんじゃないんですか? わざわざレスを残して何をしたいんですか? なにもないで自分もSS完結させたいのでこれ以上やめてください 他レスの方も、「お前のスレは開きたくないから~を付けろ」と言いますが 開く開かないは別として、レスを残すのはなんなんですか? 愚痴なら他所でこぼしてもらえませんか? 自分の建てるスレは愚痴スレじゃないので、そのくらいあなたたちもわかりますよね?子供じゃないのでしょう? 過去に問題があったからスレを建ててはいけないとでも言いますか もうやめてください、本当に.

次の

【艦これ】熊野「最近鈴谷がおかしいですわ…」

艦これ ss

27 ID:k5BALlCj0 短いです、連投で終わります。 転生ものが苦手な方はご了承ください。 vip2ch. vip2ch. 46 ID:k5BALlCjo 「あー艦これ、楽しいぜ!!」 「時雨たん、可愛い。 艦これの世界にお願いします」 (ぜかましたん、金剛たん、あたごん。 34 ID:k5BALlCjo 憲兵「って、なんで憲兵やねん!」 憲兵「そこは提督だろうがよおおお!!!」 憲兵「おれは夜戦がしたいんだ!!!」 妖精「提督は大変ですよ? それこそ常に命の危険g」 憲兵「諦めます」 妖精「はやっ!」 妖精「ま、まあいいでしょう。 27 ID:k5BALlCjo 憲兵「はぁ…なぜだ…おっぱいでかい艦娘と全然出会えない」 曙「ったく、なんで私が罰なんか…あいつらが無能なだけじゃない」 憲兵「ん?」 曙「ん?」 憲兵(うわぁ…こいつ確かすげえ態度悪い艦娘だったよな) 憲兵(曙っていったっけ) 曙「何みてんのよ、あんた。 68 ID:k5BALlCjo 憲兵(寝ずに考えてきたぞデートコース) 憲兵「遊園地だっ」 曙「ふ、ふんっ。 こんなところ子供騙しよ」 曙「キャー——!!」 憲兵「じぇっとこーすたあああ!!」 曙「こ……こわくなん…て…」 曙「キャッ」ギュッ 憲兵「お化け屋敷good job!! 54 ID:k5BALlCjo 憲兵「鎮守府が襲撃を受けただとっ!?」 憲兵「クッ!」ダッ 「どうやら鎮守府は壊滅的打撃を受けたらしい」 「艦娘もたくさん轟沈したらしいな…」 「深海棲艦に不意をつかれるなんて!!」 「はぁ、しっかしりしてほしいよ。 87 ID:fDim2uuXo 憲兵「曙おおおお!!!」 憲兵「やっとみつ…け……」 曙「はぁはぁ……なによ…そんなに…急いで……」 憲兵「ッ!」 憲兵(曙の状態はかなり酷かった、素人目にも分かる。 これは、もう……) 提督「お前…なんで………」 曙「はっ……あん…な…雑魚ども……よゆう……よ」 曙(あんたがいるこの場所を…あいつらに、荒らさせるわけにはいかない…じゃない…) 曙「それ…より……」 曙「せっか…く早く…帰ってきて…あげ…たのに……あんた……どこに……いるの……」 曙「声しか…きこえない…の」 憲兵(もう…目が…) 憲兵「俺はここだ」ギュッ 曙「…へ…へ……んたい……せく…はら…よ」 憲兵「構わない。 37 ID:fDim2uuXo 曙「ああ…もう…ねむ……いわ……」 提督「あ…ぁ、ゆっっぐり、やすっ…めっ!!」 曙(ごめんね、私の事で涙を流させて) 曙(…でもね、ちょっと嬉しいかも…) 曙(はは、今、幸せだな…) 曙「憲兵…」 曙「……わたしね……あんたの事が……」 曙(あぁ…でも……もっと早く…素直になれていれば…な…) 曙「……す…」 曙「…」 憲兵「曙…?」 憲兵「冗談だろ…? おいっ、起きてくれよ。 80 ID:fDim2uuXo 俺の腕の中で曙が段々と熱を失い冷たくなっていく。 同時に、俺の視界が世界が色を失っていく。 アア、もう、ドウデモイイナ。 曙を救えるなら……何でも何にだってなってやる。 61 ID:fDim2uuXo 憲兵「…曙が救えるなら、何だってしてやる」 憲兵「だから、頼む」 憲兵「曙を救ってくれ…」 妖精「わかりました」 妖精「では」 憲兵「ああ、俺を提督に—-」 ・ ・ ・ 妖精「その願い叶えましょう」 妖精(…ただ、もうあなたが知っている彼女ではないかもしれませんが、ね) ・ ・ ・ ・ ・ 海沿いの小さな町。 そこに1人の男が佇んでいる。 男の容姿は平凡そのもので特にこれといった特徴はない。 —いや、1つだけ特徴があった。 何もかに絶望し、とても暗い瞳。 だがその奥に確かな強い意志を感じる不思議な目をした。 彼は"この世界"にどんな影響を与えるのだろうか。 そして、何かを決意したかのように、新たな一歩を今、踏み出そうとしている。 果たして彼が向かうその先は、 輝かしい英雄の道か、あるいは、もっと別の—- 『提督が鎮守府に着任しました。 これより艦隊の指揮に入ります』 完.

次の

【艦これ】憲兵「艦これ世界、チーッス」

艦これ ss

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 【艦これ】提督「風病」【SS】 - SSまとめ速報はてなブックマーク - 【艦これ】提督「風病」【SS】 - SSまとめ速報 プレビュー 【艦これ】提督「風病」【SS】 - SSまとめ速報 【】「風病」【】 685 風病というがある。 古くは、風の気に当たって起こると考えら... 概要を表示 【】「風病」【】 685 風病というがある。 古くは、風の気に当たって起こると考えられた病のことだ。 他にもなんてもあるが、私にとっては前者のが何よりも関わりがあった。 昨日のことだ。 すっかり日も暮れたので、風に当たりながら私はのをで嗜んでいた。 のは仄かな潮のを漂わせ、長く続いたにを告げたかのように冷たかった。 寒がりな人には充分を立てるくらったが、で火照ったには、丁度よかった。 月明かりに照らされた海を見ながら呑む酒は格別だった。 飲んでいる酒はニッカ。 に出てくるような髭のが描かれたで、にも高級そうだが、安酒中の安酒だ。 し低級品といっても侮るなかれ。 飲みくて中々美味いだ。 安酒では、美味い方だと私は思う。 もちろん、より上等な酒.

次の