奇形腫 双子。 ブラックジャックピノコにモデル!誕生秘話・正体は双子姉の病気腫瘍

12歳女児の卵巣から6キロの異物が……中国で“リアルピノコ”巨大奇形腫の出現が相次ぐ (2017年5月17日)

奇形腫 双子

演者 [ ] アニメ• :『』(第2作)• :『』• :インターネットアニメ版• (1977年)• (1993年-1994年)• (1981年・加山雄三版)• (1996年・隆大介版)• ・ (2000年・本木雅弘版) 設定 [ ] 誕生の経緯 [ ] 第12話『畸形嚢腫』(単行本第2巻) で初登場。 名家の娘であるの姉の体のこぶ()の中に脳や手足、内臓等がばらばらに収まった状態で登場する。 それまでもあちこちの病院で摘出手術を受けようとしたのだが、で手術道具を破壊したり、で医師等を狂わせるといった超能力で手術を妨害するために手がつけられず、無免許医師であるブラック・ジャックの病院に運び込まれた。 ブラック・ジャックに対しても妨害を仕掛けていたものの、「摘出しても培養液に入れて殺さない」と説得の上で麻酔をかけられた末、摘出される。 その後、一人の女児として組み立てられた。 この超能力は畸形嚢腫の時だけ発揮されており、組み立てられた後使う描写は全くない。 この『畸形嚢腫』の回では、結末としてピノコが組み立てられた翌日に、ピノコが転院する患者である姉と初対面し、寝たままの姉を踏みつけて激昂する場面があり、ピノコが術後すぐに動けるようになったかのように描かれている。 しかし、かなり後に描かれた第93話『水とあくたれ』では、ブラック・ジャックが組み立てられたまま全く動けないピノコの体を案じ、食事を離れた場所に置いて突き放すという数か月間のでピノコにをさせていたことを語る場面 があるため、設定に不整合が発生している。 そのため、文庫版ではこのシーンは「姉が一年後の定期健診に来た時」と修正されている。 姉とはその後何度か再会する。 だが、家柄ゆえに世間体を気にする相手方や姉本人にも拒絶されており、ピノコ本人もよほどの事情が無い限り姉と会うことを拒絶している。 ただ、ピノコの姉が自殺を図って記憶喪失になり、ブラック・ジャックのもとで治療を受けたことがあった。 その際、たがいに相手が実の姉妹であることに気付かなかったために、姉の入院中だけはかえって本当の姉妹らしく振舞うことができた。 名前の由来については、ブラック・ジャックが劇中で「が由来」と語っている。 詳細は不明だが、「ブラック・ジャックが嚢腫を人型に組み立てる様を、ゼペット爺さんがピノキオ人形を組み立てる様に見立てた」「嚢腫から人間となった少女を、木人形から人間となったピノキオにたとえた」などの説がある。 体質 [ ] 顔や胴体部分が合成繊維でできた皮膚を使っているので、水に入ると溺れてしまい、まったく泳ぐことができない。 泳ぎたがっていたピノコのために、ブラック・ジャックが海水の数倍の塩分濃度のある水を入れたプールを用意したことがある。 このプールの中では浮力が大きいため浮くことができ、泳ぐこともできたが、3分以内に上がらないと合成繊維ではない部分の肌が荒れてしまうとブラックジャックが忠告している。 体質的に泳ぐ事が出来ない事もあるが、な描写もある。 しかし、泳げる描写もあるため、克服した可能性がある。 髪の毛は生えているわけではなく、被せている。 しかし、の中に髪の毛も入っていたので、地毛ではある。 強風に煽られたり、水に濡れても髪の毛が外れることは無い。 もちろん伸びることもないため、髪を切る描写はなく、いつも同じ髪型である。 生まれた時に18歳と自称し、作中で21歳まで加齢しているものの、身体の成長は幼児のままで止まっている。 内臓や骨格などのほとんどは本物なため、普通の人間と同じように、風邪もひいたり、空腹を感じたり、涙を流す。 ただし、人間ののほとんどはにあるため、痛みや熱さを通常の人間と同じように感じているかは不明である。 現在のキャラクター [ ] 顔は医学雑誌に掲載された患者のロミという少女の顔をモデルにして作られている。 ブラック・ジャックとともに生活するただひとりの家族であると同時に、ブラック・ジャックが全幅の信頼を寄せる忠実な助手でもある。 戸籍上の年齢は実質0歳だが、いままで患者の体内で生きてきたことを理由に自分は18 - 20歳(話によって18歳と書かれていたり20歳と書かれていたりする。 また、ピノコがそのことについて「手塚治虫という人が適当に書いたせいだ」と語るな話がある)の「としごよ(としごろ)のレレイ(レディ)」だと言い張っている。 連載最終話では自称21歳・戸籍上は1歳となる。 実際の知性や行動は見た目どおりの程度。 実際に幼稚園に入ったこともあるが、園で暴れたために入園を拒否された。 ブラック・ジャックの「おくたん(奥さん)」と自称しているが、ブラック・ジャック自身は娘のように扱っている。 嫉妬深い一面も持っており、ブラック・ジャックが若い女性と関わることを嫌う。 「奥さん」であるため、ブラック・ジャックのために一生懸命を書いたり、には大きなハート型のをプレゼントしたりしている。 嬉しい時や、ブラック・ジャックを褒める際にする事もある。 家事全般は全てピノコの仕事。 身長が低いため、家事の際にはやを使用しているが、誤っての中に落ちた事もある。 が好きで時間に合わせて家事をこなすが、いつも間に合わない だが、家事を止めてドラマを優先する。 初期には一般常識に欠ける部分があり、ブラック・ジャックをバットで殴って起こそうとしたり、焦げたパンをナイフで脅して無理やり食べさせたり、ブラック・ジャックがで眠らされたときはを一瓶まるごと口に入れて目を覚まさせたりなどしていた。 得意料理はブラック・ジャックの好物でもある。 ブラック・ジャックが釈放されたり、裁判に勝っても負けても、カレーを作る。 めでたい場合はカレーに小さなを刺している。 最初の頃は料理が下手(というより、知識がなかった)だったため、カレーですらまともに作れず、あまりの不味さにブラック・ジャックに「いつになったらまともにカレーを作れるんだ」と泣きながら言われたり、味噌汁にソースを入れたりしていたが、次第に揚げ物をしたり、魚をさばいたりと、キチンとした夕食を作っている。 臨機応変な部分もあり、を買った直後に転んですべて割ってしまったが、もったいないからと店の台所を借りて20個分の卵で卵焼きを作ってブラック・ジャックに食べさせたこともある。 動物好きであり、患者用のベッドで子猫を温めていたり、家の軒下に住む猫家族の子猫が怪我している事をブラック・ジャックに知らせて治療させようとしたこともある。 また、通りがかりに車に轢かれた野良犬を見てブラック・ジャックに助けるようせがんだときには、周囲が見かねるほどの駄々のこねっぷりを見せ、気恥ずかしくなったブラック・ジャックは結局野良犬を連れ帰り、治療する羽目になった。 完治した野良犬は「ラルゴ」と名付けられ、ブラック・ジャック宅で飼われることになった(原作ではラルゴは地震で倒壊した家の下敷きになり死亡するが、アニメ版では展開が異なり、生存している)。 第16話『ピノコ再び』では、ブラック・ジャックは自らが腹膜炎を患い、万が一の時に孤独になってしまう彼女の将来を想って養子に出した。 ブラック・ジャックを慕ってピノコが強引に戻ってきた時、ちょうど彼は自分自身を手術していたが、止血鉗子の不足から生命の危機にあったところをピノコに助けられ、彼女を「最高の助手」と呼んだ。 以後ピノコはブラック・ジャックの正式な助手として付き添うようになる。 医学教育を受けていない ため、基本的にできるのは手術の準備や医療器具の手渡し程度に限られている。 しかし、ピノコの何気ない行動やアイデアがブラック・ジャックにひらめきを与える、または手術を成功させる鍵となることもある。 このほかにも入院患者の食事の世話や精神的なケアなど、看護師としても役割以上の仕事をこなしている。 ブラック・ジャックもピノコを家族として愛し、彼女のために心を砕くエピソードがたびたび見られるほか、白血病で生命の危機に陥った際には「お前にだけは生きて欲しかった。 」と語りかけている。 連載最終話「人生という名のSL」では、夢の中で「八頭身の美女」となったピノコが登場するが、ブラック・ジャックはそんなものに興味はないと答えた後、落胆する彼女に「お前は私の奥さん、それも最高の妻じゃないか」と最大の賛辞を送った。 リメイク作品の1つである『ブラック・ジャック〜青き未来〜』(脚本:、 漫画:)は、時系列的に本編より後年の作品であり、老いたブラック・ジャックが登場する。 この作品中ではピノコの成長した姿が描かれているが、これについてはサイボーグに改造された結果である事が間接的に記述されており、ピノコは常人離れした身体能力を示している。 言葉 [ ] 発声が上手くない。 特にサ行をタ行に、濁点をラ行に、ラ行をヤ行に置き換える、独特のを話す。 「」「」などの独自の言葉を発することもある。 ちなみに幼女として組み立てられる前の状態ではテレパシーらしきもので会話していたが、この時は普通の言葉遣いだった。 ブラック・ジャックから発声練習をしたほうがいいといわれることがある。 例 [ ]• しかしブラック・ジャックを呼ぶときの「先生」は「せんせい」と発音する。 アニメでは「ちぇんちぇい」)• シーウーノアラマンチュ• はじめま てち(「ち」と「て」が逆)• 語尾が「〜よのさ」、「〜わのよ」• あらまんちゅ(アニメでは「了解」等の意味を表す)• レレイ(レディ) アッチョンブリケ [ ] 怒ったときや驚いたとき、感動したときなどに使用される言葉。 ポーズは両手の手のひらを両頬に強く押しつけ「アッチョンブリケ」と叫べば完成である(ポーズの仕方は「わくわく宝島」のブラックジャックブースの建物にかかれていた)。 テレビアニメ『』の中では「みんなでアッチョンブリケ」という企画が発足し、全国でユニークなアッチョンブリケを募集した。 また同じくアニメでピノコにジュースと間違えられ患者に出すとも言えるものを飲まされ腹痛を起こしたブラック・ジャックが腹を痛めながら、苦し紛れに「アッチョンブリケ」と叫んでいる。 当初はセリフ無しで顔芸のみであった。 (第16話『ピノコ再び』) 第208話『ブラック・ジャック病』等で、後半を省略して「アッチョ」と言う場面がある。 第88話『報復』でピノコが「アッチョンブリケはピノコが作った言葉」と言っている。 脚注 [ ] []• テレビアニメでは第44話「ピノコ誕生」。 ブラックジャックは後にどうして殺さなかったのかと問われて「患者が二人のほうが金を取れると思ったから」とピノコに語っているが、真意は不明。 ブラック・ジャック自身も子供の頃に受けた手術の後にかなり厳しいリハビリをしていた。 文庫本1巻では、間のコマに「一年のち…」というナレーションを追加し、期間が空いている事を示させている。 ただ、『ピノコ愛してる』でブラック・ジャックが「生まれたのは十日前」と言う場面は修正されていない。 ブラックジャックもこの姉の事は快く思っていないようであり、『ピノコ生きてる』でピノコが白血病となって輸血が必要となり、双子である彼女が血を提供することとなったが、その際にもピノコに対して妹でもないと言い切り家柄を気にする姿に「身分か、世間体か! 冷たいもんだ……」と吐き捨てている。 第165話『おとずれた思い出』• 彼女は常に仮面やベールなどで素顔を隠しているため、素顔が晒されたのはこの時のみ。 初登場の際はの面を着けていた。 ブラック・ジャックは彼女の腹部の手術痕からピノコの実姉だと気付いたが明かさず、姉は退院直後に実家の侍医に会ったことで記憶を取り戻し、早く車を出すように促して逃げるように立ち去って行った。 第93話『水とあくたれ』• ただしリメイク作品『ブラック・ジャック ALIVE』の担当話では、ピノコは成長しており、それに伴ってブラック・ジャックは手術を行い身体を作り直している。 第67話『緑柱石(ふたりのピノコ)』• アニメでは子供服の広告という設定になった。 テレビスペシャル「」では、「」と言っていた。 とは言え、患者のが開いているのを見て「死んでしまった」と判断する場面もある。 ただし土壇場で実姉が渋々ドナーを承諾したため、ピノコは一命を取り留めた。 これは声優ののアドリブである。 他にも、ピノコが患者を気絶させてしまった時などに「アッチョンブリケ」と言っている 関連項目 [ ]• - アニメで嚢腫の声を担当。 言動から、出演していたラジオ番組で「ピノコ PNK 」と呼ばれていた。 - 手塚が『ブラック・ジャック』連載開始の5年前の1968年に描いた短編漫画。 畸形嚢腫がモチーフになっており、ピノコのキャラクターの着想のきっかけになったと思われる。 - 系の。 扮するももちゃん(小石川桃子)の口癖が「アッチョンブリケ」であった。 - 作者・手塚治虫の長女。 手塚は作画に当たって、幼少の頃のるみ子の顔を基に考案したという。 外部リンク [ ]•

次の

26歳の女性脳腫瘍摘出手術で頭から胎児 バニシングツイン現象か

奇形腫 双子

そのことで周りから言われることを嫌っていましたが、ある日読み返し、( ピノコは)自分だと気づいたそうです。 目がくりっとしていて印象的な ピノコちゃんそっくりのお顔立ちの 手塚治虫さんの愛娘 るみ子さんです。 これはこれまで全く知ることがない謎でした! ちなみに紙幣刷新にあたって 、「故・手塚治虫」氏を推すネットの声があったようで、そのことに対して娘の 手塚るみ子さんはツイッターで面白い発言をされています。 なぜなら、 ピノコ ちゃんの顔は ブラックジャックが医療雑誌に掲載されていた ロミという名前の少女の顔を参考につくったものだからです。 ピノコの顔は医学雑誌に掲載された 公害病患者のロミという少女の顔を元にして作られている。 もっとも、正常に 双子の妹として誕生していれば姉と同じ容姿であった可能性は高い。 つまり、 ピノコはロミとそっくり。 ここまでで、 双子の 姉がいる?ということと ピノコ ちゃんはどうやら その妹だったということ、あとは ピノコ ちゃんのキュートな お顔はロミという女性をモデルにブラックジャックによって作られたものだということが分かります。 ピノコの顔のモデルのうりふたつの顔を持つロミ ふたりのピノコには 二重の意味がある。 本当に顔が ピノコ ちゃんがそっくりの 「ロミ」という女性と、顏は似ていないけれど 本来は ピノコ ちゃん と双子だったかもしれない 「姉」。 ピノキオに似てるから ピノコと名付けたという ブラックジャックの名づけに関する話も、ここで出てきます。 どうやら ピノコ ちゃんは誕生の時点でもっと大きな謎が何かあるようですね。 病気の名前は畸形嚢腫(卵巣奇形腫)!? 双子の姉がいた謎とは?画像 『ブラックジャック』のお話の中でも特にインパクトのあるお話が ピノコ 誕生の秘話です。 さりげなく ブラックジャックの脇役 兼 癒し系キャラの ピノコ ちゃんだと思っていたら大間違いなのです。 ピノコ ちゃんの存在は 『ブラックジャック』全体を通して、最も大きな悲劇であり、幸福であり、愛でもあります。 この ピノコ ちゃんのお話は、読み切りで終わる各回の流れとは別の、大きな流れのストーリーとして作品に奥行きを与えていくことになります。 誕生後の最初の顔は?画像 ピノコちゃんと ブラック・ジャックの出会いのシーンはかなりショッキングな内容でした。 『ブラックジャック』第12話 『畸形嚢腫』で誕生秘話は登場します。 物語は ピノコちゃんの誕生日をすっかり忘れてしまった ブラックジャックの回想という形で始まります。 卵巣腫瘍の一種で、「成熟嚢胞性奇形腫」の中身は、髪の毛や脂肪、骨などの塊なのだそうです。 生物が生まれる段階で、外胚葉・内胚葉・中胚葉が形成されそこから生物の命が生まれていくという過程があります。 その中で、 外胚葉のみが暴走し、卵巣の外で腫瘍を作ってしまう。 と言うのが、この病気の発祥の一説です。 女性特有の症状で、良性の卵巣嚢腫のなかでは最も頻度が高く、その半数以上を占めるのがこの症状のようです。 「成熟嚢胞性奇形腫について」はをご参照ください(外部リンク) 手術に難儀したブラック・ジャックの前に機転を利かせたピノコが鏡を持ってくるという話がありましたネ。 【99歳女性、5000万人に1人の「内臓逆位症」 献体で初めて判明】 さんから — 手塚るみ子 musicrobita 『ブラックジャック』のお話は基本的に実際にある病気がテーマになるお話が多かったようです。 実際にある病気だなんてにわかに信じられないような展開へ進んでいくストーリーなのですが、 『ブラックジャック』のお話の中では、 とある資産家の娘( ピノコの秘密のお姉さん)がこの病気になります。 ピノコ ちゃんには秘密のお姉さんがいて、彼女が ブラック・ジャック の本来の患者だったのですね。 ここからが、ホントにそれこそアッチョンブリケな ピノコ ちゃん誕生秘話です。 画像 とてもかわいい癒し系キャラクターの ピノコ ちゃんからは想像ができないのですが、 ピノコ ちゃんは ピノコ ちゃんの姉の中にできていた 畸形嚢腫(奇形種)であり、さらに念力で切除摘出されるのを邪魔(手術を妨害)していたらしいのです。 そんな中、最後の希望として ブラックジャックの元を訪れたのです。 奇形種は一人分の臓器が入っており、それを摘出しようすると、 医者たちは何らかの力によって邪魔され摘出できないのです。 それは ブラックジャックも同様であり 奇形種の念力を受けてしまいます。 奇形腫の念力が手術を邪魔して、 腫瘍を摘出できない!? ピノコ ちゃんのかわいらしさを知っているだけにとてもショッキングな事実にビックリでした。 念を送ってくる腫瘍だったなんて…。 「生きたい」と望む腫瘍に対して、 ブラックジャックは「生きて残す」ということを約束し、手術を成功させます。 奇形腫をブラックジャックが説得し、 腫瘍との約束を果たすため ピノコが誕生していた! ピノコ誕生の際の手術 奇形種の念力により思うように手術ができない ブラックジャックは 「 腫瘍を摘出しても、培養液につけて殺しはしないから念力は止めろ」と説得し、おとなしくなったところで摘出をし手術は成功します。 その後、人体を形成し ピノコが誕生します。 目を覚ました後の ピノコちゃんは言葉もしゃべれず、歩くこともままならず、人間の子ども成長と同じようにその進化を遂げていきます。 本当に助けてもらった ピノコは ブラックジャックのことをいとおしく思い、 自身を彼の 「おくたん」というようになったのです。 ここからブ ラックジャックと ピノコの関係が始まります。 なお、 この超能力は畸形嚢腫の時だけ発揮されており、組み立てられた後、念力を ピノコが使う描写は全く存在しません。 腫瘍からおくたん(奥さん)に正体が進化!? (笑) 存在を生かしてくれたことで、畸形嚢腫(奇形種)に ブラック・ジャックが惚れられてしまった感じなのかもしれませんね(笑)。 だから ピノコ ちゃんみたいな異常にメンヘラな(笑)いや、先生にメロメロなキャラクターが生まれたのかもしれません。 実の姉を見送るブラックジャックとピノコ ピノコ ちゃんのちょっぴりセンチメンタルな秘密の双子のお姉さんとのお話です。 姉とはその後何度か再会する。 だが、 家柄ゆえに世間体を気にする相手方や姉本人にも拒絶されており、 ピノコ本人もよほどの事情が無い限り 姉と会うことを拒絶している。 ただ、 ピノコの姉が自殺を図って記憶喪失になり、 ブラック・ジャックのもとで治療を受けたことがあった。 その際、たがいに相手が実の姉妹であることに気付かなかったために、姉の入院中だけはかえって本当の姉妹らしく振舞うことができた。 ブラックジャックは ピノコ ちゃんのお父さん役、お兄さん役、旦那さん役(?)までこなしてくれるので、先生は先生で読者女性から絶大な人気を誇っていますね(笑) ブラックジャックに首ったけのピノコちゃん しかし、腫瘍の中にあった髪の毛を利用した、地毛のウィッグらしい。 髪の毛は生えているわけではなく、被せている。 しかし、腫瘍の中に髪の毛も入っていたので、地毛ではある。 強風に煽られたり、水に濡れても髪の毛が外れることは無い。 もちろん伸びることもないため、髪を切る描写はなく、いつも同じ髪型である。 誕生して間もない ピノコちゃんに、鏡を見せたところ、髪型がぼさぼさで気に入らなかった様子の描写があり、 ブラックジャックが優しく ピノコちゃんの髪の毛をとかして整えてあげるという優しいシーンがあります。 内臓や骨格などのほとんどは本物なため、普通の人間と同じように、風邪もひいたり、空腹を感じたり、涙を流す。 ピノコちゃんの感情も腫瘍の段階から 「生きたい」「切るな」と意志を持つ状況だったようです。 どうやら、もろもろの事情で ピノコ ちゃんは少し一般の少女とは違うようです。 泳ぎたい気持ちのピノコちゃん 皮膚は合成繊維でできている!? 水に弱いピノコちゃん。 顔や胴体部分が合成繊維でできた皮膚を使っているので、水に入ると溺れてしまい、まったく泳ぐことができない。 泳ぎたがっていた ピノコのために、 ブラック・ジャックが海水の数倍の塩分濃度のある水を入れたプールを用意したことがある。 このプールの中では浮力が大きいため浮くことができ、泳ぐこともできたが、3分以内に上がらないと合成繊維ではない部分の肌が荒れてしまうと ブラックジャックが忠告している。 体質的に泳ぐ事が出来ない事もあるが、カナヅチな描写もある。 しかし、泳げる描写もあるため、克服した可能性がある。 ピノコ ちゃんがこんなに過酷な状況でカナヅチを克服していた秘密があったとは知りませんでした! ブラックジャックと結婚式がしたいピノコちゃん 実は ピノコちゃんはこれでも 18歳! こうした理由から、 年齢は18歳という ピノコちゃんは体は成長しないまま 三頭身だったわけですね!そんなことからいつも 八頭身の美人の姿にあこがれる ピノコちゃんなのでした…。 これが物語に与えるセンチメンタルな悲劇でもあります。 うーん。 切ない。 全くしゃべることも歩くこともマままならならなかった誕生時の ピノコちゃんでしたが、誕生して1年後には、 ピノコちゃんはめざましい進化を遂げています。 しかし、この成長もある時から言語や思考が一定以上に進化していない(のではないか?)という印象を感じる為、18歳で成長が止まっているのか(18歳にしては幼稚ですがw)はたまたそこから精神的成長は続いているのかは不明です。 今回は ピノコちゃんの知られざる秘密を調べてみました。 本編を改めてみていくと別の新しい発見があるかもしれません。

次の

JIN

奇形腫 双子

患児の約50%が45,Xの核型を有し,そのうちの約80%が父親由来のX染色体が欠損したものである。 モザイク型の女児では,典型的なターナー症候群から正常のものまで,表現型は多彩である。 ときに,正常なX染色体1つと環状のX染色体1つを有する女児もいる。 また,正常なX染色体と長腕同腕染色体(X染色体2つの短腕欠失とその結果生じたX染色体長腕2つの結合によって形成される)を1つずつ有する女児も存在する。 このような女児は,ターナー症候群の表現型特性の多くを有している傾向があり,このことから,X染色体短腕の欠失がこの表現型の発生に重要な役割を果たしていると考えられる。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の